Web音遊人(みゅーじん)

【ジャズの“名盤”ってナンだ?】#008 常識破りの音数の少なさが“ジャズの気分”に風穴を開けた~セロニアス・モンク『セロニアス・ヒムセルフ』編

モダン・ジャズのルーツのひとつであるビバップ。そのオリジネーターのひとりであるセロニアス・モンクの、ソロ・ピアノ演奏を収録した1957年のアルバム。1曲(『モンクス・ムード』)のみ、ジョン・コルトレーン(テナー・サックス)とウィルバー・ウェア(ベース)が参加しています(別日収録)。

後年のCD化にあたっては、22分にも及ぶ『ラウンド・ミッドナイト』のアウト・テイクが加えられたことにより、セロニアス・モンクがさまざまな音楽的実験を行ない、それを周囲もサポートしていたことが(収録音源が残されていたことで)証明できるという、歴史的価値もある“名盤”です。


参考動画:Round Midnight by Thelonious Monk from ‘Thelonious Himself’

アルバム概要

セロニアス・モンクは1917年に米ノースカロライナ州ロッキーマウントで生まれました。6歳からジャズのストライド奏法によるピアノを習い始め、10歳から2年ほど習った先生からはクラシックの手ほどきを受けています。

17歳で地元教会のオルガン奏者としてプロの道を歩み始め、やがてジャズの仕事に就くようになると、20代半ばにはニューヨークのマンハッタンにあったジャズクラブ“ミントンズ・プレイハウス”でレギュラー・ピアニストの座を獲得していました。

そのころ、つまり1940年代前半にセロニアス・モンクがやっていた実験的な挑戦がミュージシャン仲間のあいだで評判となって、ビバップを確立させていった──というのがモダン・ジャズ前史というわけです。

牽引役として注目されたセロニアス・モンクは、ブルーノート・レコード、プレスティッジ・レコード、リバーサイド・レコードといったインディーズ・レーベルで次々と作品を発表し、1962年には米4大レーベルのひとつであるコロムビア・レコードと契約するまでになります。

本作はメジャー契約のきっかけを作ったと言っても過言ではない、セロニアス・モンクの“ジャズの流儀”をシンプルに味わうことのできる、彼の前中期の傑作です。

“名盤”の理由

一般にミュージシャンが上り調子の時期における“傑作”というと、超絶技巧全開でノリノリに弾きまくるというイメージが強いかもしれません。実際にジャズ・ミュージシャン(に限らずクラシックのミュージシャンでも)の“傑作”と呼ばれる作品群は、まず“弾きまくり”が第一条件だったりします。

ところが、この『セロニアス・ヒムセルフ』は、いきなりたどたどしい旋律で始まる『エイプリル・イン・パリ』をはじめとして、スロー・テンポで音数が少ない演奏ばかりが収録されています。

誤解を恐れずに言えば、ほかの“傑作”ではクールダウンするための“おまけ”のような曲ばかりです。

この2ヶ月半ほどあとに収録したアルバム『モンクス・ミュージック』とは好対照の演奏であることからも、『セロニアス・ヒムセルフ』の異質さが際立っているのです。

いま聴くべきポイント

ジャズ・ピアノでは、コンピングと呼ばれるコード・バッキング奏法を用いることが多く、それによってリズミックなジャズ的サウンドを演出しているとも言える特徴的なテクニックです。

セロニアス・モンクのコンピングはジャズのなかでもさらに特異で、和音を感じさせるかさせないかのギリギリの線を狙ったかのようなものが多く、コンピングによるアクセント付けとあいまって、“セロニアス・モンクのジャズ”を強烈に印象づけるものになっています。

こうした彼の特徴的な演奏は、合奏でその効力が発揮されるものと言えます。つまり、セロニアス・モンクが共演者に、「こういうハズし方をすれば、気取ったアッパー連中に聞かせるための音楽じゃなくて、オレたちの気分を表現できる音楽になるんだ」と教えているような気がしてなりません。

ところがこの『セロニアス・ヒムセルフ』では、そんな“気負い”がまったく消えてしまい、彼の心理の深層に押し込めていた気分をそのまま吐き出しているような演奏と言えるのです。

いまでこそチルアウト(=スローテンポな形式の音楽)する楽曲は珍しくありませんが、半世紀以上前のポップス・ミュージック・シーンにおけるジャズでは、白熱するバトルこそがアイデンティティであり、テンポ・ダウンはラヴ・ソング(=バラード)だったら許されるというバイアスが強く働いていました。

