Web音遊人(みゅーじん)

過激でオシャレ!デスコアのすべてがわかる『デスコアガイドブック』刊行

過激でオシャレ!デスコアのすべてがわかる『デスコアガイドブック』刊行

2017年9月、パブリブから脇田涼平・著『デスコアガイドブック』が刊行された。

「世界過激音楽」シリーズの第5弾となる本書。これまで『デスメタルアフリカ』『デスメタルインドネシア』『ブルータルデスメタルガイドブック』『ウォー・ベスチャルブラックメタルガイドブック』が刊行されてきたが、今回もどこまでもヘヴィに、ディープに、マニアックに掘り下げている。570バンドを紹介、803枚のディスクレビューという、まさに圧巻の1冊だ。

脇田氏はデスコアという音楽スタイルについて「『デスメタルとメタルコアがクロスオーバーする中で誕生し定着したエクストリーム・メタルのサブジャンルのひとつ』というのが一般的な認識」と解説している。本書はそんな“一般的な認識”を踏まえながら、幅広くデスコアをひもといていく。

なお脇田氏がこのシリーズで書くのは『ブルータルデスメタルガイドブック』に続いてこれが2冊目となる。内容の深さ・濃さに加えて、氏の書くスピードもまた特筆すべきものがある。

本書がシリーズ中で異色なのは、登場するアーティストやアルバムの人気の高さだ。たとえば『デスメタルアフリカ』は筆者(山崎)が知っていたのが2バンド、日本盤CDが出ているアルバムがゼロという状態だったが、今回は違う。スイサイド・サイレンス、ホワイトチャペル、ブリング・ミー・ザ・ホライズン、オール・シャル・ペリッシュ、ザイ・アート・イズ・マーダー、ジョブ・フォー・ア・カウボーイなど、日本盤CDがリリースされていて容易に入手できたり、来日経験があったりするアーティストがいくつも掲載されているのだ。

アーティストのヴィジュアルも多くは黒Tシャツ姿ながら、時にエモいアシメ前髪だったり、ファッション性が高かったりするものも掲載されている。本書のオビには「オシャレで近未来感溢れる世界最先端の超激重過激音楽!!」とあるが、あながち“オシャレ”というのも嘘ではないラインアップなのである。

表紙も『ウォッチメン』のDr.マンハッタンを思わせる青肌ハゲ全裸男で、シリーズ中おそらく最も垢抜けている。

デスコアはメタル界においても“進んだ”トレンドであり、本書は単なるアンダーグラウンド紹介本ではなく、リアルなメタル・カルチャーの未来を占うガイドブックなのだ。

とはいっても、そんな大物たちはあくまで一部であり、まったく名前すら聞いたことのないバンドが次々と登場する。香港のマサカー・オブ・モスマン、インドのBhayanak Maut(読み方不明)など、世界にデスコアが広がっていることがわかるし、日本のアンダーグラウンド・シーンで活動するデスコア・バンドも多く紹介されている。

本書のひとつの読み方としては、まず名前を知っているバンドを聴いてみて、そのバンドが引き合いに出されていたり人脈・シーンが共通したりする他バンドもチェックして、デスコアの豊潤な世界へと足を進めていくのが良いだろう。

それは“世界過激音楽”シリーズ全体についていえることでもあり、まず『デスコアガイドブック』でエクストリーム・メタルの奥の細道に入門して、徐々にブルデスやアフリカンメタルの深淵にズブズブはまっていくことで、素晴らしき音楽生活が開けていくに違いない。

デスコアに興味はあるものの、本書を読んでもあまりにたくさんのバンドが紹介されていて、どれから聴けばいいのかわからない……という初心者リスナーのために、2017年10月5日(水)には東京・dues新宿で『デスコアガイドブック』出版記念トークイベントも行われる。本書著者の脇田氏、ザイ・アート・イズ・マーダーやホワイトチャペルへのインタビューを担当した摩利那/Marina Isami氏(ISAMIMHZ WORKS/Vorpal Music)、ジャパニーズ・メタルコアの重要バンドSailing Before The WindのBitoku氏をゲストに、『世界過激音楽シリーズ』パブリブ編集のハマザキカク氏が司会進行。デスコアの魅力や歴史、知られざるエピソードなど、すべてが明かされるイベントは、本書を知るために重要な“デス”と“コア”が邂逅するひとときだ。

