Web音遊人(みゅーじん)

連載11[多様性とジャズ]1980年代におけるモダンジャズの“復権”が意味しているものとは?

既存の“体制”に対して投げかけた疑義が顕在化し、実行を伴った1960年代。それに対して、運動に対する制圧から生じた離脱や、無自覚な行動への“内省”によって、一気に沈静化へと向かったのが1970年代だった。

公民権運動と連動して活性化したジャズ(=モダンジャズ)もまた、こうした世の流れとともに往時の熱気を失ってしまったことは否めない。

1981年に第40代アメリカ合衆国大統領に就任したロナルド・レーガンによる2期8年は、景気とともに文化も沈静化してしまったアメリカの70年代を、一気に巻き返そうとする“保守反動の時代”だったとも言われているが、それはまたジャズにおける“保守反動”にもつながっていた。

しかし、70年代の“内省”を経た1980年代のジャズにおける“反動”では、60年代に見られたような、音楽そのものが政治運動となるような活動への共感は薄れたと言わざるをえない。

もちろんそれは、失敗事例をそのまま踏襲しても(時代が変わったからといって)うまくいくはずがないという賢明な判断が働いていたからだろうし、大衆音楽であるジャズが同時代性を捨てようとしない限り(つまり伝統音楽化しない限り)、同じことを繰り返さないのは当然と言えば当然なのだ。

そのうえで興味深いのが、ジャズが60年代にターゲットを絞って“復権”をはかろうとしたことだった。それはまるで、レーガン政権がキング牧師の誕生日を国の祝日にして(1983年制定)人種差別問題の解消に積極的であることをアピールしようとしたことと重なって見えるからだったりもする。

この“復権”に関しては、1980年に18歳で60年代モダンジャズの“象徴”のひとつであるアート・ブレイキー&ジャズ・メッセンジャーズに参加、その後の“ニューオーリンズ・ジャズ原理主義”的な発言などで注目を浴びたウイントン・マルサリスの登場や、これまた60年代モダンジャズの“象徴”のひとつでありながら1979年から新規音源の制作活動を停止していたブルーノート・レーベルの復活を告げるイヴェント“ワン・ナイト・ウィズ・ブルーノート”の開催(1985年)およびアルバム制作の再開など、参照できる事象を挙げることができる。

しかし、こうした“復権”に絡んだムーヴメントを各論で取り上げることは、それが本稿のテーマである“多様性”とは相反する性格を有していると考えられるため、これ以上の言及はしない。

ただ、申し添えておきたいのは、60年代にはひとつにまとまろうとしたムーヴメントであったのに対し、80年代以降の“復権ムーヴメント”は多様化するジャズのヴァリエーションのひとつに収まった、と考えることが妥当ではないか、ということ──。

モダンジャズを再評価し、同時代的な音楽性をもたせるまでに展開できたことこそ、80年代以降のジャズが多様性を具現していた証拠になりえる、ということだ。

次回は、チャールス・ミンガスにスポットスポットを当てて、60年代から70年代にかけての政治的な活動とジャズにおける関係性の具体例を、多様性に照らし合わせて解説していきたい。

「多様性とジャズ」全編 >

富澤えいち〔とみざわ・えいち〕
ジャズ評論家。1960年東京生まれ。学生時代に専門誌「ジャズライフ」などでライター活動を開始、ミュージシャンのインタビューやライヴ取材に明け暮れる生活を続ける。2004年に著書『ジャズを読む事典』(NHK出版生活人新書)を上梓。カルチャーセンターのジャズ講座やCSラジオのパーソナリティーを担当するほか、テレビやラジオへの出演など活字以外にも活動の場を広げる。専門誌以外にもファッション誌や一般情報誌のジャズ企画で構成や執筆を担当するなど、トレンドとしてのジャズの紹介や分析にも数多く関わる。『井上陽水FILE FROM 1969』(TOKYO FM出版)収録の2003年のインタビュー記事のように取材対象の間口も広い。2012年からYahoo!ニュース個人のオーサーとして記事を提供中。
富澤えいちのジャズブログ富澤えいちのジャズ・ブログ道場Facebook

facebook

twitter

特集

川井郁子さん

今月の音遊人

今月の音遊人:川井郁子さん「私にとっての“いい音楽”とは、別世界へ気持ちを運んでくれる翼です」

7187views

音楽ライターの眼

AIジャズの嚆矢は20年前の東京ザヴィヌルバッハだったんじゃなかろうか?

2218views

楽器探訪 Anothertake

存在感がありながら他の楽器となじむシンフォニックなサウンドが光る、Xeno(ゼノ)トロンボーンの最上位モデル

2619views

楽器のあれこれQ&A

きっとためになる!サクソフォンの基礎力と表現力をアップする練習のコツ

12254views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目のピアノデュオ鍵盤男子の二人がチェロに挑戦!

6121views

テレビや映画の映像を音楽の力で何倍にも輝かせ、人の心を揺さぶる/劇伴作家の仕事

オトノ仕事人

【サインCDプレゼント】テレビや映画の映像を音楽の力で何倍にも輝かせ、人の心を揺さぶる/劇伴作家の仕事

12291views

グランツたけた

ホール自慢を聞きましょう

美しい歌声の響くホールで、瀧廉太郎愛にあふれる街が新しい時代を創造/グランツたけた(竹田市総合文化ホール)

4737views

ズーラシアン・フィル・ハーモニー

こどもと楽しむMusicナビ

スーパープレイヤーの動物たちが繰り広げるステージに親子で夢中!/ズーラシアンブラス

9648views

上野学園大学 楽器展示室」- Web音遊人

楽器博物館探訪

伝統を引き継ぐだけでなく、今も進化し続ける古楽器の世界

10561views

われら音遊人:クラノワ・カルーク・ オーケストラ

われら音遊人

われら音遊人:同一楽器でハーモニーを奏でる クラリネット合奏団

6240views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

もしもあのとき、バイオリンを習っていたら

4570views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

25006views

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ギタリスト木村大とピアニスト榊原大がトランペットに挑戦!

5398views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

見るだけでなく、楽器の音を聴くこともできる!

10503views

奏者と楽器と空間、三者がみごとに交わり、メシアンの音楽を包み込む/スティーヴン・オズボーン

音楽ライターの眼

奏者と楽器と空間、三者がみごとに交わり、メシアンの音楽を包み込む/スティーヴン・オズボーン

3951views

出演アーティストの発掘からライブ制作までを一手に担う/ジャズクラブのブッキング・制作の仕事 (前編)

オトノ仕事人

出演アーティストの発掘からライブ制作までを一手に担う/ジャズクラブのブッキング・制作の仕事 (前編)

13143views

練馬だいこんず

われら音遊人

われら音遊人:好きな音楽を通じて人のためになることをしたい

4581views

楽器探訪 Anothertake

目指したのは大編成のなかで際立つ音と響き「チャイム YCHシリーズ」

6391views

荘銀タクト鶴岡

ホール自慢を聞きましょう

ステージと客席の一体感と、自然で明快な音が味わえるホール/荘銀タクト鶴岡(鶴岡市文化会館)

6981views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

だから続けられる!サクソフォンレッスン10年目

3448views

ピアノやエレクトーンを本番で演奏する時の靴選び

楽器のあれこれQ&A

ピアノやエレクトーンを本番で演奏する時の靴選び

41956views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

7965views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

7334views