Web音遊人(みゅーじん)

フジロック・フェスティバル 23年の思い出とベスト・アクト<後編>

フジロック・フェスティバルの23年の思い出と個人的ベスト・アクト、前編に続いて、後編では2007年から2019年のフェスについて綴っていこう。
毎年200組を超えるアーティストが出演するフジロックゆえ、1組のベスト・アクトを選ぶのは本来なら不可能だが、あえてやってみた。本記事をご覧になった皆さんもぜひ自分のベスト・アクトをピックアップして、フェスの思い出を蘇らせていただきたい。
そして2021年8月、また苗場で相まみえんことを!

●2007年
ベスト・アクト:イギー&ザ・ストゥージズ
イギー・ポップは1998年、2003年とフジロック参戦してきたが、この年はイギー&ザ・ストゥージズ名義での出演。最大のグリーン・ステージで暴れまくり、観衆に「上がってこい!」と煽動するが、あまりに大勢が上がって収拾が付かなくなって「お前ら降りろッ!」と、『蜘蛛の糸』のカンダタみたいなことを言っていた。

●2008年
ベスト・アクト:スパークス
スパークスと野外フェスというと相性が良くなさそうだが、夜のオレンジ・コートでスクリーン映写を含む2人編成でのショーは観衆の興味を拡散させることなく、じっくり集中して楽しむことができた。

●2009年
ベスト・アクト:メルヴィンズ
1999年の伝説の初来日から10年。奇をてらうことなく王道メルヴィンズ節で苗場の山々を揺るがしたが、2年後の来日時には大阪・名古屋公演を行った後、東京でサウンドチェック中に東日本大震災に遭遇、そのまま無念の帰国を果たすことになる。

●2010年
ベスト・アクト:ジョン・フォガティ
惜しげもなくCCRの名曲を連打に次ぐ連打。ロック・ファンなら誰もが知っているクラシックスが続き、ちょうど雨の降りが激しくなってきたところで「雨を見たかい」という、フジロック史上に残る奇跡のタイミングが実現した。熱いステージの後、再結成ロキシー・ミュージックがおとなしめの曲中心だったせいか、冷たい雨に凍えるほど寒かった。

●2011年
ベスト・アクト:フェイセズ
ブリティッシュ・ロックの伝説が、ロニー・ウッド(ザ・ローリング・ストーンズ)、イアン・マクラガン、ケニー・ジョーンズ(ザ・フー)、グレン・マトロック(セックス・ピストルズ)、ミック・ハックネル(シンプリー・レッド)からなるスーパーグループとなって蘇った。

●2012年
ベスト・アクト:ジェイムズ・ブレイク
2011年に初来日している彼だが、キーボードの音が大自然に染みわたり、グルーヴと共に異世界にいざなうライヴは野外ならではの幻想的なものだった。なお彼は英国ロックの重鎮コロシアムのギタリストだったジェイムズ・リザーランドの息子。

●2013年
ベスト・アクト:ナイン・インチ・ネイルズ
まだ発売前の『ヘジテイション・マークス』から「コピー・オブ・ア」でスタート。髪の毛が逆立つ緊張感とスペクタクルはフェス史上屈指のものだった。

●2014年
ベスト・アクト:アーケイド・ファイアー
とてつもなくビッグで、ベタなほどのメロディがあって、歌って踊れるアート・ロック・バンドで、グリーン・ステージを舞う紙吹雪が美しかった。

●2015年
ベスト・アクト:モーターヘッド
同年12月に亡くなったレミー・キルミスター、日本最後のステージ。明らかに体調が良くなかったが、残る生命のありったけを振り絞ってマイクに向かう彼からは滅びの美学が漂っていた。

●2016年
ベスト・アクト:デフへヴン
新世代エクストリーム・メタル・バンドがフジロック参戦。この日はレッド・ホット・チリ・ペッパーズがメイン、BABYMETALも出演するなど、ヘヴィなバンドが集まった。

●2017年
ベスト・アクト:クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジ
2003年の単独ツアーの後、3回連続でフェス出演をキャンセル、14年ぶりとなる来日(ただしジョシュ・ホーミは2010年にザム・クルキッド・ヴァルチャーズでフジロック出演)。まさに待望のライヴは待った甲斐のある凄演だった。クイーンズは2018年の“サマーソニック”にも参加した。

