Web音遊人(みゅーじん)

今月の音遊人:大石昌良さん「僕がアニソンと出会ったのは必然だったんだと思います」

シンガーソングライター、作曲家、さらにはバンドSound Scheduleのボーカリスト&ギタリストと、さまざまなスタイルでマルチに活躍する大石昌良さん。彼が大きく影響を受けたアーティストや音楽への向き合い方について伺いました。

Q1.これまでの人生の中で一番多く聴いた曲は何ですか?

アルバム単位になりますが、たまの『ひるね』だと思います。小学生の頃、家に『ひるね』のカセットテープがあって、それが大好きで、聴いて育ちました。今でも耳や心をリセットする時によく聴いています。
たまはコミックバンド扱いされたり正統派ではない感じで扱われたりもしていましたが、音楽センスがハンパなく高いし、そこはかとないビートルズ・イズムも源流として感じられて素晴らしいと思います。『ひるね』を若い人たちに紹介するとしたら「今、聴くべきアルバム」と言いたいですね。笑いの要素もあるけれど、一方で「なぜここにこのリズムがあるんだろう」とか「なぜ一発録りでこのボーカルのピッチが合うんだろう」とか、自分が音楽をやればやるほど隠れたすごさに気付くんです。
もう30年くらい聴き続けていますが全然飽きませんし、新たな発見があります。特にすべてが4ピースの生楽器で構成されているところに影響されていて、自分がアニソンを作る時も、極力全部の音を生音で仕上げています。それも『ひるね』を聴いていたおかげで、生音のマジックを信じているからだと感じています。

Q2.大石さんにとって「音」や「音楽」とは?

音楽には「自分のために奏でるか、誰かのために奏でるか」の二つのベクトルがあると思います。自分が気持ち良くなるために作るのも音楽の形ですが、僕は人を喜ばせたり心を動かしたりする音楽にもすごく興味があります。音楽で誰かが気持ち良くなったり心が晴れたりする姿を見て自分も達成感を得る。それも音楽の形だと思うんです。特にコロナ禍を体験した今は、余計にそういう気持ちが強いですね。
でも、ここに至るまでには僕自身も壁にぶつかるというか、音楽の在り方を考えさせられたんですけど、自分の心を深く掘り下げるいい機会でもあったと思いますし、自分の弾き語りをインターネット配信することで得た、たくさんの人との貴重な出会いもありました。
バンドを解散してシンガーソングライターになり、全部一人でやらなくてはいけなくなった時に「自分はこんなにも無力なんだ。音楽って一人でやるもんじゃなかったんだ」と初めて気付いて、そこからずいぶん変わりました。誰かのために曲を書いたり歌ったりする方が、もっと自分のフォーカスが合うんじゃないかと考えるようになって、エンタメ重視というか、来てくれたお客さん重視の音楽を作るようになりました。そんな頃にアニメソングに出会ったんです。アニソンは、まさに誰かのためにサービスする音楽の極致じゃないですか。だから僕がアニソンと出会ったのは必然だったんだと思います。

Q3.「音で遊ぶ人」と聞いてどんな人を想像しますか?

ステージ上で解き放たれている人、歌唱している時に歌そのものになっている人。言い方を変えると、ゾーンに入っている人は完全に音で遊んでいる人だと思います。最近だと『竜とそばかすの姫』の中村佳穂さんはすごいと思いました。これほど歌そのものになれるんだなって。
でも、ゾーンに入るためのプロセスは、やはり努力しかないですよね。どこでパフォーマンスしても恥ずかしくないような自信をつけるための練習をしておかなければいけないし、そうしたプロセスがあってようやく解き放たれる。それこそがエンタメの境地だと思いますし、自分もそうありたい。時々、ステージで歌っている自分を僕自身が上から見ているように感じることがあるんですが、そうなった時はスタッフも含めてみんなに「良いライブだった」と言ってもらえたりするので、その確率をいかに上げるかが、これから僕がプロとしてやるべきことだと思っています。

