Web音遊人(みゅーじん)

クリストーン“キングフィッシュ”イングラム

名門アリゲイターから“現代ブルース・ギター四天王”登場/クリストーン“キングフィッシュ”イングラム、トロンゾ・キャノン、セルウィン・バーチウッド、クリス・ケイン

ブルース・ギターが新たな脚光を浴びている。

19世紀末、アメリカ南部で生まれたとされるブルース音楽。さまざまな花形シンガーやプレイヤーが登場する中、ひときわ輝いていたのがギタリスト達だった。ロバート・ジョンソンからB.B.、アルバート、フレディの“3大キング”、スティーヴィ・レイ・ヴォーンなど、実力と人気を兼ね備えた“ギター・ヒーロー”の概念はロックにも受け継がれ、20世紀後半の音楽シーンをさらに刺激的なものにしていった。

21世紀ももうすぐ4分の1が終わり、ポピュラー音楽のかなりの割合をエレクトロニクスが占める時代。20世紀初頭にそうだったように、ギターは再び“伴奏の楽器”に戻ろうとしている。だが、そんな流れに逆らうように、エレクトリック・ブルース・ギタリストが台頭しているのだ。

名門“アリゲイター”が生んだ名ブルース・ギタリストの系譜

このムーヴメントの中心となるのは、“アリゲイター・レコーズ”だ。1971年、シカゴでブルース・イグラウアによって設立されたこのレーベルは50年以上にわたってブルース界をリード、“ブルースの名門レーベル”と呼ばれて久しい。幅広くブルースを扱ってきた彼らだが、ハウンド・ドッグ・テイラー、アルバート・コリンズ、ジョニー・ウィンター、フェントン・ロビンソン、エルヴィン・ビショップ、ルーサー・アリスン、ロイ・ブキャナン、クラレンス“ゲイトマウス”ブラウンなど、錚々たる顔ぶれの名ギタリスト達が作品を発表してきた。

とはいえ、エルヴィンを除くといずれも故人。さすがの“アリゲイター”も人材不足か?……と思わせたが近年、凄腕ギタリスト達が次々とレーベルに参戦、充実したアルバムを発表している。クリストーン“キングフィッシュ”イングラム、トロンゾ・キャノン、セルウィン・バーチウッド、クリス・ケインの人呼んで“アリゲイター現代エレクトリック・ブルース・ギタリスト四天王”である。

四天王の横顔

キングフィッシュは現代ブルースで最も注目されているアーティストと呼んで過言でない、久々に登場したブルース界のスターだ。1999年生まれの25歳という若さ、ロバート・ジョンソンなどを輩出した“ブルースの聖地”ミシシッピ州クラークスデイル出身、個性的なヴィジュアルなど、キャラが立っているが、最大のセールスポイントはそのギター・プレイそのものだ。これまで2枚のスタジオ作品と1枚のライヴ作品を発表、すべてがグラミー賞ノミネートあるいは受賞している彼だが、感情をありったけ込めたリード・ギターは腰の入った、厚みのあるもの。特に『ライヴ・イン・ロンドン』で聴かれるステージ上でのプレイは息を呑む没入ぶりで、“ブルースの未来”と呼ばれるのも過大評価とは言い切れないだろう。そんなキングフィッシュの真の実力が明らかになるのが2024年7月のフジ・ロック・フェスティバルだ。2019年のデビュー時から筆者(山﨑)とのインタビューで「日本の音楽リスナーはブルースは好きかな?ぜひ行きたい!」と語っており、アーティストとファンの両方にとって夢が実現する初来日公演となる。

トロンゾ・キャノンは1968年生まれ、2019年には日本公演もあるベテランだ。シカゴで生まれ育った彼は単にトラディショナルなシカゴ・ブルースをコピーするのでなく、伝統に敬意を払いながら社会問題や個人的な経験まで、現在進行形のリアルな音楽としてのブルースをプレイしている。“アリゲイター”から3作目となる『シャット・アップ・アンド・プレイ!』(2024)ではそんなメッセージ、そして常にソウルフル、時にジミ・ヘンドリックス風にもなったりする、感情が迸るギターが聴く者の魂を揺さぶる。

トロンゾ・キャノン

セルウィン・バーチウッドは1985年にフロリダ州タンパ生まれ。やはり鋭角的に斬り込むリード・ギターが持ち味だ。トロンゾ同様現代社会の抱える諸問題を取り上げているが、トロンゾが随所で1960年代、公民権運動時代のソウルを匂わせるのに対し、よりモダンなエッジを感じさせる。最新作『エクソシスト』(2023)で聴かせるギターと歌声、そして曲調は、伝統を受け継ぎながら鮮度の高さで聴き入らせるものだ。その名前Birchwoodは白樺の木という意味だが、長身でアフロヘアという、まさに名は体を表すスタイルなのも面白い。

セルウィン・バーチウッド

2024年のニュー・アルバム『グッド・インテンションズ・ゴーン・バッド』でのイキの良いギターを聴いて、凄い若手が出てきた!と驚くブルース・ファンもいるかも知れない。そして、クリス・ケインが1955年生まれの68歳と知ったら、その驚きはさらに大きなものとなるだろう。ホーンやオルガンをバックに従え、奔放に弾きまくる姿は、まるでギターを手にして嬉しくてたまらない少年のようだ。そんな一方で、アルバムでは“3大キング”が憑依する瞬間もあり、ベテランならではの熟練したプレイで唸らせてくれる。

