Web音遊人(みゅーじん)

ドイツのバリトンの名手、クリスティアン・ゲルハーヘル、馨しきモーツァルトのオペラ・アリアを歌う

ドイツのバリトンの名手、クリスティアン・ゲルハーヘル、馨しきモーツァルトのオペラ・アリアを歌う

ドイツのバリトン、クリスティアン・ゲルハーヘルは、ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウを継ぐドイツ伝統のリート(歌曲)歌唱の担い手といわれる。豊かな声量、歌詞の深い読み込み、ドイツ人ならではの適切な発音、各々の作品に対する洞察力の深さと表現力の幅広さ。それらすべてがリートの約2時間のステージで開花し、ピアニストとともに親密的な音楽の世界を繰り広げる。

ゲルハーヘルはこれまでの来日公演でシューベルト、マーラー、シューマンのリートをたっぷりと聴かせている。私は昔からリートをこよなく愛し、ピアノ伴奏に乗って声による味わい深い小宇宙が広がっていくこのシンプルな声楽ジャンルに、たまらない魅力を感じている。

リートは詩と音楽の融合が濃密で、歌手がまるで聴衆ひとりひとりに語りかけてくれるような雰囲気を醸し出す。それほど、偉大な歌手が作り出すリートの世界は、親密的で深遠だ。そして多くの人は、男性歌手の場合テノールに惹かれるというが、私はバリトン好きである。名バリトンが歌うリートは何物にも代えがたい。

「私が一番懸念しているのは、歌うときに個人的な感情移入をしてしまうということです。歌手というのは、自分の個性、自分の解釈を出し過ぎてはいけないのだと思います。音楽の真意のさまたげになると判断するからです。ついそちらに傾きがちになる危険性があります。特にオペラや演技を伴う場合は、感情が入りすぎてしまうきらいがあります。この問題は、自分自身がその役割に共感するべきなのか、そうするべきではないのか、という難しい問題をはらんでいます。もちろん考えはさまざまだと思いますよ。フランスの学者も、『演奏家というのは、自分の感情移入は避けたほうがいい』といっています。私にとって演奏の難しさというのは、その作品のもっている真実の感情をいかにコントロールするかということです。自分の個性や自分の感情を優先させない、前面に出さずに、作品の真の感情というものを聴衆に伝えなくてはなりません。これは考えれば考えるほど、難題です」

こう語るゲルハーヘルはリートを歌うコンサート歌手のみならず、もちろんオペラで大活躍するオペラ歌手でもある。得意としているのはモーツァルト。その待望のモーツァルトのオペラ・アリアを歌ったアルバムが、ついに登場した。

ここでは「ドン・ジョヴァンニ」のドン・ジョヴァンニとレポレッロ、「フィガロの結婚」のフィガロと伯爵、「コジ・ファン・トゥッテ」のグリエルモ、「魔笛」のパパゲーノと、モーツァルトの代表作の主たる役柄を歌い分け、舞台が浮かんでくるようなリアルな歌唱を繰り広げている。

この録音は、ピリオド楽器(オリジナル楽器)を使用するフライブルク・バロックオーケストラ(指揮&コンサートマスター ゴットフリート・フォン・デア・ゴルツ)との共演で、オペラ・アリアの間にはモーツァルトの交響曲第36番「リンツ」全4楽章がはさまれ、作曲当時のコンサートの様子を伝えてくれる。

ゲルハーヘルが各々の役になりきって歌うこのモーツァルトのオペラ・アリア。馨(かぐわ)しく親しみやすい歌声だが、あいまいさのかけらもなく明晰で、モーツァルトの偉大さを存分に伝えている。やはり彼がインタビューで語っているように、完璧に自己の感情をコントロールし、作品に寄り添った演奏である。

■アルバムインフォメーション

『モーツァルト:オペラ・アリア集』
モーツァルト:オペラ・アリア集
クリスティアン・ゲルハーヘル(バリトン)、ゴットフリート・フォン・デア・ゴルツ(指揮&コンサートマスター)、フライブルク・バロックオーケストラ 
発売元:SONY CLASSICAL
発売日:2018年3月21日
料金:2,600円(税別)

