Web音遊人(みゅーじん)

小曽根真インタビュー

いたずらのない人生なんて面白くない!/小曽根真インタビュー

フュージョンシーンのトップドラマー、デイヴ・ウェックルが結成した「デイヴ・ウェックル・アコースティック・バンド」が、2014年のアメリカツアー、2015年春のヨーロッパツアーを大成功に収め、いよいよ2015年9月、日本ツアーに踏み出す。
エレクトリックサウンドで知られるデイヴ・ウェックルにとっては初めてのアコースティック・バンド。結成のきっかけはマイク・スターン(ギター)のバンドでの即興プレイだったという。ピアノ、そしてオルガンでこのバンドに参加している小曽根真はこう語る。
「デイヴと僕、それにベースのトム・ケネディがマイク・スターンのサイドメンとしてライブに参加していたときに、毎回、マイクが『Do something!』って、僕たち3人に自由に弾かせてくれる時間があったんです。完全即興にもかかわらずあまりに音楽的で、『え?即興だったの』というくらいに曲ができていってしまう。それで、これをバンドでやりたいとデイヴからオファーがあったんです」

さらにデイヴのバンドのレギュラーメンバーであるサクソフォンのゲイリー・ミークも参加。2014年にアメリカツアーを行い、アルバム『オブ・ザ・セイム・マインド』を制作。日本でも2015年7月にリリースされた。
「デイヴと一緒にやることで、ラテンやファンクといった西海岸よりのリズムが入ってくる。僕もハモンドオルガンを弾いて、そのリズムを楽しんでいます。皆さん、小曽根真に対してファンキーというイメージはないと思うんですけど(笑)、実は僕の中にはしっかりある。ファンクを叩ける彼とだから、リズムの会話が楽しめるんですね」

小曽根真インタビュー

即興性を重視したバンドが紡ぎ出す一期一会の演奏は、観客を魅了するとともに、メンバーにも刺激を与え続けている。
「ライブではアルバムの曲をやるにしても、譜面通りには弾かない。基本は変わらないけれど、ソロの弾き方が毎回違うわけです。例えば、1小節余分に弾いたりとか、ちょっとしたいたずらをすることも。僕がニヤッと笑うと、彼らもわかるんですね。そのアプローチをメンバーそれぞれが瞬時に受け取り、プレイで返す。そんなふうに音楽で会話できるのがライブの醍醐味なんです」
日本ツアーは、「デイヴ・ウェックル&小曽根真featuringトム・ケネディ&ゲイリー・ミーク」と称して、クラブとホールの両方でライブが行われる。
「クラブではミュージシャン同士の息づかいを感じてほしいですね。ホールでは、凝った照明など、ショーとしても楽しんでいただけると思います」

“ファンキー”をまとった小曽根真が、どんな音のいたずらをしかけて行くのか。未知の音の旅を彼らと一緒に楽しんでほしい。

■デイヴ・ウェックル&小曽根真 featuring トム・ケネディ&ゲイリー・ミーク Japan Tour in 2015

●三鷹市公会堂(東京・三鷹市)
9月17日(木)開場18:30/開演19:00
公演の詳細はこちら
●Billboard Live OSAKA(大阪)
9月18日(金)【1st】開場17:30/開演18:30【2nd】開場20:30/開演21:30
9月19日(土)【1st】開場15:30/開演16:30【2nd】開場18:30/開演19:30
公演の詳細はこちら
●北國新聞赤羽ホール/KANAZAWA JAZZ STREET 2015(金沢)
9月21日(月・祝)開場19:00/開演19:30
公演の詳細はこちら
●NAGOYA Blue Note(名古屋)
9月22日(火・祝)【1st】開場16:00/開演17:00【2nd】開場19:00/開演20:00
公演の詳細はこちら
●Blue Note TOKYO(東京)
9月23日(水・祝)【1st】開場16:00/開演17:00【2nd】開場19:00/開演20:00
9月24日(木)【1st】開場17:30/開演19:00【2nd】開場20:45/開演21:30
公演の詳細はこちら
≪JCB SPECIAL LIVE in Blue Note TOKYO vol.10≫
●Blue Note Tokyo(東京)
9月25日(金)【1st】開場17:30/開演19:00【2nd】開場20:45/開演21:30
公演の詳細はこちら

