Web音遊人(みゅーじん)

映画『金持を喰いちぎれ』

映画『金持を喰いちぎれ』/ビートルズ・ストーンズ・モーターヘッドも喰いちぎるダーク・コメディが復活大公開

映画『金持を喰いちぎれ』は1987年の初公開以来封印されてきた“幻の”ダーク・コメディ作品だ。

監督のピーター・リチャードソンをはじめ、イギリスのコメディ集団“ザ・コミック・ストリップ”メンバーが総登場。ロック界のスーパースター達を迎えて、タチの悪いギャグの惨劇が繰り広げられる。

ロンドンの高級レストラン“バスターズ”でウェイターとして働くアレックス(ラナ・ペレー)だが、富裕層の客とソリが合わずクビに。その接客態度はかなり問題のあるもので、自業自得でもあるのだが、仲間たちと武装蜂起。内務大臣のノッシャー・パウエル(ノッシャー・パウエル)、謎の男スパイダー(レミー)らを巻き込んで、階級闘争か?単なるテロか?という闘いの火ぶたが切られる。

モーターヘッドのレミーが本筋に関わる異色作

モンティ・パイソンと並ぶ国民的コメディ・チームとしてイギリスでは義務教育レベルの知名度を誇るザ・コミック・ストリップの劇場映画で、本国では話題を呼んだこの作品。サッチャー政権下での賃金低下・失業率の上昇といった世相を反映したカウンターカルチャー・コメディとして楽しむことが出来るが(差別表現やどぎつい描写、罵倒などに眉を顰める人もいるかも)、本作のもうひとつの注目ポイントはロック・ミュージック界の人気ミュージシャン達が多数出演していることだ。

本作のストーリーで重要な役割を担っているのが、モーターヘッドのレミーだ。映画の全編にわたってアルバム『オーガズマトロン』(1986)からのナンバーが使われ、主題歌として新曲『イート・ザ・リッチ』が書き下ろされている(後にアルバム『ロックンロール』<1987>に収録)のに加え、モーターヘッドが『ドクター・ロック』を演奏するシーンもある。レミー(ベース、ヴォーカル)、フィルシー“アニマル”テイラー(ドラムス)、フィル・キャンベル(ギター)、ワーゼル(ギター)という4人編成は、現在フィルのみが存命という貴重なラインアップだ。

『ハードロック・ハイジャック』(1994)、『ジョン・ウェイン・ボビット・アンカット』(1994)、『悪魔の毒々モンスター/新世紀絶叫バトル』(2000)、『テラーファーマー』(1999)、『トロメオ&ジュリエット』(1996)など数多くの映画に出演しているレミーだが、その多くは自らのキャラを生かしたチョイ役。そんな中で本作はストーリーの本筋に関わり、セリフや演技もある異色作だ。もちろん“レミーらしさ”は失われていないので、モーターヘッドのファンは納得だ。

カメオ出演にも人気ミュージシャン多数

カメオ出演しているミュージシャンで最大の大物なのがポール・マッカートニーだろう。女王陛下(そっくりさん。似ていない)参加のバッキンガム宮殿の晩餐会で乱闘に巻き込まれて連れ去られるという、王室をおちょくっているともいえる役柄だが、撮影のほんの数ヶ月前に王室主宰の“プリンシズ・トラスト”が開催するチャリティ・コンサートに出演。チャールズ皇太子(現国王)とダイアナ妃(故人)と対面していたりもしている。

映画『金持を喰いちぎれ』

ザ・ローリング・ストーンズのベーシスト、ビル・ワイマンがゲスト出演しているのも注目だ。“イート・ザ・リッチ”レストランで「トイレに行ってくる」と席を立ってそのまま……という役柄だが、本作公開直後の1989年には自らが経営するレストラン“スティッキー・フィンガーズ”をオープンさせている。もしかして本作がヒントになっているかも?……とも思えるが、食材には問題がなかったようだ(2021年に閉店)。

前半で大使館を占拠、「自由と権利を!」と主張するテロリストを演じるのはポーグスのシェイン・マガウアンだし、ストラングラーズのヒュー・コーンウェル、デヴィッド・ボウイの元奥方アンジー・ボウイ、サンディ・ショウなども出演。主役のラナ・ペレーはシンガーとしても1986年、「ピストル・イン・マイ・ポケット」が全英チャートのトップ100入りするなど、音楽ファンならさらに楽しめる趣向が凝らされている。

2023年リバイバルだからこそ見えてくるもの

『金持を喰いちぎれ』はイギリス国内で好評価を得て、今日でもカルト的に支持されている作品だが、当時アメリカでは興行的に惨敗。日本では1989年にひっそりと公開されたものの、ひっそり過ぎて映画館に足を運ぶ人がほとんどいなかった。今回のデジタル・リマスター復活公開に際して映画会社が「なぜ今これがリバイバルされるのか、まったく不明!」と高らかに宣言しているほどだが、 2023年だからこそ見えてくるものがある。

1980年代に制作されたせいもあり、主人公アレックスには人種差別的・職業差別的な誹謗が容赦なく浴びせられる。だが男子アランとして生まれ、ラナとして生きることを選んだ彼女のジェンダーに対しては誰もが寛容で、あるがままの彼女を受け入れているのが興味深い。またEat The Richは貧困層が“金持を喰ってやる”と下剋上を比喩する表現だが、本作での使い方はもっとダイレクトな、いわば『推しの子』に近い物かも知れない。

ちなみにモーターヘッドによる主題歌『イート・ザ・リッチ』は極悪ロックンロールに乗せたお下劣なトンチの効いた歌詞が映画のムードを見事に捉えている。映画を見たらもう一度じっくり曲に向き合って、レミーのソングライター巧者ぶりを喰いちぎってみよう!