伊熊 よし子〔いくま・よしこ〕
音楽ジャーナリスト、音楽評論家。東京音楽大学卒業。レコード会社、ピアノ専門誌「ショパン」編集長を経て、フリーに。クラシック音楽をより幅広い人々に聴いてほしいとの考えから、音楽専門誌だけでなく、新聞、一般誌、情報誌、WEBなどにも記事を執筆。著書に「クラシック貴人変人」(エー・ジー出版)、「ヴェンゲーロフの奇跡 百年にひとりのヴァイオリニスト」(共同通信社)、「ショパンに愛されたピアニスト ダン・タイ・ソン物語」(ヤマハミュージックメディア)、「魂のチェリスト ミッシャ・マイスキー《わが真実》」(小学館)、「イラストオペラブック トゥーランドット」(ショパン)、「北欧の音の詩人 グリーグを愛す」(ショパン)など。2010年のショパン生誕200年を記念し、2月に「図説 ショパン」(河出書房新社)を出版。近著「伊熊よし子のおいしい音楽案内 パリに魅せられ、グラナダに酔う」(PHP新書 電子書籍有り)、「リトル・ピアニスト 牛田智大」(扶桑社)、「クラシックはおいしい アーティスト・レシピ」(芸術新聞社)、「たどりつく力 フジコ・ヘミング」(幻冬舎)。共著多数。
伊熊よし子の ークラシックはおいしいー

 

特集

今月の音遊人 横山剣

今月の音遊人

今月の音遊人:横山剣さん「音楽には、癒やしよりも刺激や興奮を求めているのかも」

4296views

樫本大進、キリル・ゲルシュタイン

音楽ライターの眼

初共演にして、火花散るようにエキサイティングな一夜/樫本大進&キリル・ゲルシュタイン プレミアム・コンサート

1810views

楽器探訪 Anothertake

【モニター募集】37鍵ピアニカに30年ぶりの新モデルが登場!メロウな音色×おしゃれなデザインの「大人のピアニカ」

18564views

知って得する!木製楽器の お手入れ方法

楽器のあれこれQ&A

木製楽器に起こりやすいトラブルは?保管やお手入れで気を付けること

12816views

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ギタリスト木村大とピアニスト榊原大がトランペットに挑戦!

3099views

弦楽器の調整や修理をする職人インタビュー(前編)

オトノ仕事人

弦楽器の“健康診断”から“治療”、健康アドバイスまで/弦楽器の調整や修理をする職人(前編)

10711views

武満徹の思い「未来への窓」をコンセプトに個性的な公演を/東京オペラシティ コンサートホール:タケミツメモリアル

ホール自慢を聞きましょう

武満徹の思い「未来への窓」をコンセプトに個性的な公演を/東京オペラシティ コンサートホール:タケミツ メモリアル

5686views

こどもと楽しむMusicナビ

オルガンの仕組みを遊びながら学ぶ「それいけ!オルガン探検隊」/サントリーホールでオルガンZANMAI!

3474views

上野学園大学 楽器展示室

楽器博物館探訪

日本に一台しかない初期のピアノ、タンゲンテンフリューゲルを所有する「上野学園 楽器展示室」

11609views

われら音遊人

われら音遊人:ただ今、バンド活動リハビリ中!

4291views

パイドパイパー・ダイアリー Vol.8 - Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

初心者も経験者も関係ない、みんなで音を出しているだけで楽しいんです!

2650views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

17099views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目のピアノデュオ鍵盤男子の二人がチェロに挑戦!

3588views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

16~19世紀を代表する名器の音色が生演奏で聴ける!

7012views

ジャズとロックの関係性

音楽ライターの眼

ジャズ・ギターとビートルズの出逢い~『ア・デイ・イン・ザ・ライフ』が生まれるまで

1137views

オペラ劇場の音楽スタッフの仕事 - Web音遊人

オトノ仕事人

稽古から本番まで指揮者や歌手をフォローし、オペラの音楽を作り上げる/オペラ劇場の音楽スタッフの仕事(前編)

19694views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:仕事もバンドも、常に真剣勝負!

5762views

練習用のバイオリンとして進化する機能と、守り続けるデザイン

楽器探訪 Anothertake

進化する機能と、守り続けるデザイン

2102views

人が集まり発信する交流の場として、地域活性化の原動力に/いわき芸術文化交流館アリオス

ホール自慢を聞きましょう

おでかけ?たんけん?ホール独自のプランで人々の厚い信頼を獲得/いわき芸術文化交流館アリオス

3350views

山口正介さん Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

いまやサクソフォンは趣味となったが、最初は映画音楽だった

2891views

楽器のあれこれQ&A

モチベーションがアップ!ピアノを楽しく効率的に練習するコツ

15856views

こどもと楽しむMusicナビ

オルガンの仕組みを遊びながら学ぶ「それいけ!オルガン探検隊」/サントリーホールでオルガンZANMAI!

3474views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

14411views