Web音遊人(みゅーじん)

CX-A5100

ハイエンドAVの世界を体験!シネマDSPや音場補正の真の実力はスゴイのひと言

AVアンプの最上位モデルである、AVプリアンプのCX-A5100を中心としたシステムで、ハイエンドAVシアターの世界を体験してきました。

AVプリアンプとは、AVアンプの中にある入力の切り替えや音量調整、DSPによる信号処理などを行う部分を独立させたもの。MX-A5000のようなAVパワーアンプと組み合わせて使います。AVアンプをセパレート化することでそれぞれが最適に設計でき、互いのノイズの影響も減るなど、音質的なメリットが大きいのです。また、新しい映像フォーマットや音声フォーマットが登場しても、AVプリアンプだけを更新すれば新機能に対応できるので、コスト面を考えても、数々のメリットがあります。

MX-A5000

CX-A5100は、Dolby Atmos®はもちろん、DTS:Xにも対応*するなど、最新の機能を備えたモデル。信号処理の能力を大幅に向上させ、自動音場補正機能YPAOを64bit処理に高精度化。演算精度を高めることで音質の劣化を抑えています。圧縮音源を高音質化するエンハンサーは32bit。デジタル信号に悪影響を及ぼすジッターを低減するウルトラロージッターPLL回路を搭載するなど、デジタル信号処理全般を大幅に高性能化していることも特長です。
*ファームウェア更新により対応

さっそく、ステレオ音声で音楽を聴いてみました。自動音場補正などの信号処理なしのダイレクト再生に比べ、自動音場補正を加えた方が音が伸びやかで、ボーカルの音像が立体的に浮かび上がるなど、より瑞々しい印象になりました。自動音場補正を高精度化したことで、音質的な劣化がまるで感じられないのには驚きました。また、CDもエンハンサーのハイレゾモードで聴くと、空間の広がりや音の粒立ちが良くなったように聴こえます。聴感上の音質劣化がなくなったことで、信号処理による高音質の効果がはっきりとわかるようになったわけです。信号処理なしでは室内の反響などの影響で低音が不足しがちに感じたり、空間の広がりが狭くなったように感じたりするものですが、この効果には驚きです。

CX-A5100

つづいて、DTS社のデモディスクより、DTS:X音声のサラウンド再生を聴いてみました。空間の再現性は見事なもので、密林の中で、周囲を飛ぶハエの動きが明瞭に再現されました。ハエが微妙に高さを変えながらゆっくりと周囲を動くのがわかるのです。こうした再現はDTS:XやDolby Atmos®などの新しいサラウンドの大きな特長で、部屋の中にあるスピーカーが鳴っているのではなく、部屋中から音が出ているようなシームレスな空間が体感できます。

さらに、情報処理能力の高いCX-A5100ならではの機能であるDolby Atmos®+シネマDSP HD³の組み合わせ再生にも挑戦。部屋の広さが一回り大きくなったように感じるほど、ジャングルの広さと奥行きが増しました。また、鬱蒼とした木々の高さがわかるような空気が感じられるのも見事なもの。CX-A5100のサラウンド音場は従来のAVアンプよりも明らかにワンランク上で、広大でありながら実にきめ細やかな空間が感じられます。まさに視聴室が別世界になるような感覚です。これはまさに「スゴイ!」のひと言。

CX-A5100

各11.2chのXLR端子とRCA端子のプリアウト

最新のハイエンドAVアンプの実力の高さは見事なもので、今までとは次元の違うサラウンド感が味わえます。音楽再生も部屋の音響特性による弊害を改善することで、更に品位の高いものになるので、音楽をメインで楽しんでいる人にもおすすめしたくなるほどです。

DSPを使ったデジタル信号処理というと、音質的なダメージを気にする人は少なくないと思いますが、ついにそんな心配をする必要はなくなりました。音質にこだわる人ならばぜひとも体験してみることをおすすめします。

■CX-A5100

音質と臨場感をさらに進化させたDolby Atmos®&DTS:X対応フラッグシップAVプリアンプ
製品の詳細はこちら

 

特集

大江千里 さん- 今月の音遊人 

今月の音遊人

今月の音遊人:大江千里さん「バッハのインベンションには、ポップスやジャズに通じる要素もある気がするんです」

9174views

音楽ライターの眼

KISSが2019年12月に来日。最高最後のロックンロール・パーティーが始まる

2687views

CP88/73 Series

楽器探訪 Anothertake

ステージで際立つ音色とシンプルな操作性で奏者をサポート!最高のライブパフォーマンスをかなえるステージピアノ「CP88」「CP73」

7476views

トロンボーン

楽器のあれこれQ&A

初心者なら知っておきたい、トロンボーンの種類や選び方のポイント

4171views

おとなの 楽器練習記 須藤千晴さん

おとなの楽器練習記

【動画公開中】国内外で演奏活動を展開するピアニスト須藤千晴が初めてのギターに挑戦!

2464views

テレビや映画の映像を音楽の力で何倍にも輝かせ、人の心を揺さぶる/劇伴作家の仕事

オトノ仕事人

【サインCDプレゼント】テレビや映画の映像を音楽の力で何倍にも輝かせ、人の心を揺さぶる/劇伴作家の仕事

5200views

グランツたけた

ホール自慢を聞きましょう

美しい歌声の響くホールで、瀧廉太郎愛にあふれる街が新しい時代を創造/グランツたけた(竹田市総合文化ホール)

1869views

こどもと楽しむMusicナビ

“アートなイキモノ”に触れるオーケストラ・コンサート&ワークショップ/子どもたちと芸術家の出あう街

2052views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

16~19世紀を代表する名器の音色が生演奏で聴ける!

6203views

われら音遊人

われら音遊人:アンサンブル仲間が集う仲よしサークル

2972views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

もしもあのとき、バイオリンを習っていたら

2354views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

3744views

大人の楽器練習機

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:世界的ピアニスト上原彩子がチェロ1日体験レッスン

8918views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

専門家の解説と楽器の音色が楽しめるガイドツアー

3527views

音楽ライターの眼

Googleが浮き彫りにするAIとジャズの本質

527views

音楽文化のひとつとしてレコーディングを守りたい/レコーディングエンジニアの仕事(後編)

オトノ仕事人

音楽文化のひとつとしてレコーディングを守りたい/レコーディングエンジニアの仕事(後編)

2500views

われら音遊人

われら音遊人:大学時代の仲間と再結成大人が楽しむカントリー・ポップ

714views

reface

楽器探訪 Anothertake

個性が異なる4機種の特徴、その楽しみ方とは?

3006views

サントリーホール(Web音遊人)

ホール自慢を聞きましょう

クラシック音楽の殿堂として憧れのホールであり続ける/サントリーホール 大ホール

11907views

パイドパイパー・ダイアリー

こうしてわたしは「演奏が楽しくてしょうがない」 という心境になりました

3679views

トロンボーン

楽器のあれこれQ&A

初心者なら知っておきたい、トロンボーンの種類や選び方のポイント

4171views

こどもと楽しむMusicナビ

クラシックコンサートにバレエ、人形劇、演劇……好きな演目で劇場デビューする夏休み!/『日生劇場ファミリーフェスティヴァル』

1985views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

3744views