Web音遊人(みゅーじん)

今月の音遊人:谷村新司さん「音がない世界から新たな作品が生まれる」

ソロ活動でファンの心を捉え続ける一方、2019年5月からは「アリス」として全国ツアーをスタートする谷村新司さん。新曲『限りなき挑戦-OPEN GATE-』とツアー演奏曲目を収録したニューアルバムもリリースするなど、70歳を迎えてなお意欲的に挑戦を続けています。その活動の源や音との関わり方、人生を重ねてきたからこその体験などをうかがいました。

Q1.これまでの人生の中で、一番多く聴いた曲は何ですか?

うーん……。僕の場合、何か一曲に思い入れがあり、それが今の自分に影響を与えているというようなことはないような気がします。
アーティストには、それぞれ色がありますよね。若い頃の僕はひとつの色じゃないことに憧れていたので、赤だと思われたら絶対にきれいな青を出したいと思ってきたんです(笑)。そういう意味では反逆児ではあったかもしれないけれど、気がつけば総天然色。それが、もっとも自分らしい生き方だと感じていました。
でも、こうやって質問されてふと思い出したのが『家路』です。ドヴォルザークの『新世界より』第2楽章のメロディーを基にした曲ですね。
小・中学校の下校時に毎日流れていたので、意識して聴いていたわけではないのですが、気が付くと自然に体の中に入っていたように思います。
僕はライブでも『家路』を使用することがあるのですが、そう考えればその理由も納得がいきます。知らず知らずのうちに自分に沁み込んだその曲には、今思えばメロディーがもつ郷愁や日本語の詩など、琴線に触れる部分がたくさんあるんですよね。作品をつくる際にイメージをするときも、もしかしたら頭のなかでこの曲が鳴っていた時もあったかもしれません。

Q2.谷村さんにとって「音」や「音楽」とは?

音に包まれているときには音がすべてでありたいと常に思っていますし、音から離れたときには音がない場所にいたいと思うんです。だから僕は、絶えず音楽を聴いているという状況はとても少ないですね。音にものすごく入り込んでいるか、音のないところにいるか。その振り子の揺れ幅が、自分にとってとても心地いいんです。
創作活動をしているときやリハーサル、ライブ……、音と向き合う時間が終わると、静かな場所に行きたくなります。日本にも静かな場所がたくさんあり、そういったところに身を置くと、音がないことへの驚きを覚えるんです。すると、ふと音が浮かんできたり、こういう音楽が聴きたいから作ろうと思ったり。僕が作った曲は、ほとんどがそうやって生まれたものです。

Q3.「音で遊ぶ人」と聞いてどんな人を想像しますか?

真っ先に子どもをイメージします。実は、人は遊んでいるときが一番真剣だと思うんです。遊んでいるときは、時間がふっ飛びますよね。真剣に遊んでいれば、時間を越えられる。ただ、大人になるとなかなかそうはいかないので、子どものようにとめどなく真剣に遊べることに憧れますね。
そしてもうひとつ、「音で遊んでいる」のかどうかはわかりませんが、ここ15年ぐらいの間に何度も不思議な体験をしました。
自然に囲まれた野外でのライブでのこと。ステージに向かって歩いていると、目の前を蝶々がひらりひらりと舞い、会場まで導いてくれているようでした。最初は単なる偶然だと思っていたのですが、そんなシーンが何度もあり、そのうち道案内をしてくれているのかなと思うようになりました。
そして、アカペラで歌い始めると、いきなり鳥やセミがいっせいに鳴き始めるんです。驚きと感動でした。これは僕に限ったことではなく、音に携わっている人ならみんな体感できる可能性があるのではないかと思います。
そのころから、音楽は理屈で考えるのではなく、感覚でいいのだと思えるようになりましたね。そして、音が持っている力はすごいと思っています。

