Web音遊人(みゅーじん)

KOBUDO-古武道-

異ジャンルトリオ「KOBUDO―古武道―」のアコースティック・コンサート/チェリスト・古川展生×ピアニスト・妹尾武×尺八奏者・藤原道山

「KOBUDO―古武道―」は「クラシック×ポップス×邦楽」による新たな創造を追究する、唯一無二のトリオ。メンバーは、チェリスト・古川展生×ピアニスト・妹尾武×尺八奏者・藤原道山。

2023年2月27日に開催されたアコースティック・コンサートは、2022年に15周年の節目を記念して発売したアルバム『光』や、1st.『KOBUDO』、2nd.『風の都』、4th.『イツクシミ』、5th.『OTOTABI -音旅-』などからのクラシックやオリジナルを軸にしたプログラム。全般クラシックの難曲演奏が際立っていたが、なかでも特に印象深かった演奏をご紹介しよう。

ホルスト『ジュピター』で、パワフルにスタート。ピアノの高音アルペジオに誘われて、インパクトのある旋律をチェロの重低音が力強く歌い始める。尺八の中高音旋律が、天上を駆け巡り、空間が広がる。無限の宇宙に心が放たれていく爽快感。『光』の収録曲だ。

KOBUDO-古武道-

続く、エルガー『チェロ協奏曲』の第3楽章は美しいバラード。静かな夕景を連想するチェロの深い音やピアノの低音ベース進行に、フルートのような柔らかな音色の尺八が寄り添う、やがて「一条の光」を思わせるピッコロに似た明るい音に変化して……。アルバムのテーマ「光」が浮き立ってくる。

次いで、ギターの名曲ロドリーゴの『アランフェス協奏曲』第2楽章。3人の旋律のバトンタッチが見事だ。道山は、傍らの台に並べた長さの違う尺八7本から、音域に合ったものを手際よく持ち替えて演奏。一尺八寸の基本の長さのものだけでは補えないので、曲に合わせて複数用意しているのだ。音色のニュアンスも素晴らしい。チェロとピアノのハーモニーが哀愁をかきたて、圧巻である。2013年の『OTOTABI』収録曲だ。

各自のソロを経て、ショパンの『革命』ときた。ピアノの高速パッセージが爆音のようにうなり続けるなか、地をはうようにチェロの低音が前線を伺い、尺八が民衆の叫びをあげる。壮絶なコントラストで爆走する3人。和洋楽器トリオならではの迫力だ!

そして、妹尾が敬愛するラフマニノフの『ピアノ協奏曲第2番』。『KOBUDO』に収録し、ライブでは第3楽章の終盤も盛り込んだ華やかなアレンジで演奏してきた十八番である。憂いをまとったロマンチックな世界が満ちていく。15年の積み重ねが輝きを発する演奏。『光』にも収録してある。

KOBUDO-古武道-

休憩をはさんで後半。ラヴェルの『亡き女王のためのパヴァーヌ』は、道山が繊細かつ優雅な高音の旋律を、持ち替えながら奏でる。チェロの深遠な響きがこれを支え、ピアノがラヴェルの色彩豊かな世界をさらに演出。古川のチェロは、共演者とのバランスが常に絶妙だが、この曲など俯瞰(ふかん)している感じがする。ノスタルジックな音空間が広がって、聴衆を包み込んでいく。

次いで、ガーシュウィンの『ラプソディー・イン・ブルー』では、道山は持ち替えだけでなく、独自の「腿上げ奏法」も駆使。尺八は竹管の前面に孔が4つ、背面に1つあるだけのシンプルな楽器なので、孔を半分とか4分の1とか工夫して指で押さえ、息使いや首の振りと組み合わせて演奏する。だが、それでも出ない音は、片足の太腿を上げて、尺八の端に当てて調整して吹いているのだ。取材で初めて知ったときの驚きは、忘れられない。体幹をキープしての「神業」だ。

そして、フィナーレの『リベルタンゴ』。和音階で始まる独自の編曲で、ピアノが熱くリズムを刻み、尺八の枯れた音を生かした間奏などで「和の情念」を絞り出す。幸せの一歩手前で見失いそうな危うい恋を、チェロが低い声で切々と物語るかのよう……。息の合ったハイテンションの演奏と妹尾のアレンジに拍手喝采となる。

