Web音遊人(みゅーじん)

今月の音遊人:下野竜也さん「自分を楽しく表現できれば、誰でも『音で遊ぶ人』になれると思います」

日本を代表する指揮者のひとり、下野竜也さん。ひとつひとつの言葉を丁寧に紡ぎながら質問に答えてくれる様子は、彼の音楽のように誠実さであふれていました。

Q1.これまでの人生の中で一番多く聴いた曲は何ですか?

非常に難しい質問ですけれど、おもしろいですね。これまで50年以上生きてきたなかで、どの曲を一番聴いたかなんて考えたことがなかったので、自分の音楽人生を振り返るいい機会になりました。
さて、一曲挙げるとすれば、ベートーヴェンの「第九」です。私は小学生の時にトランペットを始め、ジュニアオーケストラに入っていたのですが、その頃からベートーヴェンの曲が大好きでよく聴いていました。初めて生で聴くことができたのは高校1年生の時です。地元の鹿児島に井上道義さんがやってきて、地元のアマチュアを集めたオケを指揮するコンサートがあったのです。合唱団も地元の方々で、300~400人ほどだったでしょうか。第4楽章で合唱が入ってきたときに受けた、全身に鳥肌が立つような衝撃は今でも忘れられません。指揮者になりたいと強く思うようになったのも「第九」を振りたいという気持ちがあったからです。指揮台の上で聴いている回数でいえば「運命」と甲乙つけ難いところもありますが、トータルで考えるとやはり「第九」ですね。

Q2.下野さんにとって「音」や「音楽」とは?

自分に安心や好奇心を与えてくれるもの、といえばいいでしょうか。音のない世界とか、音楽がない世界というのは想像することができません。しかし、そのときの自分の状態によって、同じ曲を聴いても心地よく感じるときと、そうでないときはあります。「今は音楽がないほうがいいな」と思うこともあります。「音」や「音楽」は自分にとって家族や気の置けない友達のようなもので、毎日当たり前のように一緒にいると「ちょっと今日は……」と思うこともあるけれど、本当はずっとそばにいてほしい、みたいな(笑)。そんな存在だと思います。
また、音楽を職業にしている身からすると、音楽と向き合うことを愛おしく思う気持ちが日に日に大きくなってきています。若い頃は新しい曲を指揮できることが楽しみで仕方なかったけれど、最近は「自分はあと何回、この曲を演奏することができるのだろうか」と考えるようにもなりました。演奏する作品と接する時間をより大事にしたい、と思うようになりましたね。

Q3.「音で遊ぶ人」と聞いてどんな人を想像しますか?

簡単明瞭に「子ども」ですね。私には小学生の息子がいて、コロナ禍で一緒に過ごす時間が増えたのですが、見ていると、ずっと何かしら歌っているんです。宿題をやるにしても遊ぶにしても、いつも鼻歌を歌っている。誰かに上手に聴かせたいとかそういう気持ちではなく、シンプルに自分のいまの気持ちを表わしているんです。それを目の当たりにして、「これこそ音楽、そしてコミュニケーションの源流なんだ」と感じたのと同時に、「音楽ってやはり人間に必要なものなんだ」との思いが強くなりました。コロナ禍をきかっけに「不要不急」という言葉が叫ばれるようになりましたよね。特に音楽や舞台芸術に対して多く向けられたような気がします。だけど、自分の子どもを見ていて、「音楽は不急ではあるのかもしれないけれど、決して不要ではない」とあらためて実感しました。上手くできるかどうかとか、他人からどう思われるかとか、そういうところから離れて、少しぐらい音が外れてしまったりリズムが合わなかったりしても、自分を楽しく表現できれば、誰でも「音で遊ぶ人」になれるのではないでしょうか。

