Web音遊人(みゅーじん)

華麗なる完璧主義者、カラヤンの音楽と人生 vol.1

ヘルベルト・フォン・カラヤンは、何においても独自の「美学」をもっている人だった。音楽、服装、趣味、家庭、仕事……。人生のすべてにおいて、その「美学」を徹底して貫き通した。生き方そのものが「粋」だった、と表現した方がいいかもしれない。

今回から3回に分けて、カラヤンの生い立ち、音楽人生、指揮者としての足跡をたどってみたいと思う。

カラヤンの演奏からは、香り高い空気――上質で繊細で、こまやかな神経が隅々まで行き届いた、究極の美に彩られた音が空気に乗って流れてくるような感じを覚える。一音たりともおろそかにせず、音にこだわったこの心意気が、音という一瞬にして消えゆく瞬間の芸術に姿を変えて伝わってくるような感覚にとらわれる。

カラヤンは1908年4月5日、オーストリアのザルツブルクに生まれた。生家はザルツァッハ川に面したシュヴァルツ通り1番地で、バロック式の堂々たる建物の2階がカラヤン一家の住まいだった。この建物は現存し、カラヤンの生家を示すプレートが掲げられているが、現在はザルツブルク農業信用金庫の所有となっている。

この家はザルツァッハ川右岸の中心地区に位置し、川の逆サイドには州立劇場があり、その先はミラベル庭園へと続いている。ザルツブルクの一等地というべき場所である。

カラヤンの祖先は、ギリシャのマケドニア地方、コザニの出身で、カラヨアンネスとかカラヤニス、カラヤノプーロスなどと名乗っていたと伝えられている。そのなかのひとりがドイツのザクセン地方に移り住み、ここでトルコの繊維工場を始めた。商才に恵まれた祖先は、やがてウィーンやザルツブルクで財を成し、神聖ローマ帝国の貴族の称号を与えられる。カラヤン家が“フォン”と名乗るようになったのは、これ以後のことである。

華麗なる完璧主義者、カラヤンの音楽と人生

ザルツブルクの生家の庭に建つカラヤン像

ヘルベルトの曽祖父テオドールは、学者としての道を歩んだ。ギリシャ正教会に属していたためウィーン大学の学部長の座を得ることができなかったが、自己を貫く意志、強固な姿勢、偉大なる学問的業績からオーストリアの騎士階級を与えられるまでになった。音楽にも深い関心を寄せ、この魂がのちにヘルベルトに受け継がれたと考えられている。

このテオドールの息子、ヘルベルトの祖父にあたるルートヴィヒ・マリアは、ローマ・カトリックの洗礼を受けている。ルートヴィヒ・マリアは医学博士であり、宮廷顧問官も務めた。カラヤン家の伝統は、不屈の精神でその才能を発揮し、開花させることにあった。祖先はみな粘り強く努力家で、強靭な意志の持ち主だった。

ヘルベルトの父エルンストは医者で、ザルツブルクの聖ヨハネ病院の院長を皮切りに、州立病院の院長、州衛生担当官などを歴任して、人々から尊敬される存在となった。さまざまな階級の人と交流をもち、大衆的な医者として人気があった。彼は音楽をこよなく愛し、クラリネットを演奏して楽しむこともあったという。

