Web音遊人(みゅーじん)

Web音遊人_小沼ようすけ

自分の音を探し求めた日々、それがあったからこそ今は演奏が楽しくて仕方ない/小沼ようすけインタビュー

2016年の小沼ようすけは、新境地を開拓するライブで幕を開けた。日本を代表するフラメンコカンタオール&ギターの石塚隆充と、ベース弦を張った変則チューニングギターを操る美声の持ち主のカイペティートの、3ギター2ボイスというユニークなトリオに付けられた名前は、「Allende(アジェンデ)」。大航海時代によく使われた言葉で、“向こう側”という意味があるそうだ。それぞれの音で新しい世界に漕ぎ出そうとする思いが込められたネーミングでもある。

「リズムや曲のテイストの違いさえ共有して楽しめるというか、それぞれの心の奥底にあるものが音楽となって表に出てくる瞬間の素晴らしさを感じられたライブでした」
二晩だけの予定だった「Allende」のステージは2016年3月末に再演が決まった。そのリハーサルの様子が小沼のウェブサイトで公開されているが、その映像から伝わってくる“真っ直ぐな楽しさ”は必見必聴と言えるだろう。


Allendeリハーサル

 

再演と言えば、2016年1月末から東京~大阪間6箇所で行われた“炎のオルガントリオ”も強力だった。かつてオハイオの神童と呼ばれたジャズオルガンプレイヤーのトニー・モナコと、ハービー・ハンコック・バンドに10年在籍したドラマー、ジーン・ジャクソン。彼らと小沼のトリオが結成されたのは2011年の東京。その久々の復活に当たって今回は新曲も用意した。そんなパワフルなスタートを切った今年は、これまでにない何かが起こる期待に満ちていると小沼は言う。

「いろいろ経験し、考え、年齢的なことも含めて一巡して、ジャズに対して改めて気付けたことがありました」
「一巡」というキーワードは、小沼が40歳を間近に迎えた2014年10月にリリースされた4年ぶりのアルバム、『GNJ』のライナーノーツにも登場している。
「そもそもアメリカで生まれたジャズを日本人の僕が表現しきれるんだろうか?本当の自分の音って何だろう?それをずっと探していたんです。20代の頃はアメリカやヨーロッパの音楽を吸収することに費やしました。ところが30代になった途端、僕が求めていたのは好きなミュージシャンの音なのかと悩み始めてしまって……。フレーズじゃないんです。ポロンと鳴らした瞬間に出る響きが僕ならではの音であること。それが欲しくて仕方なかった」

自分の音を探すために海のそばで暮らし、サーフィンなどをして自然からの刺激を求めたが、それでも100パーセントに満たなかったのが30代だったという。
「でも、それも無駄じゃなかった。というのは、日常の中で自然にあふれてくる音が僕らしい音だと悟ることができたから。思い出したんです、ジャズにハマった最初の楽しさを。すべて進行形なんですよね。過去を振り返らず今だけを表現する。人も歳を重ねれば枯れてくるけれど、その瞬間のジャズを奏でればいいと気づけた。だから今は演奏が楽しくて仕方ない。たとえば15年前のデビューアルバムの曲を弾いても、表面的な音は当時と違っても自分の内側でワクワクする感じは何も変わっていないんですよね」と小沼は語る。

Web音遊人_小沼ようすけ

2016年はヨーロッパに行きたいですね。いろんな文化が混ざった未知の世界に、今の僕に必要な音がある気がして。
はっきりした根拠はないですけど。

2016年3月初旬には、ジャズやポップスの世界で活躍する渥美幸裕とのギター対決ライブが4公演あり、中旬には都内のジャズクラブで、松本圭使(ピアノ)、小牧良平(ベース)、田中徳崇(ドラム)を迎えた、2016年初のカルテットライブ『小沼ようすけセッション』が控えている。その翌日には帯広に飛び『プレミアムジャズナイト』に参加。その翌晩は厚木でソロライブと、全国を飛び回る多彩かつ意欲的な演奏活動に臨む。
「やる気満々です!そんな言葉、なかなか言えないですよね(笑)。でも、そういう思いが自然と沸いてくる今が本当に楽しい。今年はおもしろくなりますよ」