クリス・ケイン

いずれも個性豊かな凄腕ギタリストであるのと同時に、才覚に溢れるコンテンポラリーなソングライターでもある4人。ブルース・ギターのコアなファンから「ブルースってどんな音楽?」という初心者リスナーまで幅広く聴ける、彼らのようなアーティストが活動し続ける限り、ブルースが“骨董品”になってしまうことはない。ブルースはいつまでも生き続けることだろう。

■インフォメーション

アルバム『ライヴ・イン・ロンドン』

アルバム『ライヴ・イン・ロンドン』

発売元:P-VINE RECORDS

詳細はこちら

アルバム『シャット・アップ・アンド・プレイ!』

アルバム『シャット・アップ・アンド・プレイ!』

発売元:BSMF RECORDS

詳細はこちら

アルバム『エクソシスト』

アルバム『エクソシスト』

発売元:BSMF RECORDS

詳細はこちら

アルバム『グッド・インテンションズ・ゴーン・バッド』

アルバム『グッド・インテンションズ・ゴーン・バッド』

発売元:BSMF RECORDS

詳細はこちら

山崎智之〔やまざき・ともゆき〕
1970年、東京生まれの音楽ライター。ベルギー、オランダ、チェコスロバキア(当時)、イギリスで育つ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業後、一般企業勤務を経て、1994年に音楽ライターに。ミュージシャンを中心に1,000以上のインタビューを行い、雑誌や書籍、CDライナーノーツなどで執筆活動を行う。『ロックで学ぶ世界史』『ダークサイド・オブ・ロック』『激重轟音メタル・ディスク・ガイド』『ロック・ムービー・クロニクル』などを総監修・執筆。実用英検第1級、TOEIC 945点取得
ブログインタビューリスト

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:下野竜也さん「自分を楽しく表現できれば、誰でも『音で遊ぶ人』になれると思います」

2749views

音楽ライターの眼

偉大な音楽家たちによる、ベートーヴェン生誕250年記念アルバム

2805views

トランスアコースティックピアノ™

楽器探訪 Anothertake

音量の問題を解決し、ピアノの楽しみを広げる「トランスアコースティックピアノ」

4019views

日ごろからできるピアノのお手入れ

楽器のあれこれQ&A

日ごろからできるピアノのお手入れ

64605views

ホルンの精鋭、福川伸陽が アコースティックギターの 体験レッスンに挑戦! Web音遊人

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ホルンの精鋭、福川伸陽がアコースティックギターの体験レッスンに挑戦!

10822views

オトノ仕事人 ボイストレーナー

オトノ仕事人

思い描く声が出せたときの感動を分かち合いたい/ボイストレーナーの仕事(後編)

9172views

弦楽四重奏を聴くことが人生の糧となるように/第一生命ホール

ホール自慢を聞きましょう

弦楽四重奏を聴くことが人生の糧となるように/第一生命ホール

8909views

こどもと楽しむMusicナビ

“アートなイキモノ”に触れるオーケストラ・コンサート&ワークショップ/子どもたちと芸術家の出あう街

6846views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

歴史的価値の高い鍵盤楽器が並ぶ「民音音楽博物館」

24045views

われら音遊人

われら音遊人:ただ今、バンド活動リハビリ中!

7877views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

音楽知識ゼロ&50代半ばからスタートしたサクソフォンのレッスン

7794views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

29907views

ホルンの精鋭、福川伸陽が アコースティックギターの 体験レッスンに挑戦! Web音遊人

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ホルンの精鋭、福川伸陽がアコースティックギターの体験レッスンに挑戦!

10822views

ギター文化館

楽器博物館探訪

19世紀スペインの至宝級ギターを所蔵する「ギター文化館」

14774views

音楽ライターの眼

【ジャズの“名盤”ってナンだ?】#016 ジャズを大衆化させる戦略が功を奏した“置き土産”~マイルス・デイヴィス『リラクシン』編

1328views

オトノ仕事人

あらゆるトラブルに対応できる、優れたリペア技術者を世に送り出す/管楽器のリペア技術者を育てる仕事

5880views

ゲッゲロゾリステン

われら音遊人

われら音遊人:“ルールを作らない”ことが楽しく音楽を続ける秘訣

1544views

【楽器探訪 Another Take】人気のカスタムサクソフォンが13年ぶりにモデルチェンジ

楽器探訪 Anothertake

人気のカスタムサクソフォンが13年ぶりにモデルチェンジ

11589views

武満徹の思い「未来への窓」をコンセプトに個性的な公演を/東京オペラシティ コンサートホール:タケミツメモリアル

ホール自慢を聞きましょう

武満徹の思い「未来への窓」をコンセプトに個性的な公演を/東京オペラシティ コンサートホール:タケミツ メモリアル

14081views

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい 山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい

5471views

トロンボーン

楽器のあれこれQ&A

初心者なら知っておきたい、トロンボーンの種類や選び方のポイント

13284views

こどもと楽しむMusicナビ

親子で参加!“アートで話そう”をテーマにしたオーケストラコンサート&ワークショップ/第16回 子どもたちと芸術家の出あう街

5379views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9962views