歌舞伎とエレクトーンのコラボレーションで描く「女の情念」

  • ALL
  • ニュース
  • レビュー
  • レッスン
  • プレイ
  • 楽器・オーディオ
  • アーティスト
  • 会員限定企画
日経スペシャル 招待席
歌舞伎とエレクトーンのコラボレーションで描く「女の情念」

エレクトーンの可能性を探求し、オペラやアコースティック楽器との協奏曲など、さまざまなジャンルのアーティストと積極的に共演してきたエレクトーン奏者・清水のりこが、今回新たに挑んだのは、歌舞伎とのコラボレーションだ。BSジャパンのテレビ番組『日経スペシャル 招待席~五代目 中村雀右衛門 女方の神髄~』の収録において、2016年3月に女方の大名跡を襲名した五代目 中村雀右衛門と『切支丹道成寺(きりしたんどうじょうじ)』を競演した。戦国武将柴田勝家の娘、朝子が切支丹の修道士となったかつての恋人への想いから狂気を発する“女性の情念”を描いた作品だ。

通常の演奏会では、演奏だけでなく編曲もこなす。だが、今回は「しっかりと積み重ねた邦楽の知識がないままで編曲をするのは、作品に対しても失礼になると考えました。そこで、邦楽器にも精通され、邦楽と西洋音楽のコラボレーション作品を多く作曲されていている作編曲家のMAKI code“M”さんに編曲をお願いしました」
今回清水は、再構成された楽譜からサウンドを作り、演奏することだけに力を注いだという。
平井澄子の作曲による原曲は、古典の中にあって、当時は革新的な楽曲。鍵盤楽器の音はもちろん、管楽器から打楽器、そして横笛やといった邦楽器の音まで、多彩な音色を自在に出せるエレクトーンの特性を発揮できる曲と言える。とはいえ、ただ必要な音色を作るだけでは、聴く人の心を動かす演奏にはなり得ないと清水は話す。

エレクトーン奏者・清水のりこさん

エレクトーン奏者・清水のりこ

「これまで、さまざまなジャンルの方々と共演させていただいた中で、電子楽器であっても、人が演奏するその息づかいを大切にしながら音楽作りすることで、共演者や周囲の皆さまに受け入れられるのだと感じてきました。特に今回の作品では、後半部で感情を赤裸々に表すことがとても大事だと思っています。まず、作品についての勉強をしてストーリーを自分の体の中に入れる。音にはすべて意味がありますから、この鐘はどういうシーンで鳴る音なのか、このフレーズは喜びのフレーズであるのか、または哀しみなのか。エレクトーンでドラマを作ることを心掛けてきました」
実は、今回の演奏では当初、ミスのないきれいな演奏をと考えていた。ところが、監修者から「情念とか狂気を表すのはきれいごとではない。あなたの感性のまま、情熱をぶつけてください」とアドバイスされたという。「以前、三枝成彰さん作曲のオペラ『Jr.バタフライ』で演奏させていただいたのですが、戦争に向かう狂気の場面で三枝さんがオーケストラに同じことを強く切望されていたことを思いだしました」

「最初は邦楽らしさを出そうと、横笛やなど、それぞれの楽器の音やピッチ、揺れなどを意識して、本物の音に近づけようとしていました。ですが、それよりも流れや場面を意識することを重視しました。音色的にもっと懲りたいと思う部分もありましたが、前半は『上等な武家の娘』のイメージを求められていたので、原曲に手を入れず、シンプルに「朝子像」に合う音楽を目指しました。音色では特異なことはせずに、どの場面でも朝子に寄り添い、または突き放し、最後はその死を見守るマリアのような気持ちで演奏しました。皆様にはぜひ、すべての場面をとおして“あふれでる感情の表現”を聴いていただきたいと思っています。特に後半で女の情念を表現する部分。打楽器から入る流れや、鍵盤を揺らすテクニックなど、エレクトーンならではの演奏も楽しんでいただきたいですね。今回の共演を経験して、エレクトーンの可能性がより広がったと感じています」

日経スペシャル 招待席

(写真左)清水のりこさん(写真中)五代目 中村雀右衛門さん(写真右)MCの観月ありささん

通常は邦楽合奏に打楽器、ビブラフォン、オルガンなどの大編成に唄が入る演目を、一台のエレクトーンで表現。共演者の女方、五代目 中村雀右衛門からも「やさしい音色で音に表情があった」と評された見事なコラボレーションをぜひ、お楽しみください。
この模様は、BSジャパン『日経スペシャル 招待席~五代目 中村雀右衛門 女方の神髄~』で2016年3月13日(日)14:00~15:30分放送。

■BSジャパン『日経スペシャル 招待席~五代目 中村雀右衛門 女方の神髄~』

放送日時:2016年3月13日(日)14:00~15:30
オフィシャルサイトはこちら

 

ヤマハ 音遊人(みゅーじん)Facebook
Web音遊人の更新情報などをお知らせします。ぜひ「いいね!」をお願いします!
ヤマハ 音遊人(みゅーじん)Facebook

文/ 佐藤雅子