Web音遊人(みゅーじん)

千住真理子インタビュー - Web音遊人

300年という長い眠りから覚めた愛器の声を聴く/千住真理子インタビュー

バイオリニスト千住真理子さんの愛器、ストラディヴァリウス「デュランティ」。1716年に作られ、ローマ法王クレメント14世からフランスのデュランティ伯爵家へと渡り、表舞台に出ることなく「幻のストラディヴァリウス」と言われた。その後もスイスでひっそりと保管され、誕生から300年近くプロ奏者に弾かれることはなかった。そのデュランティが、千住さんの元に思いがけず持ち込まれたのが2002年。一音弾いて、生き物に触れたような感覚に身震いし、楽器のオーラを感じて手離すことができなかったという。
今年300歳を迎えるデュランティを祝福するアルバムのリリースとリサイタルについてお話をうかがった。

デュランティ300歳を記念してリリースされたアルバム『MARIKO plays MOZART』は、デュランティと同年代の音楽家、モーツァルトの作品集だ。
「デュランティと相性のいい曲は何かと考えたとき、この上なく美しいモーツァルトの世界をプレゼントしたいと思いました。この楽器を手にしたときからモーツァルトを弾いてみたいと思っていましたが、当時はまだ楽器が練れていませんでした。4年、5年と弾き込むうちに、まるで冷凍から解けて息を吹き返すかのように楽器がなじんできました。今や私の身体の一部のような存在です」

長い眠りから覚めたデュランティの「嬉しい声」を聴かせたいと千住さんが収録曲に選んだのは、輝く喜びに満ちた『アレルヤ』に始まり、祈りの気持ちを込めた『アヴェ・ベルム・コルプス』に終わる全14曲。ほかに、ピアノ・ソナタや歌劇『フィガロの結婚』のアリア、『バイオリン・ソナタ第28番』など、デュランティの多彩な音色や豊かな表現力をいきいきと伝えるラインナップだ。
「ピアノやオーケストラの曲、歌劇など、バイオリン作品以外の曲もたくさん聴いて、そのときの自分の感性にピンときた曲をピックアップした後、スコアリーディングをしながら長い時間をかけて選びました」
自身の厳選による珠玉のモーツァルトが、デュランティによって新たな魅力を放つ。

共演は、ピアニストで作曲家としても活躍する山洞智氏。今回、ピアノとバイオリンのための編曲も手がけた。「ここからは1オクターブ上で」「ここはフラジオレットで」といった千住さんのアイデアも盛り込まれている。原曲を活かした編曲、ソナタの楽章や大曲からの巧みな抜粋など、どの曲も独立した小品として楽しめるのが特徴だ。

千住真理子インタビュー - Web音遊人

そしてもうひとつの300歳の記念は、2016年7月に開催されるプレミアムな『千住真理子ヴァイオリン・リサイタル』。ピアノに山洞氏、チェロに長谷川陽子氏を迎え、息の合ったアンサンブルを聴かせる。
前半は『MARIKO plays MOZART』収録曲を中心に『子守歌』や『トルコ行進曲』などを、後半に『愛のあいさつ』や『赤とんぼ』、『ツィゴイネルワイゼン』ほかという楽しみなプログラムだ。
「作品の力を借りてデュランティの魅力が引き出されていく瞬間を体感いただきながら、ともに300歳を祝ってくださればと思います。モーツァルトは私たち人間にとって心の癒しにもなります。そんなモーツァルト効果も、デュランティの素晴らしい生の音で楽しんでください」

軽快なメロディに秘められた悲しみや、聴く人の心を映し出すような不思議な魅力にあふれるデュランティ。300年を生きた「わが子」のようなデュランティと一体となり奏でられる渾身の調べは、ホール空間にどんなミラクルを起こすのだろうか。まさに一期一会の貴重なひとときとなりそうだ。

