Web音遊人(みゅーじん)

【ジャズの“名盤”ってナンだ?】#029 「ジャズは難しい」という固定観念を覆す確信犯的ラヴ・ソング集~ジョン・コルトレーン『バラード』編

ジョン・コルトレーンといえば“モダンジャズ”の代名詞的な存在ですが、1940年代半ばから亡くなる1967年までの20年ほどの活動期間に、ハード・バップからフリー・ジャズへと駆け抜けていったような振り幅の大きいスタイル変化を見せ、ブリブリとサックスを吹きまくるイメージが強いキャラクターであった、というのが一般的な認識なのではないかと思います。

そんな突っ走っていくジョン・コルトレーンのイメージに「ちょっと待ったぁ~!」と声をかけるがごとく生まれたのが、本作でした。

リリースから60年を経た今、改めて「ちょっと待ったぁ~!」と立ち止まって、この“名盤”の意味を考えてみたいと思います。


Say It(Over And Over Again)

アルバム概要

1961年12月と1962年9月・11月の3回に分けて、スタジオ・レコーディングされた作品です。

オリジナルはLP盤で、A面4曲、B面4曲の計8曲を収録。

CD化では同曲数同曲順のものと、デラックス・エディションとして未収録&別テイク14曲を加えたヴァージョンがあります。

メンバーは、リーダーでテナー・サックスがジョン・コルトレーン、ピアノがマッコイ・タイナー、ベースがジミー・ギャリソン(『イッツ・イージー・トゥ・リメンバー』のみレジー・ワークマン)、ドラムスがエルヴィン・ジョーンズのクァルテット。

収録曲は、すべてジャズ・スタンダードと呼ばれるカヴァー曲で、ミディアム以下の遅いテンポの曲ばかりという構成になっています。

“名盤”の理由

結論から申せば、本作はバラードばかりを収録した“異色の”作品だったので広く愛聴され、“名盤”になったと言えるでしょう。

バラードとは、もともとは人々が輪になって踊るときに踊り手が自ら歌った舞踏歌で、14世紀の北フランスでスタイルが確立されました。

18世紀のイギリスで形式より物語性を重視するようになる一方で、ヨーロッパではベルリン楽派による歌曲が一般化してシューベルトなどへ引き継がれていったり、ショパンなどのピアノ音楽へと応用されていきます。

ところが、20世紀のポピュラー音楽に出現したバラードは、そうしたクラシック音楽の歴史的な系譜の影響は感じるものの、恋愛をテーマにした抒情的なメロディによって構成される“別もの”として発達することになります。

恐らく、ヨーロッパのオペラから派生したオペラ・コミックやオペレッタがアメリカへ渡って大衆化される際に、劇中の“聴かせどころ”で披露される独唱曲=アリアがもとになって成立したものなのではないか、というのがボクの推測です。

そして、激しいテンポが主流のジャズにおいて、ライヴ・ステージのブレイク(転換)として、テンポの遅いバラードを挟んでセットを構成することが慣例化し、一般的になっていったのではないかと思います(1970〜80年代のディスコにおけるチークタイムを参考に、20世紀初頭のダンス・ムーヴメントにおけるセットの構成を考察してみると、バラードの存在が必要とされた背景がわかるかもしれませんね)。

この慣例はレコード(20世紀半ばまではLP盤)を制作する際にも踏襲され、1枚のアルバムに1~2曲のバラードを収録するというスタイルが定着していた──というのが、1960年代初頭の状況だったわけです。

ところが、その“常識”を覆し、気分転換というか口直し的な扱いだったバラードだけでアルバム1枚を作ってしまったというのが本作で、その意外性と演奏内容のすばらしさがあいまって不動の名盤になった──ということになるのだと思います。

いま聴くべきポイント

マイルス・デイヴィスのモード・ジャズというコンセプションに呼応して、シーツ・オブ・サウンドと呼ばれる独自の“多弁で音楽理論的に破綻のない超絶技巧の奏法”をマスターしつつあったジョン・コルトレーンにとって、抒情的で音数の少ないバラードは「イメージにそぐわない」と思われていたようでした。

確かに、公民権運動との連動やフリー・ジャズの台頭とともに過激さを増していった1960年代初頭のジャズ・シーンにおいて牽引役と目されていたジョン・コルトレーンと、甘くてスローなラヴ・ソングを集めただけのアルバムという対極の組み合わせなのですから、そう思われても致し方ないかもしれません。

これはつまり、当時のジャズ・シーンにおいてシーツ・オブ・サウンド云々というジョン・コルトレーンの業績とイメージが大きかったことを物語るエピソードの裏付けにもなるわけですが、一方で、後追いでジャズを聴く者にとっては作品自体の存在感がどうであるかのみが問題になるはず……。

その視点で本作を味わってみると、わかりやすいテンポによるメロディや、ワン・ホーン編成による比較的単純なアンサンブルなどからも、初心者がジャズに抱きがちな「難しい」というハードルを大幅に引き下げるべく仕組まれた仕様だったことが浮かび上がってきます。

