Web音遊人(みゅーじん)

映画『デヴィッド・ボウイ ムーンエイジ・デイドリーム』がいざなう謎と混乱の旅

『デヴィッド・ボウイ ムーンエイジ・デイドリーム』はデヴィッド・ボウイという“宇宙”を旅する映画作品だ。

ブレット・モーゲン監督による本作は、いわゆるドキュメンタリー映画ではない。時系列順にボウイの人生が語られるわけではないし、2016年に69歳で地球を去った彼を知る著名ロック・スター達がその音楽性や人柄を語るわけでもない。『ムーンエイジ・デイドリーム』はボウイ自身の発言とその音楽・映像からその人間像を掘り下げようとする試みである。


2023年3月24日(金)全国公開!『デヴィッド・ボウイ ムーンエイジ・デイドリーム』90秒予告編

1970年代のジギー・スターダストやシン・ホワイト・デュークの時代、1980年代の『レッツ・ダンス』期、1990年代のインダストリアルやドラムン・ベースへの接近、遺作となった『ブラックスター』までが、モーゲンの解釈に則った配置で星屑のように散りばめられている。ボウイが歌詞を書くときにウィリアム・S・バロウズばりのカットアップ手法を使っていたことはよく知られているが、モーゲンは本作においてそれを踏襲、さまざまなテーマやイメージの断片を繋げることでひとつの世界観を創り出しているようだ。

本作の軸を成すのは、生前のボウイが行ってきた数々のインタビューからの談話だ。音楽やアート、セクシュアリティ、社会からの疎外感、両親や兄との関係、その人生哲学などが雄弁に、時にユーモアを交えながら語られる。いつの発言かは不明だが「自分の家は持たないようにしている。引っ越せなくなるから」というのは、常に変化を遂げてきた彼の音楽観と共通するポリシーだろう。

初期からテレビや映画などのヴィジュアル・メディアを活動拠点のひとつとしてきたボウイゆえ、さまざまな映像を楽しむことが出来るのも本作の魅力だ。1973年、ジギー・スターダスト最後のライヴでのジェフ・ベックとの共演、1985年の“ライヴ・エイド”、数々のミュージック・ビデオから1970年代後半のベルリン滞在、1980~1981年に出演した演劇『エレファント・マン』のフッテージ、1983年のアジア・ツアーの模様を撮影した映画『ザ・プライベート・フィルム・オブ・デヴィッド・ボウイ リコシェ』(1984)からのシーンも使われていて目を奪われる。

ボウイが親日家だったことは有名だが、日本と関わりのある映像も多い。宝焼酎“純”のTVCM(1980)、映画『戦場のメリークリスマス』(1983)、来日時の記者会見、さらにTV番組『ヤングおー!おー!』出演時のフッテージも見ることが出来るのが嬉しい。

それに加えて『2001年宇宙の旅』のスターゲイトを彷彿とさせる色彩美の大海原、『メトロポリス』『フリークス』『アンダルシアの犬』『吸血鬼ノスフェラトゥ』『月世界旅行』『愛のコリーダ』などの古典映画からのシーンも挿入され2時間15分、息をつく間もない。

そしてもちろん本作の“主役”はボウイの音楽そのものである。『イアン・フィッシュ、UKエア』に『スペース・オディティ』『ライフ・オン・マーズ』を挿入したスペシャル・ミックスからペット・ショップ・ボーイズとコラボレーションした『ハロー・スペースボーイ』へと雪崩れ込むオープニング、『スターマン』で締め括るエンディングまで、全編ボウイのナンバーが使われている。『フェイム』『チャイナ・ガール』のようなヒット曲をあっさりスルーしてでも『シグネット・コミティー』『ワルシャワ』そして彼の“最後の名曲”とも呼ばれる『ラザルス』をフィーチュアしているあたり、モーゲンのこだわりを感じさせる。

なお本作のサウンドトラック・アルバムも発売されているが、映画に使われた別ミックス/別テイク/ライヴ/インタビューなどがCD2枚組に詰め込まれており、たっぷり聴き応えがある。

ボウイについての映画だから彼の音楽が使われているのは当たり前!……と考える人もいるかも知れないが、実はそうではないのが難しいところ。『ベルベット・ゴールドマイン』(1998)には明らかにボウイをモデルにした人物が登場するが、楽曲の使用許諾が下りなかったし、『スターダスト』(2021)に至っては若き日のボウイを俳優が演じるバイオピックにも拘わらず楽曲を使うことはNGだったりする。

俳優としてのボウイは“シリアス”な役柄だけでなく『ラビリンス 魔王の迷宮』(1986)のもっこり魔王ジャレスや『ズーランダー』(2001)の花道ウォークオフ対決の審判(“ズボンを脱がずにパンツを脱ぐ”など)、『プレステージ』(2006)のニコラ・テスラなど一風変わった役にも気軽にチャレンジしていたが、楽曲使用に関しては生前・没後共にハードルが高いようだ。

