Web音遊人(みゅーじん)

なぜジャズのハードルは下がらないのか?vol.6

なぜジャズのハードルは下がらないのか?vol.6

ジャズのハードルを意識することになったライヴの2つめは、立石一海トリオによる2017年4月に開催された“リサイタル”。

会場となったのは、代々木公園の森を間近に見る渋谷・富ヶ谷にあるHakuju Hall(ハクジュホール)。ここは“完全アコースティック仕様”で、そのスケジュールは主にクラシック系のラインナップで埋められるという場所。

立石一海トリオがジャズという“一丁目一番地”のコンセプションをもちながら、完全ノーPAという“アウェイ”なステージを選び、“リサイタル”というジャズの興行ではあまり使われないタイトルを用いたことで、すでにこのトリオ・プロジェクトは“コッチへ来い!”ではなく、いわゆる“胸襟を開く”意図を強く感じさせていたと思うのだけれど、いかがだろうか。

その“リサイタル”は、このトリオの中心的なレパートリーを成している、スタジオジブリ映画で用いられた楽曲のジャズ・アレンジ“GHIBLI meets JAZZ”シリーズからのセレクションでスタートした。

ジブリ・ナンバーのジャズ・アレンジ演奏は、立石一海トリオの“専売特許”では決してないのだけれど、彼らがライヴの“振り”やプログラムのブレイク的なヴァリエーションとして取り上げてきたものではないことは、これまで“GHIBLI meets JAZZ”として2枚のアルバムにまとめていることからも理解できる。要するに、“本気度”が違う、ということだ。

この“本気度”には、ジブリ・ナンバーを自分たちのレパートリーとして大々的に打ち出すことにつきまとうジレンマを克服していることも含まれる。

さらに、結果としての音源が、チビッコやその親たちというカテゴリーにはもちろん、ジャズ・ファンにもウケるものでなければ、かなりカッコ悪いから、それが強い心理的ブレーキになるはずなのだけれど、その点でも彼らはブレーキを踏むことなく、結果としての反響は逆に強くアクセルを踏ませるものとなった。

そのひとつが、より映画のベクトルを膨らませた『CINEMA meets JAZZ~ひこうき雲』というアルバムに結実しているが、当夜の中盤ではそこからのレパートリーも加えながら、さらに舞台をアメリカへと移して“ジャズ目線”のオーソドックスなシネマ・スタンダード(「ムーンリヴァー」「オーヴァー・ザ・レインボウ」「サムワン・トゥー・ウォッチ・オーヴァー・ミー」)を挿入するなど、映画音楽という素材を多元的に用いようというスタンスを見せていた。

後半は再び“GHIBLI meets JAZZ”に戻ってくるところも、“初志”にブレがないことを示す証左と言えるだろう。

実は、立石一海トリオが“GHIBLI meets JAZZ”を名乗れるのもジブリ側の許諾があるからで、“発表可能曲数”は50を数えるそうだ。

“利用されること”に神経質になるはずのオリジナル側が、それこそこれだけ“胸襟を開いている”ということは、すなわち立石一海トリオが“利用するだけ”ではない意志と結果を示しているからにほかならない。