■インフォメーション

映画『金持を喰いちぎれ』

映画『金持を喰いちぎれ』
7月14日(金)よりシネマート新宿・シネマート心斎橋にてロードショーほか全国順次公開
©1987 National Film Trustee Company Ltd. All rights reserved.
詳細はこちら

山崎智之〔やまざき・ともゆき〕
1970年、東京生まれの音楽ライター。ベルギー、オランダ、チェコスロバキア(当時)、イギリスで育つ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業後、一般企業勤務を経て、1994年に音楽ライターに。ミュージシャンを中心に1,000以上のインタビューを行い、雑誌や書籍、CDライナーノーツなどで執筆活動を行う。『ロックで学ぶ世界史』『ダークサイド・オブ・ロック』『激重轟音メタル・ディスク・ガイド』『ロック・ムービー・クロニクル』などを総監修・執筆。実用英検第1級、TOEIC 945点取得
ブログインタビューリスト

facebook

twitter

特集

曽根麻央

今月の音遊人

今月の音遊人:曽根麻央さん 「音楽は、目に見えないからこそ、立体的なのだと思います」

3778views

音楽ライターの眼

音楽の“布地”を織り出す、それぞれに個性的な“糸”/鈴木優人&バッハ・コレギウム・ジャパン バッハ:チェンバロ協奏曲全曲録音プロジェクト Vol.2

5954views

マーチングドラムの必須条件とは?

楽器探訪 Anothertake

マーチングドラムの必須条件とは?

11086views

これからアコースティックギターを始める際のギターの選び方や準備について

楽器のあれこれQ&A

これからアコースティックギターを始める際のギターの選び方や準備について

17095views

今、注目の若き才能 ピアニスト實川風が ドラム体験レッスン!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】今、注目の若き才能 ピアニスト實川風が ドラム体験レッスン!

8633views

オトノ仕事人

最適な音響システムを提案し、理想的な音空間を創る/音響施工プロジェクト・リーダーの仕事

1960views

荘銀タクト鶴岡

ホール自慢を聞きましょう

ステージと客席の一体感と、自然で明快な音が味わえるホール/荘銀タクト鶴岡(鶴岡市文化会館)

11639views

こどもと楽しむMusicナビ

1DAYフェスであなたもオルガン博士に/サントリーホールでオルガンZANMAI!

3056views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

見るだけでなく、楽器の音を聴くこともできる!

13824views

みどりの森保育園ママさんブラス

われら音遊人

われら音遊人:子育て中のママさんたちの 音楽活動を応援!

6780views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

泣いているのはどっちだ!?サクソフォン、それとも自分?

5884views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9947views

大人の楽器練習記:クラシック・サクソフォン界の若き偉才、上野耕平がチェロの体験レッスンに挑戦

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:クラシック・サクソフォン界の若き偉才、上野耕平がチェロの体験レッスンに挑戦

11411views

上野学園大学 楽器展示室

楽器博物館探訪

日本に一台しかない初期のピアノ、タンゲンテンフリューゲルを所有する「上野学園 楽器展示室」

19520views

3大テノールを受け継ぐ情熱的な歌声を聴かせたサルヴァトーレ・リチートラを偲ぶ Vol.3

音楽ライターの眼

3大テノールを受け継ぐ情熱的な歌声を聴かせたサルヴァトーレ・リチートラを偲ぶ Vol.3

2884views

楽器博物館の学芸員の仕事 Web音遊人

オトノ仕事人

わかりやすい言葉で、知られざる楽器の魅力を伝えたい/楽器博物館の学芸員の仕事(後編)

8448views

スイング・ビーズ・ジャズ・オーケストラのメンバー

われら音遊人

われら音遊人:震災の年に結成したビッグバンド、ボランティア演奏もおまかせあれ!

5726views

reface シリーズ

楽器探訪 Anothertake

ひざの上に乗せてその場で音が出せる!新感覚のシンセサイザー「reface」シリーズ

13342views

ホール自慢を聞きましょう

ウィーンの品格と本格派の音楽を堪能できる大阪の極上空間/いずみホール

6725views

山口正介さん

パイドパイパー・ダイアリー

「自転車を漕ぐように」。これが長時間の演奏に耐える秘訣らしい

6060views

楽器のあれこれQ&A

講師がアドバイス!フルート初心者が知っておきたい5つのポイント

18417views

こどもと楽しむMusicナビ

オルガンの仕組みを遊びながら学ぶ「それいけ!オルガン探検隊」/サントリーホールでオルガンZANMAI!

8654views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9947views