Web音遊人(みゅーじん)

連載13[多様性とジャズ]デビューの危機に救いの手を差し伸べたアトランティックとの“見えない絆”

チャールズ・ミンガスらが設立したデビュー・レコードは、“白人の手によって商業的に成功しているジャズが実は黒人のルーツ・ミュージックであることを知らしめる”という、壮大な文化的野望を秘めて船出をしたものの、残念ながら3年ほどで経営が危うくなってしまう。

この窮地に“救いの手”を差し伸べたのが、アトランティック・レコードというレコード会社だった。

アトランティック・レコードの設立は1947年。設立者のひとりであるアーメット・アーティガンはトルコの外交官の息子で、父親が大使として赴任したアメリカでジャズと出逢うことになる。

首都ワシントンですら黒人差別が激しいなか、アーメットはデューク・エリントンを招いて大使館内でコンサートを開くなど、自分が興味をもった音楽に関わる活動をつづけていたが、やがてレーベルを設立して本格的に黒人の音楽文化を後押しするようになる。

アーメットの兄のネスヒも1955年に経営に参加し、プロデューサーとして手がけたのが、チャールズ・ミンガスによるアトランティック・レコードの第1弾『直立猿人』(1956年)だった。

なお、アルバム・タイトル&タイトル・チューンの“直立猿人=ピテカントロプス・エレクトゥス”は、人類進化の4段階のうち猿人に続く第2段階である“原人”を指し、1960年代以降になってホモ・エレクトス(直立する人の意)と総称されるようになった。従って、1950年代当時は原人と猿人が区別されていないタイトルとなっている。

『直立猿人』のアルバムには、チャールズ・ミンガス自身が書いたライナーノーツが掲載されている。そこでこの曲について、次のような記述がある。

「この曲は私が考える“人類が初めて直立した姿”を音楽的に表現したもので、四つん這いの状態から立ち上がった“最初の人間”として胸を張り、まだ横になっている動物たちに対する優位性を説いている。しかし、自分が奴隷にしようとした人たちが必然的に解放されることを理解できず、さらに誤った安全保障によって地位と生命を守ろうとしたため、彼は人間である権利を否定されただけでなく、ついには完全に破滅してしまうのだ」(アルバム『直立猿人』のチャールズ・ミンガスによるライナーノーツより、筆者訳)

10分ほどのこの曲は、①進化②優越感③衰退④滅亡に分かれた組曲構成になっていて、彼の解説によれば“黒人を差別する白人の栄枯盛衰”を走馬灯のように表現したものと言える。

『直立猿人』はチャールズ・ミンガスの代表作のひとつとなったが、その背景には、(彼が自力で立ち上げた自己レーベルではなく)同じように人種差別問題に関心の高い別のレーベルの協力があったこと、すなわちミンガスの音楽的な才能だけではなく、音楽を介した政治的な活動の輪が広がりつつあったことを示しているとも言えるだろう。

デビュー・レコードの“商売下手”をここでは取り上げない。その一方で、ジュークボックス向けのシングルに注力したり、ブルー・アイド・ソウルと呼ばれた1960年代以降の白人ロックのマーケットにもいち早く進出するなど、アトランティック・レコードのマーケティング戦略の確かさは評価されるべきだろう。

ちなみにアトランティック・レコードはR&Bやソウルのカタログが豊富なことでも有名で、これがレーベルの経営を支える基盤にもなっていた。稼ぎ頭のレイ・チャールズは1952年から59年まで在籍、アレサ・フランクリンやウィルソン・ピケットのヒット曲もこのレーベルから生まれている。いや、“このレーベルが生み出した”と言うべきかな?