“ハードルを下げる”と言うと、“子供騙し”や“迎合”というイメージが浮かび、それを覆さなければならないという本稿のハードルのほうが上がってしまうと悩んでいた。

しかし、立石一海トリオの“リサイタル”は、そんなちっぽけな悩みを吹き飛ばす説得力を、ボクに与えてくれることになったのである。

ちなみに“リサイタル”とは独演、すなわちワン・アンド・オンリーというニュアンスを含んでいる。

その矜持があればこそ、ハードルの高さは自ずと変わってくれるということなのかもしれない。

<続>

なぜジャズのハードルは下がらないのか?<全編>

富澤えいち〔とみざわ・えいち〕
ジャズ評論家。1960年東京生まれ。学生時代に専門誌「ジャズライフ」などでライター活動を開始、ミュージシャンのインタビューやライヴ取材に明け暮れる生活を続ける。2004年に著書『ジャズを読む事典』(NHK出版生活人新書)を上梓。カルチャーセンターのジャズ講座やCSラジオのパーソナリティーを担当するほか、テレビやラジオへの出演など活字以外にも活動の場を広げる。専門誌以外にもファッション誌や一般情報誌のジャズ企画で構成や執筆を担当するなど、トレンドとしてのジャズの紹介や分析にも数多く関わる。『井上陽水FILE FROM 1969』(TOKYO FM出版)収録の2003年のインタビュー記事のように取材対象の間口も広い。2012年からYahoo!ニュース個人のオーサーとして記事を提供中。
富澤えいちのジャズブログ富澤えいちのジャズ・ブログ道場Facebook

 

特集

今月の音遊人 岡本真夜さん

今月の音遊人

今月の音遊人:岡本真夜さん「親や友達に言えない思いも、ピアノに聴いてもらっていました」

3918views

『しーそー』というアルバムに隠れていた“デュオの変化”というヒント

音楽ライターの眼

『しーそー』というアルバムに隠れていた“デュオの変化”というヒント

1110views

練習用のバイオリンとして進化する機能と、守り続けるデザイン

楽器探訪 Anothertake

進化する機能と、守り続けるデザイン

1553views

乾燥が気になる季節、暖房を入れた室内でのピアノの注意点や対策

楽器のあれこれQ&A

ピアノを最適な状態に保つには?暖房を入れた室内での注意点や対策

30361views

脱力系(?)リコーダーグループ栗コーダーカルテットがクラリネットの体験レッスンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】脱力系(?)リコーダーグループ栗コーダーカルテットがクラリネットの体験レッスンに挑戦!

5341views

オトノ仕事人

プラスマイナス0.05ヘルツまで調整する熟練の技/音叉を作る仕事

4015views

音の粒までクリアに聴こえる音響空間で、新時代へ発信する刺激的なコンテンツを/東京芸術劇場 コンサートホール

ホール自慢を聞きましょう

音の粒までクリアに聴こえる音響空間で、刺激的なコンテンツを発信/東京芸術劇場 コンサートホール

6063views

こどもと楽しむMusicナビ

親子で参加!“アートで話そう”をテーマにしたオーケストラコンサート&ワークショップ/第16回 子どもたちと芸術家の出あう街

793views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

4082views

われら音遊人:ずっと続けられることがいちばん!“アツく、楽しい”吹奏楽団

われら音遊人

われら音遊人:ずっと続けられることがいちばん!“アツく、楽しい”吹奏楽団

4832views

山口正介 Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

マウスピースの抵抗?音切れ?まだまだ知りたいことが出てくる、そこが面白い

2480views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

13912views

桑原あい

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目の若きジャズピアニスト桑原あいがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

9385views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

世界の民族楽器を触って鳴らせる「小泉文夫記念資料室」

11880views

ジャズとクラシックの関係性

音楽ライターの眼

ジャズとクラシックの距離を測るための極私的な指標について

1154views

オペラ劇場の音楽スタッフの仕事 - Web音遊人

オトノ仕事人

舞台上の小さなボックスから指揮者や歌手に大きな安心を届ける/オペラ劇場の音楽スタッフの仕事(後編)

5838views

AOSABA

われら音遊人

われら音遊人:大所帯で人も音も自由、そこが面白い!

5962views

reface

楽器探訪 Anothertake

個性が異なる4機種の特徴、その楽しみ方とは?

2924views

ホール自慢を聞きましょう

地域に愛される豊かな音楽体験の場として京葉エリアに誕生した室内楽ホール/浦安音楽ホール

2339views

サクソフォン、そろそろ「テイク・ファイブ」に挑戦しようか、なんて思ってはいるのですが

パイドパイパー・ダイアリー

サクソフォンをはじめて10年、目標の「テイク・ファイブ」は近いか、遠いのか……。

2475views

初心者必見!バンドで使うシンセサイザーの選び方

楽器のあれこれQ&A

初心者必見!バンドで使うシンセサイザーの選び方

14120views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

2236views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

12093views