■ライブ情報

詳細はオフィシャルサイトでご確認ください。
オフィシャルサイトはこちら

 

特集

今月の音遊人:清塚信也さん

今月の音遊人

今月の音遊人:清塚信也さん「音楽はあやふやで不安定な世界。だからこそ、インテリジェンスを感じることもあります」

5152views

J.S.バッハの《コーヒー讃歌》

音楽ライターの眼

ああ、コーヒーのおいしいこと。1000回の接吻よりすばらしく、マスカット酒より甘い…… J.S.バッハ《コーヒー・カンタータ》の誕生秘話

2181views

“音を使って音楽を作る”音楽の冒険を「ELC-02」で

楽器探訪 Anothertake

音楽を楽しむ気持ちに届ける「ELC-02」のデザインと機能

3786views

ピアノやエレクトーンを本番で演奏する時の靴選び

楽器のあれこれQ&A

ピアノやエレクトーンを本番で演奏する時の靴選び

29445views

バイオリニスト石田泰尚が アルトサクソフォンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】バイオリニスト石田泰尚がアルトサクソフォンに挑戦!

5416views

オペラ劇場の音楽スタッフの仕事 - Web音遊人

オトノ仕事人

稽古から本番まで指揮者や歌手をフォローし、オペラの音楽を作り上げる/オペラ劇場の音楽スタッフの仕事(前編)

16936views

荘銀タクト鶴岡

ホール自慢を聞きましょう

ステージと客席の一体感と、自然で明快な音が味わえるホール/荘銀タクト鶴岡(鶴岡市文化会館)

2178views

Kitaraあ・ら・かると

こどもと楽しむMusicナビ

子どもも大人も楽しめるコンサート&イベントが盛りだくさん。ピクニック気分で出かけよう!/Kitaraあ・ら・かると

887views

上野学園大学 楽器展示室」- Web音遊人

楽器博物館探訪

伝統を引き継ぐだけでなく、今も進化し続ける古楽器の世界

4618views

AOSABA

われら音遊人

われら音遊人:大所帯で人も音も自由、そこが面白い!

5335views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

泣いているのはどっちだ!?サクソフォン、それとも自分?

1973views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

2613views

世界各地で活躍するギタリスト朴葵姫がフルートのレッスンを体験!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】世界各地で活躍するギタリスト朴葵姫がフルートのレッスンを体験!

2543views

上野学園大学 楽器展示室

楽器博物館探訪

日本に一台しかない初期のピアノ、タンゲンテンフリューゲルを所有する「上野学園 楽器展示室」

9073views

ロニー・モントローズの最後のアルバム『10x10』が遂に発売

音楽ライターの眼

ロニー・モントローズの最後のアルバム『10X10』が遂に発売

2639views

音楽市場を広げたい、そのために今すべきこと/ジャズクラブのブッキング・制作の仕事(後編)

オトノ仕事人

音楽市場を広げたい、そのために今すべきこと/ジャズクラブのブッキング・制作の仕事(後編)

3419views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:仕事もバンドも、常に真剣勝負!

4707views

マーチングドラム

楽器探訪 Anothertake

これからのマーチングドラム ~楽器の進化の可能性~

4155views

ザ・シンフォニーホール

ホール自慢を聞きましょう

歴史と伝統、風格を受け継ぐクラシック音楽専用ホール/ザ・シンフォニーホール

8747views

パイドパイパー・ダイアリー

こうしてわたしは「演奏が楽しくてしょうがない」 という心境になりました

2744views

ピアノの地震対策

楽器のあれこれQ&A

いざという時のために!ピアノの地震対策は大丈夫ですか?

10264views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

2515views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

10851views