そうしたラインアップに連なるチャールズ・ミンガスという存在が決して小さくなかったことは、ミンガスへの過小評価を改める重要なポイントになるのではないだろうか。

「多様性とジャズ」全編 >

富澤えいち〔とみざわ・えいち〕
ジャズ評論家。1960年東京生まれ。学生時代に専門誌「ジャズライフ」などでライター活動を開始、ミュージシャンのインタビューやライヴ取材に明け暮れる生活を続ける。2004年に著書『ジャズを読む事典』(NHK出版生活人新書)を上梓。カルチャーセンターのジャズ講座やCSラジオのパーソナリティーを担当するほか、テレビやラジオへの出演など活字以外にも活動の場を広げる。専門誌以外にもファッション誌や一般情報誌のジャズ企画で構成や執筆を担当するなど、トレンドとしてのジャズの紹介や分析にも数多く関わる。『井上陽水FILE FROM 1969』(TOKYO FM出版)収録の2003年のインタビュー記事のように取材対象の間口も広い。2012年からYahoo!ニュース個人のオーサーとして記事を提供中。
富澤えいちのジャズブログ富澤えいちのジャズ・ブログ道場Facebook

facebook

twitter

特集

小野リサさん

今月の音遊人

今月の音遊人:小野リサさん「ブラジルの人たちは、まさに『音で遊ぶ人』だと思います」

12086views

Deviation Street: High Times In Ladbroke Grove 1967 - 1975

音楽ライターの眼

ノッティングヒルの恋人もビックリ。オムニバス『Deviation Street』で歩む英国アンダーグラウンド音楽の“逸脱した道のり”

969views

最新の音響解析技術で低音域のパワフルな音量と響きを実現

楽器探訪 Anothertake

アコースティックギター専用の音響解析技術で低音域のパワフルな音量と響きを実現

9378views

楽器のメンテナンス

楽器のあれこれQ&A

大切に長く使うために、屋外で楽器を使うときに気をつけることは?

48789views

コハーン・イシュトヴァーンさん Web音遊人

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ハンガリー出身のクラリネット奏者コハーン・イシュトヴァーンがバイオリンを体験レッスン!

9615views

音楽文化のひとつとしてレコーディングを守りたい/レコーディングエンジニアの仕事(後編)

オトノ仕事人

音楽文化のひとつとしてレコーディングを守りたい/レコーディングエンジニアの仕事(後編)

5757views

アクトシティ浜松 中ホール

ホール自慢を聞きましょう

生活の中に音楽がある町、浜松市民の音楽拠点となる音楽ホール/アクトシティ浜松 中ホール

13652views

日生劇場ファミリーフェスティヴァル

こどもと楽しむMusicナビ

夏休みは、ダンス×人形劇やミュージカルなど心躍る舞台にドキドキ、ワクワクしよう!/日生劇場ファミリーフェスティヴァル2022

2611views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

9652views

われら音遊人:1年がかりでビッグバンドを結成、河内からラテンの楽しさを発信!

われら音遊人

われら音遊人:1年がかりでビッグバンドを結成、河内からラテンの楽しさを発信!

10354views

パイドパイパー・ダイアリー

こうしてわたしは「演奏が楽しくてしょうがない」 という心境になりました

8204views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

28560views

大人の楽器練習記:バイオリニスト岡部磨知がエレキギターを体験レッスン

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:バイオリニスト岡部磨知がエレキギターを体験レッスン

18898views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

見るだけでなく、楽器の音を聴くこともできる!

13259views

音楽ライターの眼

自分好みの“AIコルトレーン”はジャズの発展に寄与するのか?

2241views

オトノ仕事人

深く豊かなクラシックの世界への入り口を作る/音楽ジャーナリストの仕事

4143views

われら音遊人

われら音遊人:みんなの灯をひとつに集め、大きく照らす

5219views

STAGEA(ステージア)ELB-02 - Web音遊人

楽器探訪 Anothertake

スタイリッシュなボディにエレクトーンならではの魅力を凝縮!STAGEA(ステージア)「ELB-02」

13702views

秋田ミルハス

ホール自慢を聞きましょう

“秋田”の魅力が満載/あきた芸術劇場ミルハス

4073views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

贅沢な、サクソフォン初期設定講習会

5202views

楽器のあれこれQ&A

初心者必見!バイオリンの購入ポイントと練習のコツ

18505views

こどもと楽しむMusicナビ

クラシックコンサートにバレエ、人形劇、演劇……好きな演目で劇場デビューする夏休み!/『日生劇場ファミリーフェスティヴァル』

6349views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9404views