Web音遊人(みゅーじん)

小さなトリオの大きな響き/仲道郁代 ベートーヴェン“ピアノ室内楽”全曲演奏会 Vol.1

茶事というものがある。茶人がもっとも大切にするもてなしの集いだ。炭点前(炉に火を入れる)、懐石(質素な料理を振る舞う)、中立ち(場を改め休憩する)、濃茶(濃く練った茶を呈する)、薄茶(炭を直し、軽めの茶で座をなごませる)と続く。その長さおよそ4時間。料理や菓子、茶の準備だけでなく、茶室の設え、床の間の飾りつけ、諸道具の取り合わせも重要だ。主客の対話もご馳走のひとつとなる。

2022年8月21日にヤマハホールで聴いた、というより体験した演奏会は、そんな茶事によく似ていた。ピアノの仲道郁代、バイオリンの岡本誠司、チェロの伊藤悠貴がベートーヴェンの『ピアノ三重奏曲 作品1』の全3曲を、1日で弾く。この作曲家のピアノ室内楽曲全曲演奏会シリーズの第1回。以後、作品番号順に曲を紹介していく予定となっている。

さて、察しの良い読者はお気づきの通り、作品1全曲のコンサートは長い。30分をゆうに超える大曲3つに加え、演奏者による曲間の鼎談、プレトークとアフタートーク(音楽学者の平野昭)もある。休憩は15分を2度。結局、3時間ほどの催しとなった。

ただ長いだけではない。密度も高い。ベートーヴェンのピアノ三重奏曲が、他のジャンルの楽曲を濃縮したような構造を持っているためだ。第1番は弦楽合奏曲、第2番はオペラ・フィナーレ、第3番は交響曲をぎゅっと煮詰めて作ったように聴こえる。

第1番であれば、ピアノが中音域に弦楽器の音色をあて、ビオラのパートを担ったのち、それをバイオリンが低音域で引き受ける。そんな役割の行き来が面白い。鍵盤の音域間の音色差は、そのまま“登場人物”の性格の違いに結びつく。第2番の終楽章がモーツァルト風のオペラ・フィナーレに聴こえるのも、演奏者が一人二役・三役を引き受けて、かまびすしいおしゃべりを演出するから。

圧巻は第3番だ。役割分担をオペラの登場人物から、シンフォニー・オーケストラの各パートへと拡大する。音高を変えながら何度も繰り返される上行音階や下行音階。ピアノも弦楽器も、繰り返しごとに異なる音色を与えるので、管弦楽の演奏風景がわっと目の前に現れてくるような錯覚をおぼえる。

ヤマハホールの響きもこの錯覚に寄与している。大会場のようなゆったりとした空間ではない。室内楽ホールの中でも床面積は狭いほうだ。一方、天井は高い。だから、その容積は思いのほか大きい。そのおかげで、豊かな余韻が上空から降ってくる。

「ベートーヴェンのピアノ・ソナタ研究の中に見出した」こと。それを室内楽の現場で再確認する。そんな仲道郁代の思いが、この企画の原動力となっている。作品番号順に演奏していくということだから、作曲家のスタイルが刻々と変化していくさまをたどることができよう。作品番号のあるピアノ室内楽曲だけでも30曲はある。解説・トーク付きの重量級演奏会があと10回超、開催される計算になる。長い旅路はまだ始まったばかりだ。

 

澤谷夏樹〔さわたに・なつき〕
慶應義塾大学大学院文学研究科哲学専攻修士課程修了。2003年より音楽評論活動を開始。2007年度柴田南雄音楽評論賞奨励賞受賞。2011年度柴田南雄音楽評論賞本賞受賞。著書に『バッハ大解剖!』(監修・著)、『バッハおもしろ雑学事典』(共著)、『「バッハの素顔」展』(共著)。日本音楽学会会員、 国際ジャーナリスト連盟(IFJ)会員。

photo/ Ayumi Kakamu

本ウェブサイト上に掲載されている文章・画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

facebook

twitter

特集

古澤巌さん

今月の音遊人

今月の音遊人:古澤巌さん「ジャンルを問わず、父が聴かせてくれた音楽が今僕の血肉になっています」

15441views

イサオ・ナカムラ ノリコ・ツカゴシ マリンバデュオ・リサイタル

音楽ライターの眼

現代音楽を楽しく、おもしろくする鍵盤打楽器/イサオ・ナカムラ ノリコ・ツカゴシ マリンバデュオ・リサイタル

229views

最新の音響解析技術で低音域のパワフルな音量と響きを実現

楽器探訪 Anothertake

アコースティックギター専用の音響解析技術で低音域のパワフルな音量と響きを実現

9525views

これからアコースティックギターを始める際のギターの選び方や準備について

楽器のあれこれQ&A

これからアコースティックギターを始める際のギターの選び方や準備について

16896views

ぱんだウインドオーケストラの精鋭たちがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ぱんだウインドオーケストラの精鋭たちがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

13044views

テレビや映画の映像を音楽の力で何倍にも輝かせ、人の心を揺さぶる/劇伴作家の仕事

オトノ仕事人

【サインCDプレゼント】テレビや映画の映像を音楽の力で何倍にも輝かせ、人の心を揺さぶる/劇伴作家の仕事

14926views

ザ・シンフォニーホール

ホール自慢を聞きましょう

歴史と伝統、風格を受け継ぐクラシック音楽専用ホール/ザ・シンフォニーホール

22955views

こどもと楽しむMusicナビ

クラシックコンサートにバレエ、人形劇、演劇……好きな演目で劇場デビューする夏休み!/『日生劇場ファミリーフェスティヴァル』

6457views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

世界中の珍しい楽器が一堂に集まった「浜松市楽器博物館」

29749views

われら音遊人ー021Hアンサンブル

われら音遊人

われら音遊人:元クラスメイトだけで結成。あのころも今も、同じ思いを共有!

4825views

山口正介 - Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

この感覚を体験すると「音楽がやみつきになる」

8185views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

24731views

世界各地で活躍するギタリスト朴葵姫がフルートのレッスンを体験!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】世界各地で活躍するギタリスト朴葵姫がフルートのレッスンを体験!

7427views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

16~19世紀を代表する名器の音色が生演奏で聴ける!

10981views

音楽ライターの眼

連載45[ジャズ事始め]アジアをジャズの発信源にしようとした“エイジアン・ファンタジィ・オーケストラ”という試み

1314views

調律師 曽我紀之

オトノ仕事人

演奏者が望むことを的確に捉え、ピアノを最高のコンディションに整える/コンサートチューナーの仕事

2847views

ゲッゲロゾリステン

われら音遊人

われら音遊人:“ルールを作らない”ことが楽しく音楽を続ける秘訣

1329views

CP88/73 Series

楽器探訪 Anothertake

ステージで際立つ音色とシンプルな操作性で奏者をサポート!最高のライブパフォーマンスをかなえるステージピアノ「CP88」「CP73」

15190views

ザ・シンフォニーホール

ホール自慢を聞きましょう

歴史と伝統、風格を受け継ぐクラシック音楽専用ホール/ザ・シンフォニーホール

22955views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

クラス分けもまた楽しみ、レッスン通いスタート

4628views

楽器上達の心強い味方「サイレント™シリーズ」&「サイレントブラス™」

楽器のあれこれQ&A

楽器上達の心強い味方「サイレント™シリーズ」&「サイレントブラス™」

37807views

こどもと楽しむMusicナビ

サービス精神いっぱいの手作りフェスティバル/日本フィル 春休みオーケストラ探検「みる・きく・さわる オーケストラ!」

8926views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9617views