Web音遊人(みゅーじん)

今月の音遊人:AIさん「本当につらいときも、最終的に救ってくれるのはいつも音楽でした」

天性のアルトボイスとゴスペルクワイアで鍛えた歌唱力で、日本のポップ・シーンに「本物の歌」を届けてきたAI(あい)さん。ロサンゼルスで生まれ、鹿児島で育った彼女にとって、歌は国境を超え、世界の人たちをつなぐ大きな愛のメッセージ。デビュー20周年を迎えたいま、あらためて音楽への想いを語っていただきました。

Q1.これまでの人生の中で、一番多く聴いた曲は何ですか?

『ウィ・アー・ザ・ワールド』ですね(筆者注:1985年、アメリカの著名アーティストが集まり、アフリカの飢餓救済を目的として結成した“U.S.A. For Africa”名義でリリースされたチャリティーソング)。小さいときに、母が買ったビデオで観ていました。マイケル・ジャクソン、スティーヴィー・ワンダー、ティナ・ターナーなどを両親の影響で聴いていましたから、最初は「スターたちがみんな出てる!」と興奮して。それぞれがカッコよくて、夢中になって物真似するようになりました。レコーディング風景やドキュメンタリー、それから寄付を届ける先の国の映像なども記憶に残っていますね。子どもながらに、「すごく良いことなんだな」と思っていました。
当時はテレビでユニセフのCMがよく流れていて、父がそれを見ながら「ほら、世界には、安全な水や家のあることが当たり前じゃない人もたくさんいるんだよ」と言っていました。母はチャリティ活動に積極的で、恵まれない人や助けが必要な人がいたら何でも協力していました。そういった両親の姿を見て育ったので、自分も何かしなくてはという思いが強いです。良いことをしたら、良い気持ちになりますよね。今は気がつくと自分の子どもに、父と同じようなことを言っています。

Q2.AIさんにとって「音」や「音楽」とは?

自分を助けてきてくれたもの。これまで、いろいろな曲に救われてきました。「ああ疲れたなあ」「なんかイヤだなあ」と気分がダウンしているときも、音楽があれば息抜きできるし、本当につらいときも、最終的に救ってくれるのはいつも音楽でした。泣かないように我慢していても、音楽が鳴った途端に涙が出てきてしまったりとか。
今は「STAY HOME」で少し時間ができたので、ゴスペルとか、90年代に好きだったR&Bとかを聴いています。あとは、ライブに向けてセットリストを考えるので、自分の昔の曲とかも。10年ぶりに聴いた曲もあって、とても懐かしいです。

Q3.「音で遊ぶ人」と聞いてどんな人を想像しますか?

やっぱり、楽器を演奏するミュージシャンかな。私は自分で楽器を弾けないから、彼らがいないと音楽が作れない。私にとってミュージシャンはすごく大事な存在です。

じつは昔、ピアノを習っていたことがあったんです。私の場合、性格がとにかくやんちゃで、学校から側転しながら帰ってくるような子どもだったので、ピアノを習うというのはとにかく大変なことでした(笑)。ピアノの先生のお宅に行って、まず「足!足!」と座り方から注意されて。楽譜を見ると弾けなくなるので、先生が何回も弾いてくださるのを見て、一緒に弾いて覚えるという方法で習っていました。『アラベスク』や『エリーゼのために』、リチャード・クレイダーマンの『渚のアデリーヌ』とか、大好きでしたね。
ですから今も、ピアノやバイオリン、ギターなど、自分の音楽にはない感じの曲を聴くのも好きです。素晴らしい楽器の音に、心が洗われるというか。とくに鍵盤楽器を弾いている人の、あの感じには惹かれるんですよね。あと、マイナーコードのクラシックが好きです。ああ、自分で弾けたら!と。 育児が終わったら、また習いはじめてみようかと思っています。