谷村新司〔たにむら・しんじ〕
音楽家/上海音楽学院教授。1948年大阪府生まれ。1971年、堀内孝雄、矢沢透と「アリス」を結成し、1972年3月、『走っておいで恋人よ』でデビュー。『冬の稲妻』『帰らざる日々』『チャンピオン』など数多くのヒット曲を出し、1981年に活動停止。その後ソロ活動を開始。『いい日旅立ち』『昴』『群青』『サライ』など、日本のスタンダードナンバーともいえる楽曲を多数発表。中国をはじめアジアでの活動をライフワークとして続ける一方、1988年からの3年間は国立パリ・オペラ座交響楽団などと共演。2004年3月、上海音楽学院教授に就任。現在もアーティスト活動を続けながら、中国を中心としたアジアにおける青少年のポップカルチャーの育成に務める。
2019年にアリスを再始動、5月から全国ツアー「ALICE AGAIN 2019-2020 限りなき挑戦 -OPEN GATE―」がスタート。
谷村新司オフィシャルサイト http://www.tanimura.com/
ALICEオフィシャルウェブサイト http://alice1972.com/

 

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:渡辺真知子さん「幼稚園のころ、歌詞の意味もわからず涙を流しながら歌っていたのを覚えています」

2162views

マルク=アンドレ・アムラン

音楽ライターの眼

その夜のピアノは、聴衆を“別世界”へといざなった/マルク=アンドレ・アムラン ピアノ・リサイタル

2163views

“音を使って音楽を作る”音楽の冒険を「ELC-02」で

楽器探訪 Anothertake

音楽を楽しむ気持ちに届ける「ELC-02」のデザインと機能

5222views

これからアコースティックギターを始める際のギターの選び方や準備について

楽器のあれこれQ&A

これからアコースティックギターを始める際のギターの選び方や準備について

13499views

ホルンの精鋭、福川伸陽が アコースティックギターの 体験レッスンに挑戦! Web音遊人

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ホルンの精鋭、福川伸陽がアコースティックギターの体験レッスンに挑戦!

5957views

弦楽器の調整や修理をする職人インタビュー(前編)

オトノ仕事人

見えないところこそ気を付けて心を配る/弦楽器の調整や修理をする職人(後編)

5803views

アクトシティ浜松 中ホール

ホール自慢を聞きましょう

生活の中に音楽がある町、浜松市民の音楽拠点となる音楽ホール/アクトシティ浜松 中ホール

7517views

こどもと楽しむMusicナビ

親子で参加!“アートで話そう”をテーマにしたオーケストラコンサート&ワークショップ/第16回 子どもたちと芸術家の出あう街

2098views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

5151views

われら音遊人

われら音遊人:アンサンブル仲間が集う仲よしサークル

4318views

山口正介さん Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

いまやサクソフォンは趣味となったが、最初は映画音楽だった

3031views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

5132views

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ギタリスト木村大とピアニスト榊原大がトランペットに挑戦!

3381views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

世界に一台しかない貴重なピアノを所蔵「武蔵野音楽大学楽器博物館」

13999views

音楽ライターの眼

国際的に活躍を続ける三浦文彰、ピアノ界の新星との共演/三浦文彰 モーツァルト:バイオリン・ソナタプロジェクト Vol.1

6868views

オトノ仕事人

子ども向けコンサートを企画し、音楽が好きな子どもを増やす/コンサートプロデューサーの仕事

1853views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:音楽は和!ひとつになったときの達成感がいい

3288views

ギター文化館

楽器探訪 Anothertake

歴史的ギターの音を生で聴けるコンサートも開催!

3839views

東広島芸術文化ホール くらら - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

繊細なピアニシモも隅々まで響く至福の音響空間/東広島芸術文化ホール くらら

7800views

山口正介 - Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

この感覚を体験すると「音楽がやみつきになる」

4151views

購入前に知っておきたい!電子ピアノを選ぶときのポイントとおすすめ

楽器のあれこれQ&A

購入前に知っておきたい!電子ピアノを選ぶときのポイントとおすすめ機種

14966views

ズーラシアン・フィル・ハーモニー

こどもと楽しむMusicナビ

スーパープレイヤーの動物たちが繰り広げるステージに親子で夢中!/ズーラシアンブラス

5665views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

15079views