Web音遊人(みゅーじん)

穐吉敏子 Solo Live

93歳の世界的ジャズピアニストが日本のファンを大いに魅了!/穐吉敏子 Solo Live

ジャズの本場ニューヨークを拠点に長年世界的に活躍し、1999年には日本人初の国際ジャズ名声の殿堂入りも果たしたピアニストの穐吉敏子。現在93歳の彼女の創作意欲は、未だ衰えを微塵も見せず、今年も全国8か所でソロ・ツアーを開催。そのファイナルとなった2023年6月19日の銀座・ヤマハホール公演を聴いた。

この日は演奏に先立ち、盛岡市で「穐吉敏子ジャズミュージアム」を運営する照井顕氏がプレートーク。1974年に穐吉のレコードに出会って大ファンとなり、1980年に陸前高田で彼女のトリオ公演を実現。その後も、ツアーや録音を多数プロデュースし、2022年には念願のミュージアムをオープンするに至ったという。

作曲家としての半生と凄みを凝縮した前半

そんな穐吉愛が熱くユーモラスに語られ、期待がますます高まった中で幕を開けた当夜の演奏。オープニングを飾ったのは、穐吉の自作曲で、代表曲のひとつとして名高い『ロング・イエロー・ロード』だった。演奏後のトークで、「アメリカの物真似ではなく、自分だけの言葉を見つけなければいけないと思って、渡米後5年目くらいに書いた曲。でも、そこまでに至る道のりは長いだろうなと」と説明があり、日本のソロ・コンサートでは必ず最初に弾いているとのこと。緻密なタッチと緩急自在のスイングが同居した穐吉のピアニズムはこの日も健在で、右足をペダルから時折離して、大きく揺らしたり踏みつけたりして生み出す間やビートもみごとだった。

穐吉敏子 Solo Live

その後も、『メモリー』『アイ・ノウ・フー・ラブズ・ユー』『ファースト・ナイト』『木更津甚句』と、いずれも自作曲が続き、作曲家としての多彩かつ類い稀な才能を存分に発揮。中でも圧巻だったのは、『ロング~』と並ぶ初期傑作で、1961年の初帰国時に録音された『木更津甚句』。原曲の民謡が持つ日本らしい美しい香りと愉快なリズムにインスピレーションを得た穐吉は、それを4分の5拍子による超高速の右手と力強い左手の反復で描き、新しいジャズに昇華してみせた。以来、半世紀以上経っても消えることのない迫力と瑞々しさは、繰り返し演奏され続けてきたことで、この夜、さらなる洗練と深みを帯びていたと思う。

後半は巨匠の真髄と平和への祈りに感嘆

約20分の休憩を挟んだ後半は、バッハ『インベンション』、ディズニー『星に願いを』というスタンダードな傑作を冒頭に並べ、演奏家・穐吉の真髄に改めて迫ってゆく流れ。

続いて演奏されたのは、ディジー・ガレスピー『コン・アルマ』と、バド・パウエル『ウン・ポコ・ローコ』という、いずれもモダンジャズのパイオニアによる自作曲。この2曲は、演奏前に作曲者にまつわる穐吉ならではのエピソードを披露してくれたのも大変興味深かった。

穐吉敏子 Solo Live

稀代のジャズ・トランぺッターだったガレスピーに、「あなたのバンドのピアニストが辞めたら雇ってほしい」と彼女が頼むと、「考えておこう」と言われ、後に「僕のバンドの編曲をお願いしたい」という依頼に、我らが穐吉は「考えておくわ」と笑顔で返したという。

また、超絶技巧で知られたパウエルのピアノを穐吉は心から尊敬していたそうで、この夜の彼女の演奏は、パウエルの魂が乗り移ったようなフルスロットルで一気に駆け抜けていった。

そして最後は、2001年のアメリカ同時多発テロ事件以降、彼女が必ず最後に弾いているという『ホープ(希望)』。組曲『ヒロシマ そして終焉から』の第3楽章にあたり、収録を兼ねた2001年の日本ツアーを終えてアメリカに戻った翌日にテロが起こってしまったそうだ。「私たちは平和を希望しますと言い続けるために、この曲を弾き続けます」とは穐吉の言葉だが、美しい祈りの調べとスイングの妙に深く感嘆しながら、来年も、再来年も、この先ずっと同じ場所で聴き続けていきたいと願わずにはいられなかった。

