Web音遊人(みゅーじん)

音座銀座「カントリー&ウェスタンを巡るアコースティックギターの世界」Web音遊人

佐野史郎と高田漣がアコースティックの生音とともに巡るカントリー&ウェスタンの世界

第12回を迎えた『音座銀座(On The Gin Za)』は、会場をヤマハ銀座スタジオに移してのスペシャルバージョンとなった。ナビゲーターは俳優でありミュージシャンとしても活躍する佐野史郎。豊富な音楽知識をベースに、深くコアな話題にまで掘り下げることで毎回人気を博している。今回のテーマは「カントリー&ウェスタンを巡るアコースティックギターの世界」。ゲストはマルチ弦楽器奏者として知られる高田漣。ステージにはギターやフラットマンドリン、バンジョーなどが並び、いつもとはちょっと異なる雰囲気に、期待も高まりつつスタートした。

高田漣は、フォークシンガーの故・高田渡を父に持つ。「渡さんと僕は、吉祥寺の焼き鳥屋でばったり会ったりして」と佐野がご近所トークを始めると、「高校生の頃に佐野さんとお会いしたのも吉祥寺、ニール・ヤングの話をしたのを覚えている」と高田が応じる。最初の1曲はニール・ヤングの『Get Back To The Country』。イントロのフィドル(バイオリン)が心地よい。「ニールはカントリーの巨人といわれるハンク・ウィリアムスが使っていたギターを手に入れ、そのギターに“ハンク”と名付けて、今もライブで使っているんですよ」と高田がレアな話題を披露。ロックの殿堂入りしたニールだが、アメリカのルーツミュージックを大事にしているのだという。 

音座銀座「カントリー&ウェスタンを巡るアコースティックギターの世界」Web音遊人

「3~4歳の頃に、こういう音楽がラジオから流れていた記憶はある」と佐野が次に選んだのは、ハンク・ウィリアムスの『Move It On Over』。ロックの原型ともいわれる曲である。高田が10年来バックをつとめている細野晴臣は、自身をカントリーシンガーと言っているという話から、初期のカントリーミュージックであるヒルビリー、R&Bの元になったレイス・ミュージックへと内容は大きく展開。それぞれ白人と黒人の音楽の話題だったのが、やがてロックンロールに結びつくという『音座銀座』らしいヒストリー談義になってくる。

 カントリーとポップス、2つのチャートでナンバーワンを獲得したエルビス・プレスリー。カントリー・ミュージシャンのチェット・アトキンスはエルビスの初期にギタリストとして参加していた。ジョージ・ハリスンはチェットの影響を濃く受けている……と話が進んだところで、佐野が「チェット・アトキンスのギャロッピング奏法を教えてよ」と促す。高田がアコースティックギターを手に取り、即席のギター講座となる。その後エレキに持ち替え、ビートを効かせながらのピッキングも披露。カントリーの名曲を聴きつつ、フラットマンドリン、バンジョーで触りを演奏、ドブロ(金属の共鳴板を持つギター)でのスチールギター奏法も聴かせてくれたところで、最後は高田渡の名曲『生活の柄』を佐野とデュエット。サプライズのミニコンサートに会場は聴き惚れた。

 すべてを紹介できないのが残念だが、日本のカントリー・ミュージシャン、ウィーリー沖山、ジミー時田から、かまやつひろし、高田渡まで、いつもながらの豊富な内容となった。「これまで、あちこちに飛んでさまざまなジャンルを聴いてきましたが、巡り巡りいろんな音楽にカントリー&ウェスタンのエッセンスが溶け込んでいることがわかった」という佐野の思いをしっかり共有。充実感たっぷりのお得なひと時となった。

さて次回は2017年4月14日(金)、俳優でありギタリストとしても「エド山口&東京ベンチャーズ」を率いて活躍中のエド山口さんをお招きし、エレキ・サウンドの代名詞ともいえる「テケテケ」について、奏法の誕生から後の音楽に与えた影響まで、深く、広く、面白く、語っていただきます。みなさま、乞うご期待!

