Web音遊人(みゅーじん)

今月の音遊人:谷村新司さん「音がない世界から新たな作品が生まれる」

ソロ活動でファンの心を捉え続ける一方、2019年5月からは「アリス」として全国ツアーをスタートする谷村新司さん。新曲『限りなき挑戦-OPEN GATE-』とツアー演奏曲目を収録したニューアルバムもリリースするなど、70歳を迎えてなお意欲的に挑戦を続けています。その活動の源や音との関わり方、人生を重ねてきたからこその体験などをうかがいました。

Q1.これまでの人生の中で、一番多く聴いた曲は何ですか?

うーん……。僕の場合、何か一曲に思い入れがあり、それが今の自分に影響を与えているというようなことはないような気がします。
アーティストには、それぞれ色がありますよね。若い頃の僕はひとつの色じゃないことに憧れていたので、赤だと思われたら絶対にきれいな青を出したいと思ってきたんです(笑)。そういう意味では反逆児ではあったかもしれないけれど、気がつけば総天然色。それが、もっとも自分らしい生き方だと感じていました。
でも、こうやって質問されてふと思い出したのが『家路』です。ドヴォルザークの『新世界より』第2楽章のメロディーを基にした曲ですね。
小・中学校の下校時に毎日流れていたので、意識して聴いていたわけではないのですが、気が付くと自然に体の中に入っていたように思います。
僕はライブでも『家路』を使用することがあるのですが、そう考えればその理由も納得がいきます。知らず知らずのうちに自分に沁み込んだその曲には、今思えばメロディーがもつ郷愁や日本語の詩など、琴線に触れる部分がたくさんあるんですよね。作品をつくる際にイメージをするときも、もしかしたら頭のなかでこの曲が鳴っていた時もあったかもしれません。

Q2.谷村さんにとって「音」や「音楽」とは?

音に包まれているときには音がすべてでありたいと常に思っていますし、音から離れたときには音がない場所にいたいと思うんです。だから僕は、絶えず音楽を聴いているという状況はとても少ないですね。音にものすごく入り込んでいるか、音のないところにいるか。その振り子の揺れ幅が、自分にとってとても心地いいんです。
創作活動をしているときやリハーサル、ライブ……、音と向き合う時間が終わると、静かな場所に行きたくなります。日本にも静かな場所がたくさんあり、そういったところに身を置くと、音がないことへの驚きを覚えるんです。すると、ふと音が浮かんできたり、こういう音楽が聴きたいから作ろうと思ったり。僕が作った曲は、ほとんどがそうやって生まれたものです。

Q3.「音で遊ぶ人」と聞いてどんな人を想像しますか?

真っ先に子どもをイメージします。実は、人は遊んでいるときが一番真剣だと思うんです。遊んでいるときは、時間がふっ飛びますよね。真剣に遊んでいれば、時間を越えられる。ただ、大人になるとなかなかそうはいかないので、子どものようにとめどなく真剣に遊べることに憧れますね。
そしてもうひとつ、「音で遊んでいる」のかどうかはわかりませんが、ここ15年ぐらいの間に何度も不思議な体験をしました。
自然に囲まれた野外でのライブでのこと。ステージに向かって歩いていると、目の前を蝶々がひらりひらりと舞い、会場まで導いてくれているようでした。最初は単なる偶然だと思っていたのですが、そんなシーンが何度もあり、そのうち道案内をしてくれているのかなと思うようになりました。
そして、アカペラで歌い始めると、いきなり鳥やセミがいっせいに鳴き始めるんです。驚きと感動でした。これは僕に限ったことではなく、音に携わっている人ならみんな体感できる可能性があるのではないかと思います。
そのころから、音楽は理屈で考えるのではなく、感覚でいいのだと思えるようになりましたね。そして、音が持っている力はすごいと思っています。

