Web音遊人(みゅーじん)

チェロの音色にのせて贈るメッセージ『TODAY for TOMORROW』今日がんばるから良い明日が来る/柏木広樹インタビュー

チェロの音色にのせて贈るメッセージ『TODAY for TOMORROW』今日がんばるから良い明日が来る/柏木広樹インタビュー

さまざまなジャンルの枠を超え、変幻自在にチェロを操る柏木広樹。演奏家のみならず、作曲家、編曲家、プロデューサーなど多彩な活躍を続けている。
2017年9月13日には、9枚目のアルバムとなる『TODAY for TOMORROW』をリリース。さらにボーダーレスな魅力を増した作品が、新たなチェロの扉を開く。

柏木にとってアルバムは、一篇の物語だ。今回の作品で柏木が伝えたかったストーリー―−それは、タイトル『TODAY for TOMORROW』に集約されている。
表題曲となった一曲は、トヨタ自動車本社にあるトヨタ会館のために柏木が書き下ろしたもの。トヨタの長い歴史のなかで大切にされてきた『TODAY for TOMORROW』というメッセージが、柏木の心に響いた。
「なぜ、辛い練習や勉強、仕事をしなければいけないのか。明日がなければ、誰もそんなことはしないんじゃないかな。よりいい明日にするために、今日を生きているんだろうと思うんです」
そんな思いから紡ぎ出したメロディに、ピアニストで作編曲家の光田健一がオーケストレーションのアレンジを施し、壮大な楽曲に仕上がった。
アルバムには、「命」をテーマにした『シリウス』や、初めてブラスセクションを入れた『SMASH!』、子どもの頃から動物が大好きで、愛読書だった『ドリトル先生』の物語をテーマに作曲してきたという柏木のライフワークから生まれた作品のひとつ『月からの使い ~ドリトル先生より~』、盟友であるバイオリニスト葉加瀬太郎とピアニスト西村由紀江をフィーチャリングアーティストに迎えた『Reminiscence ~回想~』、柏木が紡ぐ物語の“結論”ともいえる『Smile for You』など、オリジナル12曲を収録。昨日、今日、明日──聴く人に寄り添い、笑顔を贈るアルバムになっている。

チェロの音色にのせて贈るメッセージ『TODAY for TOMORROW』今日がんばるから良い明日が来る/柏木広樹インタビュー

ふくよかな音色はもちろんだが、楽曲の多様性も柏木の真骨頂だ。多彩なジャンルやテンポ、表情をもつ一曲一曲が、さまざまな情景や感情を引き連れ、心を捉える。
「チェロ演奏家の9割はクラシック。でも、クラシックというだけで敷居の高さを感じ、入り口をくぐるのをためらう日本人が多いと思うんです。ならば、より大きい入り口をつくらなければいけないし、敷居があるならそれを取り払わないといけない。だから、振り幅をなるべく大きくしています。僕は本当にチェロが好きだし、すばらしいチェリストがたくさんいますから」

チェロの世間一般のイメージを変えるような音楽を届けたいという思いは強い。ピアノの先生だった母親からピアノを習うのが嫌で、7歳のときに“バーター”で始めたチェロ。「今となっては自分がチェロを操っているのか、チェロに操られているのかわからない」と笑うが、その魅力はなんといっても音色だという。
「音楽とはコミュニケーション」と話す柏木は、ボーダーレスに音の世界を飛び回り、その魂はあくまでも自由だ。そして、音楽を聴く側ももっと自由でいいと考える。
「日本人は、これがいいと言われたら同じ価値観になりがちですよね。音楽もそうで、ヒットしているからとか、みんなが聴いているからいいというのではなく、この曲しか知らないけれど何だか好きなんだよね……という聴き方でいいと思うんです。最初に出会ったときにいいと思ったら、そのアーティストの他の曲を聴いてみるとか、同じジャンルの音楽を聴いてみる。それが好きな音楽を見つけるコツじゃないでしょうか」
今回のアルバムは、これまでチェロとは縁遠かった人にとっても、その魅力に触れる良いきっかけになりそうだ。
「あまり自信はないですけれど(笑)。そうだったらいいと思ってつくりました」
アルバムの発売を記念し、2018年1月からはコンサートツアーも開催。「感動した」よりも「面白かった」と言われるほうが嬉しい。聴いている人に笑ってほしい──。そんな柏木のチェロワールドをアルバムで、ライブで、ぜひ堪能してほしい。