■第12回 音座銀座スペシャル「佐野史郎vs高田漣 カントリー&ウェスタンを巡るアコースティックギターの世界」曲リスト

トークショーの中で紹介された曲の一覧表です。こちらのPDFファイルをご覧ください

■第13回 音座銀座「佐野史郎vsエド山口 エレキだ!Go!Go!テケテケテケテケ!!」

日時:2017年4月14日(金)開場17:30/開演18:00
場所:ヤマハ銀座ビル1F“ポータル”(東京都中央区銀座7-9-14 )
出演:ホスト・佐野史郎 ゲスト・エド山口
観覧:無料
席数:予約席35名(抽選)※後方に立ち見フリースペースあり(当日先着順)
イベントの詳細・お申し込みはこちら

特集

坂本龍一さん

今月の音遊人

【プレゼント】今月の音遊人:坂本龍一さん「かつて観たテレビアニメの物語は忘れたけど、主題歌は鮮明に覚えている。音楽の力ってすごいよね」

15849views

メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲 交響曲第5番≪宗教改革≫ イザベル・ファウスト(ヴァイオリン)パブロ・エラス=カサド(指揮)、フライブルク・バロック・オーケストラ

音楽ライターの眼

新メンデルスゾーン全集に根差した迫力に満ちた「宗教改革」と、研究を重ねた味わい深いヴァイオリン協奏曲

6232views

CLP-600シリーズ

楽器探訪 Anothertake

強弱も連打も思いのままに、グランドピアノに迫る弾き心地の電子ピアノ クラビノーバ「CLP-600シリーズ」

44484views

ピアノやエレクトーンを本番で演奏する時の靴選び

楽器のあれこれQ&A

ピアノやエレクトーンを本番で演奏する時の靴選び

46578views

おとなの 楽器練習記 須藤千晴さん

おとなの楽器練習記

【動画公開中】国内外で演奏活動を展開するピアニスト須藤千晴が初めてのギターに挑戦!

7694views

宮崎秀生

オトノ仕事人

ホールや劇場をそれぞれの目的にあった、よりよい音響空間にする専門家/音響コンサルタントの仕事

1594views

札幌コンサートホールKitara - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

あたたかみのあるデザインと音響を両立した、北海道を代表する音楽の殿堂/札幌コンサートホールKitara 大ホール

17763views

こどもと楽しむMusicナビ

サービス精神いっぱいの手作りフェスティバル/日本フィル 春休みオーケストラ探検「みる・きく・さわる オーケストラ!」

9199views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

世界中の珍しい楽器が一堂に集まった「浜松市楽器博物館」

30564views

われら音遊人:クラノワ・カルーク・ オーケストラ

われら音遊人

われら音遊人:同一楽器でハーモニーを奏でる クラリネット合奏団

8158views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

だから続けられる!サクソフォンレッスン10年目

4828views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9929views

今、注目の若き才能 ピアニスト實川風が ドラム体験レッスン!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】今、注目の若き才能 ピアニスト實川風が ドラム体験レッスン!

8622views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

歴史的価値の高い鍵盤楽器が並ぶ「民音音楽博物館」

23999views

音楽ライターの眼

ベンチャーズが来日60周年記念ツアー。変わる時代と変わらぬ音楽

8452views

オトノ仕事人

新たな音を生み出して音で空間を表現する/サウンド・スペース・コンポーザーの仕事

6981views

われら音遊人

われら音遊人:大学時代の仲間と再結成大人が楽しむカントリー・ポップ

4384views

楽器探訪 - ステージア「ELC-02」

楽器探訪 Anothertake

持ち運び可能なエレクトーン「ELC-02」、自由な発想でカジュアルに遊ぶ

30537views

札幌コンサートホールKitara - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

あたたかみのあるデザインと音響を両立した、北海道を代表する音楽の殿堂/札幌コンサートホールKitara 大ホール

17763views

山口正介 - Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

この感覚を体験すると「音楽がやみつきになる」

8374views

楽器のあれこれQ&A リコーダー

楽器のあれこれQ&A

リコーダーを長く楽しむためのお手入れ方法

7015views

こどもと楽しむMusicナビ

1DAYフェスであなたもオルガン博士に/サントリーホールでオルガンZANMAI!

3049views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

29807views