Web音遊人(みゅーじん)

nokkoさん

今月の音遊人:NOKKOさん「私の歌詞の原点は、ユーミンさんと別冊マーガレット」

2018年3月に8年ぶりのニューアルバムとなる『TRUE WOMAN』をリリースし、3月から初のフルオーケストラコンサートを開催中のNOKKOさん。新しい季節の始まりとともにさらなるチャレンジを続けるNOKKOさんに、特別な一曲や音楽についての思いを伺いました。

Q1.これまでの人生の中で、一番多く聴いた曲は何ですか?

松任谷由美(ユーミン)さんの荒井由実時代の『卒業写真』ですね。私が小学5年生のとき、ユーミンさんがデビューしました。ほかにはない歌詞、そして絶妙なタイミングで出てくるギュッと胸を締めつけられるような切ないコードに魅了されました。そして、私が中学生のころにリリースされたのがアルバム『COBALT HOUR』。中でも『卒業写真』にはとくに惹かれ、何度も繰り返し聴きました。友だちとピアノの弾き語りもしていましたね。
ユーミンさんの曲はしばらくの間リアルタイムで聴いていたのですが、仕事として音楽を選んでからは、あまり聴かなくなりました。ロックバンドとして活動するようになり、ユーミンさんと自分とは違うジャンルの音楽だと勝手にくくっていたんです。ユーミン愛好家の自分を封印するというか……。ユーミンさんにお会いする機会があっても、彼女を好きな自分を出してはいけないんじゃないかと思っていたんです。
ところが2016年、主人*がユーミンさんとお仕事をさせていただく機会があり、家にいらしたんです。デモテープの音が漏れ聴こえてきて「私なんかが聴いてしまっていいのかしら?でも、出来ることならこの感動を中学生の私にメールしたい!」。そんな気持ちになりながら、ふと考えました。洋楽をベースとする曲調でも詞を書くときは日本語と対峙しなければなりません。その言葉は、一体どこから来ているんだろう、と。そして、子どもの頃に親しんだユーミンさんと別冊マーガレットがベースになっていることに気付いたんです。すると中学時代に抱いていた自由な気持ちが蘇ってきて、ずっと蓋をしてきた気持ちが解き放たれた気がしました。
このときユーミンさんに思いきって気持ちをぶつけ、今回のニューアルバムの収録曲『ふふふ』を書き下ろしていただくことになりました。『卒業写真』もカバーさせていただいたので、ますます特別な一曲になりましたね。
*世界的に活躍するミックス・エンジニアのGOH HOTODA氏

nokkoさん

Q2.NOKKOさんにとって「音」や「音楽」とは?

人と人とをつなげてくれるものですね。ミュージシャンって不器用な人が多いので、スタジオに入っても音に頼ってコミュニケーションすることが結構あるんです。
私もコミュニケーションが下手な方です。でも、音だと表現できたり、詩にすると言いたいことがうまく言えたり……。音楽でしか伝えられないことってありますよね。音楽には、さまざまな隔たりを超える力があるんだなって感じました。
娘が赤ちゃんのころ、泣いている声と同じぐらいの音量で歌うと、不思議と眠りにつきました。赤ちゃんに言葉で言っても、ね(笑)。それも母娘のひとつのコミュニケーションだったのではないでしょうか。
子守唄や童謡、バンドも、そして今春挑戦するフルオーケストラとの共演でも「歌う」ことで最高のコミュニケーションができればと思います。

Q3.「音で遊ぶ人」と聞いてどんな人をイメージしますか?

