Web音遊人(みゅーじん)

J・シュトラウス2世の《美しく青きドナウ》は、オーストリアの第2国歌のような存在

J・シュトラウス2世の《美しく青きドナウ》は、オーストリアの第2国歌のような存在

ウィーンの音楽といえばオペレッタ(喜歌劇)とワルツ。ワルツといえば「ワルツの父」といわれる父ヨハン・シュトラウス1世、「ワルツ王」と呼ばれる息子ヨハン・シュトラウス2世をはじめとするシュトラウス一家が有名だ。
シュトラウス2世はウィーン市立公園に立っている、エドムント・ヘルマー制作によるヴァイオリンを弾いている像でおなじみ。「ワルツ王」の名が示すように、500曲を超えるワルツやポルカなどを残している。
これらはウィーンを代表する作品であり、毎年恒例のウィーン・フィルのニューイヤー・コンサートでも、シュトラウス一家の作品がメイン・プログラムとして選ばれることが多い。
特に有名なのは、ウィーン・フィルのニューイヤー・コンサートでアンコールの定番となっている「美しく青きドナウ」。これはシュトラウス2世の代表作といわれ、プロシアとの戦いに敗れた祖国を元気づけようと、彼が1867年にウィーン男声合唱協会の依頼を受けて書いたものである。それゆえ、最初は男声合唱によってうたわれ、のちに管弦楽版が作られた。
現在では、オーストリアの第2国歌といわれるほど国民に親しまれ、ウィーンっ子はこれを聴かないと新年が始まらないという。
ともすると市内を流れている川をドナウ川とまちがえがちだが、これはドナウ運河。川は市の外側を流れている幅広い流れなのでおまちがえなきよう。ただし、指揮者のブルーノ・ワルターが「ドナウ川が青いのはシュトラウスのワルツのなかだけだ」といったように、いまでは澄んだ青々とした流れは期待できない。
ヨハン・シュトラウス2世は、1825年10月25日ウィーンに生まれた。幼いころから楽才を示したが、父親は彼が音楽家になることに反対、銀行員になることを勧める。それゆえ、シュトラウス2世は父に隠れてヴァイオリンと作曲を習っていた。

J・シュトラウス2世の《美しく青きドナウ》は、オーストリアの第2国歌のような存在

シュトラウスの家にある一家の写真をはめ込んだプレート。一番上がシュトラウス2世、両側が弟のエドゥアルトとヨーゼフ、下が父親のシュトラウス1世

1842年に父母が離婚、シュトラウス2世に反対する人はいなくなり、彼は2年後に自分のオーケストラを結成。1849年には父親が他界したため、そのオーケストラを合併し、指揮者、作曲家としての階段を一気に駆け上がり、父を超える人気をもつ音楽家となっていく。1851年には海外公演も行い、1862年には歌手のイエッティ・トレフツと結婚、充実した日々を送る。
シュトラウス2世が次々と世に送り出したワルツやポルカは、踊ることができるように書かれているとはいえ、初演はいずれもコンサート形式で行われている。やがて弟のヨーゼフとエドゥアルトにオーケストラの運営を任せた彼は作曲に専念、「美しく青きドナウ」「ウィーンの森の物語」「南国のばら」「皇帝円舞曲」「ピッツィカート・ポルカ」などの名曲を次々に生み出していく。
45歳ころからはオペレッタの作曲もスタートし、「こうもり」「ジプシー男爵」「ヴェネツィアの一夜」などの代表作を書いている。
ウィーンの地下鉄のNESTROY-PLATZ駅の近くに、シュトラウス2世が1863年から1870年まで暮らした家が残されている(2.Praterstrasse54)。ここは記念館として見学可能で、外観は堂々たる石造りの建物。内部はシュトラウス2世の使用していた家具や楽器、写真、肖像画、彫刻、楽譜、手紙、資料などが多数展示されていて、興味深い。この家では「美しく青きドナウ」が作曲されている。

J・シュトラウス2世の《美しく青きドナウ》は、オーストリアの第2国歌のような存在

シュトラウス2世が愛用していた仕事机

もっとも印象深いのは仕事机。シュトラウス2世は立って作曲することを好んだそうで、机は立ち姿で書けるような高さである。そして楽器ケースには、愛用のヴァイオリンが保管されている。
作曲家の家というと、近年はメカニズムの発達により非常に現代的に変えられ、当時をしのぶことが困難な場合が多いが、このシュトラウス2世の家は作曲家が生きた時代をほうふつとさせる空気がただよい、どこからか「美しく青きドナウ」の調べが聴こえてきそうな雰囲気を醸し出している。

