Web音遊人(みゅーじん)

なぜジャズのハードルは下がらないのか?vol.6

なぜジャズのハードルは下がらないのか?vol.6

ジャズのハードルを意識することになったライヴの2つめは、立石一海トリオによる2017年4月に開催された“リサイタル”。

会場となったのは、代々木公園の森を間近に見る渋谷・富ヶ谷にあるHakuju Hall(ハクジュホール)。ここは“完全アコースティック仕様”で、そのスケジュールは主にクラシック系のラインナップで埋められるという場所。

立石一海トリオがジャズという“一丁目一番地”のコンセプションをもちながら、完全ノーPAという“アウェイ”なステージを選び、“リサイタル”というジャズの興行ではあまり使われないタイトルを用いたことで、すでにこのトリオ・プロジェクトは“コッチへ来い!”ではなく、いわゆる“胸襟を開く”意図を強く感じさせていたと思うのだけれど、いかがだろうか。

その“リサイタル”は、このトリオの中心的なレパートリーを成している、スタジオジブリ映画で用いられた楽曲のジャズ・アレンジ“GHIBLI meets JAZZ”シリーズからのセレクションでスタートした。

ジブリ・ナンバーのジャズ・アレンジ演奏は、立石一海トリオの“専売特許”では決してないのだけれど、彼らがライヴの“振り”やプログラムのブレイク的なヴァリエーションとして取り上げてきたものではないことは、これまで“GHIBLI meets JAZZ”として2枚のアルバムにまとめていることからも理解できる。要するに、“本気度”が違う、ということだ。

この“本気度”には、ジブリ・ナンバーを自分たちのレパートリーとして大々的に打ち出すことにつきまとうジレンマを克服していることも含まれる。

さらに、結果としての音源が、チビッコやその親たちというカテゴリーにはもちろん、ジャズ・ファンにもウケるものでなければ、かなりカッコ悪いから、それが強い心理的ブレーキになるはずなのだけれど、その点でも彼らはブレーキを踏むことなく、結果としての反響は逆に強くアクセルを踏ませるものとなった。

そのひとつが、より映画のベクトルを膨らませた『CINEMA meets JAZZ~ひこうき雲』というアルバムに結実しているが、当夜の中盤ではそこからのレパートリーも加えながら、さらに舞台をアメリカへと移して“ジャズ目線”のオーソドックスなシネマ・スタンダード(「ムーンリヴァー」「オーヴァー・ザ・レインボウ」「サムワン・トゥー・ウォッチ・オーヴァー・ミー」)を挿入するなど、映画音楽という素材を多元的に用いようというスタンスを見せていた。

後半は再び“GHIBLI meets JAZZ”に戻ってくるところも、“初志”にブレがないことを示す証左と言えるだろう。

実は、立石一海トリオが“GHIBLI meets JAZZ”を名乗れるのもジブリ側の許諾があるからで、“発表可能曲数”は50を数えるそうだ。

“利用されること”に神経質になるはずのオリジナル側が、それこそこれだけ“胸襟を開いている”ということは、すなわち立石一海トリオが“利用するだけ”ではない意志と結果を示しているからにほかならない。