他人から見たらそこまでやるの!?と思うようなこだわりを持つ人たちをイメージしますね。超越しているところがあるというか。ドラマーの屋敷豪太さん、ギタリストの是永巧一さん、そして今回の楽曲制作でも真の匠の仕事を見せてくださったユーミンさん。私の周りには「音遊人」が多いと思います。主人もそのひとり。「忙しい」とか「くたびれた」とか言いながらも、ミキシングやマスタリングが止められないんですよね。
という私自身も「音遊人」なんでしょうね。昔、歌入れをやっていたときの話ですが、朝になってどうしても直したい部分があったんです。ところがその日は大雪。タクシーでも途中までしか行けず、車を降りてからは雪を踏み越えてスタジオにたどり着いたことがありました。当然、そこには誰もいなかったんですけれど(笑)。
そうやって人を驚かせてしまうことが多々あるようなのですが、私にとってはいたって必然なんです。音楽に携わってからずっと「音遊人」だったと思いますし、これからも多分そうあり続けるのではないでしょうか。

NOKKO〔のっこ〕
歌手・作詞家・作曲家。1984年REBECCA(レベッカ)のボーカルとしてデビューし、女性ボーカルバンドの先駆けとして活躍。1991年にレベッカの解散以降、1993年からはソロに転身し、ロックからバラードまでを幅広く歌う。2010年にはセルフカバーを含むカバーアルバム『Kiss』、2018年3月21日には、8年ぶりのニューアルバム『TRUE WOMAN』をリリース。
NOKKOオフィシャルサイト  http://nokko.jp/

 

特集

広瀬香美さんインタビュー

今月の音遊人

今月の音遊人:広瀬香美さん「毎日練習したマライア・キャリーの曲が、私を少し上手にしてくれました」

7435views

音楽ライターの眼

シンプルに音を並べること、それがベテランが紡ぐシューベルトの世界/清水和音ピアノ・リサイタル

2786views

楽器探訪 Anothertake

【モニター募集】37鍵ピアニカに30年ぶりの新モデルが登場!メロウな音色×おしゃれなデザインの「大人のピアニカ」

22431views

楽器のあれこれQ&A

ウクレレを始めてみたい!初心者が知りたいあれこれ5つ

2010views

脱力系(?)リコーダーグループ栗コーダーカルテットがクラリネットの体験レッスンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】脱力系(?)リコーダーグループ栗コーダーカルテットがクラリネットの体験レッスンに挑戦!

8523views

重田克美

オトノ仕事人

スポーツやイベントの会場で、選手やお客様のためにいい音環境を作る/音響エンジニアの仕事

6285views

グランツたけた

ホール自慢を聞きましょう

美しい歌声の響くホールで、瀧廉太郎愛にあふれる街が新しい時代を創造/グランツたけた(竹田市総合文化ホール)

4549views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

5127views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

世界に一台しかない貴重なピアノを所蔵「武蔵野音楽大学楽器博物館」

17893views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:バンドサークルのような活動スタイルだから、初心者も経験者も、皆がライブハウスのステージに立てる!

6052views

パイドパイパー・ダイアリー

こうしてわたしは「演奏が楽しくてしょうがない」 という心境になりました

6605views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

7200views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:独特の世界観を表現する姉妹のピアノ連弾ボーカルユニットKitriがフルートに挑戦!

2941views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

専門家の解説と楽器の音色が楽しめるガイドツアー

6013views

音楽ライターの眼

2020年はベートーヴェン生誕250年のメモリアルイヤー ~師・サリエリに捧げられた3曲のヴァイオリン・ソナタ

3351views

音楽文化のひとつとしてレコーディングを守りたい/レコーディングエンジニアの仕事(後編)

オトノ仕事人

音楽文化のひとつとしてレコーディングを守りたい/レコーディングエンジニアの仕事(後編)

4574views

われら音遊人

われら音遊人:オリジナルは30曲以上 大人に向けて奏でるフォークロックバンド

2592views

楽器探訪 Anothertake

ナチュラルな響きと多彩な機能で電子ドラムの可能性を広げる、新たなフラッグシップモデルDTX10/DTX8シリーズ

2373views

ホール自慢を聞きましょう

地域に愛される豊かな音楽体験の場として京葉エリアに誕生した室内楽ホール/浦安音楽ホール

6058views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

だから続けられる!サクソフォンレッスン10年目

3368views

楽器のあれこれQ&A

ウクレレを始めてみたい!初心者が知りたいあれこれ5つ

2010views

こどもと楽しむMusicナビ

“アートなイキモノ”に触れるオーケストラ・コンサート&ワークショップ/子どもたちと芸術家の出あう街

4932views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

24672views