Web音遊人(みゅーじん)

牛田智大インタビュー - Web音遊人

2年の歳月をかけて仕上げた『展覧会の絵』牛田智大オリジナル版

12歳で日本人ピアニストとして史上最年少デビューを果たし、注目を集めた牛田智大。今や高校生となり、当時143cmだった身長も173cmにまで伸びた。
デビュー5年目を迎えた2016年9月には、通算7枚目のアルバム『展覧会の絵』をリリース。着実に成長を遂げてきた牛田の現在が映し出された渾身の作品が、聴き手の心を揺さぶる。

アルバムタイトルに掲げられているメイン曲『展覧会の絵』は、ムソルグスキーが1874年、友人で建築家・画家だったハルトマンの遺作から受けた印象をもとに作曲したピアノ組曲だ。ムソルグスキー代表作であり、難曲としても知られる。
「実はこの曲にはあまり興味がなかったのですが、高校生になったあるとき、アシュケナージがオーケストラ用に編曲した版を聴いて印象が変わったんです。それで、今までとは違う、自分なりの『展覧会の絵』が作れたらと思うようになりました」

多くの音楽家によって編曲されてきた『展覧会の絵』のなかで、このころ牛田はホロヴィッツ版を弾いていたという。
「ホロヴィッツ版はとてもすばらしいのですが、僕にとっては何か所か気になる部分があって、原典版に戻したいと思っていました。そんなとき、師事しているモスクワの先生から自分の版をつくってみたらどうか?と薦められたんです」
2年間という歳月をかけ、さまざまな版を研究して勉強を重ね、仕上げたのが今回レコーディングした牛田だけのオリジナル版だ。『展覧会の絵』が牛田によって新たな魅力を放つ。

また、アルバムには牛田が近年傾注しているロシアの作曲家からもうひとり、チャイコフスキーの小品も収録されている。国民楽派でロシア独自の音楽を追求したムソルグスキーと西洋的な色彩が強いチャイコフスキー。対照的なふたりの作品を繊細なニュアンスで豊かに表現した。
「チャイコフスキーの作品は、たとえピアノ曲であっても常にオーケストラの発想があるんです。それだけピアノで演奏するのが難しい作曲家ですが、ピアノだけでオーケストラのような多彩な音色が聴こえるように演奏してみたいと思いました」

ロシア・ピアニズムの大きな特徴でもある弱音の美しさにもさらなる磨きがかかっている。「それは、調律師やエンジニアの方の技術がすばらしいので」と笑って謙遜しながらも、「もし僕が関わるところがあるとすれば、2015年にミハイル・プレトニョフ指揮でチャイコフスキー『ピアノ協奏曲第1番』を弾かせていただいた経験が演奏に活きているのかなと思います。プレトニョフにアドバイスやレッスンをしていただく機会があり、2,000席を超えるホールの一番後ろまでピアニッシモの音を響かせる打鍵など、演奏の基礎を一から教えていただいたんです」

牛田智大インタビュー - Web音遊人

2017年も各地でのリサイタルが予定されているが、注目のひとつは1月28日(土)に開催される横浜みなとみらいホールでの公演だ。
「『展覧会の絵』をメインに演奏しますが、アルバムとはまた版が変わるので新たに楽しんでいただけたら嬉しいですね。ほかにベートーヴェンとバッハも僕がずっと憧れて勉強したかった作品で、それを発表できる場になると思います」
また、5月31日(水)の東京オペラシティ コンサートホールでのリサイタルでは、ゲーテの『ファウスト』を題材に作曲したといわれるリストの『ピアノソナタロ短調』をメインに据える予定だ。作曲家リストの集大成ともいえるこの大曲を、高度なテクニックと音楽性で壮大なドラマに仕上げ、披露してくれるに違いない。

「演奏会ならではの緊張感を大切にしたい」と語る一方、「子どものころ、家でピアノを弾いているときに、いつもインコが肩に止まっていたんです。だから、今も本番前には過度な緊張を和らげるために癒し系グッズをそばに置いています」とキュートな素顔も見せる。プライベートでは昔からフィギュア・スケートの羽生結弦選手が好きで会ったこともあるそうだが、羽生選手のスケートに対する真摯な姿勢や精神は、牛田が音楽に向き合うそれと共通するものがあるのではないだろうか。

