Web音遊人(みゅーじん)

今月の音遊人 押尾コータロー

今月の音遊人:押尾コータローさん「人は誰もが“音で遊ぶ人”、すなわち“音遊人”なんです」

卓越したテクニックと楽しいステージパフォーマンスで、ギター・インスト界のトップを走る押尾コータローさん。そのプレイスタイルの原点となった音楽や、押尾さんにとって音楽とはどんな存在なのか、お話をうかがいました。

Q1.これまでの人生の中で、一番多く聴いた曲は何ですか?

曲というよりは、僕が影響を受けて、めちゃくちゃ聴いたアルバムを3枚、紹介させてください。
まず、僕の師匠である中川イサトさんの1981年のアルバム『Homespun Music』と、82年の『Acoustic Serenade』。
高校生のときにフォークソングクラブに入って、当時は長渕剛さんやチャゲ&飛鳥が大好きだったのですが、先輩が「ほかにもたくさんいい音楽があるから聴きなさい」と、かぐや姫や風、井上陽水さんとかを紹介してくれたんです。そうして聴いているうちに、どんどんフォークソングが好きになって。それで自分でも見つけようと、いろいろ調べるうちに、岡林信康さんや加川良さんなどの“関西フォーク”にたどり着きました。ギター1本で完結していて、歌詞の自由な音楽に刺激を受けて聴き込んでいるうちに、イサトさんのギターに出会ったんです。ラグタイムをはじめとしたアメリカンスタイルのギターは、当時、ギターソロといったら『禁じられた遊び』くらいのイメージしかなかった僕にとっては衝撃的でした。そして、イサトさんが大阪でギター教室をされていることを知って、その教室に通いました。初めて教室に行った時、「僕、中川イサトさんの楽譜集の『ミスター・ギターマン』の1と2は完璧に弾けます!」と言ってしまって、イサトさんに「それは15年くらい前に出した本やな」と言われたんです。もうその時点ではさらに進んだ奏法をされていたんですよ。
もう1枚は、アメリカのアコースティックギタリストで、マイケル・ヘッジス(1953~1997)の1984年のアルバム『Aerial Boundaries(エアリアル・バンダリーズ)』にもすごく影響を受けましたね。完コピがしたくて、もう尋常じゃないくらいに聴き込みました。楽譜もアレンジも完璧で、そして深い。ギタークリニックに1回だけ参加したことがあって、そのとき間近で演奏を見たのですが、技術的には高度なことをやっているんだけど全然力んでない。あんなすごいギタリストはもう出てこないんじゃないかと思います。ヘッジスの影響でオープンチューニングのギターに興味を持った人も多いのではないでしょうか。

今月の音遊人:押尾コータローさん「人は誰もが”音で遊ぶ人“、すなわち”音遊人”なんです」

ピックを使わない「フィンガーピッキング」という奏法なので、爪の補強のためにジェルネイルをしている。

Q2.押尾さんにとって「音」や「音楽」とは?

音楽って、その曲をよく聴いていた時の出来事の記憶とリンクしていますよね。その日の気持ちまで思い出したりとか。僕も聴く人の心に残るような曲を作りたい。そしてその曲の一音一音に思いを込めて演奏したいといつも思っています。
音楽は国境を越えます。たとえ言葉が通じなくても、そこに気持ちがあれば音楽で通じ合えるんですよね。何か楽器を「ポロ~ン」と弾けば、「おぉ、OK!」と反応して返してくれる、みたいな。音楽は世界を平和にできるものだし、人を幸せにしてくれるものだと思います。

Q3.「音で遊ぶ人」と聞いてどんな人をイメージしますか?

