Web音遊人(みゅーじん)

華麗なる完璧主義者、カラヤンの音楽と人生 vol.1

ヘルベルト・フォン・カラヤンは、何においても独自の「美学」をもっている人だった。音楽、服装、趣味、家庭、仕事……。人生のすべてにおいて、その「美学」を徹底して貫き通した。生き方そのものが「粋」だった、と表現した方がいいかもしれない。

今回から3回に分けて、カラヤンの生い立ち、音楽人生、指揮者としての足跡をたどってみたいと思う。

カラヤンの演奏からは、香り高い空気――上質で繊細で、こまやかな神経が隅々まで行き届いた、究極の美に彩られた音が空気に乗って流れてくるような感じを覚える。一音たりともおろそかにせず、音にこだわったこの心意気が、音という一瞬にして消えゆく瞬間の芸術に姿を変えて伝わってくるような感覚にとらわれる。

カラヤンは1908年4月5日、オーストリアのザルツブルクに生まれた。生家はザルツァッハ川に面したシュヴァルツ通り1番地で、バロック式の堂々たる建物の2階がカラヤン一家の住まいだった。この建物は現存し、カラヤンの生家を示すプレートが掲げられているが、現在はザルツブルク農業信用金庫の所有となっている。

この家はザルツァッハ川右岸の中心地区に位置し、川の逆サイドには州立劇場があり、その先はミラベル庭園へと続いている。ザルツブルクの一等地というべき場所である。

カラヤンの祖先は、ギリシャのマケドニア地方、コザニの出身で、カラヨアンネスとかカラヤニス、カラヤノプーロスなどと名乗っていたと伝えられている。そのなかのひとりがドイツのザクセン地方に移り住み、ここでトルコの繊維工場を始めた。商才に恵まれた祖先は、やがてウィーンやザルツブルクで財を成し、神聖ローマ帝国の貴族の称号を与えられる。カラヤン家が“フォン”と名乗るようになったのは、これ以後のことである。

華麗なる完璧主義者、カラヤンの音楽と人生

ザルツブルクの生家の庭に建つカラヤン像

ヘルベルトの曽祖父テオドールは、学者としての道を歩んだ。ギリシャ正教会に属していたためウィーン大学の学部長の座を得ることができなかったが、自己を貫く意志、強固な姿勢、偉大なる学問的業績からオーストリアの騎士階級を与えられるまでになった。音楽にも深い関心を寄せ、この魂がのちにヘルベルトに受け継がれたと考えられている。

このテオドールの息子、ヘルベルトの祖父にあたるルートヴィヒ・マリアは、ローマ・カトリックの洗礼を受けている。ルートヴィヒ・マリアは医学博士であり、宮廷顧問官も務めた。カラヤン家の伝統は、不屈の精神でその才能を発揮し、開花させることにあった。祖先はみな粘り強く努力家で、強靭な意志の持ち主だった。

ヘルベルトの父エルンストは医者で、ザルツブルクの聖ヨハネ病院の院長を皮切りに、州立病院の院長、州衛生担当官などを歴任して、人々から尊敬される存在となった。さまざまな階級の人と交流をもち、大衆的な医者として人気があった。彼は音楽をこよなく愛し、クラリネットを演奏して楽しむこともあったという。

華麗なる完璧主義者、カラヤンの音楽と人生<全編>

伊熊 よし子〔いくま・よしこ〕
音楽ジャーナリスト、音楽評論家。東京音楽大学卒業。レコード会社、ピアノ専門誌「ショパン」編集長を経て、フリーに。クラシック音楽をより幅広い人々に聴いてほしいとの考えから、音楽専門誌だけでなく、新聞、一般誌、情報誌、WEBなどにも記事を執筆。著書に「クラシック貴人変人」(エー・ジー出版)、「ヴェンゲーロフの奇跡 百年にひとりのヴァイオリニスト」(共同通信社)、「ショパンに愛されたピアニスト ダン・タイ・ソン物語」(ヤマハミュージックメディア)、「魂のチェリスト ミッシャ・マイスキー《わが真実》」(小学館)、「イラストオペラブック トゥーランドット」(ショパン)、「北欧の音の詩人 グリーグを愛す」(ショパン)など。2010年のショパン生誕200年を記念し、2月に「図説 ショパン」(河出書房新社)を出版。近著「伊熊よし子のおいしい音楽案内 パリに魅せられ、グラナダに酔う」(PHP新書 電子書籍有り)、「リトル・ピアニスト 牛田智大」(扶桑社)、「クラシックはおいしい アーティスト・レシピ」(芸術新聞社)、「たどりつく力 フジコ・ヘミング」(幻冬舎)。共著多数。
伊熊よし子の ークラシックはおいしいー