伊熊 よし子〔いくま・よしこ〕
音楽ジャーナリスト、音楽評論家。東京音楽大学卒業。レコード会社、ピアノ専門誌「ショパン」編集長を経て、フリーに。クラシック音楽をより幅広い人々に聴いてほしいとの考えから、音楽専門誌だけでなく、新聞、一般誌、情報誌、WEBなどにも記事を執筆。著書に「クラシック貴人変人」(エー・ジー出版)、「ヴェンゲーロフの奇跡 百年にひとりのヴァイオリニスト」(共同通信社)、「ショパンに愛されたピアニスト ダン・タイ・ソン物語」(ヤマハミュージックメディア)、「魂のチェリスト ミッシャ・マイスキー《わが真実》」(小学館)、「イラストオペラブック トゥーランドット」(ショパン)、「北欧の音の詩人 グリーグを愛す」(ショパン)など。2010年のショパン生誕200年を記念し、2月に「図説 ショパン」(河出書房新社)を出版。近著「伊熊よし子のおいしい音楽案内 パリに魅せられ、グラナダに酔う」(PHP新書 電子書籍有り)、「リトル・ピアニスト 牛田智大」(扶桑社)、「クラシックはおいしい アーティスト・レシピ」(芸術新聞社)、「たどりつく力 フジコ・ヘミング」(幻冬舎)。共著多数。 
伊熊よし子の ークラシックはおいしいー

 

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:松居慶子さん「音楽は生きとし生けるものにとって栄養のようなもの」

3038views

音楽ライターの眼

ブルースの名門レーベル“アリゲイター・レコーズ”が創立50周年

581views

懐かしのピアニカを振り返る

楽器探訪 Anothertake

懐かしのピアニカを振り返る

11516views

金管楽器のパーツごとのお手入れ方法 - Web音遊人

楽器のあれこれQ&A

金管楽器のパーツごとのお手入れ方法

11407views

バイオリニスト石田泰尚が アルトサクソフォンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】バイオリニスト石田泰尚がアルトサクソフォンに挑戦!

8706views

誰でも自由に叩けて、皆と一緒に楽しめるのがドラムサークルの良さ/ドラムサークルファシリテーターの仕事(後編)

オトノ仕事人

リズムに乗せ人々を笑顔に導く/ドラムサークルファシリテーターの仕事(後編)

4532views

グランツたけた

ホール自慢を聞きましょう

美しい歌声の響くホールで、瀧廉太郎愛にあふれる街が新しい時代を創造/グランツたけた(竹田市総合文化ホール)

3931views

こどもと楽しむMusicナビ

クラシックコンサートにバレエ、人形劇、演劇……好きな演目で劇場デビューする夏休み!/『日生劇場ファミリーフェスティヴァル』

4106views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

16~19世紀を代表する名器の音色が生演奏で聴ける!

8372views

練馬だいこんず

われら音遊人

われら音遊人:好きな音楽を通じて人のためになることをしたい

4078views

山口正介 - Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

この感覚を体験すると「音楽がやみつきになる」

5684views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

6542views

桑原あい

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目の若きジャズピアニスト桑原あいがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

12071views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

歴史的価値の高い鍵盤楽器が並ぶ「民音音楽博物館」

18455views

ジャズとデュオの新たな関係性を考える

音楽ライターの眼

ジャズとデュオの新たな関係性を考えるvol.6

5525views

オトノ仕事人

大好きな音楽を自由な発想で探求し、確かな技術を磨き続ける/ピアニストYouTuberの仕事

33040views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:仕事もバンドも、常に真剣勝負!

7440views

マーチングドラム

楽器探訪 Anothertake

これからのマーチングドラム ~楽器の進化の可能性~

7383views

サントリーホール(Web音遊人)

ホール自慢を聞きましょう

クラシック音楽の殿堂として憧れのホールであり続ける/サントリーホール 大ホール

16544views

パイドパイパー・ダイアリー

こうしてわたしは「演奏が楽しくてしょうがない」 という心境になりました

6035views

楽器上達の心強い味方「サイレント™シリーズ」&「サイレントブラス™」

楽器のあれこれQ&A

楽器上達の心強い味方「サイレント™シリーズ」&「サイレントブラス™」

31104views

こどもと楽しむMusicナビ

サービス精神いっぱいの手作りフェスティバル/日本フィル 春休みオーケストラ探検「みる・きく・さわる オーケストラ!」

5912views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

23053views