Web音遊人(みゅーじん)

【ジャズの“名盤”ってナンだ?】#015 ヘイトのない世界を考えるための時を超えたメッセージ~ジョー・パス『ヴァーチュオーゾ』編

イタリア語のヴィルトゥオーソは、“巨匠”とか“名手”と呼ぶにふさわしい卓越した技巧や能力を備えた演奏家を指す言葉で、その英語読みがヴァーチュオーゾ。

最初にこの言葉を知ったのがこのアルバムで、なんだか大仰だなぁと思った記憶があります。

その後、クラシック音楽の世界ではよく使われていることを知るようになりましたが、そうなればなるほど、なんでそんな畑違いの形容詞を使おうとしたのか、不思議に思ったものです。

まぁ、ジャズ界でもfabulousとかamazingとかwizardとか、いわゆる「最高!」という形容詞をタイトルにつけたアルバムが多くリリースされているので、その発展形であると考えれば、それほど深い意味はないのかもしれません。


ヴァーチュオーゾ/ジョー・パス

アルバム概要

ギタリストのジョー・パスによるソロ・ギター演奏を収めた、1973年制作のアルバム。

ジョー・パスが44歳のときのもので、1960年代前半に出したアルバムで一時的に脚光を浴びたことはあったものの、実際には本作をもって彼の名を世に知らしめたという、出世作にして“名盤”なのです。

“名盤”の理由

リリース当時も、そしていまでも、このアルバムを初めて耳にした人は、「これ、ギターの人が何人で弾いているの?」とアンサンブルの妙に感心し、アルバムの演奏者クレジットにジョー・パスの名前しかないことを不思議に思う──ということが繰り返されています。

そして、すでに多重録音が一般的になっていた時代にあって、ワン・テイクでこれだけの作品を仕上げてしまったというインパクトと、エレクトリック・ギターによる爆音が席巻しつつあった1970年代のポピュラー音楽界にあって、クリーン・トーンのギター1本という地味な設定のアルバムにしたことも、世界に「ジョー・パス、ここにあり」と示し、その存在を認めさせる後押しとなったと言えるでしょう。

いま聴くべきポイント

父親はイタリア・シチリア出身。アメリカに大恐慌の嵐が吹き荒れる1929年に米ニュージャージー州ニュー・ブランズウィックで生まれたジョー・パスは、その父の仕事のためペンシルベニア州に移ると、ギターを相手に遊ぶようになります。

14歳になるころにはダンス・パーティーに呼ばれるバンドのメンバーに抜擢されるほど腕を上げ、20代でニューヨークへ進出してさらなる研鑚を積み、30代でロサンゼルスへ移ると、スタジオミュージシャンとして売れっ子の日々を送ることに。

ところが、好事魔多しで薬物中毒に陥り、回復支援設施への入所を経て、現場に戻ります。

復帰後の1960年代は、ほぼ毎年というペースでアルバムを制作しますが、そのうちの代表作『サウンド・オブ・シナノン』は当時のウエストコースト・ジャズを意識したきらびやかな大編成サウンド、『フォー・ジャンゴ』は彼のアイドルのひとりであるジャズ・ギターの巨人、ジャンゴ・ラインハルトの名が冠されているようにノスタルジックな雰囲気を醸し出そうとしているなど、正直言ってレコード会社がこのジャズ・ギターの名手をどう売り出してよいのか考えあぐねていたように感じられてしまうのです。

そんなバラバラだった特色や思惑がバチッとひとつにまとまったのが、無修正のギター・ソロでシンプルに仕上げた本作。1曲を除きジャズスタンダードで固めた構成も、ギタリストを引き立たせる効果があったと言えるでしょう。

ここで忘れるわけにはいかないのが、ノーマン・グランツという、本作のレーベル創設者にして希代の名プロデューサーの存在。

ノーマン・グランツは、1940年代半ばから人種差別反対を掲げたイヴェント(=ジャズ・アット・ザ・フィルハーモニック)を立ち上げ、大規模なレコーディングやツアーを企画。1956年にはヴァーヴ・レコード、1973年にはパブロ・レコードを設立し、多くの名演を後世に遺すという重要な役割を果たした人物です。

その彼が、1973年のレコード会社設立のときに、30年来の親交のあるオスカー・ピーターソンやエラ・フィッツジェラルド、コールマン・ホーキンスといったビッグネームとともに強力にプッシュしたのが、ジョー・パスでした。

もちろん、スタジオ仕事で鳴らしたギターの腕前を買っての起用だったことは想像に難くないのですが、ジョー・パスがイタリア・シチリアからの移民の子で、アルバム・タイトルにイタリア語由来の音楽用語をつけたことなどから推測するに、ジョー・パスもまた、ノーマン・グランツが生涯をかけて追い求めた差別のない世界をジャズという差別から生まれた音楽によって具現するのに適役だと白羽の矢を立てられたのではないか、そしてそれが本作を“名盤”へと導く強力な原動力になったのではないか──。