大石昌良〔おおいし・まさよし〕
1980年1月5日生まれ。愛媛県宇和島市出身。2001年に「Sound Schedule」のボーカル&ギターとしてメジャーデビュー、数々の作品を残す。2008年に「大石昌良」としてソロデビュー。アコースティックギターの弾き語りスタイルで、全国のライブ会場のみならずインターネットでも話題を呼ぶ他、アニメ作品やアーティストへの楽曲提供を中心に音楽クリエイターとしても活躍。「オーイシマサヨシ」名義でアニメソングシンガーとしても活動している。
オフィシャルサイト

photo/ 小林大介

本ウェブサイト上に掲載されている文章・画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

facebook

twitter

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:渡辺香津美さん「ギターに対しては、いつも新鮮な気持ちでいたい 」

2945views

音楽ライターの眼

連載49[ジャズ事始め]フュージョン的アプローチでは生まれなかった大江戸ウィンドオーケストラ

622views

クラビノーバ「CSPシリーズ」

楽器探訪 Anothertake

これまでピアノを諦めていた多くの人を救う楽器。楽譜作成・鍵盤ガイド機能が付いた電子ピアノ/クラビノーバ「CSPシリーズ」

17724views

ピアノやエレクトーンを本番で演奏する時の靴選び

楽器のあれこれQ&A

ピアノやエレクトーンを本番で演奏する時の靴選び

42697views

大人の楽器練習機

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:世界的ピアニスト上原彩子がチェロ1日体験レッスン

13967views

オトノ仕事人

新たな音を生み出して音で空間を表現する/サウンド・スペース・コンポーザーの仕事

4702views

札幌コンサートホールKitara - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

あたたかみのあるデザインと音響を両立した、北海道を代表する音楽の殿堂/札幌コンサートホールKitara 大ホール

15135views

こどもと楽しむMusicナビ

クラシックコンサートにバレエ、人形劇、演劇……好きな演目で劇場デビューする夏休み!/『日生劇場ファミリーフェスティヴァル』

5192views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

7993views

われら音遊人

われら音遊人:みんなの灯をひとつに集め、大きく照らす

4235views

山口正介さん

パイドパイパー・ダイアリー

「自転車を漕ぐように」。これが長時間の演奏に耐える秘訣らしい

4504views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

25643views

コハーン・イシュトヴァーンさん Web音遊人

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ハンガリー出身のクラリネット奏者コハーン・イシュトヴァーンがバイオリンを体験レッスン!

8209views

上野学園大学 楽器展示室

楽器博物館探訪

日本に一台しかない初期のピアノ、タンゲンテンフリューゲルを所有する「上野学園 楽器展示室」

16238views

音楽ライターの眼

伝説のレーベル“ワックス・トラックス!”その栄枯盛衰を描いた映画『インダストリアル・アクシデント』の海外ブルーレイ発売

1169views

オトノ仕事人

新たな音を生み出して音で空間を表現する/サウンド・スペース・コンポーザーの仕事

4702views

われら音遊人:「非日常」の充実感が 活動の原動力!

われら音遊人

われら音遊人:「非日常」の充実感が活動の原動力!

6457views

楽器探訪 - ステージア「ELC-02」

楽器探訪 Anothertake

持ち運び可能なエレクトーン「ELC-02」、自由な発想でカジュアルに遊ぶ

26122views

紀尾井ホール

ホール自慢を聞きましょう

専属の室内オーケストラをもつ日本屈指の音楽ホール/紀尾井ホール

10584views

パイドパイパー・ダイアリー

こうしてわたしは「演奏が楽しくてしょうがない」 という心境になりました

6999views

楽器上達の心強い味方「サイレント™シリーズ」&「サイレントブラス™」

楽器のあれこれQ&A

楽器上達の心強い味方「サイレント™シリーズ」&「サイレントブラス™」

34161views

ズーラシアン・フィル・ハーモニー

こどもと楽しむMusicナビ

スーパープレイヤーの動物たちが繰り広げるステージに親子で夢中!/ズーラシアンブラス

10184views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

7620views