“ハードルを下げる”と言うと、“子供騙し”や“迎合”というイメージが浮かび、それを覆さなければならないという本稿のハードルのほうが上がってしまうと悩んでいた。

しかし、立石一海トリオの“リサイタル”は、そんなちっぽけな悩みを吹き飛ばす説得力を、ボクに与えてくれることになったのである。

ちなみに“リサイタル”とは独演、すなわちワン・アンド・オンリーというニュアンスを含んでいる。

その矜持があればこそ、ハードルの高さは自ずと変わってくれるということなのかもしれない。

<続>

なぜジャズのハードルは下がらないのか?<全編>

富澤えいち〔とみざわ・えいち〕
ジャズ評論家。1960年東京生まれ。学生時代に専門誌「ジャズライフ」などでライター活動を開始、ミュージシャンのインタビューやライヴ取材に明け暮れる生活を続ける。2004年に著書『ジャズを読む事典』(NHK出版生活人新書)を上梓。カルチャーセンターのジャズ講座やCSラジオのパーソナリティーを担当するほか、テレビやラジオへの出演など活字以外にも活動の場を広げる。専門誌以外にもファッション誌や一般情報誌のジャズ企画で構成や執筆を担当するなど、トレンドとしてのジャズの紹介や分析にも数多く関わる。『井上陽水FILE FROM 1969』(TOKYO FM出版)収録の2003年のインタビュー記事のように取材対象の間口も広い。2012年からYahoo!ニュース個人のオーサーとして記事を提供中。
富澤えいちのジャズブログ富澤えいちのジャズ・ブログ道場Facebook

 

特集

五嶋みどり

今月の音遊人

今月の音遊人:五嶋みどりさん「私にとって音楽とは、常に真摯に向き合うものです」

11581views

反田恭平 - Web音遊人

音楽ライターの眼

ユニークな個性が演奏に反映し、聴き手の心をわしづかみにする反田恭平のピアニズム

8353views

楽器探訪 Anothertake

存在感がありながら他の楽器となじむシンフォニックなサウンドが光る、Xeno(ゼノ)トロンボーンの最上位モデル

2288views

サクソフォンの選び方と扱い方について

楽器のあれこれQ&A

これからはじめる方必見!サクソフォンの選び方と扱い方について

25565views

桑原あい

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目の若きジャズピアニスト桑原あいがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

12523views

打楽器の即興演奏を楽しむドラムサークルの普及に努める/ドラムサークルファシリテーターの仕事(前編)

オトノ仕事人

一期一会の音楽を生み出すガイド役/ドラムサークルファシリテーターの仕事(前編)

11823views

サラマンカホール(Web音遊人)

ホール自慢を聞きましょう

まるでヨーロッパの教会にいるような雰囲気に包まれるクラシック音楽専用ホール/サラマンカホール

14874views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

7537views

上野学園大学 楽器展示室」- Web音遊人

楽器博物館探訪

伝統を引き継ぐだけでなく、今も進化し続ける古楽器の世界

10197views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:人を楽しませたい!それが4人の共通の思い

4363views

山口正介さん Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

いまやサクソフォンは趣味となったが、最初は映画音楽だった

4996views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

24281views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:和洋折衷のユニット竜馬四重奏がアルトヴェノーヴァのレッスンを初体験!

2972views

上野学園大学 楽器展示室」- Web音遊人

楽器博物館探訪

伝統を引き継ぐだけでなく、今も進化し続ける古楽器の世界

10197views

恋は神代の昔から。バロック期の恋の歌を古楽器伴奏で切々と/コンチェルト・イタリアーノ・スペシャル・アンサンブル

音楽ライターの眼

恋は神代の昔から。バロック期の恋の歌を古楽器伴奏で切々と/コンチェルト・イタリアーノ・スペシャル・アンサンブル

3271views

誰でも自由に叩けて、皆と一緒に楽しめるのがドラムサークルの良さ/ドラムサークルファシリテーターの仕事(後編)

オトノ仕事人

リズムに乗せ人々を笑顔に導く/ドラムサークルファシリテーターの仕事(後編)

4919views

われら音遊人:ずっと続けられることがいちばん!“アツく、楽しい”吹奏楽団

われら音遊人

われら音遊人:ずっと続けられることがいちばん!“アツく、楽しい”吹奏楽団

7364views

【楽器探訪 Another Take】人気のカスタムサクソフォンが13年ぶりにモデルチェンジ

楽器探訪 Anothertake

人気のカスタムサクソフォンが13年ぶりにモデルチェンジ

8347views

紀尾井ホール

ホール自慢を聞きましょう

専属の室内オーケストラをもつ日本屈指の音楽ホール/紀尾井ホール

9562views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

贅沢な、サクソフォン初期設定講習会

4304views

楽器のメンテナンス

楽器のあれこれQ&A

大切に長く使うために、屋外で楽器を使うときに気をつけることは?

36218views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

4943views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

24281views