Web音遊人(みゅーじん)

ボズ・スキャッグス、ソウル&ブルースと都会派AORを兼ね備えた2019年5月の来日公演

ボズ・スキャッグスの来日公演が2019年5月に行われる。

洗練された都会派ポップ・サウンドで知られ、アダルト・コンテンポラリーを代表するアーティストと呼ばれてきたボズは『シルク・ディグリーズ』(1976)『ダウン・トゥー・ゼン・レフト』(1977)『ミドル・マン』(1980)などのヒット・アルバムを発表。「ウィ・アー・オール・アローン」「リド・シャッフル」「ロウダウン」「ジョジョ」「トワイライト・ハイウェイ」などの名曲を生み出してきた。

ボズは1970年代から“大人志向”のアーティストとして認知されてきた。抑えの効いた曲調とソウルフルなヴォイス、『シルク・ディグリーズ』の海沿いのベンチでの後ろ姿や『ミドル・マン』で膝枕をしながら煙草をくゆらすスーツ姿など、ボズといえばダンディな伊達男というイメージがあった。

1980年に発売された彼のベスト・アルバム『ヒッツ!』のジャケット写真はピンク/パープルの上着を袖まくりという、現代の感覚でいう“オシャレ”とはズレがあるものだが、当時はそれがファッショナブルだったのである(2006年の再発時にはより穏やかなジャケットに変更された)。

日本の“シティ・ポップ”に多大な影響を与えるなど、摩天楼の夜景が似合いそうな都会派アーティストと見做されてきたボズだが、実はそれは本人の意図したことではなかった。2018年のインタビューで、ボズは筆者(山崎)にこう語っている。

「音楽を始めて半世紀以上が経つけど、やってきたことはそれほど変わらない。ずっとソウルを歌ってきたんだよ。アプローチは常に同じだった」

ボズ・スキャッグス

ボズの音楽人生のバックグラウンドも、必ずしも“都会派”ではなかった。1944年、オハイオ州の工業都市カントンに生まれた彼は少年時代をテキサス州ダラス郊外で過ごし、レイ・チャールズやジミー・リード、Tボーン・ウォーカーなどから影響を受けて、ミュージシャンを志す。ソウルやブルースを愛する彼は「イギリスでブルースがウケているらしい」と聞きつけ、ロンドンへと向かっている。イギリスのブルースは予想以上にレベルが高く、ボズのバンド、ウィッグスは成功を収めることができず、彼はアメリカに帰国することに。彼は旧友スティーヴ・ミラー率いるスティーヴ・ミラー・バンドの一員として再デビュー。サイケとブルースをクロスオーヴァーさせた音楽性で人気を得ている。

その後ボズはソロ・アーティストに転向して成功を収めるが、ソウルとブルースを忘れたわけではなかった。『カム・オン・ホーム』(1997)ではサニー・ボーイ・ウィリアムスンI世、ジミー・リード、Tボーン・ウォーカーなどのブルース・カヴァーを取り上げている。

そんなボズの近年の活動における主軸となったのが“ソウル&ブルース三部作”である。『メンフィス』(2013)『ア・フール・トゥ・ケア』(2015)そして現時点での最新作である『アウト・オブ・ザ・ブルース』(2018)はボビー“ブルー”ブランドやジミー・リード、マジック・サムらのカヴァー曲とオリジナルを混在させた作品で、ソウル・シンガーとしてのボズの姿を浮き彫りにしている。

“ソウル&ブルース三部作”を完結させたボズが今回のツアーでどんな曲を歌うか、非常に気になるところだが、2018年に行われた北米ツアーでは、『アウト・オブ・ザ・ブルース』からはボビー“ブルー”ブランドの「ザ・フィーリング・イズ・ゴーン」とオリジナル曲の「ロック・アンド・スティック」のみで、なんと『シルク・ディグリーズ』から「何て言えばいいんだろう」「ジョージア」「ハーバー・ライト」「ロウダウン」「リド・シャッフル」と5曲を披露するサービスぶり。“AORの帝王”としてのボズのショーを堪能できるセットリストとなっている。

ちょっと驚くのは、北米では「ウィ・アー・オール・アローン」が演奏されていないこと。アメリカではこの曲はリタ・クーリッジによるヴァージョンが大ヒットしており、ボズのオリジナルは必ずしも知名度が高くないのだという。ただ、これまでの来日公演でも「ウィ・アー・オール・アローン」はオイシイところで披露されており、日本のファンへのスペシャル・プレゼントとして歌われる可能性は十分以上にあるだろう。