穐吉敏子 Solo Live

 

渡辺謙太郎〔わたなべ・けんたろう〕
音楽ジャーナリスト。慶應義塾大学卒業。音楽雑誌の編集を経て、2006年からフリー。『intoxicate』『シンフォニア』『ぴあ』などに執筆。また、世界最大級の音楽祭「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」のクラシックソムリエ、書籍&CDのプロデュース、テレビ&ラジオ番組のアナリストなどとしても活動中。

photo/ Ayumi Kakamu

本ウェブサイト上に掲載されている文章・画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

facebook

twitter

特集

原田慶太楼

今月の音遊人

今月の音遊人:原田慶太楼さん「音楽によるコミュニケーションには、言葉では決して伝わらない『魔法』があるんです」

1602views

音楽ライターの眼

英国ハード・ロック・バンド、バッジーの受け継がれる伝統

2566views

reface シリーズ

楽器探訪 Anothertake

ひざの上に乗せてその場で音が出せる!新感覚のシンセサイザー「reface」シリーズ

13061views

楽器のあれこれQ&A

エレキギター初心者を脱したい!ステップアップ練習法と2本目購入時のアドバイス

4022views

大人の楽器練習機

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:世界的ピアニスト上原彩子がチェロ1日体験レッスン

16950views

オペラ劇場の音楽スタッフの仕事 - Web音遊人

オトノ仕事人

舞台上の小さなボックスから指揮者や歌手に大きな安心を届ける/オペラ劇場の音楽スタッフの仕事(後編)

13312views

荘銀タクト鶴岡

ホール自慢を聞きましょう

ステージと客席の一体感と、自然で明快な音が味わえるホール/荘銀タクト鶴岡(鶴岡市文化会館)

11303views

Kitaraあ・ら・かると

こどもと楽しむMusicナビ

子どもも大人も楽しめるコンサート&イベントが盛りだくさん。ピクニック気分で出かけよう!/Kitaraあ・ら・かると

5897views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

見るだけでなく、楽器の音を聴くこともできる!

13580views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:人を楽しませたい!それが4人の共通の思い

6348views

パイドパイパー・ダイアリー Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

楽器は人前で演奏してこそ、上達していくものなのだろう

7950views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9719views

大人の楽器練習記:クラシック・サクソフォン界の若き偉才、上野耕平がチェロの体験レッスンに挑戦

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:クラシック・サクソフォン界の若き偉才、上野耕平がチェロの体験レッスンに挑戦

11228views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

世界中の珍しい楽器が一堂に集まった「浜松市楽器博物館」

30008views

音楽ライターの眼

【ジャズの“名盤”ってナンだ?】#032 多様な世界観が導いた普遍的な“聴きやすさ”~オスカー・ピーターソン・トリオ『プリーズ・リクエスト』編

670views

オトノ仕事人

歌、芝居、踊りを音楽でひとつに束ねる司令塔/ミュージカル指揮者・音楽監督の仕事

2694views

武豊吹奏楽団

われら音遊人

われら音遊人: 地域の人たちの喜ぶ顔を見るために苦しいときも前に進み続ける

1533views

楽器探訪 Anothertake

バンドメンバーになった気分でアンサンブルを楽しめるクラビノーバ「CVP-800シリーズ」

7014views

紀尾井ホール

ホール自慢を聞きましょう

専属の室内オーケストラをもつ日本屈指の音楽ホール/紀尾井ホール

13843views

サクソフォン、そろそろ「テイク・ファイブ」に挑戦しようか、なんて思ってはいるのですが

パイドパイパー・ダイアリー

サクソフォンをはじめて10年、目標の「テイク・ファイブ」は近いか、遠いのか……。

7995views

エレキベース

楽器のあれこれQ&A

エレキベースを始める前に知りたい5つの基本

2732views

こどもと楽しむMusicナビ

1DAYフェスであなたもオルガン博士に/サントリーホールでオルガンZANMAI!

2925views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9719views