それを打ち破ろうとする姿勢こそが、このアルバムを“名盤”と呼ばせるセロニアス・モンクの偉人たる所以でもあるわけです。

「ジャズの“名盤”ってナンだ?」全編 >

富澤えいち〔とみざわ・えいち〕
ジャズ評論家。1960年東京生まれ。学生時代に専門誌「ジャズライフ」などでライター活動を開始、ミュージシャンのインタビューやライヴ取材に明け暮れる生活を続ける。2004年に著書『ジャズを読む事典』(NHK出版生活人新書)を上梓。カルチャーセンターのジャズ講座やCSラジオのパーソナリティーを担当するほか、テレビやラジオへの出演など活字以外にも活動の場を広げる。専門誌以外にもファッション誌や一般情報誌のジャズ企画で構成や執筆を担当するなど、トレンドとしてのジャズの紹介や分析にも数多く関わる。『井上陽水FILE FROM 1969』(TOKYO FM出版)収録の2003年のインタビュー記事のように取材対象の間口も広い。2012年からYahoo!ニュース個人のオーサーとして記事を提供中。
富澤えいちのジャズブログ富澤えいちのジャズ・ブログ道場Facebook

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:松居慶子さん「音楽は生きとし生けるものにとって栄養のようなもの」

5760views

音楽ライターの眼

連載15[ジャズ事始め]上海=“ジャズの都”のイメージを決定的にした背景には2人の歌姫の存在があった

4277views

NU1XA

楽器探訪 Anothertake

アコースティックピアノを演奏する喜びをもっと身近に。アバングランド「NU1XA」

2325views

引っ越しのシーズン、電子ピアノやエレクトーンの取り扱いについて

楽器のあれこれQ&A

引っ越しのシーズン、電子ピアノやエレクトーンを安心して運ぶには?

107149views

大人の楽器練習記:バイオリニスト岡部磨知がエレキギターを体験レッスン

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:バイオリニスト岡部磨知がエレキギターを体験レッスン

19186views

楽器博物館の学芸員の仕事 Web音遊人

オトノ仕事人

楽器のデモンストレーション、解説、管理までをこなすマルチプレイヤー/楽器博物館の学芸員の仕事(前編)

11266views

グランツたけた

ホール自慢を聞きましょう

美しい歌声の響くホールで、瀧廉太郎愛にあふれる街が新しい時代を創造/グランツたけた(竹田市総合文化ホール)

6915views

こどもと楽しむMusicナビ

“アートなイキモノ”に触れるオーケストラ・コンサート&ワークショップ/子どもたちと芸術家の出あう街

6713views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

歴史的価値の高い鍵盤楽器が並ぶ「民音音楽博物館」

23591views

われら音遊人:1年がかりでビッグバンドを結成、河内からラテンの楽しさを発信!

われら音遊人

われら音遊人:1年がかりでビッグバンドを結成、河内からラテンの楽しさを発信!

10620views

山口正介さん

パイドパイパー・ダイアリー

「自転車を漕ぐように」。これが長時間の演奏に耐える秘訣らしい

5929views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9719views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:若き天才ドラマー川口千里がエレキギターに挑戦!

10956views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

9873views

【クラシック名曲 ポップにシン・発見】(Phase23)ベルク「3つの管弦楽小品」、前衛とはヴェルヴェット・アンダーグラウンドな抒情である

音楽ライターの眼

【クラシック名曲 ポップにシン・発見】(Phase23)ベルク「3つの管弦楽曲」、前衛とはヴェルヴェット・アンダーグラウンドな抒情である

326views

オトノ仕事人

大好きな音楽を自由な発想で探求し、確かな技術を磨き続ける/ピアニストYouTuberの仕事

44159views

武豊吹奏楽団

われら音遊人

われら音遊人: 地域の人たちの喜ぶ顔を見るために苦しいときも前に進み続ける

1533views

トランスアコースティックピアノ™

楽器探訪 Anothertake

音量の問題を解決し、ピアノの楽しみを広げる「トランスアコースティックピアノ」

3833views

ホール自慢を聞きましょう

地域に愛される豊かな音楽体験の場として京葉エリアに誕生した室内楽ホール/浦安音楽ホール

10142views

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい 山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい

5356views

楽器のあれこれQ&A

ピアノ講師がアドバイス!練習の悩みを解決して、上達しよう

3925views

Kitaraあ・ら・かると

こどもと楽しむMusicナビ

子どもも大人も楽しめるコンサート&イベントが盛りだくさん。ピクニック気分で出かけよう!/Kitaraあ・ら・かると

5897views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

24846views