■アルバム情報

『オブ・ザ・セイム・マインド』
デイヴ・ウェックル・アコースティック・バンド feat. 小曽根真、トム・ケネディ、ゲイリー・ミーク
発売元:ユニバーサルミュージック
発売日:2015年7月22日
価格: 2,600円(税抜)
詳細はこちら

 

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:今井美樹さん「私にとって音楽は、“聴く”というより“浴びる”もの」

6014views

ジョン・コルトレーン編<5>|なぜジャズには“踏み絵”が必要だったのか?

音楽ライターの眼

ジョン・コルトレーン編 vol.5|なぜジャズには“踏み絵”が必要だったのか?

8669views

サイレントブラス

楽器探訪 Anothertake

“練習”の枠を超え人とつながる楽しさを「サイレントブラス」

3580views

知って得する!木製楽器の お手入れ方法

楽器のあれこれQ&A

木製楽器に起こりやすいトラブルは?保管やお手入れで気を付けること

20957views

脱力系(?)リコーダーグループ栗コーダーカルテットがクラリネットの体験レッスンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】脱力系(?)リコーダーグループ栗コーダーカルテットがクラリネットの体験レッスンに挑戦!

10379views

オトノ仕事人

深く豊かなクラシックの世界への入り口を作る/音楽ジャーナリストの仕事

4278views

札幌コンサートホールKitara - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

あたたかみのあるデザインと音響を両立した、北海道を代表する音楽の殿堂/札幌コンサートホールKitara 大ホール

17493views

Kitaraあ・ら・かると

こどもと楽しむMusicナビ

子どもも大人も楽しめるコンサート&イベントが盛りだくさん。ピクニック気分で出かけよう!/Kitaraあ・ら・かると

5898views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

世界中の珍しい楽器が一堂に集まった「浜松市楽器博物館」

30018views

みどりの森保育園ママさんブラス

われら音遊人

われら音遊人:子育て中のママさんたちの 音楽活動を応援!

6660views

山口正介さん Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

サクソフォン教室の新しいクラスメイト、勝手に募集中!

4429views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

24850views

大人の楽器練習記:バイオリニスト岡部磨知がエレキギターを体験レッスン

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:バイオリニスト岡部磨知がエレキギターを体験レッスン

19193views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

16~19世紀を代表する名器の音色が生演奏で聴ける!

11072views

音楽ライターの眼

ギリシャ出身のハード・ブルース・ギタリスト、スタヴロス・パパドポウロスがロリー・ギャラガー・トリビュート作を発表

4017views

トーマス・ルービッツ

オトノ仕事人

アーティストに寄り添い、ともに楽器の開発やカスタマイズを行うスペシャリスト/金管楽器マイスターの仕事

1222views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:バンドサークルのような活動スタイルだから、初心者も経験者も、皆がライブハウスのステージに立てる!

7723views

クラビノーバ「CSPシリーズ」

楽器探訪 Anothertake

これまでピアノを諦めていた多くの人を救う楽器。楽譜作成・鍵盤ガイド機能が付いた電子ピアノ/クラビノーバ「CSPシリーズ」

21283views

サラマンカホール(Web音遊人)

ホール自慢を聞きましょう

まるでヨーロッパの教会にいるような雰囲気に包まれるクラシック音楽専用ホール/サラマンカホール

20435views

パイドパイパー・ダイアリー Vol.3

パイドパイパー・ダイアリー

人生の最大の謎について、わたしも教室で考えた

5090views

購入前に知っておきたい!電子ピアノを選ぶときのポイントとおすすめ

楽器のあれこれQ&A

購入前に知っておきたい!電子ピアノを選ぶときのポイントとおすすめ機種

26801views

日生劇場ファミリーフェスティヴァル

こどもと楽しむMusicナビ

夏休みは、ダンス×人形劇やミュージカルなど心躍る舞台にドキドキ、ワクワクしよう!/日生劇場ファミリーフェスティヴァル2022

2775views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

24850views