Web音遊人(みゅーじん)

小曽根真インタビュー

いたずらのない人生なんて面白くない!/小曽根真インタビュー

フュージョンシーンのトップドラマー、デイヴ・ウェックルが結成した「デイヴ・ウェックル・アコースティック・バンド」が、2014年のアメリカツアー、2015年春のヨーロッパツアーを大成功に収め、いよいよ2015年9月、日本ツアーに踏み出す。
エレクトリックサウンドで知られるデイヴ・ウェックルにとっては初めてのアコースティック・バンド。結成のきっかけはマイク・スターン(ギター)のバンドでの即興プレイだったという。ピアノ、そしてオルガンでこのバンドに参加している小曽根真はこう語る。
「デイヴと僕、それにベースのトム・ケネディがマイク・スターンのサイドメンとしてライブに参加していたときに、毎回、マイクが『Do something!』って、僕たち3人に自由に弾かせてくれる時間があったんです。完全即興にもかかわらずあまりに音楽的で、『え?即興だったの』というくらいに曲ができていってしまう。それで、これをバンドでやりたいとデイヴからオファーがあったんです」

さらにデイヴのバンドのレギュラーメンバーであるサクソフォンのゲイリー・ミークも参加。2014年にアメリカツアーを行い、アルバム『オブ・ザ・セイム・マインド』を制作。日本でも2015年7月にリリースされた。
「デイヴと一緒にやることで、ラテンやファンクといった西海岸よりのリズムが入ってくる。僕もハモンドオルガンを弾いて、そのリズムを楽しんでいます。皆さん、小曽根真に対してファンキーというイメージはないと思うんですけど(笑)、実は僕の中にはしっかりある。ファンクを叩ける彼とだから、リズムの会話が楽しめるんですね」

小曽根真インタビュー

即興性を重視したバンドが紡ぎ出す一期一会の演奏は、観客を魅了するとともに、メンバーにも刺激を与え続けている。
「ライブではアルバムの曲をやるにしても、譜面通りには弾かない。基本は変わらないけれど、ソロの弾き方が毎回違うわけです。例えば、1小節余分に弾いたりとか、ちょっとしたいたずらをすることも。僕がニヤッと笑うと、彼らもわかるんですね。そのアプローチをメンバーそれぞれが瞬時に受け取り、プレイで返す。そんなふうに音楽で会話できるのがライブの醍醐味なんです」
日本ツアーは、「デイヴ・ウェックル&小曽根真featuringトム・ケネディ&ゲイリー・ミーク」と称して、クラブとホールの両方でライブが行われる。
「クラブではミュージシャン同士の息づかいを感じてほしいですね。ホールでは、凝った照明など、ショーとしても楽しんでいただけると思います」

“ファンキー”をまとった小曽根真が、どんな音のいたずらをしかけて行くのか。未知の音の旅を彼らと一緒に楽しんでほしい。

■デイヴ・ウェックル&小曽根真 featuring トム・ケネディ&ゲイリー・ミーク Japan Tour in 2015

●三鷹市公会堂(東京・三鷹市)
9月17日(木)開場18:30/開演19:00
公演の詳細はこちら
●Billboard Live OSAKA(大阪)
9月18日(金)【1st】開場17:30/開演18:30【2nd】開場20:30/開演21:30
9月19日(土)【1st】開場15:30/開演16:30【2nd】開場18:30/開演19:30
公演の詳細はこちら
●北國新聞赤羽ホール/KANAZAWA JAZZ STREET 2015(金沢)
9月21日(月・祝)開場19:00/開演19:30
公演の詳細はこちら
●NAGOYA Blue Note(名古屋)
9月22日(火・祝)【1st】開場16:00/開演17:00【2nd】開場19:00/開演20:00
公演の詳細はこちら
●Blue Note TOKYO(東京)
9月23日(水・祝)【1st】開場16:00/開演17:00【2nd】開場19:00/開演20:00
9月24日(木)【1st】開場17:30/開演19:00【2nd】開場20:45/開演21:30
公演の詳細はこちら
≪JCB SPECIAL LIVE in Blue Note TOKYO vol.10≫
●Blue Note Tokyo(東京)
9月25日(金)【1st】開場17:30/開演19:00【2nd】開場20:45/開演21:30
公演の詳細はこちら

