Web音遊人(みゅーじん)

ひとさし指のノクターン~車いすの高校生と東京藝大の挑戦~

ショパンが弾きたい!障がい者が奏でる奇跡のメロディー/ひとさし指のノクターン~車いすの高校生と東京藝大の挑戦~

これは単なる感動秘話ではない。多様な専門性が融合しようとするとき、どんな視点が必要かを教えてくれる希少な書だ。それは教育、医療、福祉、子育てなど、あらゆる分野、領域に通じるものだろう――。

「本物の楽器をかっこよく弾きたい」。そう願う4人の車いすの高校生たちが、ステージでピアノ演奏を実現するまでの道のりを描いた記録「ひとさし指のノクターン」。
本書誕生のきっかけは、東京藝術大学(藝大)のイベント「藝大アーツ・スペシャル~障がいとアーツ」。障がいのある人もない人も分け隔てなく楽しめるワークショップや展覧会などを開催するものだ。著者はこのイベントの企画・指導を担った藝大出身の新井鷗子(おーこ)と高橋幸代(ゆきよ)。本書は、著者たちがある特別支援学校を訪れるところから始まる。

新井と高橋は、自分の好きな音楽を演奏したいと熱心にピアノやキーボードを練習する生徒たちと出会う。ある女子生徒は、音楽科教諭の指導でショパンの『ノクターン第二番』を弾いていた。彼女は右手のいくつかの指以外は思うように動かせないため、ひとさし指1本でメロディをたどたどしく弾く。しかしその音には「大好きなピアノでノクターンを弾きたい」という強い想いがこめられていた。

当初、新井と高橋は代替楽器や移調などの方法を考えていた。そんな2人に「求めるのはそういうことではない」と教えたのは、生徒たちの演奏だった。
「ひとつの音に込められた気持ちの重み。彼らの演奏には、テクニックだけではない『音楽の価値』『光のようなきらめき』があった。本物の楽器が弾きたいという強い想いが聴く人の心を揺り動かした」(本文より)
そして、その気持ちや彼らの音を大切にするには「できない部分をサポートするだけでいい」と気づく。「障がいとアーツ」のステージで4人の演奏をいかにサポートするかを模索する、一大プロジェクトが立ち上がった。

本番に向け、何をサポートすべきかがしだいに明確になり、ヤマハの技術開発チームも動き出す。「科学技術と芸術の融合という未知のテーマ」へのチャレンジが本格的に始まった。
中心となった楽器は、ヤマハの自動演奏機能つきアコースティックピアノ「ディスクラビア」。ディスクラビアの機能と演奏追従システムによって、テンポや演奏の揺れにあわせた伴奏がつけられ、4人は「自分自身で音を奏でる主人公」となっていった。

作曲家でもある新井と高橋は個人レッスンを担当。そこで曲の構造を説明すると、単に音符を追うだけでなく、作品のイメージが具体化していった。伴奏があることで「今、弾いているのはこういう部分」とわかるようになり、聴く意識も芽生え、リズムやテンポが生まれた。
技術の支えを得てソロ演奏できたことは「ひとり立ち」への自信につながり、動かせる指が増えるなど、4人はそれぞれ短期間に大きな成長をとげた。そして迎えた本番のステージ。そこには喜びに満ちた生徒たちの姿があり、彼らの演奏が会場全体に大きな感動を伝え、観客席からはすすり泣きの声も聞かれたという。

「全身を震わせるように、1音1音を大切に紡いでいく彼らの姿や音色は私たちの研究の道標となり、道を照らしてくれる」「科学技術による障がいの支援とは、何かをしたいと願う時に差し出す『心の添え木』のようなもの」(あとがきより)という一節は、このプロジェクトに関わったすべての人が、その過程で多くを学び、発見したことを物語っている。人と関わり、人のために役立とうとするすべての人に、ぜひ読んでほしい1冊だ。

■作品紹介

『ひとさし指のノクターン~車いすの高校生と東京藝大の挑戦~』
著者:新井鷗子/高橋幸代
発売元:ヤマハミュージックメディア
発売日:2016年11月21日
価格:1,500円(税抜)
詳細、ご購入はヤマハミュージックメディアの本書のページをご覧ください。

 

特集

山下洋輔さん

今月の音遊人

今月の音遊人:山下洋輔さん「演奏は“PLAY”ですから、真剣に“遊び”ます」

10082views

音楽ライターの眼

異次元を疾走する山中千尋が結びつけたクラシックとジャズ

3580views

CLP-600シリーズ

楽器探訪 Anothertake

強弱も連打も思いのままに、グランドピアノに迫る弾き心地の電子ピアノ クラビノーバ「CLP-600シリーズ」

44001views

楽器のあれこれQ&A

ドの音が出ない!?リコーダーを上手に吹くためのアドバイスとお手入れ方法

175611views

おとなの 楽器練習記 須藤千晴さん

おとなの楽器練習記

【動画公開中】国内外で演奏活動を展開するピアニスト須藤千晴が初めてのギターに挑戦!

7480views

オトノ仕事人 ボイストレーナー

オトノ仕事人

歌うときは、体全部が楽器となるように/ボイストレーナーの仕事(前編)

23928views

ホール自慢を聞きましょう

ウィーンの品格と本格派の音楽を堪能できる大阪の極上空間/いずみホール

6393views

こどもと楽しむMusicナビ

クラシックコンサートにバレエ、人形劇、演劇……好きな演目で劇場デビューする夏休み!/『日生劇場ファミリーフェスティヴァル』

6442views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

歴史的価値の高い鍵盤楽器が並ぶ「民音音楽博物館」

23385views

ギグリーマン

われら音遊人

われら音遊人:誰もが聴いたことがあるヒット曲でライブに来たすべての人を笑顔に

1829views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

クラス分けもまた楽しみ、レッスン通いスタート

4619views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

28960views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:若き天才ドラマー川口千里がエレキギターに挑戦!

10815views

上野学園大学 楽器展示室

楽器博物館探訪

日本に一台しかない初期のピアノ、タンゲンテンフリューゲルを所有する「上野学園 楽器展示室」

18840views

船越清佳

音楽ライターの眼

「音楽があるから世界が美しい」そこを目指すフランスのピアノ指導とは/船越清佳インタビュー

1876views

打楽器の即興演奏を楽しむドラムサークルの普及に努める/ドラムサークルファシリテーターの仕事(前編)

オトノ仕事人

一期一会の音楽を生み出すガイド役/ドラムサークルファシリテーターの仕事(前編)

14670views

スイング・ビーズ・ジャズ・オーケストラのメンバー

われら音遊人

われら音遊人:震災の年に結成したビッグバンド、ボランティア演奏もおまかせあれ!

5510views

楽器探訪 Anothertake

おしゃれで弾きやすい!新感覚のアコースティックギター「STORIA」

44785views

しらかわホール

ホール自慢を聞きましょう

豊潤な響きと贅沢な空間が多くの人を魅了する/三井住友海上しらかわホール

13257views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

クラス分けもまた楽しみ、レッスン通いスタート

4619views

引っ越しのシーズン、電子ピアノやエレクトーンの取り扱いについて

楽器のあれこれQ&A

引っ越しのシーズン、電子ピアノやエレクトーンを安心して運ぶには?

105941views

こどもと楽しむMusicナビ

1DAYフェスであなたもオルガン博士に/サントリーホールでオルガンZANMAI!

2859views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

28960views