そう考えると、現在における『ヴァーチュオーゾ』の存在意義は、単にジャズのソロ・ギターをマスターするためのエチュード(あるいはコピーのための教材)というだけにとどまらず、差別やヘイトを考えるきっかけを与えてくれるメッセージとして受け取ることができるんじゃないか、と思うのですが、いかがでしょうか。

「ジャズの“名盤”ってナンだ?」全編 >

富澤えいち〔とみざわ・えいち〕
ジャズ評論家。1960年東京生まれ。学生時代に専門誌「ジャズライフ」などでライター活動を開始、ミュージシャンのインタビューやライヴ取材に明け暮れる生活を続ける。2004年に著書『ジャズを読む事典』(NHK出版生活人新書)を上梓。カルチャーセンターのジャズ講座やCSラジオのパーソナリティーを担当するほか、テレビやラジオへの出演など活字以外にも活動の場を広げる。専門誌以外にもファッション誌や一般情報誌のジャズ企画で構成や執筆を担当するなど、トレンドとしてのジャズの紹介や分析にも数多く関わる。『井上陽水FILE FROM 1969』(TOKYO FM出版)収録の2003年のインタビュー記事のように取材対象の間口も広い。2012年からYahoo!ニュース個人のオーサーとして記事を提供中。
富澤えいちのジャズブログ富澤えいちのジャズ・ブログ道場Facebook

facebook

twitter

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:石丸幹二さん「ジェシー・ノーマンのような表現者になりたい!という思いで歌の世界へ」

11032views

音楽ライターの眼

連載17[ジャズ事始め]上海がアジアにおけるジャズのホット・スポットであった歴史的事実とアジア・ジャズの関係性を解いてみる

3008views

豊かで自然な音と響きを再現するサイレントバイオリン「YSV104」

楽器探訪 Anothertake

アコースティックの豊かで自然な音色に極限まで迫る、サイレントバイオリン™「YSV104」

11883views

楽器のあれこれQ&A

エレクトーンについて、知っておきたいことや気をつけたいこと

25591views

おとなの楽器練習記:岩崎洵奈

おとなの楽器練習記

【動画公開中】将来を嘱望される実力派ピアニスト、岩崎洵奈がアルトサクソフォンに初挑戦!

11575views

オトノ仕事人

コンサートの音の責任者/サウンドデザイナーの仕事

12162views

ホール自慢を聞きましょう

ウィーンの品格と本格派の音楽を堪能できる大阪の極上空間/いずみホール

6729views

Kitaraあ・ら・かると

こどもと楽しむMusicナビ

子どもも大人も楽しめるコンサート&イベントが盛りだくさん。ピクニック気分で出かけよう!/Kitaraあ・ら・かると

6030views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

歴史的価値の高い鍵盤楽器が並ぶ「民音音楽博物館」

24027views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:音楽は和!ひとつになったときの達成感がいい

5799views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

だから続けられる!サクソフォンレッスン10年目

4835views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9950views

大人の楽器練習記:バイオリニスト岡部磨知がエレキギターを体験レッスン

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:バイオリニスト岡部磨知がエレキギターを体験レッスン

19409views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

世界の民族楽器を触って鳴らせる「小泉文夫記念資料室」

22377views

宮田大チェロ・コンサート

音楽ライターの眼

ハープのスターダストを浴びるチェロの清澄な歌/宮田大チェロ・コンサート

1286views

オトノ仕事人

音楽をやりたい子どもたちの力になりたい/地域音楽コーディネーターの仕事

8845views

われら音遊人

われら音遊人:オリジナルは30曲以上 大人に向けて奏でるフォークロックバンド

4324views

楽器探訪 Anothertake

ピアノならではのシンプルで美しいデザインと、最新のデジタル技術を両立

6621views

音の粒までクリアに聴こえる音響空間で、新時代へ発信する刺激的なコンテンツを/東京芸術劇場 コンサートホール

ホール自慢を聞きましょう

音の粒までクリアに聴こえる音響空間で、刺激的なコンテンツを発信/東京芸術劇場 コンサートホール

12401views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

贅沢な、サクソフォン初期設定講習会

5424views

知って得する!木製楽器の お手入れ方法

楽器のあれこれQ&A

木製楽器に起こりやすいトラブルは?保管やお手入れで気を付けること

21282views

こどもと楽しむMusicナビ

“アートなイキモノ”に触れるオーケストラ・コンサート&ワークショップ/子どもたちと芸術家の出あう街

6840views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

29866views