Web音遊人(みゅーじん)

「三人三様の妙味」が生きるギターコンサート“TRES II”/沖仁×大萩康司×小沼ようすけ

タイトルの「TRES(トレス)」は、スペイン語で「3」を意味する。フラメンコギター奏者・沖仁、クラシックギター奏者・大萩康司、ジャズギター奏者・小沼ようすけ、「3人の個性と組み合わせの妙」を堪能できるコンサートだ。好評を博した2022年の1回目に続き、2023年2月26日に2回目の「TRES II」が開催された。

ソロ、デュオ、トリオを聴けるプログラム。前回は「コラボの楽しさ」を押し出していた印象を受けたが、2023年は、演奏形態に関わらず「三人三様の妙味」が生きていて、なかでもソロとトリオが絶妙に思えた。ダイジェストで綴っていく。

前半5曲のうち3曲がソロ。トップの沖が、いきなり観客を魅了する。哀愁漂う旋律の『ススペ』は、音の陰影が美しく揺らいで見える心地がした。薬指・中指・人差し指の指爪を高速連動させて弦をかき鳴らしたり、ボディを軽くたたいたり、フラメンコギター特有の奏法が満載で、目でも楽しめる。『フエゴ』に移ると、よりインプレッシブな演奏に変化し、まさに「炎」を連想する熱い音色に息を飲んだ。

大萩のソロは、トレモロ奏法を駆使した『暁の鐘』。トレモロといえば『アルハンブラの思い出』でおなじみだが、この曲も全編アルペジオを生かしながら、低音ベースに乗って中高音の旋律が朗々と歌い続ける。粒の揃ったアルペジオの絶妙な強弱、しかも繊細な高音旋律が遠くの客席までスーッと伸びて、心に忍び込む。大萩のギターテクニックに、思わずため息が漏れる。

そして小沼のソロはオリジナル『継承』。脱力系のブルージーな音楽だ。初夏に予定しているアルバム曲だという。小沼の演奏には、いつもロマンチックなムードが漂っている。シルクをスチールで巻いたコンパウンド弦を使っているせいもあって、軽やかな音色。弦のタッチがそもそも優しい。この日も、メロウな「小沼サウンド」に、客席はうっとり聴き入っていた。

トリオは、休憩後の後半にたっぷりと。プログラムの組み方にも工夫が見られた。

沖のオリジナル『ファンタスマIV』では、目を閉じていても誰が旋律を弾いているか分かるほど、個性を応酬し合う。実に爽快だったが、小沼のオリジナル『ムン・カ・ヘレ』では一転。どこかの海岸で自然を満喫しながら、今日ある幸せを満喫しているような雰囲気をそれぞれが醸し出していて、しかも溶け合っている。小沼の演奏特有の「海風や波音との調和を連想する爽やかなサウンド」を熟知しているからこその融合と言えるだろう。

ギターの名曲『アランフェス協奏曲』の第2楽章『アダージョ』は、2022年に続いての選曲だが、パワーアップしていた。大萩が旋律で沖が伴奏、小沼が旋律で大萩と沖が伴奏など、パートの組み替えやソロのリレーなどのパフォーマンスが板に付いた感じで、深遠なサウンドが広がった。スペインの作曲家ロドリーゴが、内戦の祖国の平和を願って作った曲。コロナ禍に戦争や地震など世界情勢が混沌としているさなか、祈りの音色を感じた。

締めの『リベルタンゴ』では、リズムをベース音で刻んだりしながら、息を合わせてハイテンションで進行。緊張感のある響きがピアソラ音楽のパッションをホールに充満させ、聴衆を釘付けにしてフィニッシュ!