華麗なる完璧主義者、カラヤンの音楽と人生<全編>

伊熊 よし子〔いくま・よしこ〕
音楽ジャーナリスト、音楽評論家。東京音楽大学卒業。レコード会社、ピアノ専門誌「ショパン」編集長を経て、フリーに。クラシック音楽をより幅広い人々に聴いてほしいとの考えから、音楽専門誌だけでなく、新聞、一般誌、情報誌、WEBなどにも記事を執筆。著書に「クラシック貴人変人」(エー・ジー出版)、「ヴェンゲーロフの奇跡 百年にひとりのヴァイオリニスト」(共同通信社)、「ショパンに愛されたピアニスト ダン・タイ・ソン物語」(ヤマハミュージックメディア)、「魂のチェリスト ミッシャ・マイスキー《わが真実》」(小学館)、「イラストオペラブック トゥーランドット」(ショパン)、「北欧の音の詩人 グリーグを愛す」(ショパン)など。2010年のショパン生誕200年を記念し、2月に「図説 ショパン」(河出書房新社)を出版。近著「伊熊よし子のおいしい音楽案内 パリに魅せられ、グラナダに酔う」(PHP新書 電子書籍有り)、「リトル・ピアニスト 牛田智大」(扶桑社)、「クラシックはおいしい アーティスト・レシピ」(芸術新聞社)、「たどりつく力 フジコ・ヘミング」(幻冬舎)。共著多数。
伊熊よし子の ークラシックはおいしいー

 

特集

向谷実

今月の音遊人

今月の音遊人:向谷実さん「音で遊ぶ人!?それ、まさしく僕でしょ!」

5334views

音楽ライターの眼

ジャズならではのバイアスがクラシックでは意図しえない結果を生む?

883views

練習用のバイオリンとして進化する機能と、守り続けるデザイン

楽器探訪 Anothertake

進化する機能と、守り続けるデザイン

1650views

フルート

楽器のあれこれQ&A

初心者にもよくわかる!フルートの種類と選び方

10918views

注目の若手ピアニスト小林愛実がチェロのレッスンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】注目の若手ピアニスト小林愛実がチェロのレッスンに挑戦!

3341views

オトノ仕事人

コンサートの音の責任者/サウンドデザイナーの仕事

4257views

札幌コンサートホールKitara - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

あたたかみのあるデザインと音響を両立した、北海道を代表する音楽の殿堂/札幌コンサートホールKitara 大ホール

10825views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

3829views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

歴史的価値の高い鍵盤楽器が並ぶ「民音音楽博物館」

14740views

われら音遊人:1年がかりでビッグバンドを結成、河内からラテンの楽しさを発信!

われら音遊人

われら音遊人:1年がかりでビッグバンドを結成、河内からラテンの楽しさを発信!

5230views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

音楽知識ゼロ&50代半ばからスタートしたサクソフォンのレッスン

2396views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

3780views

ホルンの精鋭、福川伸陽が アコースティックギターの 体験レッスンに挑戦! Web音遊人

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ホルンの精鋭、福川伸陽がアコースティックギターの体験レッスンに挑戦!

4878views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

世界に一台しかない貴重なピアノを所蔵「武蔵野音楽大学楽器博物館」

12445views

【ライヴ・レビュー】ブライアン・セッツァー・オーケストラ/2018年1月31日・東京ドームシティホール

音楽ライターの眼

【ライヴ・レビュー】ブライアン・セッツァー・オーケストラ/2018年1月31日・東京ドームシティホール

2401views

楽器博物館の学芸員の仕事 Web音遊人

オトノ仕事人

わかりやすい言葉で、知られざる楽器の魅力を伝えたい/楽器博物館の学芸員の仕事(後編)

3329views

われら音遊人:ずっと続けられることがいちばん!“アツく、楽しい”吹奏楽団

われら音遊人

われら音遊人:ずっと続けられることがいちばん!“アツく、楽しい”吹奏楽団

4998views

STAGEA(ステージア)ELB-02 - Web音遊人

楽器探訪 Anothertake

エレクトーンで初めてオーディオファイル録音機能を装備

5732views

東広島芸術文化ホール くらら - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

繊細なピアニシモも隅々まで響く至福の音響空間/東広島芸術文化ホール くらら

6537views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

大人の音楽レッスン、わたし、これでも10年つづけています!

3572views

ピアノやエレクトーンを本番で演奏する時の靴選び

楽器のあれこれQ&A

ピアノやエレクトーンを本番で演奏する時の靴選び

31922views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

3829views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

14466views