■アルバム情報

『オブ・ザ・セイム・マインド』
デイヴ・ウェックル・アコースティック・バンド feat. 小曽根真、トム・ケネディ、ゲイリー・ミーク
発売元:ユニバーサルミュージック
発売日:2015年7月22日
価格: 2,600円(税抜)
詳細はこちら

 

特集

向谷実

今月の音遊人

今月の音遊人:向谷実さん「音で遊ぶ人!?それ、まさしく僕でしょ!」

6163views

音楽ライターの眼

マリアム・バタシヴィリが世界中の音楽ファンに向けて動画を配信

861views

ギター文化館

楽器探訪 Anothertake

歴史的ギターの音を生で聴けるコンサートも開催!

3540views

楽器上達の心強い味方「サイレント™シリーズ」&「サイレントブラス™」

楽器のあれこれQ&A

楽器上達の心強い味方「サイレント™シリーズ」&「サイレントブラス™」

24176views

大人の楽器練習機

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:世界的ピアニスト上原彩子がチェロ1日体験レッスン

9705views

楽器博物館の学芸員の仕事 Web音遊人

オトノ仕事人

わかりやすい言葉で、知られざる楽器の魅力を伝えたい/楽器博物館の学芸員の仕事(後編)

3920views

サラマンカホール(Web音遊人)

ホール自慢を聞きましょう

まるでヨーロッパの教会にいるような雰囲気に包まれるクラシック音楽専用ホール/サラマンカホール

10252views

こどもと楽しむMusicナビ

サービス精神いっぱいの手作りフェスティバル/日本フィル 春休みオーケストラ探検「みる・きく・さわる オーケストラ!」

3939views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

16~19世紀を代表する名器の音色が生演奏で聴ける!

6820views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:バンドサークルのような活動スタイルだから、初心者も経験者も、皆がライブハウスのステージに立てる!

4325views

サクソフォン、そろそろ「テイク・ファイブ」に挑戦しようか、なんて思ってはいるのですが

パイドパイパー・ダイアリー

サクソフォンをはじめて10年、目標の「テイク・ファイブ」は近いか、遠いのか……。

3114views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

4589views

大人の楽器練習記:クラシック・サクソフォン界の若き偉才、上野耕平がチェロの体験レッスンに挑戦

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:クラシック・サクソフォン界の若き偉才、上野耕平がチェロの体験レッスンに挑戦

6748views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

専門家の解説と楽器の音色が楽しめるガイドツアー

4073views

クランベリーズ/ドロレス・オリオーダン追悼。あらゆる枠を超えて愛された音楽

音楽ライターの眼

クランベリーズ/ドロレス・オリオーダン追悼。あらゆる枠を超えて愛された音楽

3026views

重田克美

オトノ仕事人

スポーツやイベントの会場で、選手やお客様のためにいい音環境を作る/音響エンジニアの仕事

3457views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:人を楽しませたい!それが4人の共通の思い

2854views

STAGEA(ステージア)ELB-02 - Web音遊人

楽器探訪 Anothertake

スタイリッシュなボディにエレクトーンならではの魅力を凝縮!STAGEA(ステージア)「ELB-02」

8812views

荘銀タクト鶴岡

ホール自慢を聞きましょう

ステージと客席の一体感と、自然で明快な音が味わえるホール/荘銀タクト鶴岡(鶴岡市文化会館)

3662views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

泣いているのはどっちだ!?サクソフォン、それとも自分?

2818views

バイオリンを始める時に知っておきたいこと

楽器のあれこれQ&A

バイオリンを始める時に知っておきたいこと

4889views

こどもと楽しむMusicナビ

サービス精神いっぱいの手作りフェスティバル/日本フィル 春休みオーケストラ探検「みる・きく・さわる オーケストラ!」

3939views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

16538views