Web音遊人(みゅーじん)

連載11[多様性とジャズ]1980年代におけるモダンジャズの“復権”が意味しているものとは?

既存の“体制”に対して投げかけた疑義が顕在化し、実行を伴った1960年代。それに対して、運動に対する制圧から生じた離脱や、無自覚な行動への“内省”によって、一気に沈静化へと向かったのが1970年代だった。

公民権運動と連動して活性化したジャズ(=モダンジャズ)もまた、こうした世の流れとともに往時の熱気を失ってしまったことは否めない。

1981年に第40代アメリカ合衆国大統領に就任したロナルド・レーガンによる2期8年は、景気とともに文化も沈静化してしまったアメリカの70年代を、一気に巻き返そうとする“保守反動の時代”だったとも言われているが、それはまたジャズにおける“保守反動”にもつながっていた。

しかし、70年代の“内省”を経た1980年代のジャズにおける“反動”では、60年代に見られたような、音楽そのものが政治運動となるような活動への共感は薄れたと言わざるをえない。

もちろんそれは、失敗事例をそのまま踏襲しても(時代が変わったからといって)うまくいくはずがないという賢明な判断が働いていたからだろうし、大衆音楽であるジャズが同時代性を捨てようとしない限り(つまり伝統音楽化しない限り)、同じことを繰り返さないのは当然と言えば当然なのだ。

そのうえで興味深いのが、ジャズが60年代にターゲットを絞って“復権”をはかろうとしたことだった。それはまるで、レーガン政権がキング牧師の誕生日を国の祝日にして(1983年制定)人種差別問題の解消に積極的であることをアピールしようとしたことと重なって見えるからだったりもする。

この“復権”に関しては、1980年に18歳で60年代モダンジャズの“象徴”のひとつであるアート・ブレイキー&ジャズ・メッセンジャーズに参加、その後の“ニューオーリンズ・ジャズ原理主義”的な発言などで注目を浴びたウイントン・マルサリスの登場や、これまた60年代モダンジャズの“象徴”のひとつでありながら1979年から新規音源の制作活動を停止していたブルーノート・レーベルの復活を告げるイヴェント“ワン・ナイト・ウィズ・ブルーノート”の開催(1985年)およびアルバム制作の再開など、参照できる事象を挙げることができる。

しかし、こうした“復権”に絡んだムーヴメントを各論で取り上げることは、それが本稿のテーマである“多様性”とは相反する性格を有していると考えられるため、これ以上の言及はしない。

ただ、申し添えておきたいのは、60年代にはひとつにまとまろうとしたムーヴメントであったのに対し、80年代以降の“復権ムーヴメント”は多様化するジャズのヴァリエーションのひとつに収まった、と考えることが妥当ではないか、ということ──。

モダンジャズを再評価し、同時代的な音楽性をもたせるまでに展開できたことこそ、80年代以降のジャズが多様性を具現していた証拠になりえる、ということだ。

次回は、チャールス・ミンガスにスポットスポットを当てて、60年代から70年代にかけての政治的な活動とジャズにおける関係性の具体例を、多様性に照らし合わせて解説していきたい。

「多様性とジャズ」全編 >

富澤えいち〔とみざわ・えいち〕
ジャズ評論家。1960年東京生まれ。学生時代に専門誌「ジャズライフ」などでライター活動を開始、ミュージシャンのインタビューやライヴ取材に明け暮れる生活を続ける。2004年に著書『ジャズを読む事典』(NHK出版生活人新書)を上梓。カルチャーセンターのジャズ講座やCSラジオのパーソナリティーを担当するほか、テレビやラジオへの出演など活字以外にも活動の場を広げる。専門誌以外にもファッション誌や一般情報誌のジャズ企画で構成や執筆を担当するなど、トレンドとしてのジャズの紹介や分析にも数多く関わる。『井上陽水FILE FROM 1969』(TOKYO FM出版)収録の2003年のインタビュー記事のように取材対象の間口も広い。2012年からYahoo!ニュース個人のオーサーとして記事を提供中。
富澤えいちのジャズブログ富澤えいちのジャズ・ブログ道場Facebook

facebook

twitter

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:山田和樹さん「エルヴィス・プレスリーのクリスマスソングから『8割の美学』というものを学びました」