■アルバムインフォメーション

『TODAY for TOMORROW』
TODAY for TOMORROW
発売元:ハッツ・アンリミテッド
発売日:2017年9月13日
価格:3,240円(税込)

詳細はこちら

■コンサートインフォメーション

●柏木広樹 album “TODAY for TOMORROW” Release Premium Live
2018年1月31日(水)名古屋ブルーノート (愛知・名古屋)
2018年2月1日(木)ビルボードライブ大阪 (大阪・梅田)

●柏木広樹 チェロ・コンサート Made in musicasa“TODAY for TOMORROW”
2018年3月3日(土)道新ホール(北海道・札幌)
2018年3月10日(土)渋谷区文化総合センター大和田 さくらホール(東京・渋谷)

詳細はこちら

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:石丸幹二さん「ジェシー・ノーマンのような表現者になりたい!という思いで歌の世界へ」

2595views

ジミ・ヘンドリックス

音楽ライターの眼

ジミ・ヘンドリックス“新作”『ボース・サイズ・オブ・ザ・スカイ』をエクスペリエンスせよ

2015views

Venova(ヴェノーヴァ)

楽器探訪 Anothertake

スタイリッシュで斬新なデザイン。思わず吹いてみたくなるカジュアル管楽器「Venova(ヴェノーヴァ)」の誕生

3830views

乾燥が気になる季節、暖房を入れた室内でのピアノの注意点や対策

楽器のあれこれQ&A

ピアノを最適な状態に保つには?暖房を入れた室内での注意点や対策

27777views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目の若手サクソフォン奏者 住谷美帆がバイオリンに挑戦!

1668views

誰でも自由に叩けて、皆と一緒に楽しめるのがドラムサークルの良さ/ドラムサークルファシリテーターの仕事(後編)

オトノ仕事人

リズムに乗せ人々を笑顔に導く/ドラムサークルファシリテーターの仕事(後編)

2373views

サラマンカホール(Web音遊人)

ホール自慢を聞きましょう

まるでヨーロッパの教会にいるような雰囲気に包まれるクラシック音楽専用ホール/サラマンカホール

8741views

Kitaraあ・ら・かると

こどもと楽しむMusicナビ

子どもも大人も楽しめるコンサート&イベントが盛りだくさん。ピクニック気分で出かけよう!/Kitaraあ・ら・かると

1183views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

16~19世紀を代表する名器の音色が生演奏で聴ける!

5554views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:仕事もバンドも、常に真剣勝負!

4883views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

音楽知識ゼロ&50代半ばからスタートしたサクソフォンのレッスン

1985views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

2995views

おとなの楽器練習記:岩崎洵奈

おとなの楽器練習記

【動画公開中】将来を嘱望される実力派ピアニスト、岩崎洵奈がアルトサクソフォンに初挑戦!

4857views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

見るだけでなく、楽器の音を聴くこともできる!

5011views

ジミ・ヘンドリックス

音楽ライターの眼

ジミ・ヘンドリックス“新作”『ボース・サイズ・オブ・ザ・スカイ』をエクスペリエンスせよ

2015views

オトノ仕事人

コンサートの音の責任者/サウンドデザイナーの仕事

3079views

AOSABA

われら音遊人

われら音遊人:大所帯で人も音も自由、そこが面白い!

5590views

大人のピアニカ

楽器探訪 Anothertake

37鍵ピアニカに30年ぶりの新モデルが登場!メロウな音色×おしゃれなデザインの「大人のピアニカ」

12247views

アクトシティ浜松 中ホール

ホール自慢を聞きましょう

生活の中に音楽がある町、浜松市民の音楽拠点となる音楽ホール/アクトシティ浜松 中ホール

5705views

パイドパイパー・ダイアリー Vol.3

パイドパイパー・ダイアリー

人生の最大の謎について、わたしも教室で考えた

2032views

ピアノやエレクトーンを本番で演奏する時の靴選び

楽器のあれこれQ&A

ピアノやエレクトーンを本番で演奏する時の靴選び

30183views

ズーラシアン・フィル・ハーモニー

こどもと楽しむMusicナビ

スーパープレイヤーの動物たちが繰り広げるステージに親子で夢中!/ズーラシアンブラス

2421views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

10883views