 

特集

今月の音遊人 木根尚登さん

今月の音遊人

今月の音遊人:木根尚登さん「やっぱりバンドがやりたい!理想は『あまちゃんスペシャルビッグバンド』」

9605views

Z EXPRESS BIG BAND - Web音遊人

音楽ライターの眼

スタンダードジャズから吹奏楽ナンバーまで、20人の凄腕たちが魅せた熱いステージ/Z EXPRESS BIG BAND

5171views

楽器探訪 Anothertake

26年ぶりにラインアップを一新!「長く持っても疲れにくい」を実現し、フラッグシップモデルが加わったバリトンサクソフォン

1043views

トロンボーン

楽器のあれこれQ&A

初心者なら知っておきたい、トロンボーンの種類や選び方のポイント

7334views

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ギタリスト木村大とピアニスト榊原大がトランペットに挑戦!

3745views

オトノ仕事人

音楽をやりたい子どもたちの力になりたい/地域音楽コーディネーターの仕事

2513views

ホール自慢を聞きましょう

歴史ある“不死鳥の街”から新時代の芸術文化を発信/フェニーチェ堺

2554views

こどもと楽しむMusicナビ

親子で参加!“アートで話そう”をテーマにしたオーケストラコンサート&ワークショップ/第16回 子どもたちと芸術家の出あう街

2376views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

16~19世紀を代表する名器の音色が生演奏で聴ける!

7541views

練馬だいこんず

われら音遊人

われら音遊人:好きな音楽を通じて人のためになることをしたい

3622views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

すべては、あの日の「無料体験レッスン」から始まった

3218views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

15799views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目のピアノデュオ鍵盤男子の二人がチェロに挑戦!

4261views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

世界に一台しかない貴重なピアノを所蔵「武蔵野音楽大学楽器博物館」

14519views

ジャズが“距離感”を重視すべき音楽であることを考えさせたあるデュオのトラウマ

音楽ライターの眼

ジャズが“距離感”を重視すべき音楽であることを考えさせたあるデュオのトラウマ

2359views

オトノ仕事人 ボイストレーナー

オトノ仕事人

思い描く声が出せたときの感動を分かち合いたい/ボイストレーナーの仕事(後編)

5980views

われら音遊人:1年がかりでビッグバンドを結成、河内からラテンの楽しさを発信!

われら音遊人

われら音遊人:1年がかりでビッグバンドを結成、河内からラテンの楽しさを発信!

6654views

豊かで自然な音と響きを再現するサイレントバイオリン「YSV104」

楽器探訪 Anothertake

アコースティックの豊かで自然な音色に極限まで迫る、サイレントバイオリン™「YSV104」

7030views

ホール自慢を聞きましょう

地域に愛される豊かな音楽体験の場として京葉エリアに誕生した室内楽ホール/浦安音楽ホール

3917views

サクソフォン、そろそろ「テイク・ファイブ」に挑戦しようか、なんて思ってはいるのですが

パイドパイパー・ダイアリー

サクソフォンをはじめて10年、目標の「テイク・ファイブ」は近いか、遠いのか……。

3779views

楽器のあれこれQ&A

きっとためになる!サクソフォンの基礎力と表現力をアップする練習のコツ

6021views

こどもと楽しむMusicナビ

親子で参加!“アートで話そう”をテーマにしたオーケストラコンサート&ワークショップ/第16回 子どもたちと芸術家の出あう街

2376views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

18981views