Web音遊人(みゅーじん)

足場が組まれ、水平管(トランペット管)が外されたパイプオルガン

パイプオルガンのオーバーホールに密着、サントリーホールリニューアルの舞台裏

2016年、開館30周年を迎えたサントリーホールが7か月に及ぶ全館改修工事を終え、2017年9月1日にリニューアルオープンを迎えた。ホールの顔とも言えるパイプオルガンも、この機会に本格的なオーバーホールと整音が行われた。日本最大級のパイプオルガンのオーバーホールは、いったいどのように行われたのだろう。

サントリーホールのパイプオルガンはオーストリア、リーガー社製。同社のオルガン製作者と整音師が来日してオーバーホールが行われたが、彼らとともにこの重責を担ったのがヤマハ。実はヤマハはサントリーホール建設当時からパイプオルガン設置に関わり、開館後の保守・管理も行っている。
パイプオルガンを語る上でまず知っておきたいのは、この楽器を扱うには多岐にわたるコンサルティング的な高度なノウハウが必要だということ。海外の製作者と設置希望者との間に立ち、楽器選定に必要な情報提供から、輸入通関業務、実際の設置作業計画、将来にわたる保守・管理など、トータルな高い専門性が求められる。

これまでヤマハとパイプオルガンとの関わりはあまり知られることがなかったが、大正時代にイギリス製のパイプオルガン組立作業に携わったことに始まる長い歴史がある。昭和初期には国産初のパイプオルガンの建造に成功。そういった先人達の情熱と、楽器メーカーとしての経験とノウハウが、近年のサントリーホールをはじめ、国内の大小約130台のパイプオルガンの設置や保守・管理の技術に受け継がれていると言えよう。

さて、オーバーホールを行う上で最も重要なポイントは、音色や響きなど楽器本来のオリジナルな部分は変更せず、それを保持するための作業を行うこと。それを基本として、どんな作業をどのように行うのか、まずは綿密な準備が練られた。こうした準備段階からも、ふだんの楽器の状態を知るヤマハのコンサルティング力が発揮された。

いよいよ作業が始まる。オルガンの周囲には建築現場のような足場が組まれ(写真下左)、総数5,898本のパイプの大部分が慎重に取り外された(写真下右)。そして、パイプの外側はもちろん、内側の埃も丁寧に取り除かれた。また、何種類もあるふいごの張り替え、演奏メカニックの分解・調整、摩耗した部品の交換・修理などが行われた。
ふだんのメンテナンスでは触れられない部分も取り出し、細部まで入念にチェックしていく。見逃しは許されない状況のなか、時には行程を戻って作業することもあったという。膨大な量のパーツを前に、オルガン製作者たちの豊富な経験と鋭い感性、妥協を許さない忍耐力が求められる作業が続いた。調整作業が完了すると全てのパイプがオルガンに戻され、引き続いて慎重に整音・調律された。

足場が組まれ、パイプが外される

今回はまた、オーバーホールと同時に、ヤマハが提供する独自のシステム、ヤマハコンビネーションシステムの更新も行われた。コンビネーションシステムとは、オルガニストがあらかじめ音色の組み合わせをオルガンに記憶させ、演奏中にボタン一つで瞬時に呼び出すことができる、現代のコンサートオルガンには欠かせない装置である。サントリーホールのオルガンは74種類もの音色をもち、オルガニストはリハーサルの時に音色の組み合わせを事前に入力しておくレジストレーション作業というものを行う。今回の改修ではその記憶数を飛躍的に増大させ、さらにオルガニスト30人分の演奏データを専用の認証キーを用いて個別管理できるようにした。また、オルガンの演奏補助機能を一新して操作ボタンを再配置し、演奏上の利便性をさらに向上させた。

新たな機能の追加とボタン配置の見直しにより、演奏性を向上させた

この様に、パイプオルガンという古典楽器と最新のデジタル技術とが融合することで、オルガニストが演奏に集中できる環境が整えられていることを知ると、パイプオルガンの響きもまた違う味わいに聴こえそうだ。

こうしてパイプオルガンのオーバーホールは無事に終了した。オルガンはより鮮明で調和のとれた響きとなったという。毎月1回木曜日のランチタイムに開催されている「オルガン プロムナード コンサート」(無料)では、大ホールが開放され誰もが気軽にオルガン演奏を楽しむことができる。今秋はぜひリニューアルオープンしたサントリーホールで、音色にも一層の磨きを増したパイプオルガンの音色をじっくりと堪能してみたい。

サントリーホールのパイプオルガンオーバーホールを支えた技術とは?