他に、個性的なオリジナル曲の演奏も複数あった。例えば、闇夜に点滅するホタルや水面のきらめきをアルペジオで表現した妹尾の『HOTARU』の繊細な情景美、道山が1メートル近くありそうな長い尺八を、大きな息使いでザアーッと鳴らして、瀧の瀑布やしぶきを表現する『瀧~Waterfall~』など、バリエーション豊かなプログラム。観客は大満足の様子だった。

KOBUDO-古武道-

 

原納暢子〔はらのう・のぶこ〕
音楽ジャーナリスト・評論家。奈良女子大学卒業後、新聞社の音楽記者、放送記者をふりだしに「人の心が豊かになる音楽情報」や「文化の底上げにつながる評論」を企画取材、執筆編集し、新聞、雑誌、Web、放送などで発信。近年は演奏会やレクチャーコンサート、音楽旅行のプロデュースも。書籍は『200DVD 映像で聴くクラシック』『200CD クラシック音楽の聴き方上手』、佐藤しのぶアートグラビア「OPERA ALBUM」など。新刊『絆の極み』~さだまさしと渡辺俊幸の半世紀~絶賛発売中!
Lucie 原納暢子

photo/ Ayumi Kakamu

本ウェブサイト上に掲載されている文章・画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

facebook

twitter

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:甲田まひるさん「すべての活動の土台は音楽。それなしでは表現にはなりません」

3974views

音楽ライターの眼

ホワイトスネイクが新編成ベスト三部作の完結編『ザ・ブルース・アルバム』を発表

2842views

クラビノーバ「CSPシリーズ」

楽器探訪 Anothertake

これまでピアノを諦めていた多くの人を救う楽器。楽譜作成・鍵盤ガイド機能が付いた電子ピアノ/クラビノーバ「CSPシリーズ」

21108views

楽器のあれこれQ&A

ウクレレを始めてみたい!初心者が知りたいあれこれ5つ

4233views

ぱんだウインドオーケストラの精鋭たちがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ぱんだウインドオーケストラの精鋭たちがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

13019views

オトノ仕事人

新たな音を生み出して音で空間を表現する/サウンド・スペース・コンポーザーの仕事

6620views

弦楽四重奏を聴くことが人生の糧となるように/第一生命ホール

ホール自慢を聞きましょう

弦楽四重奏を聴くことが人生の糧となるように/第一生命ホール

8562views

日生劇場ファミリーフェスティヴァル

こどもと楽しむMusicナビ

夏休みは、ダンス×人形劇やミュージカルなど心躍る舞台にドキドキ、ワクワクしよう!/日生劇場ファミリーフェスティヴァル2022

2701views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

世界の民族楽器を触って鳴らせる「小泉文夫記念資料室」

21721views

われら音遊人:バンド経験ゼロの主婦が集合 家庭を守り、ステージではじける!

われら音遊人

われら音遊人:バンド経験ゼロの主婦が集合 家庭を守り、ステージではじける!

8446views

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい 山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい

5295views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

28939views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目のピアノデュオ鍵盤男子の二人がチェロに挑戦!

8047views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

見るだけでなく、楽器の音を聴くこともできる!

13424views

ジャズとクラシックの関係性

音楽ライターの眼

ジャズとクラシックの距離を測るための極私的な指標について

3130views

重田克美

オトノ仕事人

スポーツやイベントの会場で、選手やお客様のためにいい音環境を作る/音響エンジニアの仕事

9053views

われら音遊人

われら音遊人:みんなの灯をひとつに集め、大きく照らす

5325views

楽器探訪 Anothertake

世界の一流奏者が愛用するトランペット「Xeno Artist Model」がモデルチェンジ

23741views

紀尾井ホール

ホール自慢を聞きましょう

専属の室内オーケストラをもつ日本屈指の音楽ホール/紀尾井ホール

13657views

パイドパイパー・ダイアリー Vol.8 - Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

初心者も経験者も関係ない、みんなで音を出しているだけで楽しいんです!

5043views

日ごろからできるピアノのお手入れ

楽器のあれこれQ&A

日ごろからできるピアノのお手入れ

63539views

こどもと楽しむMusicナビ

クラシックコンサートにバレエ、人形劇、演劇……好きな演目で劇場デビューする夏休み!/『日生劇場ファミリーフェスティヴァル』

6437views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

28939views