思うんですけど、実は誰もが「音で遊ぶ人」、すなわち「音遊人」なんですよ。たとえ楽器ができなくても、みんな鼻歌を歌ったりするじゃないですか。人だけでなくて、たとえばウチで飼っていた犬も、焼きいも売りの車が来ると、その音と一緒になって遠吠えしていたから音遊人、じゃなくて音遊犬かな(笑)。 
仕事が忙しかったり、いろんな事情で音楽から離れてしまったりするかもしれない。でも、みんな「音遊人」なんです。それを忘れなければ笑顔になれると思います。

押尾コータロー〔おしお・こーたろー〕
アコースティックギタリスト。1968年大阪生まれ。2002年にメジャーデビューすると、同年に全米でもメジャーデビューを果たす。オープンチューニングやタッピング奏法などのテクニックを駆使し、1本のギターで弾いているとは思えない鮮やかで迫力あるギターアレンジや、あたたかく繊細なギタープレイは世代を超えて多くの人々に支持を受けている。
押尾コータローオフィシャルサイト http://www.kotaro-oshio.com/

特集

武田真治インタビュー

今月の音遊人

今月の音遊人:武田真治さん「人生を変えた、忌野清志郎さんとの出会い」

4532views

音楽ライターの眼

ラヴェルの「ボレロ」がジャズだったかもしれないという問題と松永貴志の確信犯的時代性

1048views

CLP-600シリーズ

楽器探訪 Anothertake

強弱も連打も思いのままに、グランドピアノに迫る弾き心地の電子ピアノ クラビノーバ「CLP-600シリーズ」

24681views

日ごろからできるピアノのお手入れ

楽器のあれこれQ&A

日ごろからできるピアノのお手入れ

33969views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目のピアノデュオ鍵盤男子の二人がチェロに挑戦!

1584views

オトノ仕事人

音楽フェスのブッキングや制作をディレクションする/イベントディレクターの仕事

4535views

札幌コンサートホールKitara - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

あたたかみのあるデザインと音響を両立した、北海道を代表する音楽の殿堂/札幌コンサートホールKitara 大ホール

9984views

こどもと楽しむMusicナビ

クラシックコンサートにバレエ、人形劇、演劇……好きな演目で劇場デビューする夏休み!/『日生劇場ファミリーフェスティヴァル』

1321views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

世界中の珍しい楽器が一堂に集まった「浜松市楽器博物館」

13171views

われら音遊人

われら音遊人:ママ友同士で結成し、はや30年!音楽の楽しさをわかちあう

1209views

山口正介さん Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

サクソフォン教室の新しいクラスメイト、勝手に募集中!

1853views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

11991views

桑原あい

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目の若きジャズピアニスト桑原あいがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

8918views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

見るだけでなく、楽器の音を聴くこともできる!

5001views

音楽ライターの眼

ラヴェルの「ボレロ」がジャズだったかもしれないという問題と松永貴志の確信犯的時代性

1048views

重田克美

オトノ仕事人

スポーツやイベントの会場で、選手やお客様のためにいい音環境を作る/音響エンジニアの仕事

2343views

練馬だいこんず

われら音遊人

われら音遊人:好きな音楽を通じて人のためになることをしたい

2484views

Venova(ヴェノーヴァ)

楽器探訪 Anothertake

やさしい指使いと豊かな音色を両立させた、「分岐管」と「蛇行管」

1views

武満徹の思い「未来への窓」をコンセプトに個性的な公演を/東京オペラシティ コンサートホール:タケミツメモリアル

ホール自慢を聞きましょう

武満徹の思い「未来への窓」をコンセプトに個性的な公演を/東京オペラシティ コンサートホール:タケミツ メモリアル

3785views

パイドパイパー・ダイアリー Vol.3

パイドパイパー・ダイアリー

人生の最大の謎について、わたしも教室で考えた

2028views

フルート

楽器のあれこれQ&A

初心者にもよくわかる!フルートの種類と選び方

9585views

こどもと楽しむMusicナビ

“アートなイキモノ”に触れるオーケストラ・コンサート&ワークショップ/子どもたちと芸術家の出あう街

1458views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

11991views