Web音遊人(みゅーじん)

クロイツァーの記憶

クロイツァーが亡くなる一ヶ月前に弾いたピアノを発見、60年の時を経て当時の音色が蘇る/CD『クロイツァーの記憶』

60年前に日本楽器製造(現ヤマハ)によって製造されたフルコンサートグランドピアノの音色を鮮やかに蘇らせた、歴史的なCDがリリースされた。収録曲は、当時、日本で演奏活動を行っていた「ある巨匠」が、死の一ヶ月前に一夜で演奏したものと同じもの。当夜のプログラムが残っていたため、二人のピアニストによって演奏順に再現された。
ベートーヴェン:ピアノソナタ第21番《ワルトシュタイン》、モーツァルト:ピアノソナタ第11番、ショパン:バラード第3番、マズルカ第13、34番、ワルツ:第11、5番、ノクターン第5番、ポロネーズ第6番、そしてシューマン:謝肉祭全曲という、一夜のリサイタル・プログラムとしては現代では考えにくいボリュームだ。

この興味深い選曲、曲順、そして曲数のプログラムを演奏した「ある巨匠」とは、1884年サンクト・ペテルブルクに生まれ、1935年に日本に移り住んで東京音楽学校(現東京藝術大学)で教鞭も取った世界的ピアニスト、レオニード・クロイツァー。
「クロイツァーの弾いたピアノが現存しているらしい」という噂を耳にした音楽学者・音楽プロデューサーの瀧井敬子氏が調査、研究を行い、2013年についに岡山県でピアノを発見(写真上)。ピアノ製造から60年という節目の年に修復、再生した。修復は瀧井氏の要望のもと、製造当時の状態を復元することを第一の目的とし、部品交換を極力避け、金属部分の錆を落としてひたすら磨き上げられた。

この「クロイツァーの弾いたピアノ」の製造番号はFC-54000。クロイツァー自身によって選定され、1953年に岡山県の天満屋デパート内に新設されたホール、葦川(いせん)会館のこけら落としで演奏された。戦後わずか8年。音楽文化に渇望していた市民にとって、それは音楽の喜びと感動に満ちた演奏会であったに違いない。

その当時のFC-54000はいったいどんな響きをもっていたのだろう。そんな興味に応えてくれるのが、製造当時の状態に復元されたFC-54000を使用し、クロイツァーのリサイタル当夜のプログラムを収録した記念すべき2枚組のCD『クロイツァーの記憶』だ。現代の匠たちの高度な技術によって復元されたFC-54000を使用し、岡山県真庭市にある本格的な音楽ホール「エスパスホール」で収録された。CDから流れる木のぬくもり漂う深みのある心地よい音色は、60年の時を超えて、当時の感動と喜びをも私たちに届けてくれる。

クロイツァーの記憶

当時のプログラム

本作で演奏を担当したのは新進気鋭のピアニスト、佐野隆哉、川﨑翔子の2人。「繊細で優美な音も、このピアノから感じ取って貰えたら」と佐野氏は語り、「このピアノでなければ叶わなかった表現もある」と川﨑氏はリーフレットに綴っている。

また、プロデューサーの瀧井氏が執筆したこのピアノのヒストリーも読み応え充分。クロイツァーのピアノを切り口に、日本の音楽文化の礎にも触れることができる。
亡くなる一ヶ月月前に、一夜で弾かれたというこのプログラムを瀧井氏は「クロイツァーが巨匠と言われるゆえん。レパートリーの豊かさと、それがいかに身体に染み込んでいるかの証」と語る。
歴史あるピアノの音色を聴き、クロイツァーが命をそそいだであろうコンサート当夜の演奏に想いをはせると、じみじみと深い感動が湧いてくる。多くの音楽ファンにぜひ聴いていただきたい、おすすめのCDだ。