●2018年
ベスト・アクト:ボブ・ディラン
ノーベル賞受賞後、初の来日公演。世界のどこであろうが、彼のいる場所が“ボブ・ディランのステージ”であり、彼が立っているあいだ、フジロックは彼のものとなった。ライヴ中の写真撮影はNGで、ステージ両脇のスクリーンでも映さないという徹底ぶりだったが、その演奏は観衆の胸に永遠に刻まれた。

●2019年
ベスト・アクト:CHON
新世代ギター・インストゥルメンタル・グループのCHONは前年の朝霧Jamで日本のフェス初参加を果たしたが、今回も鮮烈なインパクトを伴うステージを披露。さらに2020年2月の単独来日公演でもギター・ミュージックの新たな時代を、そして未来のフジロックを担う存在としてクローズアップされた。

< 前編に戻る

FUJI ROCK FESTIVAL’20オフィシャルサイト

山崎智之〔やまざき・ともゆき〕
1970年、東京生まれの音楽ライター。ベルギー、オランダ、チェコスロバキア(当時)、イギリスで育つ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業後、一般企業勤務を経て、1994年に音楽ライターに。ミュージシャンを中心に1,000以上のインタビューを行い、雑誌や書籍、CDライナーノーツなどで執筆活動を行う。『ロックで学ぶ世界史』『ダークサイド・オブ・ロック』『激重轟音メタル・ディスク・ガイド』『ロック・ムービー・クロニクル』などを総監修・執筆。実用英検第1級、TOEIC 945点取得
ブログインタビューリスト

特集

小野リサさん

今月の音遊人

今月の音遊人:小野リサさん「ブラジルの人たちは、まさに『音で遊ぶ人』だと思います」

6834views

音楽ライターの眼

異次元を疾走する山中千尋が結びつけたクラシックとジャズ

1537views

P-515

楽器探訪 Anothertake

ポータブルタイプの電子ピアノ「Pシリーズ」に、リアルなタッチ感が得られる木製鍵盤を搭載したモデルが登場!

20057views

ピアノの地震対策

楽器のあれこれQ&A

いざという時のために!ピアノの地震対策は大丈夫ですか?

16613views

コハーン・イシュトヴァーンさん Web音遊人

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ハンガリー出身のクラリネット奏者コハーン・イシュトヴァーンがバイオリンを体験レッスン!

5997views

音楽文化のひとつとしてレコーディングを守りたい/レコーディングエンジニアの仕事(後編)

オトノ仕事人

音楽文化のひとつとしてレコーディングを守りたい/レコーディングエンジニアの仕事(後編)

3437views

ホール自慢を聞きましょう

歴史ある“不死鳥の街”から新時代の芸術文化を発信/フェニーチェ堺

2354views

Kitaraあ・ら・かると

こどもと楽しむMusicナビ

子どもも大人も楽しめるコンサート&イベントが盛りだくさん。ピクニック気分で出かけよう!/Kitaraあ・ら・かると

2760views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

5356views

われら音遊人:バンド経験ゼロの主婦が集合 家庭を守り、ステージではじける!

われら音遊人

われら音遊人:バンド経験ゼロの主婦が集合 家庭を守り、ステージではじける!

4827views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

楽器は、いつ買うのが正解なのだろうか?

4792views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

18308views

ぱんだウインドオーケストラの精鋭たちがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ぱんだウインドオーケストラの精鋭たちがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

9150views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

世界中の珍しい楽器が一堂に集まった「浜松市楽器博物館」

17811views

伝統ある劇場の内部に切り込んだドキュメンタリー映画、『新世紀、パリ・オペラ座』

音楽ライターの眼

伝統ある劇場の内部に切り込んだドキュメンタリー映画、『新世紀、パリ・オペラ座』

2289views

オトノ仕事人

コンサートの音の責任者/サウンドデザイナーの仕事

6111views

われら音遊人

われら音遊人:みんなの灯をひとつに集め、大きく照らす

2265views

楽器探訪 - ステージア「ELC-02」

楽器探訪 Anothertake

持ち運び可能なエレクトーン「ELC-02」、自由な発想でカジュアルに遊ぶ

21395views

ホール自慢を聞きましょう

歴史ある“不死鳥の街”から新時代の芸術文化を発信/フェニーチェ堺

2354views

山口正介 - Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

この感覚を体験すると「音楽がやみつきになる」

4313views

楽器のあれこれQ&A

初心者必見!トランペットをうまく鳴らすコツと練習方法

25923views

こどもと楽しむMusicナビ

“アートなイキモノ”に触れるオーケストラ・コンサート&ワークショップ/子どもたちと芸術家の出あう街

3029views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

5313views