ソウル&ブルースの生のエモーションと、『シルク・ディグリーズ』の都会派AORを兼ね備えたボズの2019年5月の来日公演は、1回で2回分楽しむことができる贅沢なライヴとなる。

■ボズ・スキャッグス Out Of The Blues Tour 2019

Out Of The Blues Tour 2019
5月5日(日・祝):仙台サンプラザホール
5月7日(火)/8日(水)/9日(木):東京Bunkamuraオーチャードホール
5月11日(土):大阪 オリックス劇場
5月13日(月):広島 JMSアステールプラザ 大ホール
5月14日(火):名古屋市公会堂
詳細はこちら

山崎智之〔やまざき・ともゆき〕
1970年、東京生まれの音楽ライター。ベルギー、オランダ、チェコスロバキア(当時)、イギリスで育つ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業後、一般企業勤務を経て、1994年に音楽ライターに。ミュージシャンを中心に850以上のインタビューを行い、雑誌や書籍、CDライナーノーツなどで執筆活動を行う。『ロックで学ぶ世界史』『ダークサイド・オブ・ロック』『激重轟音メタル・ディスク・ガイド』『ロック・ムービー・クロニクル』などを総監修・執筆。実用英検第1級、TOEIC 945点取得
ブログインタビューリスト

 

特集

今月の音遊人:清塚信也さん

今月の音遊人

今月の音遊人:清塚信也さん「音楽はあやふやで不安定な世界。だからこそ、インテリジェンスを感じることもあります」

7884views

サマーソニック2017のパンクな楽しみ方 - Web音遊人

音楽ライターの眼

サマーソニック2017のパンクな楽しみ方

4072views

楽器探訪 Anothertake

【モニター募集】37鍵ピアニカに30年ぶりの新モデルが登場!メロウな音色×おしゃれなデザインの「大人のピアニカ」

21523views

楽器のあれこれQ&A

いまさら聞けない!?エレクトーン初心者が知っておきたいこと

10511views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:若き天才ドラマー川口千里がエレキギターに挑戦!

7044views

オトノ仕事人

歌、芝居、踊りを音楽でひとつに束ねる司令塔/ミュージカル指揮者・音楽監督の仕事

481views

ホール自慢を聞きましょう

歴史ある“不死鳥の街”から新時代の芸術文化を発信/フェニーチェ堺

3817views

Kitaraあ・ら・かると

こどもと楽しむMusicナビ

子どもも大人も楽しめるコンサート&イベントが盛りだくさん。ピクニック気分で出かけよう!/Kitaraあ・ら・かると

3579views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

16~19世紀を代表する名器の音色が生演奏で聴ける!

8382views

われら音遊人:Kakky(カッキー)

われら音遊人

われら音遊人:オカリナの豊かな表現力で聴いている人たちを笑顔に!

5399views

山口正介さん Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

サクソフォン教室の新しいクラスメイト、勝手に募集中!

3232views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

6552views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目の若手サクソフォン奏者 住谷美帆がバイオリンに挑戦!

5226views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

専門家の解説と楽器の音色が楽しめるガイドツアー

5491views

音楽ライターの眼

英国ロック&ソウルの“生きる伝説”テリー・リードが2019年6月に来日

4207views

ホールのクラシック公演を企画して地域の文化に貢献する/音楽学芸員の仕事

オトノ仕事人

アーティストとお客様とをマッチングさせ、コンサートという形で幸福な時間を演出する/音楽学芸員の仕事

8190views

われら音遊人 リコーダー・アンサンブル

われら音遊人

われら音遊人:お茶を楽しむ主婦仲間が 音楽を愛するリコーダー仲間に

5211views

楽器探訪 - ステージア「ELC-02」

楽器探訪 Anothertake

持ち運び可能なエレクトーン「ELC-02」、自由な発想でカジュアルに遊ぶ

23660views

東広島芸術文化ホール くらら - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

繊細なピアニシモも隅々まで響く至福の音響空間/東広島芸術文化ホール くらら

9438views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

泣いているのはどっちだ!?サクソフォン、それとも自分?

3767views

楽器のあれこれQ&A

サクソフォン講師がアドバイス!ステップアップのコツ

304views

こどもと楽しむMusicナビ

クラシックコンサートにバレエ、人形劇、演劇……好きな演目で劇場デビューする夏休み!/『日生劇場ファミリーフェスティヴァル』

4120views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

23090views