Web音遊人(みゅーじん)

NS-5000 Web音遊人

リアルで鮮明な音に会場中が聴き惚れる~HiFiスピーカーNS-5000発売記念イベントレポート

2016年6月2日(木)、ヤマハ銀座スタジオで「ヤマハスピーカー NS-5000発売記念プレミアムイベント」が開催されました。NS-5000の魅力がたっぷり紹介されたこのイベントの模様をレポートします。

NS-5000は、2016年7月発売のフラッグシップモデルで、化学繊維ZYLON®を使用したユニットの採用など、次世代の技術を投入したHiFiスピーカーです。このイベントでは、ゲストナビゲーターとして指揮者の飯森範親さん、チェロ奏者の新倉瞳さんが登壇し、音楽家ならではのコメントとともに、自ら指揮、演奏をしたディスクの再生を行いました。

舞台に堂々とセッティングされたNS-5000で、飯森範親指揮/チェコ・フィルハーモニー室内管弦楽団によるオーケストラをはじめ、マリンバパーカッション、クラシックギターのソロなど、さまざまなジャンルの曲を次々と再生。コンサートホールでの演奏が目の前で再現されたような、リアルで鮮明な音の響きに、会場の参加者も聴き惚れている様子です。

「ものすごく良い音ですね!NS-5000の実力がフルに発揮されています」。飯森さんも自らの演奏がここまで忠実に再現されたことに感激しています。現在は日本センチュリー交響楽団首席指揮者に就任している飯森さんは、実はクラシックの指揮者や演奏家には数少ない「オーディオ好き」として知られています。ご自宅でも、高級オーディオを揃えていて、「オーディオにゴールはない」と言うほど、今もより良いオーディオを追求しているそうです。
一方、「生演奏が一番!」という新倉さんも、本格的なオーディオシステムでの音にはちょっと驚かされたようで、「演奏家は新しい楽器に学ぶことがあります。楽器が新しくなることで自分の演奏にも変化が現れるのですが、NS-5000はいままで聴こえていなかった音が聴こえ、こんな音もあったんだとびっくりしました 」と、その音の良さを認めていました。

試聴する曲について当時の思い出や聴きどころを交えながら紹介するトークを楽しみながら、参加者も夢中で音楽に聴き入り、音の良さに感心しています。NS-5000は最近ではあまり例がない口径30cmの大きなウーファーを搭載していて、しっかりとした低音でオーケストラを雄大なスケールで再現します。この低音の素晴らしさには飯森さんも太鼓判を押します。音楽家、そしてオーディオ好きとしての鋭いコメントがたくさん聞けました。

イベントの後半ではなんと、新倉さんがチェロを持って舞台に上がりました。NS-5000と新倉さんの演奏を聴き比べるという、びっくり仰天の試みです。まずはNS-5000で彼女にとって思い出深い『鳥の歌』(カタロニア民謡/カザルス編曲)を試聴。舞台上に座っている新倉さんは音楽を聴きながらゆらゆらと体を動かし、すでに音楽に入り込んでいる様子。続いて、いよいよご本人の演奏です。コンサートホールよりもぐっと近い距離で聴く等身大のチェロの調べはまさに極上でした。
「壇上でNS-5000の音を聴いていると、自分がCDの中にいるようでした。クラシック音楽って素晴らしいなと改めて感じましたね」と満足な表情です。

NS-5000 Web音遊人

数々の素晴らしい演奏が終わり、イベントの最後を飯森さんが締めくくります。「私が通っていた学校にはNS-1000M※があったので、その血統を継ぐNS-5000の登場はうれしいですね。このモデルは2015年9月の発表以来、ずっと音のチューニングや改良が加えられていて、入念に仕上げられています。今までも開発中の試作機などの音を聴いていたのですが、ここで聴いた音はベストなもので、欲しくなってしまったほどです(笑)」。その音の実力には大満足のよう。大きな盛り上がりの中イベントは終了しました。
※1974年に登場した世界初のベリリウムスピーカー。発売23年間で20万台以上を売るロングセラーとなりました