AI〔あい〕
ロサンゼルスで生まれ、鹿児島で育つ。高校生のときにふたたびロサンゼルスに渡り、名門アートスクールでダンスを学ぶかたわら、ゴスペルクワイアで本格的な歌唱力を身につける。2000年に日本に帰国し、デビュー。以来、安室奈美恵やEXILE ATSUSHIなど国内トップアーティストはもとより、クリス・ブラウンやスヌープ・ドッグ、ザ・ジャクソンズ、チャカ・カーンなど国境を超えた数々のレジェンド・アーティストとのコラボレーションを重ねてきた。これまで3度のNHK紅白歌合戦出場、第59回日本レコード大賞・優秀作品賞の受賞を果たす。
オフィシャルサイトはこちら

特集

今月の音遊人 綾戸智恵さん

今月の音遊人

今月の音遊人:綾戸智恵さん「『このコンサート安いわー』って言われたい。お客さんに遊んでもらうために必死のパッチですわ!」

7718views

2019年4月、エリック・クラプトン来日。アメリカからイギリス、そして日本に流れ込むブルースの潮流

音楽ライターの眼

2019年4月、エリック・クラプトン来日。アメリカからイギリス、そして日本に流れ込むブルースの潮流

8287views

reface シリーズ

楽器探訪 Anothertake

ひざの上に乗せてその場で音が出せる!新感覚のシンセサイザー「reface」シリーズ

9482views

ピアノやエレクトーンを本番で演奏する時の靴選び

楽器のあれこれQ&A

ピアノやエレクトーンを本番で演奏する時の靴選び

40226views

おとなの楽器練習記 レ・フレール

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ピアノデュオ『レ・フレール』がトロンボーンに挑戦!

7990views

弦楽器の調整や修理をする職人インタビュー(前編)

オトノ仕事人

見えないところこそ気を付けて心を配る/弦楽器の調整や修理をする職人(後編)

6679views

アクトシティ浜松 中ホール

ホール自慢を聞きましょう

生活の中に音楽がある町、浜松市民の音楽拠点となる音楽ホール/アクトシティ浜松 中ホール

9624views

こどもと楽しむMusicナビ

“アートなイキモノ”に触れるオーケストラ・コンサート&ワークショップ/子どもたちと芸術家の出あう街

4594views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

7145views

われら音遊人ー021Hアンサンブル

われら音遊人

われら音遊人:元クラスメイトだけで結成。あのころも今も、同じ思いを共有!

3174views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

楽器は、いつ買うのが正解なのだろうか?

6111views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

23506views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目のピアノデュオ鍵盤男子の二人がチェロに挑戦!

5580views

上野学園大学 楽器展示室」- Web音遊人

楽器博物館探訪

伝統を引き継ぐだけでなく、今も進化し続ける古楽器の世界

9855views

音楽ライターの眼

ドヴォルジャークの真の魅力に出合う一冊

2739views

誰でも自由に叩けて、皆と一緒に楽しめるのがドラムサークルの良さ/ドラムサークルファシリテーターの仕事(後編)

オトノ仕事人

リズムに乗せ人々を笑顔に導く/ドラムサークルファシリテーターの仕事(後編)

4671views

われら音遊人

われら音遊人:ママ友同士で結成し、はや30年!音楽の楽しさをわかちあう

3082views

ピアニカ

楽器探訪 Anothertake

ピアニカを進化させる「クリップ」が誕生

11079views

音の粒までクリアに聴こえる音響空間で、新時代へ発信する刺激的なコンテンツを/東京芸術劇場 コンサートホール

ホール自慢を聞きましょう

音の粒までクリアに聴こえる音響空間で、刺激的なコンテンツを発信/東京芸術劇場 コンサートホール

9081views

山口正介 - Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

この感覚を体験すると「音楽がやみつきになる」

5886views

知って得する!木製楽器の お手入れ方法

楽器のあれこれQ&A

木製楽器に起こりやすいトラブルは?保管やお手入れで気を付けること

16133views

ズーラシアン・フィル・ハーモニー

こどもと楽しむMusicナビ

スーパープレイヤーの動物たちが繰り広げるステージに親子で夢中!/ズーラシアンブラス

8632views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

6725views