常に高みを目指し、進化を遂げる牛田智大。その“今”をアルバムで、リサイタルでぜひ堪能してほしい。

■アルバムインフォメーション

『展覧会の絵』
展覧会の絵 - Web音遊人v
発売元:ユニバーサル ミュージック ジャパン
発売日:2016年9月14日
価格:3,240円(税込)
詳細はこちら

■牛田智大 ピアノ・リサイタル

日時:2017年1月28日(土)14:00開演(13:00開場)
会場:横浜みなとみらいホール
料金:4,000円(税込)

日時:2017年5月31日(水)13:30開演(13:00開場)
会場:東京オペラシティ コンサートホール
料金:4,800円(税込)
※チケットは2017年1月29日(日)より発売開始

上記を含む公演情報の詳細はオフィシャルサイトでご確認ください。
オフィシャルサイトはこちら

 

特集

今月の音遊人 押尾コータロー

今月の音遊人

今月の音遊人:押尾コータローさん「人は誰もが“音で遊ぶ人”、すなわち“音遊人”なんです」

6934views

音楽ライターの眼

【ライヴ・レポート】DOWNLOAD JAPAN 2019/新たなるメタルの春の祭典

1344views

ギター文化館

楽器探訪 Anothertake

歴史的ギターの音を生で聴けるコンサートも開催!

2396views

初心者必見!バンドで使うシンセサイザーの選び方

楽器のあれこれQ&A

初心者必見!バンドで使うシンセサイザーの選び方

12971views

おとなの 楽器練習記 須藤千晴さん

おとなの楽器練習記

【動画公開中】国内外で演奏活動を展開するピアニスト須藤千晴が初めてのギターに挑戦!

1674views

打楽器の即興演奏を楽しむドラムサークルの普及に努める/ドラムサークルファシリテーターの仕事(前編)

オトノ仕事人

一期一会の音楽を生み出すガイド役/ドラムサークルファシリテーターの仕事(前編)

6970views

サントリーホール(Web音遊人)

ホール自慢を聞きましょう

クラシック音楽の殿堂として憧れのホールであり続ける/サントリーホール 大ホール

10719views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

1582views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

世界の民族楽器を触って鳴らせる「小泉文夫記念資料室」

10677views

われら音遊人

われら音遊人:みんなの灯をひとつに集め、大きく照らす

695views

パイドパイパー・ダイアリー Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

楽器は人前で演奏してこそ、上達していくものなのだろう

2823views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

2640views

桑原あい

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目の若きジャズピアニスト桑原あいがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

8676views

ギター文化館

楽器博物館探訪

19世紀スペインの至宝級ギターを所蔵する「ギター文化館」

5842views

奏者と楽器と空間、三者がみごとに交わり、メシアンの音楽を包み込む/スティーヴン・オズボーン

音楽ライターの眼

奏者と楽器と空間、三者がみごとに交わり、メシアンの音楽を包み込む/スティーヴン・オズボーン

1558views

ホールのクラシック公演を企画して地域の文化に貢献する/音楽学芸員の仕事

オトノ仕事人

アーティストとお客様とをマッチングさせ、コンサートという形で幸福な時間を演出する/音楽学芸員の仕事

5458views

AOSABA

われら音遊人

われら音遊人:大所帯で人も音も自由、そこが面白い!

5362views

reface シリーズ

楽器探訪 Anothertake

ひざの上に乗せてその場で音が出せる!新感覚のシンセサイザー「reface」シリーズ

5627views

ザ・シンフォニーホール

ホール自慢を聞きましょう

歴史と伝統、風格を受け継ぐクラシック音楽専用ホール/ザ・シンフォニーホール

8784views

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい 山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい

1700views

購入前に知っておきたい!電子ピアノを選ぶときのポイントとおすすめ

楽器のあれこれQ&A

購入前に知っておきたい!電子ピアノを選ぶときのポイントとおすすめ機種

9194views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

2544views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

10943views