Web音遊人(みゅーじん)

亀井聖矢

今月の音遊人:亀井聖矢さん「音楽は感情を具現化したもの。だからこそ嘘をつけません」

2023年に続き、2024年も7月から全国各地でのリサイタルツアーを行う亀井聖矢さん。今世界中から熱い視線が注がれ、若手の中でも人気が高まっている亀井さんに、ピアノを弾くきっかけとなった曲や、ピアニストとしての音楽との向き合い方などについてお話を聞いた。

Q1.これまでの人生の中で一番多く聴いた曲は何ですか?

リストの『ラ・カンパネラ』かもしれません。子供のころ、移動する時に親が車の中で流していたクラシック名曲集のCDに入っていて、何度も聴いているうちに好きになり、自分でも弾いてみたいと思うようになりました。ほかにも、ベートーヴェンの『熱情』やショパンのエチュードも入っていた記憶がありますが、いちばん心惹かれたのが『ラ・カンパネラ』でした。
聴き慣れていることもあってとても好きな演奏だったのですが、ピアニストが誰だったのかわかりません。
そして今はその聴いた回数に追いつくのではないかというくらい、何度もコンサートなどで弾いているので、逆に他のピアニストの演奏は聴かなくなりましたね。自分の演奏でこの曲のイメージが固まってきて、自分のオリジナリティを出せるようになってきたなと感じます。

亀井聖矢

(写真左)3歳のころ自宅で (写真右)幼稚園年長の発表会

Q2.亀井さんにとって「音」や「音楽」とは?

“感情を具現化したもの”でしょうか。作曲家の作品からも、感情が見えたり、聞こえたりしますし、自分自身が演奏しているときには、表現したい感情や思いがそのまま音に伝わります。
音楽は、言葉と同じように素直な感情表現をするためにすごく優れたツールです。だからこそ、嘘をつけません。

Q3.「音で遊ぶ人」と聞いてどんな人を想像しますか?

クラシックの世界だと“遊ぶ”というイメージがつながりにくいかもしれませんが、最終的にはそれが目指すべきところなのかもしれません。
演奏というのは、自分に降ってきたインスピレーションやアイデアを咀嚼して、聴き手に届けていくことではないでしょうか。そんな始点と終点の回路がうまく繋がっている人が、“音で遊ぶ人”だと感じます。
演奏家は、その回路ができるだけスムーズ、ストレートになるよう、普段からいろいろなことを考えたり、指を動かしてテクニックを磨いたりすることで、障壁のない状態を目指しているのだと思います。

亀井聖矢

カールスルーエ音楽大学前での一枚

Q4.楽器や音楽をやっていてよかったことは何ですか?

自分が何かに対して心が動いたことや感じたものが、演奏によって聴いてくださる方に伝わったと感じたときです。これは、僕が音楽をする大きなモチベーションのひとつになっています。自分が受け取る側としても与える側としても、音楽を通じて感情を共有できる瞬間は確実にあると信じています。特に自分から何かを与えることができたと感じる瞬間は、表現者としてとても幸せです。
演奏というものを通して、感動したり心を動かされたりする瞬間があること、同じ世界を共有できることこそが、“音楽をすること”の魅力だと思います。
僕自身、これからもいろいろなすばらしい演奏に触れるなかで、心の動きに素直に反応して、こういう音楽表現をしたいという欲求や内側から駆り立てられる衝動を重ねていきたいです。そうして自分の中で、個性と新しい挑戦を共存させていけたらと思っています。

亀井聖矢〔かめい・まさや〕
4歳よりピアノを始める。愛知県立明和高等学校音楽科を経て、桐朋学園大学初の「飛び入学特待生」として入学。2019年、大学1年在学中に第88回日本音楽コンクールのピアノ部門第1位および聴衆賞受賞。同年、第43回ピティナ・ピアノコンペティションの特急グランプリおよび聴衆賞受賞。2022年11月、ロン=ティボー国際音楽コンクールにて第1位および聴衆賞と評論家賞を受賞。同年12月には1stフルアルバム『VIRTUOZO』をリリース。2023年に桐朋学園大学を首席で卒業。現在は、桐朋学園大学ソリスト・ディプロマコースとドイツのカールスルーエ音楽大学に在籍している。

オフィシャルサイト

YouTube公式チャンネル オフィシャルTwitter オフィシャルInstagram

facebook

twitter

特集

今月の音遊人 千住真理子さん

今月の音遊人

今月の音遊人:千住真理子さん「いろいろな空間に飛んでいけるのが音楽なのですね」

8168views

音楽ライターの眼

サマーソニック2019、20周年を記念して3日開催へ。2020年はお休み

8156views

STAGEA(ステージア)ELB-02 - Web音遊人

楽器探訪 Anothertake

エレクトーンで初めてオーディオファイル録音機能を装備

12892views

知って得する!木製楽器の お手入れ方法

楽器のあれこれQ&A

木製楽器に起こりやすいトラブルは?保管やお手入れで気を付けること

20807views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目のピアノデュオ鍵盤男子の二人がチェロに挑戦!

8060views

オトノ仕事人 ボイストレーナー

オトノ仕事人

歌うときは、体全部が楽器となるように/ボイストレーナーの仕事(前編)

23956views

人が集まり発信する交流の場として、地域活性化の原動力に/いわき芸術文化交流館アリオス

ホール自慢を聞きましょう

おでかけ?たんけん?ホール独自のプランで人々の厚い信頼を獲得/いわき芸術文化交流館アリオス

7198views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

10444views

ギター文化館

楽器博物館探訪

19世紀スペインの至宝級ギターを所蔵する「ギター文化館」

14412views

われら音遊人

われら音遊人:みんなの灯をひとつに集め、大きく照らす

5341views

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい 山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい

5307views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

28998views

脱力系(?)リコーダーグループ栗コーダーカルテットがクラリネットの体験レッスンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】脱力系(?)リコーダーグループ栗コーダーカルテットがクラリネットの体験レッスンに挑戦!

10297views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

世界に一台しかない貴重なピアノを所蔵「武蔵野音楽大学楽器博物館」

21912views

音楽ライターの眼

ブルースの名門レーベル“アリゲイター・レコーズ”が創立50周年

1904views

オトノ仕事人

ピアノを通じて人と人とがつながる場所をコーディネートする/LovePianoプロジェクト運営の仕事

17336views

われら音遊人

われら音遊人:みんなの灯をひとつに集め、大きく照らす

5341views

楽器探訪 Anothertake

【モニター募集】37鍵ピアニカに30年ぶりの新モデルが登場!メロウな音色×おしゃれなデザインの「大人のピアニカ」

25295views

HAKUJU HALL(白寿ホール)

ホール自慢を聞きましょう

心身ともにリラックスできる贅沢な音楽空間/Hakuju Hall(ハクジュホール)

21931views

山口正介さん

パイドパイパー・ダイアリー

「自転車を漕ぐように」。これが長時間の演奏に耐える秘訣らしい

5875views

楽器のあれこれQ&A

ドの音が出ない!?リコーダーを上手に吹くためのアドバイスとお手入れ方法

175709views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

10444views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

24722views