2704views

トッレ・デル・ラーゴにある等身大のプッチーニ像

音楽ライターの眼

フィギュア・スケートの選手たちに愛されるプッチーニの『トゥーランドット』 vol.2

6178views

楽器探訪 Anothertake

おしゃれで弾きやすい!新感覚のアコースティックギター「STORIA」

44730views

暖房

楽器のあれこれQ&A

ピアノを最適な状態に保つには?暖房を入れた室内での注意点や対策

54504views

大人の楽器練習記:クラシック・サクソフォン界の若き偉才、上野耕平がチェロの体験レッスンに挑戦

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:クラシック・サクソフォン界の若き偉才、上野耕平がチェロの体験レッスンに挑戦

11100views

ホールのクラシック公演を企画して地域の文化に貢献する/音楽学芸員の仕事

オトノ仕事人

アーティストとお客様とをマッチングさせ、コンサートという形で幸福な時間を演出する/音楽学芸員の仕事

11310views

秋田ミルハス

ホール自慢を聞きましょう

“秋田”の魅力が満載/あきた芸術劇場ミルハス

4254views

こどもと楽しむMusicナビ

親子で参加!“アートで話そう”をテーマにしたオーケストラコンサート&ワークショップ/第16回 子どもたちと芸術家の出あう街

5177views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

世界の民族楽器を触って鳴らせる「小泉文夫記念資料室」

21708views

if~

われら音遊人

われら音遊人:まだまだ現在進行形!多くの人に曲を届けたい

882views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

すべては、あの日の「無料体験レッスン」から始まった

5152views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

24685views

おとなの 楽器練習記 須藤千晴さん

おとなの楽器練習記

【動画公開中】国内外で演奏活動を展開するピアニスト須藤千晴が初めてのギターに挑戦!

7473views

上野学園大学 楽器展示室

楽器博物館探訪

日本に一台しかない初期のピアノ、タンゲンテンフリューゲルを所有する「上野学園 楽器展示室」

18822views

Deviation Street: High Times In Ladbroke Grove 1967 - 1975

音楽ライターの眼

ノッティングヒルの恋人もビックリ。オムニバス『Deviation Street』で歩む英国アンダーグラウンド音楽の“逸脱した道のり”

1029views

音楽市場を広げたい、そのために今すべきこと/ジャズクラブのブッキング・制作の仕事(後編)

オトノ仕事人

音楽市場を広げたい、そのために今すべきこと/ジャズクラブのブッキング・制作の仕事(後編)

7000views

われら音遊人 リコーダー・アンサンブル

われら音遊人

われら音遊人:お茶を楽しむ主婦仲間が 音楽を愛するリコーダー仲間に

7583views

マーチングドラムの必須条件とは?

楽器探訪 Anothertake

マーチングドラムの必須条件とは?

10785views

メニコン シアターAoi

ホール自慢を聞きましょう

五感で“みる”ことの素晴らしさを多くの方と共感したい/メニコン シアターAoi

2219views

パイドパイパー・ダイアリー Vol.8 - Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

初心者も経験者も関係ない、みんなで音を出しているだけで楽しいんです!

5038views

楽器のあれこれQ&A

いつも清潔にしておきたい!ピアニカのお手入れ、お掃除方法

274529views

Kitaraあ・ら・かると

こどもと楽しむMusicナビ

子どもも大人も楽しめるコンサート&イベントが盛りだくさん。ピクニック気分で出かけよう!/Kitaraあ・ら・かると

5800views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

24685views