■サントリーホール 大ホール

所在地:東京都港区赤坂1-13-1
TEL:03-3505-1001(代表)
オフィシャルサイトはこちら

●サントリーホール オルガン プロムナード コンサート(お昼休みの無料コンサート)
詳細はこちら

●サントリーホールのオルガン・カフェ#4
日時:2017年10月15日(日)13:30開演(12:50開場)
会場:サントリーホール 大ホール
出演:勝山雅世(オルガン)、前田啓太、綱川淳美(打楽器)、川平慈英(ナビゲーター)
曲目:ヴィエルヌ『ウェストミンスターの鐘〜幻想曲集 第3巻 作品54から(チャイムパート編曲:近藤岳)、J.S.バッハ『バビロンの流れのほとりにてBWV653〜ライプツィヒ・コラール集から』 ほか
詳細はこちら

 

特集

大江千里 さん- 今月の音遊人 

今月の音遊人

今月の音遊人:大江千里さん「バッハのインベンションには、ポップスやジャズに通じる要素もある気がするんです」

8750views

ジャズとデュオの新たな関係性を考える

音楽ライターの眼

ジャズとデュオの新たな関係性を考えるvol.9

1107views

CLP-600シリーズ

楽器探訪 Anothertake

強弱も連打も思いのままに、グランドピアノに迫る弾き心地の電子ピアノ クラビノーバ「CLP-600シリーズ」

26058views

これからアコースティックギターを始める際のギターの選び方や準備について

楽器のあれこれQ&A

これからアコースティックギターを始める際のギターの選び方や準備について

11506views

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ギタリスト木村大とピアニスト榊原大がトランペットに挑戦!

1987views

テレビや映画の映像を音楽の力で何倍にも輝かせ、人の心を揺さぶる/劇伴作家の仕事

オトノ仕事人

【サインCDプレゼント】テレビや映画の映像を音楽の力で何倍にも輝かせ、人の心を揺さぶる/劇伴作家の仕事

4520views

アクトシティ浜松 中ホール

ホール自慢を聞きましょう

生活の中に音楽がある町、浜松市民の音楽拠点となる音楽ホール/アクトシティ浜松 中ホール

5988views

こどもと楽しむMusicナビ

サービス精神いっぱいの手作りフェスティバル/日本フィル 春休みオーケストラ探検「みる・きく・さわる オーケストラ!」

2338views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

世界の民族楽器を触って鳴らせる「小泉文夫記念資料室」

11553views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:人を楽しませたい!それが4人の共通の思い

2247views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

大人の音楽レッスン、わたし、これでも10年つづけています!

3292views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

13177views

大人の楽器練習機

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:世界的ピアニスト上原彩子がチェロ1日体験レッスン

8519views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

歴史的価値の高い鍵盤楽器が並ぶ「民音音楽博物館」

14118views

音楽ライターの眼

異次元を疾走する山中千尋が結びつけたクラシックとジャズ

622views

誰でも自由に叩けて、皆と一緒に楽しめるのがドラムサークルの良さ/ドラムサークルファシリテーターの仕事(後編)

オトノ仕事人

リズムに乗せ人々を笑顔に導く/ドラムサークルファシリテーターの仕事(後編)

2547views

われら音遊人

われら音遊人:アンサンブルを大切に奏でる皆が歌って踊れるハードロック!

694views

P-515

楽器探訪 Anothertake

ポータブルタイプの電子ピアノ「Pシリーズ」に、リアルなタッチ感が得られる木製鍵盤を搭載したモデルが登場!

8722views

紀尾井ホール

ホール自慢を聞きましょう

専属の室内オーケストラをもつ日本屈指の音楽ホール/紀尾井ホール

5845views

パイドパイパー・ダイアリー Vol.7

パイドパイパー・ダイアリー

最初のレッスンで学ぶ、あれこれについて

1867views

ピアニカ

楽器のあれこれQ&A

いつも清潔にしておきたい!ピアニカのお手入れ、お掃除方法

29886views

Kitaraあ・ら・かると

こどもと楽しむMusicナビ

子どもも大人も楽しめるコンサート&イベントが盛りだくさん。ピクニック気分で出かけよう!/Kitaraあ・ら・かると

1368views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

3318views