Web音遊人(みゅーじん)

今月の音遊人 押尾コータロー

今月の音遊人:押尾コータローさん「人は誰もが“音で遊ぶ人”、すなわち“音遊人”なんです」

卓越したテクニックと楽しいステージパフォーマンスで、ギター・インスト界のトップを走る押尾コータローさん。そのプレイスタイルの原点となった音楽や、押尾さんにとって音楽とはどんな存在なのか、お話をうかがいました。

Q1.これまでの人生の中で、一番多く聴いた曲は何ですか?

曲というよりは、僕が影響を受けて、めちゃくちゃ聴いたアルバムを3枚、紹介させてください。
まず、僕の師匠である中川イサトさんの1981年のアルバム『Homespun Music』と、82年の『Acoustic Serenade』。
高校生のときにフォークソングクラブに入って、当時は長渕剛さんやチャゲ&飛鳥が大好きだったのですが、先輩が「ほかにもたくさんいい音楽があるから聴きなさい」と、かぐや姫や風、井上陽水さんとかを紹介してくれたんです。そうして聴いているうちに、どんどんフォークソングが好きになって。それで自分でも見つけようと、いろいろ調べるうちに、岡林信康さんや加川良さんなどの“関西フォーク”にたどり着きました。ギター1本で完結していて、歌詞の自由な音楽に刺激を受けて聴き込んでいるうちに、イサトさんのギターに出会ったんです。ラグタイムをはじめとしたアメリカンスタイルのギターは、当時、ギターソロといったら『禁じられた遊び』くらいのイメージしかなかった僕にとっては衝撃的でした。そして、イサトさんが大阪でギター教室をされていることを知って、その教室に通いました。初めて教室に行った時、「僕、中川イサトさんの楽譜集の『ミスター・ギターマン』の1と2は完璧に弾けます!」と言ってしまって、イサトさんに「それは15年くらい前に出した本やな」と言われたんです。もうその時点ではさらに進んだ奏法をされていたんですよ。
もう1枚は、アメリカのアコースティックギタリストで、マイケル・ヘッジス(1953~1997)の1984年のアルバム『Aerial Boundaries(エアリアル・バンダリーズ)』にもすごく影響を受けましたね。完コピがしたくて、もう尋常じゃないくらいに聴き込みました。楽譜もアレンジも完璧で、そして深い。ギタークリニックに1回だけ参加したことがあって、そのとき間近で演奏を見たのですが、技術的には高度なことをやっているんだけど全然力んでない。あんなすごいギタリストはもう出てこないんじゃないかと思います。ヘッジスの影響でオープンチューニングのギターに興味を持った人も多いのではないでしょうか。

今月の音遊人:押尾コータローさん「人は誰もが”音で遊ぶ人“、すなわち”音遊人”なんです」

ピックを使わない「フィンガーピッキング」という奏法なので、爪の補強のためにジェルネイルをしている。

Q2.押尾さんにとって「音」や「音楽」とは?

音楽って、その曲をよく聴いていた時の出来事の記憶とリンクしていますよね。その日の気持ちまで思い出したりとか。僕も聴く人の心に残るような曲を作りたい。そしてその曲の一音一音に思いを込めて演奏したいといつも思っています。
音楽は国境を越えます。たとえ言葉が通じなくても、そこに気持ちがあれば音楽で通じ合えるんですよね。何か楽器を「ポロ~ン」と弾けば、「おぉ、OK!」と反応して返してくれる、みたいな。音楽は世界を平和にできるものだし、人を幸せにしてくれるものだと思います。

Q3.「音で遊ぶ人」と聞いてどんな人をイメージしますか?

思うんですけど、実は誰もが「音で遊ぶ人」、すなわち「音遊人」なんですよ。たとえ楽器ができなくても、みんな鼻歌を歌ったりするじゃないですか。人だけでなくて、たとえばウチで飼っていた犬も、焼きいも売りの車が来ると、その音と一緒になって遠吠えしていたから音遊人、じゃなくて音遊犬かな(笑)。 
仕事が忙しかったり、いろんな事情で音楽から離れてしまったりするかもしれない。でも、みんな「音遊人」なんです。それを忘れなければ笑顔になれると思います。

押尾コータロー〔おしお・こーたろー〕
アコースティックギタリスト。1968年大阪生まれ。2002年にメジャーデビューすると、同年に全米でもメジャーデビューを果たす。オープンチューニングやタッピング奏法などのテクニックを駆使し、1本のギターで弾いているとは思えない鮮やかで迫力あるギターアレンジや、あたたかく繊細なギタープレイは世代を超えて多くの人々に支持を受けている。
押尾コータローオフィシャルサイト http://www.kotaro-oshio.com/

特集

宮本笑里

今月の音遊人

今月の音遊人:宮本笑里さん「あの一音目を聴いただけで、救われた気持ちになりました」

3365views

“ビートルズ嫌い”という思い込みを正すきっかけをつくってくれたジャズ・カヴァーという“遺産”

音楽ライターの眼

ジャズの“本丸”にもビートルズの波が押し寄せてきた1966年

1875views

楽器探訪 Anothertake

改めて考える エレクトーンってどんな楽器?

82827views

バイオリンを始める時に知っておきたいこと

楽器のあれこれQ&A

バイオリンを始める時に知っておきたいこと

5273views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目のピアノデュオ鍵盤男子の二人がチェロに挑戦!

3909views

音楽文化のひとつとしてレコーディングを守りたい/レコーディングエンジニアの仕事(後編)

オトノ仕事人

音楽文化のひとつとしてレコーディングを守りたい/レコーディングエンジニアの仕事(後編)

3338views

久留米シティプラザ - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

世界的なマエストロが音響を絶賛!久留米の新たな文化発信施設/久留米シティプラザ ザ・グランドホール

11122views

こどもと楽しむMusicナビ

サービス精神いっぱいの手作りフェスティバル/日本フィル 春休みオーケストラ探検「みる・きく・さわる オーケストラ!」

4564views

ギター文化館

楽器博物館探訪

19世紀スペインの至宝級ギターを所蔵する「ギター文化館」

8303views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:仕事もバンドも、常に真剣勝負!

5999views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

すべては、あの日の「無料体験レッスン」から始まった

3076views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

17978views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目のピアノデュオ鍵盤男子の二人がチェロに挑戦!

3909views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

16~19世紀を代表する名器の音色が生演奏で聴ける!

7283views

ジミ・ヘンドリックス

音楽ライターの眼

ジミ・ヘンドリックス“新作”『ボース・サイズ・オブ・ザ・スカイ』をエクスペリエンスせよ

3152views

コレペティトゥーアのお仕事

オトノ仕事人

高い演奏技術と幅広い知識で歌手の表現力を引き出す/コレペティトゥーアの仕事(前編)

9025views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:バンドサークルのような活動スタイルだから、初心者も経験者も、皆がライブハウスのステージに立てる!

4668views

赤ラベルが再現!ヤマハギター50周年記念モデル

楽器探訪 Anothertake

赤ラベルが再現!ヤマハギター50周年記念モデル

8031views

ホール自慢を聞きましょう

歴史ある“不死鳥の街”から新時代の芸術文化を発信/フェニーチェ堺

2245views

山口正介 Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

マウスピースの抵抗?音切れ?まだまだ知りたいことが出てくる、そこが面白い

3169views

楽器のあれこれQ&A

ドラムの初心者におすすめの練習方法や手が疲れないコツ

4944views

こどもと楽しむMusicナビ

サービス精神いっぱいの手作りフェスティバル/日本フィル 春休みオーケストラ探検「みる・きく・さわる オーケストラ!」

4564views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

17978views