ところで「クロイツアーの弾いたピアノ」FC-54000は、CD収録とそのお披露目コンサートの後、発見された場所、総合医療福祉施設「旭川荘」のなかにある「厚生専門学校」内「リズム棟」に戻され、現役のピアノとして演奏されている。

■アルバムインフォメーション

クロイツァーの記憶
『クロイツァーの記憶』
発売元:Studio N.A.T
発売日:2016年7月20日
価格:3,200 円(税抜)
詳細はこちら

 

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:反田恭平さん「半音進行が使われている曲にハマります」

15398views

ジャズとデュオの新たな関係性を考える

音楽ライターの眼

ジャズとデュオの新たな関係性を考えるvol.2

3941views

v

楽器探訪 Anothertake

弾く人にとっての理想の音を徹底的に追究したサイレントバイオリン™

6269views

金管楽器のパーツごとのお手入れ方法 - Web音遊人

楽器のあれこれQ&A

金管楽器のパーツごとのお手入れ方法

14925views

大人の楽器練習記:バイオリニスト岡部磨知がエレキギターを体験レッスン

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:バイオリニスト岡部磨知がエレキギターを体験レッスン

18882views

マイク1本から吟味して求められる音に近づける/レコーディングエンジニアの仕事(前編)

オトノ仕事人

マイク1本から吟味して求められる音に近づける/レコーディングエンジニアの仕事(前編)

14146views

弦楽四重奏を聴くことが人生の糧となるように/第一生命ホール

ホール自慢を聞きましょう

弦楽四重奏を聴くことが人生の糧となるように/第一生命ホール

8394views

こどもと楽しむMusicナビ

クラシックコンサートにバレエ、人形劇、演劇……好きな演目で劇場デビューする夏休み!/『日生劇場ファミリーフェスティヴァル』

6330views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

世界中の珍しい楽器が一堂に集まった「浜松市楽器博物館」

29143views

われら音遊人 リコーダー・アンサンブル

われら音遊人

われら音遊人:お茶を楽しむ主婦仲間が 音楽を愛するリコーダー仲間に

7459views

パイドパイパー・ダイアリー Vol.3

パイドパイパー・ダイアリー

人生の最大の謎について、わたしも教室で考えた

4959views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

24430views

ぱんだウインドオーケストラの精鋭たちがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ぱんだウインドオーケストラの精鋭たちがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

12903views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

16~19世紀を代表する名器の音色が生演奏で聴ける!

10819views

【クラシック名曲 ポップにシン・発見】(Phase4)ガーシュウィン「キューバ序曲」、N.Y.サルサへの道 エクトル・ラボー没後30年に聴くダイバーシティ

音楽ライターの眼

【クラシック名曲 ポップにシン・発見】(Phase4)ガーシュウィン「キューバ序曲」、N.Y.サルサへの道/エクトル・ラボー没後30年に聴くダイバーシティ

1323views

宮崎秀生

オトノ仕事人

ホールや劇場をそれぞれの目的にあった、よりよい音響空間にする専門家/音響コンサルタントの仕事

952views

われら音遊人

われら音遊人:路上イベントで演奏を楽しみ地域活性にも貢献

2841views

エレクトーンに新風を吹き込んだ「ステージア」

楽器探訪 Anothertake

エレクトーンに新風を吹き込んだ「ステージア」

22683views

サラマンカホール(Web音遊人)

ホール自慢を聞きましょう

まるでヨーロッパの教会にいるような雰囲気に包まれるクラシック音楽専用ホール/サラマンカホール

19812views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

もしもあのとき、バイオリンを習っていたら

5382views

知って得する!木製楽器の お手入れ方法

楽器のあれこれQ&A

木製楽器に起こりやすいトラブルは?保管やお手入れで気を付けること

20559views

こどもと楽しむMusicナビ

親子で参加!“アートで話そう”をテーマにしたオーケストラコンサート&ワークショップ/第16回 子どもたちと芸術家の出あう街

5067views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9381views