NS-5000の試聴イベントは、今後も全国のオーディオ専門店などで行われる予定なので、ぜひとも一度NS-5000の音に触れてみてください。リアルな音の感触に驚くこと間違いなしです。
試聴会の情報はこちら

■NS-5000

従来のスピーカー設計の枠に捉われない新概念の技術と素材に挑戦し、これからのHiFiスピーカーの理想を指し示す新たな標準器として開発したフラッグシップ3ウェイブックシェルフスピーカー。
製品の詳細はこちら

 

特集

大江千里 さん- 今月の音遊人 

今月の音遊人

今月の音遊人:大江千里さん「バッハのインベンションには、ポップスやジャズに通じる要素もある気がするんです」

8750views

音楽ライターの眼

すでにAIの音楽は小説の世界を飛び出しているという現実

321views

Venova(ヴェノーヴァ)

楽器探訪 Anothertake

スタイリッシュで斬新なデザイン。思わず吹いてみたくなるカジュアル管楽器「Venova(ヴェノーヴァ)」の誕生

4021views

バイオリンを始める時に知っておきたいこと

楽器のあれこれQ&A

バイオリンを始める時に知っておきたいこと

4088views

おとなの楽器練習記 レ・フレール

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ピアノデュオ『レ・フレール』がトロンボーンに挑戦!

5412views

音楽市場を広げたい、そのために今すべきこと/ジャズクラブのブッキング・制作の仕事(後編)

オトノ仕事人

音楽市場を広げたい、そのために今すべきこと/ジャズクラブのブッキング・制作の仕事(後編)

3749views

人が集まり発信する交流の場として、地域活性化の原動力に/いわき芸術文化交流館アリオス

ホール自慢を聞きましょう

おでかけ?たんけん?ホール独自のプランで人々の厚い信頼を獲得/いわき芸術文化交流館アリオス

2445views

こどもと楽しむMusicナビ

クラシックコンサートにバレエ、人形劇、演劇……好きな演目で劇場デビューする夏休み!/『日生劇場ファミリーフェスティヴァル』

1638views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

見るだけでなく、楽器の音を聴くこともできる!

5338views

われら音遊人:バンド経験ゼロの主婦が集合 家庭を守り、ステージではじける!

われら音遊人

われら音遊人:バンド経験ゼロの主婦が集合 家庭を守り、ステージではじける!

3441views

パイドパイパー・ダイアリー Vol.8 - Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

初心者も経験者も関係ない、みんなで音を出しているだけで楽しいんです!

2016views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

13178views

今、注目の若き才能 ピアニスト實川風が ドラム体験レッスン!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】今、注目の若き才能 ピアニスト實川風が ドラム体験レッスン!

3619views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

専門家の解説と楽器の音色が楽しめるガイドツアー

3259views

J.S.バッハ:ブランデンブルク協奏曲全曲演奏会

音楽ライターの眼

バッハ生誕333年、名手25人が秀逸な響きで333の客席を包んだ/J.S.バッハ:ブランデンブルク協奏曲全曲演奏会

3503views

ステージマネージャーの仕事 - Web音遊人

オトノ仕事人

オーケストラのステージの“演奏以外のすべて”を支える/オーケストラのステージマネージャーの仕事(前編)

28612views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:バンドサークルのような活動スタイルだから、初心者も経験者も、皆がライブハウスのステージに立てる!

3584views

【楽器探訪 Another Take】ベルの彫刻デザインとマウスピースも一新

楽器探訪 Anothertake

ベルの彫刻デザインとマウスピースも一新

3208views

サラマンカホール(Web音遊人)

ホール自慢を聞きましょう

まるでヨーロッパの教会にいるような雰囲気に包まれるクラシック音楽専用ホール/サラマンカホール

9077views

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい 山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい

1987views

初心者必見!バンドで使うシンセサイザーの選び方

楽器のあれこれQ&A

初心者必見!バンドで使うシンセサイザーの選び方

13800views

こどもと楽しむMusicナビ

“アートなイキモノ”に触れるオーケストラ・コンサート&ワークショップ/子どもたちと芸術家の出あう街

1738views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

13178views