■作品紹介

『デスコアガイドブック』
著者:脇田涼平
発売元:パブリブ
発売日:2017年9月4日
価格:2,300円(税抜)
詳細はこちら

■出版記念イベント

『デスコアガイドブック』出版記念トークイベント
日時:2017年10月5(木)
場所:dues新宿
詳細はこちら

山崎智之〔やまざき・ともゆき〕
1970年、東京生まれの音楽ライター。ベルギー、オランダ、チェコスロバキア(当時)、イギリスで育つ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業後、一般企業勤務を経て、1994年に音楽ライターに。ミュージシャンを中心に850以上のインタビューを行い、雑誌や書籍、CDライナーノーツなどで執筆活動を行う。『ロックで学ぶ世界史』『ダークサイド・オブ・ロック』『激重轟音メタル・ディスク・ガイド』『ロック・ムービー・クロニクル』などを総監修・執筆。実用英検第1級、TOEIC 945点取得
ブログインタビューリスト

 

特集

大江千里 さん- 今月の音遊人 

今月の音遊人

今月の音遊人:大江千里さん「バッハのインベンションには、ポップスやジャズに通じる要素もある気がするんです」

11458views

音楽ライターの眼

若き精鋭ふたりに、耳も目もぐいぐい引き込まれる/三浦文彰&ヨナタン・ローゼマン デュオ・リサイタル

1879views

【楽器探訪 Another Take】人気のカスタムサクソフォンが13年ぶりにモデルチェンジ

楽器探訪 Anothertake

人気のカスタムサクソフォンが13年ぶりにモデルチェンジ

7092views

楽器のあれこれQ&A

初心者必見!トランペットをうまく鳴らすコツと練習方法

42617views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目の若手サクソフォン奏者 住谷美帆がバイオリンに挑戦!

4439views

梶望さん

オトノ仕事人

アーティストの宣伝や販売促進など戦略を企画して指揮する/プロモーターの仕事

6588views

札幌コンサートホールKitara - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

あたたかみのあるデザインと音響を両立した、北海道を代表する音楽の殿堂/札幌コンサートホールKitara 大ホール

12671views

こどもと楽しむMusicナビ

オルガンの仕組みを遊びながら学ぶ「それいけ!オルガン探検隊」/サントリーホールでオルガンZANMAI!

4405views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

16~19世紀を代表する名器の音色が生演奏で聴ける!

7785views

われら音遊人

われら音遊人:アンサンブル仲間が集う仲よしサークル

5168views

山口正介さん

パイドパイパー・ダイアリー

「自転車を漕ぐように」。これが長時間の演奏に耐える秘訣らしい

3426views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

19909views

注目の若手ピアニスト小林愛実がチェロのレッスンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】注目の若手ピアニスト小林愛実がチェロのレッスンに挑戦!

5514views

上野学園大学 楽器展示室」- Web音遊人

楽器博物館探訪

伝統を引き継ぐだけでなく、今も進化し続ける古楽器の世界

8506views

音楽ライターの眼

憧れが魅力に昇華するまで……その軌跡を辿る音楽旅/飯森範親と辿る芸術 Vol.4 ~ピアノの名手ベートーヴェンが描いた弦楽器の世界~

160views

オトノ仕事人 ボイストレーナー

オトノ仕事人

思い描く声が出せたときの感動を分かち合いたい/ボイストレーナーの仕事(後編)

6312views

われら音遊人:バンド経験ゼロの主婦が集合 家庭を守り、ステージではじける!

われら音遊人

われら音遊人:バンド経験ゼロの主婦が集合 家庭を守り、ステージではじける!

5232views

エレクトーンに新風を吹き込んだ「ステージア」

楽器探訪 Anothertake

エレクトーンに新風を吹き込んだ「ステージア」

16086views

サントリーホール(Web音遊人)

ホール自慢を聞きましょう

クラシック音楽の殿堂として憧れのホールであり続ける/サントリーホール 大ホール

15313views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

大人の音楽レッスン、わたし、これでも10年つづけています!

4796views

楽器のあれこれQ&A

初心者必見!トランペットをうまく鳴らすコツと練習方法

42617views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

5944views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

19909views