Web音遊人(みゅーじん)

ユッコ・ミラー

今月の音遊人:ユッコ・ミラーさん「音楽は人の心を映すもの。だからごまかすことはできません」

ピンクのロングヘアと実力派のサクソフォンプレイで、圧倒的な存在感を放つユッコ・ミラーさん。2023年11月には6作目となる『Ambivalent』をリリースし、サクソフォンはもとより、作詞作曲やボーカルでもその才能を発揮しています。そんな彼女にとって音楽とは?

Q1.これまでの人生の中で一番多く聴いた曲は何ですか?

昔の映画音楽かもしれません。母は、私がお腹にいるときも、そして生まれた後も『ゴッドファーザー 愛のテーマ』や『シェルブールの雨傘』などが入った映画音楽のCDをずっと聴かせていたそうです。といっても英才教育を目指したわけではなく、後に私が高校生でサクソフォンを始めると、あまりの熱意に親は応援せざるを得なくなったというのが実情なのですが。サクソフォンと出会っていろいろな音楽を聴くようになったとき、子どものころに流れていた映画音楽をもう一度聴いてみようと思い立ちました。そして、やっぱりいい!と感じましたね。なかでも一番好きなのが『白い恋人たち』です。小さいころからずっと聴いていましたし、哀愁漂う曲に惹かれるんです。『白い恋人たち』のような雰囲気の曲ばかりを集めたプレイリストをつくり、今も日常的に聴いています。こういう雰囲気の曲って何だか落ち着くんですよね。

ユッコ・ミラー

Q2.ユッコ・ミラーさんにとって「音」や「音楽」とは?

音楽は人の心を映すもので、音には常に自分の心が反映されていると思っています。自分が経験してきたものや考えがすべて音楽に出てしまうので、ごまかすことはできません。だから、正直に生きるしかないです。私は感受性が豊かで些細なことにも傷つきやすい、生きづらい人間。カッコよく弾こうとか、難しくてすごいプレイをしようなどということはまったく考えていなくて、自分の気持ちや心を音にして届けたいという思いが強いです。そして、それぞれの曲に感情を込め、聴いてくれる人が感動したり、優しい気持ちになったり、燃え上がるような情熱を感じたりしてくれればと思って音楽をやっています。

Q3.「音で遊ぶ人」と聞いてどんな人を想像しますか?

音楽が体の一部になっていて、遊ぶように音を自由に操れる人ですね。私自身は音楽を楽しんではいますが、「遊ぶ」余裕はなくて、全身全霊、命がけで向き合っています。自分の体がすべて音楽のような、もっといえば自分の体が音楽の一部のような感じです。自分がそうだからか、私が惹かれたり尊敬したりするアーティストは、全身全霊で、自分の人生を音楽に反映させているようにみえますね。

ユッコ・ミラー

Q4.楽器や音楽をやっていてよかったことは何ですか?

よかったことだらけです。3歳でピアノを始めたのですが、どうも苦手で教室から脱走したこともあったほどです。けれど、小学校でリコーダーを吹いたとき思いのほか演奏が上手く、先生が感動して号泣したというエピソードがあります。そのころ自覚は無かったけれど、いま思い返せば管楽器が得意だったのかもしれません。
そして、高校に入って友人に誘われた吹奏楽部でサクソフォンを一音吹いたとき「これだ!」と、最強の武器と出会った気がして人生が変わりました。サクソフォンがなければ、どうなっていたのか。たぶん、生きていけないですね。
あれだけ苦手だったピアノも、今はやっていてよかったと思っています。作曲にはサクソフォンのほか、メロディーと和音が鳴らせるピアノはかかせないので。

ユッコ・ミラー〔ゆっこ・みらー〕
三重県伊勢市出身。高校で吹奏楽部に所属しアルトサクソフォンを始める。2016年9月キングレコードよりメジャーデビュー。19歳よりプロ活動を開始する。キャンディー・ダルファーやグレン・ミラー・オーケストラをはじめ、国内外で活躍するトップミュージシャンと多数共演。海外でのジャズフェスティバルにも出演するなど世界的に高い評価を得ている。2018年からはYouTuberとしての活動も展開し登録者数は21万人。
オフィシャルサイト

オフィシャルFacebook YouTube公式チャンネル オフィシャルTwitter オフィシャルInstagram

photo/ 阿部雄介

本ウェブサイト上に掲載されている文章・画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

facebook

twitter

特集

五条院凌

今月の音遊人

今月の音遊人:五条院凌さん「言葉で表現するのが苦手な私でも、ピアノなら自分の感情を、音を通して表現できる」

4593views

音楽ライターの眼

ジャズにビートルズをもたらしたのは斯界を代表する歌姫たちだった

4351views

エレクトーンに新風を吹き込んだ「ステージア」

楽器探訪 Anothertake

エレクトーンに新風を吹き込んだ「ステージア」

22995views

トロンボーン

楽器のあれこれQ&A

初心者なら知っておきたい、トロンボーンの種類や選び方のポイント

12895views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:和洋折衷のユニット竜馬四重奏がアルトヴェノーヴァのレッスンを初体験!

4535views

弦楽器の調整や修理をする職人インタビュー(前編)

オトノ仕事人

弦楽器の“健康診断”から“治療”、健康アドバイスまで/弦楽器の調整や修理をする職人(前編)

14255views

サントリーホール(Web音遊人)

ホール自慢を聞きましょう

クラシック音楽の殿堂として憧れのホールであり続ける/サントリーホール 大ホール

21899views

こどもと楽しむMusicナビ

サービス精神いっぱいの手作りフェスティバル/日本フィル 春休みオーケストラ探検「みる・きく・さわる オーケストラ!」

8927views

上野学園大学 楽器展示室」- Web音遊人

楽器博物館探訪

伝統を引き継ぐだけでなく、今も進化し続ける古楽器の世界

12533views

if~

われら音遊人

われら音遊人:まだまだ現在進行形!多くの人に曲を届けたい

907views

山口正介さん Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

サクソフォン教室の新しいクラスメイト、勝手に募集中!

4383views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

29031views

ホルンの精鋭、福川伸陽が アコースティックギターの 体験レッスンに挑戦! Web音遊人

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ホルンの精鋭、福川伸陽がアコースティックギターの体験レッスンに挑戦!

10512views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

専門家の解説と楽器の音色が楽しめるガイドツアー

8194views

音楽ライターの眼

追悼:ギターの“緑神”ピーター・グリーンの人生を振り返る

7477views

コレペティトゥーアのお仕事

オトノ仕事人

歌手・演奏者と共に観客を魅了する音楽を作り上げたい/コレペティトゥーアの仕事(後編)

7251views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:人を楽しませたい!それが4人の共通の思い

6294views

楽器探訪 Anothertake

新開発の音響システムが表現力のカナメ。管楽器の可能性を広げる「デジタルサックス」

3141views

紀尾井ホール

ホール自慢を聞きましょう

専属の室内オーケストラをもつ日本屈指の音楽ホール/紀尾井ホール

13705views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

すべては、あの日の「無料体験レッスン」から始まった

5173views

楽器のあれこれQ&A

いまさら聞けない!?エレクトーン初心者が知っておきたいこと

25850views

こどもと楽しむMusicナビ

オルガンの仕組みを遊びながら学ぶ「それいけ!オルガン探検隊」/サントリーホールでオルガンZANMAI!

8358views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9621views