Web音遊人(みゅーじん)

森山良子

今月の音遊人:森山良子さん「音で自由に遊べたら、最高に愉快な人生になりますね」

高い歌唱力と表現力で、多彩な楽曲を自分色に染めてしまう森山良子さん。2016年にデビュー50周年を迎え、ますます輝きを増す森山さんが、決して順風満帆ではなかったという音楽人生や、歌に対する思いを語ってくれました。

Q1.これまでの人生の中で、一番多く聴いた曲は何ですか?

バーブラ・ストライサンドが歌う『ピープル』でしょうか。バーブラ主演のブロードウェイミュージカル『ファニー・ガール』の代表的なナンバーで、50周年の記念アルバムにも収録した思い出深い曲です。
フォークシンガーとしてデビューした頃の私は、フォークソングのなかにカテゴライズされることに息苦しさを感じていました。そんなとき『ファニー・ガール』の映画版を見て、彼女が泣いたり、笑ったり、怒ったりすることがお芝居を超えたリアルな感情として伝わってきて大きな衝撃を受けました。シンガーとしての圧倒的な表現力に「歌はもっと自由に歌っていいんだ」と気付かされ、それからはバーブラのアルバムばかり聴いていました。
当時は、自分には声を含めて個性がないのでは……というジレンマも抱えていました。そんな閉塞的な状況に風穴を開けてくれたのもバーブラで、オリジナルにおもしろさを加えたり、くだけながらコミカルに歌ったりする今の私のボーカルスタイルは、バーブラが教えてくれたといえますね。

Q2. 森山さんにとって「音」や「音楽」とは?

私のボイストレーニングの先生がよくおっしゃいますが、たかが音楽、されど音楽。歌も、たかが歌、されど歌で、いってみれば娯楽ですが、プロのシンガーとしては、どんな小曲であっても、隅から隅まで意識を巡らせながら歌い上げたいと思っています。
私の歌のパートは終わっても、アウトロが終わるまでがその曲であり、すべてが終わるまではお客様に対しておじぎができないんです。ですから、アウトロの途中でお客様から拍手がくると、心の中で「ちょっと待って、まだ曲は終わってないのよ~」と突っ込む自分がいたりして(笑)。舞台に立つ身としては、最後の音が鳴り終わるまで曲の世界に浸っていたいですし、お客様も一緒に浸っていただけたら幸せですね。

森山良子

Q3.「音で遊ぶ人」と聞いてどんな人をイメージしますか?

めちゃくちゃ楽しい人生を送っている人ですね。いついかなるときも音で自由に遊ぶことができたら、そんな愉快な人生はないと思います。
ただ私自身もそうですが、やっぱり経験を積まないと、音で自由に遊ぶことはなかなかできないものです。ジャンルにもよりますが、テクニックはもちろん、音楽が持つ世界観やフィーリングを感じとる感覚が養われていないと、急に「音で何か遊んでみて」と振られても難しい。もしパッと対応できるとしたら天才だと思います。
音で遊べるようになるには、自由な発想を持って、なんでもおもしろがってやってみることでしょうか。私の経験からすると、最初は到底できないと思えることでも、おもしろがって懸命にやるうちにクリアできるものなんですよね。音楽に限らず、何事も諦めたらそこで終わりですから、自分の可能性を信じて常に前に一歩進もうとすること。いろいろ試行錯誤するうちに自分の中の引き出しが増えていき、いかなるときも音で自由に遊べる人になれるような気がします。

森山良子〔もりやま・りょうこ〕
歌手。1967年、『この広い野原いっぱい』でデビュー。その後、ミリオンセラー『禁じられた恋』をはじめ、『涙そうそう』『さとうきび畑』など、数々のヒット曲を発表し、透明感のある歌声と歌唱力で、名実ともに日本のトップシンガーに。1998年の長野冬季オリンピック開会式式典では、テーマソング『明日こそ、子供たちが…』を歌い、世界中で放映された。2002年、第44回日本レコード大賞では、最優秀歌唱賞、金賞(『さとうきび畑』)、作詞賞(『涙そうそう』)を受賞し、3冠を達成。デビュー50周年を迎えた2016年に記念アルバム『Touch me…』を発表。全国でコンサートツアーも開催。
森山良子オフィシャルサイト http://www.ryoko-moriyama.jp/

 

特集

今月の音遊人:新妻聖子さん「セリーヌ・ディオンの歌声を聴いたとき、私がなりたいのはこれだ!と確信しました」

今月の音遊人

今月の音遊人:新妻聖子さん「あの歌声を聴いたとき、私がなりたいのはこれだ!と確信しました」

11538views

音楽ライターの眼

カプースチンを紐付けるためのオーヴァーチュア

1585views

v

楽器探訪 Anothertake

弾く人にとっての理想の音を徹底的に追究したサイレントバイオリン™

3036views

楽器のあれこれQ&A

初心者必見!バイオリンの購入ポイントと練習のコツ

1414views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:和洋折衷のユニット竜馬四重奏がアルトヴェノーヴァのレッスンを初体験!

1562views

オトノ仕事人 ボイストレーナー

オトノ仕事人

歌うときは、体全部が楽器となるように/ボイストレーナーの仕事(前編)

12321views

武満徹の思い「未来への窓」をコンセプトに個性的な公演を/東京オペラシティ コンサートホール:タケミツメモリアル

ホール自慢を聞きましょう

武満徹の思い「未来への窓」をコンセプトに個性的な公演を/東京オペラシティ コンサートホール:タケミツ メモリアル

5698views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

4797views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

4912views

われら音遊人:ずっと続けられることがいちばん!“アツく、楽しい”吹奏楽団

われら音遊人

われら音遊人:ずっと続けられることがいちばん!“アツく、楽しい”吹奏楽団

5630views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

楽器は、いつ買うのが正解なのだろうか?

4334views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

17118views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:若き天才ドラマー川口千里がエレキギターに挑戦!

4759views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

世界に一台しかない貴重なピアノを所蔵「武蔵野音楽大学楽器博物館」

13588views

ジミ・ヘンドリックス

音楽ライターの眼

ジミ・ヘンドリックス“新作”『ボース・サイズ・オブ・ザ・スカイ』をエクスペリエンスせよ

2927views

オトノ仕事人

子ども向けコンサートを企画し、音楽が好きな子どもを増やす/コンサートプロデューサーの仕事

1562views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:人を楽しませたい!それが4人の共通の思い

2968views

v

楽器探訪 Anothertake

弾く人にとっての理想の音を徹底的に追究したサイレントバイオリン™

3036views

しらかわホール

ホール自慢を聞きましょう

豊潤な響きと贅沢な空間が多くの人を魅了する/三井住友海上しらかわホール

6394views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

泣いているのはどっちだ!?サクソフォン、それとも自分?

2896views

楽器のあれこれQ&A

きっとためになる!サクソフォンの基礎力と表現力をアップする練習のコツ

3796views

こどもと楽しむMusicナビ

“アートなイキモノ”に触れるオーケストラ・コンサート&ワークショップ/子どもたちと芸術家の出あう街

2724views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

14426views