■アルバムインフォメーション

『MARIKO plays MOZART』
発売元:ユニバーサルミュージック
発売日:2016年4月27日
価格:3,240円(税込)
詳細はこちら

■千住真理子ヴァイオリン・リサイタル

日時:2016年7月16日(土)13:30開演
会場:東京オペラシティコンサートホール
料金:5,400円(税込)
詳細はこちら

 

特集

Chageさん「心から湧き出てくるものを、シンプルに水のように歌いたい」 Web音遊人

今月の音遊人

今月の音遊人:Chageさん「頭ではなく、心から湧き出てくるものを、シンプルに水のように歌いたい」

5719views

音楽ライターの眼

シンプルに音を並べること、それがベテランが紡ぐシューベルトの世界/清水和音ピアノ・リサイタル

1844views

reface シリーズ

楽器探訪 Anothertake

ひざの上に乗せてその場で音が出せる!新感覚のシンセサイザー「reface」シリーズ

7540views

日ごろからできるピアノのお手入れ

楽器のあれこれQ&A

日ごろからできるピアノのお手入れ

43420views

ぱんだウインドオーケストラの精鋭たちがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ぱんだウインドオーケストラの精鋭たちがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

8974views

音楽文化のひとつとしてレコーディングを守りたい/レコーディングエンジニアの仕事(後編)

オトノ仕事人

音楽文化のひとつとしてレコーディングを守りたい/レコーディングエンジニアの仕事(後編)

3304views

人が集まり発信する交流の場として、地域活性化の原動力に/いわき芸術文化交流館アリオス

ホール自慢を聞きましょう

おでかけ?たんけん?ホール独自のプランで人々の厚い信頼を獲得/いわき芸術文化交流館アリオス

3557views

ズーラシアン・フィル・ハーモニー

こどもと楽しむMusicナビ

スーパープレイヤーの動物たちが繰り広げるステージに親子で夢中!/ズーラシアンブラス

5665views

上野学園大学 楽器展示室

楽器博物館探訪

日本に一台しかない初期のピアノ、タンゲンテンフリューゲルを所有する「上野学園 楽器展示室」

12008views

われら音遊人:「非日常」の充実感が 活動の原動力!

われら音遊人

われら音遊人:「非日常」の充実感が活動の原動力!

4710views

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい 山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい

2898views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

17860views

今、注目の若き才能 ピアニスト實川風が ドラム体験レッスン!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】今、注目の若き才能 ピアニスト實川風が ドラム体験レッスン!

4756views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

世界の民族楽器を触って鳴らせる「小泉文夫記念資料室」

13564views

音楽ライターの眼

華麗なる完璧主義者、カラヤンの音楽と人生 vol.1

4864views

ホールのクラシック公演を企画して地域の文化に貢献する/音楽学芸員の仕事

オトノ仕事人

アーティストとお客様とをマッチングさせ、コンサートという形で幸福な時間を演出する/音楽学芸員の仕事

7081views

われら音遊人

われら音遊人:ママ友同士で結成し、はや30年!音楽の楽しさをわかちあう

2219views

v

楽器探訪 Anothertake

弾く人にとっての理想の音を徹底的に追究したサイレントバイオリン™

3279views

音の粒までクリアに聴こえる音響空間で、新時代へ発信する刺激的なコンテンツを/東京芸術劇場 コンサートホール

ホール自慢を聞きましょう

音の粒までクリアに聴こえる音響空間で、刺激的なコンテンツを発信/東京芸術劇場 コンサートホール

7368views

山口正介さん Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

いまやサクソフォンは趣味となったが、最初は映画音楽だった

3031views

エレクトーンの 取り扱い方法 Web音遊人

楽器のあれこれQ&A

エレクトーンについて、知っておきたいことや気をつけたいこと

15557views

こどもと楽しむMusicナビ

サービス精神いっぱいの手作りフェスティバル/日本フィル 春休みオーケストラ探検「みる・きく・さわる オーケストラ!」

4525views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

15079views