ザ・ローリング・ストーンズを題材にした『クロスファイア・ハリケーン』(2012)で「そしてロン・ウッドが加入しました。おわり」と話を途中でブン投げたり、ニルヴァーナのカート・コベインに焦点を当てた『COBAIN モンタージュ・オブ・ヘック』(2015)もカートの友人だったメルヴィンズのバズ・オズボーンから「90%がデタラメ。カートの発言が事実でないと知っていながら、映画を盛り上げるために、事実であるかのように描写した」と糾弾されるなど、賛否のあるモーゲンのロック映画だが、『ムーンエイジ・デイドリーム』はいわゆるドキュメンタリーではないものの、デヴィッド・ボウイ財団から公式認定を受けるのも納得のクオリティを誇っている。

まったくボウイの音楽を知らない人がこの映画を見ても、そのアーティスト像の全貌を知ることが出来ず、混乱するかも知れない。だが実はそれが彼の本質を突いているのだ。ボウイは我々にとって“謎”であり続け、その音楽は常に聴く者を混乱させる。映画館でボウイという“宇宙”を旅しよう。

■インフォメーション

映画『デヴィッド・ボウイ ムーンエイジ・デイドリーム』


2023年3月24日(金)IMAX®️ / Dolby Atmos®️ 同時公開
詳細はこちら

山崎智之〔やまざき・ともゆき〕
1970年、東京生まれの音楽ライター。ベルギー、オランダ、チェコスロバキア(当時)、イギリスで育つ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業後、一般企業勤務を経て、1994年に音楽ライターに。ミュージシャンを中心に1,000以上のインタビューを行い、雑誌や書籍、CDライナーノーツなどで執筆活動を行う。『ロックで学ぶ世界史』『ダークサイド・オブ・ロック』『激重轟音メタル・ディスク・ガイド』『ロック・ムービー・クロニクル』などを総監修・執筆。実用英検第1級、TOEIC 945点取得
ブログインタビューリスト

特集

山下洋輔さん

今月の音遊人

今月の音遊人:山下洋輔さん「演奏は“PLAY”ですから、真剣に“遊び”ます」

7538views

音楽ライターの眼

音楽の“布地”を織り出す、それぞれに個性的な“糸”/鈴木優人&バッハ・コレギウム・ジャパン バッハ:チェンバロ協奏曲全曲録音プロジェクト Vol.2

3974views

楽器探訪 Anothertake

奏者の思いどおりに音色が変化する、豊かな表現力を持ったグランドピアノ「C3X espressivo(エスプレッシーヴォ)」

7097views

購入前に知っておきたい!電子ピアノを選ぶときのポイントとおすすめ

楽器のあれこれQ&A

購入前に知っておきたい!電子ピアノを選ぶときのポイントとおすすめ機種

24230views

おとなの楽器練習記

【動画公開中】注目の若手ピアニスト小林愛実がチェロのレッスンに挑戦!

7903views

オトノ仕事人

深く豊かなクラシックの世界への入り口を作る/音楽ジャーナリストの仕事

3480views

札幌コンサートホールKitara - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

あたたかみのあるデザインと音響を両立した、北海道を代表する音楽の殿堂/札幌コンサートホールKitara 大ホール

15431views

Kitaraあ・ら・かると

こどもと楽しむMusicナビ

子どもも大人も楽しめるコンサート&イベントが盛りだくさん。ピクニック気分で出かけよう!/Kitaraあ・ら・かると

4625views

ギター文化館

楽器博物館探訪

19世紀スペインの至宝級ギターを所蔵する「ギター文化館」

12170views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:バンドサークルのような活動スタイルだから、初心者も経験者も、皆がライブハウスのステージに立てる!

6549views

山口正介 Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

マウスピースの抵抗?音切れ?まだまだ知りたいことが出てくる、そこが面白い

4630views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

25995views

ホルンの精鋭、福川伸陽が アコースティックギターの 体験レッスンに挑戦! Web音遊人

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ホルンの精鋭、福川伸陽がアコースティックギターの体験レッスンに挑戦!

8706views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

8199views

ジャズとロックの関係性

音楽ライターの眼

ジャズ・ギターとビートルズの出逢い~なぜ『ア・デイ・イン・ザ・ライフ』まで出逢えなかったのか?

2315views

オトノ仕事人

ピアノを通じて人と人とがつながる場所をコーディネートする/LovePianoプロジェクト運営の仕事

15334views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:音楽は和!ひとつになったときの達成感がいい

4866views

クラビノーバ「CSPシリーズ」

楽器探訪 Anothertake

これまでピアノを諦めていた多くの人を救う楽器。楽譜作成・鍵盤ガイド機能が付いた電子ピアノ/クラビノーバ「CSPシリーズ」

18181views

人が集まり発信する交流の場として、地域活性化の原動力に/いわき芸術文化交流館アリオス

ホール自慢を聞きましょう

おでかけ?たんけん?ホール独自のプランで人々の厚い信頼を獲得/いわき芸術文化交流館アリオス

5645views

パイドパイパー・ダイアリー Vol.8 - Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

初心者も経験者も関係ない、みんなで音を出しているだけで楽しいんです!

4096views

楽器のあれこれQ&A

ドの音が出ない!?リコーダーを上手に吹くためのアドバイスとお手入れ方法

147483views

日生劇場ファミリーフェスティヴァル

こどもと楽しむMusicナビ

夏休みは、ダンス×人形劇やミュージカルなど心躍る舞台にドキドキ、ワクワクしよう!/日生劇場ファミリーフェスティヴァル2022

1521views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

25995views