下野竜也〔しもの・たつや〕
1969年鹿児島生まれ。鹿児島大学教育学部音楽科を経て、桐朋学園大学音楽学部附属指揮教室で学ぶ。1997年、大阪フィル初代指揮研究員として、故・朝比奈隆氏をはじめ数多くの巨匠の下で研鑽を積む。2000年に東京国際音楽コンクール(指揮)で優勝および齋藤秀雄賞を受賞、2001年にはブザンソン国際指揮者コンクールでの優勝で一躍脚光を浴びた。2006年、読売日本交響楽団の初代正指揮者に迎えられ、2013年4月から17年3月まで同団の首席客演指揮者を務める。2011年、広島ウインドオーケストラ音楽監督に就任、2017年4月、広島交響楽団音楽総監督に就任した。国内の主要オーケストラに定期的に招かれる一方、海外のオーケストラとの共演や、オペラの分野でも活躍する。2017年4月、京都市立芸術大学音楽学部指揮専攻教授に就任した。
オフィシャルサイト

photo/ 提供:広島交響楽団

本ウェブサイト上に掲載されている文章・画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

facebook

twitter

特集

塩谷哲

今月の音遊人

今月の音遊人:塩谷哲さん 「僕の作る音楽が“ポップ”なのは、二人の天才音楽家の影響かもしれませんね」

3765views

フリートウッド・マック

音楽ライターの眼

1969年、英米ブルースの邂逅。フリートウッド・マック、伝説の“チェス・セッション”を解き明かす書籍刊行

1056views

楽器探訪 Anothertake

世界の一流奏者が愛用するトランペット「Xeno Artist Model」がモデルチェンジ

24233views

初心者必見!バンドで使うシンセサイザーの選び方

楽器のあれこれQ&A

初心者必見!バンドで使うシンセサイザーの選び方

23232views

バイオリニスト石田泰尚が アルトサクソフォンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】バイオリニスト石田泰尚がアルトサクソフォンに挑戦!

12160views

コレペティトゥーアのお仕事

オトノ仕事人

歌手・演奏者と共に観客を魅了する音楽を作り上げたい/コレペティトゥーアの仕事(後編)

7307views

水戸市民会館

ホール自慢を聞きましょう

茨城県最大の2,000席を有するホールを備えた、人と文化の交流拠点が誕生/水戸市民会館 グロービスホール(大ホール)

4171views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

7277views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

世界の民族楽器を触って鳴らせる「小泉文夫記念資料室」

21977views

われら音遊人:1年がかりでビッグバンドを結成、河内からラテンの楽しさを発信!

われら音遊人

われら音遊人:1年がかりでビッグバンドを結成、河内からラテンの楽しさを発信!

10624views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

大人の音楽レッスン、わたし、これでも10年つづけています!

6957views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

29264views

おとなの楽器練習記

【動画公開中】注目の若手ピアニスト小林愛実がチェロのレッスンに挑戦!

9452views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

世界中の珍しい楽器が一堂に集まった「浜松市楽器博物館」

30018views

ジャズとデュオの新たな関係性を考える

音楽ライターの眼

ジャズとデュオの新たな関係性を考えるvol.11

3688views

江藤裕平

オトノ仕事人

音楽ゲームの要となるリズムノーツをつくる専門家/『太鼓の達人』の譜面制作の仕事

7575views

AOSABA

われら音遊人

われら音遊人:大所帯で人も音も自由、そこが面白い!

11342views

楽器探訪 Anothertake

おしゃれで弾きやすい!新感覚のアコースティックギター「STORIA」

45390views

ホール自慢を聞きましょう

歴史ある“不死鳥の街”から新時代の芸術文化を発信/フェニーチェ堺

8160views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

泣いているのはどっちだ!?サクソフォン、それとも自分?

5752views

サクソフォンの選び方と扱い方について

楽器のあれこれQ&A

これからはじめる方必見!サクソフォンの選び方と扱い方について

54904views

こどもと楽しむMusicナビ

1DAYフェスであなたもオルガン博士に/サントリーホールでオルガンZANMAI!

2928views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9722views