ライブの冒頭で、沖が「コラボは珍しくないご時世だけれど、3人が溶け合っていく部分と、譲れないオリジナリティのコントラストと、どちらも大切」といった内容のトークをしていたが、まさにその通りのステージ展開となった。

アンコールは、米映画『ディア・ハンター』のテーマ音楽。優しく語りかけるような旋律とアルペジオを3人が受け渡すにつれ、コンサートの余韻が膨らんでいく。スタンディングオベーションで終演となった。

 

原納暢子〔はらのう・のぶこ〕
音楽ジャーナリスト・評論家。奈良女子大学卒業後、新聞社の音楽記者、放送記者をふりだしに「人の心が豊かになる音楽情報」や「文化の底上げにつながる評論」を企画取材、執筆編集し、新聞、雑誌、Web、放送などで発信。近年は演奏会やレクチャーコンサート、音楽旅行のプロデュースも。書籍は『200DVD 映像で聴くクラシック』『200CD クラシック音楽の聴き方上手』、佐藤しのぶアートグラビア「OPERA ALBUM」など。新刊『絆の極み』~さだまさしと渡辺俊幸の半世紀~絶賛発売中!
Lucie 原納暢子

特集

今月の音遊人 小沼ようすけ

今月の音遊人

今月の音遊人:小沼ようすけさん「本気で挑まなければ音楽の快感と至福は得られない」

21101views

音楽ライターの眼

連載11[多様性とジャズ]1980年代におけるモダンジャズの“復権”が意味しているものとは?

1261views

CLP-600シリーズ

楽器探訪 Anothertake

強弱も連打も思いのままに、グランドピアノに迫る弾き心地の電子ピアノ クラビノーバ「CLP-600シリーズ」

43717views

ピアノの地震対策

楽器のあれこれQ&A

いざという時のために!ピアノの地震対策は大丈夫ですか?

38647views

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ギタリスト木村大とピアニスト榊原大がトランペットに挑戦!

6859views

マイク1本から吟味して求められる音に近づける/レコーディングエンジニアの仕事(前編)

オトノ仕事人

マイク1本から吟味して求められる音に近づける/レコーディングエンジニアの仕事(前編)

14180views

ホール自慢を聞きましょう

ウィーンの品格と本格派の音楽を堪能できる大阪の極上空間/いずみホール

6218views

こどもと楽しむMusicナビ

クラシックコンサートにバレエ、人形劇、演劇……好きな演目で劇場デビューする夏休み!/『日生劇場ファミリーフェスティヴァル』

6345views

上野学園大学 楽器展示室

楽器博物館探訪

日本に一台しかない初期のピアノ、タンゲンテンフリューゲルを所有する「上野学園 楽器展示室」

18541views

われら音遊人ー021Hアンサンブル

われら音遊人

われら音遊人:元クラスメイトだけで結成。あのころも今も、同じ思いを共有!

4726views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

楽器は、いつ買うのが正解なのだろうか?

7817views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

24449views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:和洋折衷のユニット竜馬四重奏がアルトヴェノーヴァのレッスンを初体験!

4440views

上野学園大学 楽器展示室

楽器博物館探訪

日本に一台しかない初期のピアノ、タンゲンテンフリューゲルを所有する「上野学園 楽器展示室」

18541views

音楽ライターの眼

華麗なる完璧主義者、カラヤンの音楽と人生 vol.1

9022views

楽器博物館の学芸員の仕事 Web音遊人

オトノ仕事人

楽器のデモンストレーション、解説、管理までをこなすマルチプレイヤー/楽器博物館の学芸員の仕事(前編)

10950views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:音楽は和!ひとつになったときの達成感がいい

5563views

楽器探訪 Anothertake

人気トランペッターのエリック・ミヤシロがヤマハとタッグを組んだ、トランペットのシグネチャーモデル「YTR-8330EM」

3874views

メニコン シアターAoi

ホール自慢を聞きましょう

五感で“みる”ことの素晴らしさを多くの方と共感したい/メニコン シアターAoi

1996views

山口正介さん Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

サクソフォン教室の新しいクラスメイト、勝手に募集中!

4301views

引っ越しのシーズン、電子ピアノやエレクトーンの取り扱いについて

楽器のあれこれQ&A

引っ越しのシーズン、電子ピアノやエレクトーンを安心して運ぶには?

103922views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

10286views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9401views