Web音遊人(みゅーじん)

ジャズとロックの関係性

コルトレーンってビートルズ・ナンバーを演奏してなかったんだっけ?──再び

そもそも本稿は、1963年3月に録音されたジョン・コルトレーンの、行方知れずだった音源が、2018年6月にリリースされたことが発端となっていた。

1963年といえば、イギリスから大西洋を越えて、アメリカにもビートルズ旋風が来襲していたはず。

「コルトレーンって、ビートルズには興味がなかったのかな?」

という疑問が、フッと浮かんでしまったのだ。

というのも、彼が繰り返し演奏していた曲の1つ「マイ・フェイヴァリット・シングス」はミュージカル「サウンド・オブ・ミュージック」(1959年にブロードウェイで初演)の挿入曲として人気を博していたものだし、その直近にリリースしていた『バラード』(1962年)はジャズ・スタンダード曲を集めたもの。

つまり、世の中でヒットしている曲に興味をもたないわけではない、いやむしろ積極的に自分の音楽的な世界へ取り込んでいこうという意識をもっていたアーティストというイメージが強かったから、そんな疑問が浮かんで、調べ始めたというわけだった。

コルトレーンに関しては世界中に研究家がいて、データをインターネット上にアップしてくれている。そのおかげで「コルトレーンは生涯一度もビートルズ・ナンバーを録音していない」という検証が可能になり、この発端を単なる話のマクラに終わらせることなく展開することができた。

コルトレーンはなぜビートルズに手をつけなかったのか

ということなので、振り出しに戻ってみることにしよう。

もちろん、コルトレーンがビートルズに興味がなかった、もしくは嫌いだったというのであれば、仕方がない。しかし、そういった事実は見当たらず、むしろ音楽を追求しようとするのであれば、旋風を巻き起こしているビートルズの音楽を無視するはずがない、という考えのほうが自然だろう。

なによりも、コルトレーンとビートルズは互いに遠い存在などではなく、ある接点でつながっていたとも考えられるからだ。

その接点とは、ラヴィ・シャンカール。

シタールというインドの古典的な楽器を世界的に広めた第一人者の彼とビートルズ(特にジョージ・ハリスン)の関係についてはすでに周知されているので、触れないでおこう。

一方のコルトレーンとは、1960年ごろ、ニューヨークを訪れていたラヴィ・シャンカールがコルトレーンの演奏を聴きに来たことに始まる交友が続いていたようだ。

ちなみに、1965年に生まれたコルトレーンの次男には“ラヴィ”という名が付けられている。

1965年といえば、ビートルズが『ラバー・ソウル』を制作した年。収録曲の「ノルウェーの森」は、ポピュラー音楽で初めてシタールを使用したとして知られている。ジョージ・ハリスンが演奏するシタールを指導したのは、ラヴィ・シャンカールだった。

これらの事柄を“ニアミス”と呼べるかといえば、さすがに「無理~!」と言わざるをえない。

実際にこのころのコルトレーンの興味はインド音楽よりもアフリカ音楽へと向けられ、その演奏は西洋音楽の規範からどんどん離れていく。

つまり、ポピュラー音楽のヒット・チャートに君臨するビートルズとは交わることのできない位置で、自分の音楽を追求していたということだ。

とはいえ、この2つの音楽の“依るべきもの”はまったく無関係なわけではなく、少なくとも同じ方向に視線を向けていた(ことがある)のを垣間見ることができた。

コルトレーンやビートルズの最後期あたりを、こんなふうに視点を変えて聴いてみると、なにか発見があるかもしれない。

見つけたら、またご報告します。

富澤えいち〔とみざわ・えいち〕
ジャズ評論家。1960年東京生まれ。学生時代に専門誌「ジャズライフ」などでライター活動を開始、ミュージシャンのインタビューやライヴ取材に明け暮れる生活を続ける。2004年に著書『ジャズを読む事典』(NHK出版生活人新書)を上梓。カルチャーセンターのジャズ講座やCSラジオのパーソナリティーを担当するほか、テレビやラジオへの出演など活字以外にも活動の場を広げる。専門誌以外にもファッション誌や一般情報誌のジャズ企画で構成や執筆を担当するなど、トレンドとしてのジャズの紹介や分析にも数多く関わる。『井上陽水FILE FROM 1969』(TOKYO FM出版)収録の2003年のインタビュー記事のように取材対象の間口も広い。2012年からYahoo!ニュース個人のオーサーとして記事を提供中。
富澤えいちのジャズブログ富澤えいちのジャズ・ブログ道場Facebook

 

特集

今月の音遊人:諏訪内晶子さん

今月の音遊人

今月の音遊人:諏訪内晶子さん「音楽の素晴らしさは、人生が熟した時にそれを音で奏でられることです」

10295views

音楽ライターの眼

ジェフ・ベックとレミー・キルミスター(モーターヘッド)、1986年の“幻”の共演

1734views

reface シリーズ

楽器探訪 Anothertake

ひざの上に乗せてその場で音が出せる!新感覚のシンセサイザー「reface」シリーズ

7226views

バイオリンを始める時に知っておきたいこと

楽器のあれこれQ&A

バイオリンを始める時に知っておきたいこと

5020views

コハーン・イシュトヴァーンさん Web音遊人

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ハンガリー出身のクラリネット奏者コハーン・イシュトヴァーンがバイオリンを体験レッスン!

5606views

ステージマネージャーの仕事 - Web音遊人

オトノ仕事人

オーケストラのステージの“演奏以外のすべて”を支える/オーケストラのステージマネージャーの仕事(前編)

31269views

グランツたけた

ホール自慢を聞きましょう

美しい歌声の響くホールで、瀧廉太郎愛にあふれる街が新しい時代を創造/グランツたけた(竹田市総合文化ホール)

2578views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

3086views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

世界の民族楽器を触って鳴らせる「小泉文夫記念資料室」

13199views

われら音遊人:ずっと続けられることがいちばん!“アツく、楽しい”吹奏楽団

われら音遊人

われら音遊人:ずっと続けられることがいちばん!“アツく、楽しい”吹奏楽団

5627views

パイドパイパー・ダイアリー Vol.8 - Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

初心者も経験者も関係ない、みんなで音を出しているだけで楽しいんです!

2650views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

17099views

ぱんだウインドオーケストラの精鋭たちがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ぱんだウインドオーケストラの精鋭たちがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

8678views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

見るだけでなく、楽器の音を聴くこともできる!

6902views

“ビートルズ嫌い”という思い込みを正すきっかけをつくってくれたジャズ・カヴァーという“遺産”

音楽ライターの眼

“ビートルズ嫌い”という思い込みを正すきっかけをつくってくれたジャズ・カヴァーという“遺産”

25162views

オトノ仕事人

子ども向けコンサートを企画し、音楽が好きな子どもを増やす/コンサートプロデューサーの仕事

1553views

われら音遊人:「非日常」の充実感が 活動の原動力!

われら音遊人

われら音遊人:「非日常」の充実感が活動の原動力!

4551views

エレクトーンに新風を吹き込んだ「ステージア」

楽器探訪 Anothertake

エレクトーンに新風を吹き込んだ「ステージア」

14345views

ホール自慢を聞きましょう

歴史ある“不死鳥の街”から新時代の芸術文化を発信/フェニーチェ堺

1952views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

クラス分けもまた楽しみ、レッスン通いスタート

2569views

初心者必見!バンドで使うシンセサイザーの選び方

楽器のあれこれQ&A

初心者必見!バンドで使うシンセサイザーの選び方

15726views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

4789views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

4835views