谷村新司〔たにむら・しんじ〕
音楽家/上海音楽学院教授。1948年大阪府生まれ。1971年、堀内孝雄、矢沢透と「アリス」を結成し、1972年3月、『走っておいで恋人よ』でデビュー。『冬の稲妻』『帰らざる日々』『チャンピオン』など数多くのヒット曲を出し、1981年に活動停止。その後ソロ活動を開始。『いい日旅立ち』『昴』『群青』『サライ』など、日本のスタンダードナンバーともいえる楽曲を多数発表。中国をはじめアジアでの活動をライフワークとして続ける一方、1988年からの3年間は国立パリ・オペラ座交響楽団などと共演。2004年3月、上海音楽学院教授に就任。現在もアーティスト活動を続けながら、中国を中心としたアジアにおける青少年のポップカルチャーの育成に務める。
2019年にアリスを再始動、5月から全国ツアー「ALICE AGAIN 2019-2020 限りなき挑戦 -OPEN GATE―」がスタート。
谷村新司オフィシャルサイト http://www.tanimura.com/
ALICEオフィシャルウェブサイト http://alice1972.com/

 

特集

今月の音遊人:仲道郁代さん「多様性こそが音楽の素晴らしさ、私自身もまだまだ変化していきます」

今月の音遊人

今月の音遊人:仲道郁代さん「多様性こそが音楽の素晴らしさ、私自身もまだまだ変化していきます」

6353views

音楽ライターの眼

ラヴェルの「ボレロ」がジャズだったかもしれないという問題と松永貴志の確信犯的時代性

4705views

v

楽器探訪 Anothertake

弾く人にとっての理想の音を徹底的に追究したサイレントバイオリン™

3898views

日ごろからできるピアノのお手入れ

楽器のあれこれQ&A

日ごろからできるピアノのお手入れ

47101views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:独特の世界観を表現する姉妹のピアノ連弾ボーカルユニットKitriがフルートに挑戦!

1830views

オトノ仕事人

音楽フェスのブッキングや制作をディレクションする/イベントディレクターの仕事

8121views

HAKUJU HALL(白寿ホール)

ホール自慢を聞きましょう

心身ともにリラックスできる贅沢な音楽空間/Hakuju Hall(ハクジュホール)

15002views

こどもと楽しむMusicナビ

サービス精神いっぱいの手作りフェスティバル/日本フィル 春休みオーケストラ探検「みる・きく・さわる オーケストラ!」

5318views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

世界の民族楽器を触って鳴らせる「小泉文夫記念資料室」

14589views

みどりの森保育園ママさんブラス

われら音遊人

われら音遊人:子育て中のママさんたちの 音楽活動を応援!

4043views

山口正介さん

パイドパイパー・ダイアリー

「自転車を漕ぐように」。これが長時間の演奏に耐える秘訣らしい

3443views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

19971views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:独特の世界観を表現する姉妹のピアノ連弾ボーカルユニットKitriがフルートに挑戦!

1830views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

世界の民族楽器を触って鳴らせる「小泉文夫記念資料室」

14589views

音楽ライターの眼

そのピアニシズムは、人生に光を与える/ジャン=マルク・ルイサダ ピアノ・リサイタル

3172views

ホールのクラシック公演を企画して地域の文化に貢献する/音楽学芸員の仕事

オトノ仕事人

アーティストとお客様とをマッチングさせ、コンサートという形で幸福な時間を演出する/音楽学芸員の仕事

7633views

われら音遊人

われら音遊人:アンサンブル仲間が集う仲よしサークル

5189views

v

楽器探訪 Anothertake

弾く人にとっての理想の音を徹底的に追究したサイレントバイオリン™

3898views

ホール自慢を聞きましょう

歴史ある“不死鳥の街”から新時代の芸術文化を発信/フェニーチェ堺

2835views

パイドパイパー・ダイアリー Vol.3

パイドパイパー・ダイアリー

人生の最大の謎について、わたしも教室で考えた

3289views

引っ越しのシーズン、電子ピアノやエレクトーンの取り扱いについて

楽器のあれこれQ&A

引っ越しのシーズン、電子ピアノやエレクトーンを安心して運ぶには?

67015views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

3861views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

5797views