もちろん、マッコイ・タイナーによるピアノのコード・ワークをはじめ、奥深い音楽的技巧が凝らされているなど、ただ甘いだけとマニアにそっぽを向かれるような手抜きをしていないところも、求道者と呼ばれたほど生真面目なコルトレーンならでは。

となれば、本作はジョン・コルトレーンのディスコグラフィにおける“異端盤”などとして扱うのではなく、ポピュラー音楽におけるバラードの存在を脇役から主役に反転させたエポックメイキングな作品として評価するのが正道なのではないか、ということになるわけです。

「ジャズの“名盤”ってナンだ?」全編 >

富澤えいち〔とみざわ・えいち〕
ジャズ評論家。1960年東京生まれ。学生時代に専門誌「ジャズライフ」などでライター活動を開始、ミュージシャンのインタビューやライヴ取材に明け暮れる生活を続ける。2004年に著書『ジャズを読む事典』(NHK出版生活人新書)を上梓。カルチャーセンターのジャズ講座やCSラジオのパーソナリティーを担当するほか、テレビやラジオへの出演など活字以外にも活動の場を広げる。専門誌以外にもファッション誌や一般情報誌のジャズ企画で構成や執筆を担当するなど、トレンドとしてのジャズの紹介や分析にも数多く関わる。『井上陽水FILE FROM 1969』(TOKYO FM出版)収録の2003年のインタビュー記事のように取材対象の間口も広い。2012年からYahoo!ニュース個人のオーサーとして記事を提供中。
富澤えいちのジャズブログ富澤えいちのジャズ・ブログ道場Facebook

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:小曽根真さん「音楽は世界共通語。生きる喜びを人とシェアできるのが音楽の素晴らしさ」

21065views

音楽ライターの眼

ジャズにビートルズをもたらしたのは斯界を代表する歌姫たちだった

4347views

変えるべきもの、変えざるべきものを見極める

楽器探訪 Anothertake

変えるべきもの、変えざるべきものを見極める

14258views

ヴェノーヴァ

楽器のあれこれQ&A

気軽に始められる新しい管楽器 Venova™(ヴェノーヴァ)の魅力

1591views

脱力系(?)リコーダーグループ栗コーダーカルテットがクラリネットの体験レッスンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】脱力系(?)リコーダーグループ栗コーダーカルテットがクラリネットの体験レッスンに挑戦!

10301views

オトノ仕事人

音楽フェスのブッキングや制作をディレクションする/イベントディレクターの仕事

12494views

ザ・シンフォニーホール

ホール自慢を聞きましょう

歴史と伝統、風格を受け継ぐクラシック音楽専用ホール/ザ・シンフォニーホール

22937views

こどもと楽しむMusicナビ

オルガンの仕組みを遊びながら学ぶ「それいけ!オルガン探検隊」/サントリーホールでオルガンZANMAI!

8351views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

専門家の解説と楽器の音色が楽しめるガイドツアー

8189views

われら音遊人

われら音遊人:ただ今、バンド活動リハビリ中!

7624views

パイドパイパー・ダイアリー Vol.3

パイドパイパー・ダイアリー

人生の最大の謎について、わたしも教室で考えた

5048views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

29015views

大人の楽器練習機

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:世界的ピアニスト上原彩子がチェロ1日体験レッスン

16828views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

世界に一台しかない貴重なピアノを所蔵「武蔵野音楽大学楽器博物館」

21920views

音楽ライターの眼

AIジャズの嚆矢は20年前の東京ザヴィヌルバッハだったんじゃなかろうか?

3233views

オペラ劇場の音楽スタッフの仕事 - Web音遊人

オトノ仕事人

舞台上の小さなボックスから指揮者や歌手に大きな安心を届ける/オペラ劇場の音楽スタッフの仕事(後編)

13181views

AOSABA

われら音遊人

われら音遊人:大所帯で人も音も自由、そこが面白い!

11265views

【楽器探訪 Another Take】演奏に集中できるストレスフリーのキイメカニズム

楽器探訪 Anothertake

演奏に集中できるストレスフリーのキイメカニズム

5906views

武満徹の思い「未来への窓」をコンセプトに個性的な公演を/東京オペラシティ コンサートホール:タケミツメモリアル

ホール自慢を聞きましょう

武満徹の思い「未来への窓」をコンセプトに個性的な公演を/東京オペラシティ コンサートホール:タケミツ メモリアル

13673views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

楽器は、いつ買うのが正解なのだろうか?

7948views

エレキベース

楽器のあれこれQ&A

エレキベースを始める前に知りたい5つの基本

2396views

こどもと楽しむMusicナビ

サービス精神いっぱいの手作りフェスティバル/日本フィル 春休みオーケストラ探検「みる・きく・さわる オーケストラ!」

8921views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9611views