Web音遊人(みゅーじん)

音楽の“布地”を織り出す、それぞれに個性的な“糸”/鈴木優人&バッハ・コレギウム・ジャパン バッハ:チェンバロ協奏曲全曲録音プロジェクト Vol.2

バッハはチェンバロ1台と弦楽合奏のための協奏曲を8曲、書き残した。そのすべてを録音し、演奏会で披露する企画を、鍵盤楽器奏者の鈴木優人とバッハ・コレギウム・ジャパン(BCJ)が昨年から進めている。このたびそれがめでたく完結。締めくくりの演奏会に足を運んだ。今回は8曲の内、「BWV1055」「1058」「1057」「1054」を聴く。

ライプツィヒに転勤してからバッハは、同地の楽団コレギウム・ムジクムの演奏会のために、さまざまな協奏曲や管弦楽組曲を作曲した。この時期のチェンバロ1台と弦楽合奏のための協奏曲にはすべて、異なる独奏楽器による原曲が存在する。この日は冒頭の「BWV1055」を除き、いずれも元の作品がはっきりしている協奏曲ばかり。原曲と編曲とを比較できるので、楽器を移し替える際のバッハの工夫がよく見える。

たとえば2曲目の「BWV1058」。これは「ヴァイオリン協奏曲イ短調BWV1041」を原曲とする。ヴァイオリンは隣り合った弦を完全5度(半音7つ分)で調律するので、音程を飛んだり跳ねたりするのが得意。一方、チェンバロは半音または全音で鍵盤が隣り合っているので、音階を上り下りするようなパッセージで力を発揮する。バッハはそうした楽器の特性を活かして編曲している。つまり、もともとは起伏のあった旋律を、滑らかに上下するメロディーに代えている。

BCJの演奏からは、そんなバッハの工夫がよく聴こえてくる。音楽の“布地”を織り出す“糸”がそれぞれ個性的で、それでいてほかを邪魔しないからだ。各楽器ひとりの最小編成ということもあるが、それぞれのパートがきちんと方向性のある音を出すのがその理由。弦楽器奏者は弓を上下に動かすときの力加減の違いを、曲を駆動させるエンジンとして使ったり、緊張感の移り変わりを描く絵筆として利用したりする。チェンバロも弦楽器も、音域が変わると音色が変わる。奏者はそれを演奏に活かす。そうすると音域それぞれに違った個性が現れる。その違いが複数の“登場人物”を描き分けていく。

3曲目の「BWV1057」に登場したリコーダーも素晴らしかった。こちらは《ブランデンブルク協奏曲》第4番が原曲。2本のリコーダーとチェンバロが独奏を担当する。笛の細やかな息づかいが音に勢いと方向性とを与える。だから拍子のギアチェンジ(ヘミオラ)するところも、気持ちよく“ダンスのステップ”が収まる。

名手ぞろいのオーケストラを、チェンバロの独奏を受け持ちつつ引っ張っていった鈴木優人に拍手。アンコールにスペインの舞曲ラ・フォリアに基づく即興曲を弾いたことにも驚かされた。いったん退場した演奏者たちが、チェンバロ、リコーダー、コントラバスと徐々に舞台に戻ってくる。やがて即興から滑らかに「BWV1057」最終楽章のフーガへ。趣味の佳さがすみずみまで行き届いたこの企画を締めくくるにふさわしい、洒落た“ピリオド”だった。

 

澤谷夏樹〔さわたに・なつき〕
慶應義塾大学大学院文学研究科哲学専攻修士課程修了。2003年より音楽評論活動を開始。2007年度柴田南雄音楽評論賞奨励賞受賞。2011年度柴田南雄音楽評論賞本賞受賞。著書に『バッハ大解剖!』(監修・著)、『バッハおもしろ雑学事典』(共著)、『「バッハの素顔」展』(共著)。日本音楽学会会員、 国際ジャーナリスト連盟(IFJ)会員。

特集

小野リサさん

今月の音遊人

今月の音遊人:小野リサさん「ブラジルの人たちは、まさに『音で遊ぶ人』だと思います」

6821views

ジャズが“距離感”を重視すべき音楽であることを考えさせたあるデュオのトラウマ

音楽ライターの眼

ジャズが“距離感”を重視すべき音楽であることを考えさせたあるデュオのトラウマ

2189views

クラビノーバ「CSPシリーズ」

楽器探訪 Anothertake

これまでピアノを諦めていた多くの人を救う楽器。楽譜作成・鍵盤ガイド機能が付いた電子ピアノ/クラビノーバ「CSPシリーズ」

11093views

乾燥が気になる季節、暖房を入れた室内でのピアノの注意点や対策

楽器のあれこれQ&A

ピアノを最適な状態に保つには?暖房を入れた室内での注意点や対策

34766views

ぱんだウインドオーケストラの精鋭たちがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ぱんだウインドオーケストラの精鋭たちがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

9129views

オペラ劇場の音楽スタッフの仕事 - Web音遊人

オトノ仕事人

稽古から本番まで指揮者や歌手をフォローし、オペラの音楽を作り上げる/オペラ劇場の音楽スタッフの仕事(前編)

20520views

弦楽四重奏を聴くことが人生の糧となるように/第一生命ホール

ホール自慢を聞きましょう

弦楽四重奏を聴くことが人生の糧となるように/第一生命ホール

3689views

こどもと楽しむMusicナビ

親子で参加!“アートで話そう”をテーマにしたオーケストラコンサート&ワークショップ/第16回 子どもたちと芸術家の出あう街

2211views

ギター文化館

楽器博物館探訪

19世紀スペインの至宝級ギターを所蔵する「ギター文化館」

8467views

われら音遊人

われら音遊人:ママ友同士で結成し、はや30年!音楽の楽しさをわかちあう

2305views

山口正介さん

パイドパイパー・ダイアリー

「自転車を漕ぐように」。これが長時間の演奏に耐える秘訣らしい

3153views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

18249views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:若き天才ドラマー川口千里がエレキギターに挑戦!

5425views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

16~19世紀を代表する名器の音色が生演奏で聴ける!

7371views

ピョートル・アンデルシェフスキ

音楽ライターの眼

世界的ピアニストの奥深く妙なる響きに包まれて/ピョートル・アンデルシェフスキ ピアノ・リサイタル

2551views

オトノ仕事人

新たな音を生み出して音で空間を表現する/サウンド・スペース・コンポーザーの仕事

2511views

われら音遊人

われら音遊人:オリジナルは30曲以上 大人に向けて奏でるフォークロックバンド

1280views

豊かで自然な音と響きを再現するサイレントバイオリン「YSV104」

楽器探訪 Anothertake

アコースティックの豊かで自然な音色に極限まで迫る、サイレントバイオリン™「YSV104」

6747views

ホール自慢を聞きましょう

ウィーンの品格と本格派の音楽を堪能できる大阪の極上空間/いずみホール

2174views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

すべては、あの日の「無料体験レッスン」から始まった

3130views

引っ越しのシーズン、電子ピアノやエレクトーンの取り扱いについて

楽器のあれこれQ&A

引っ越しのシーズン、電子ピアノやエレクトーンを安心して運ぶには?

58438views

Kitaraあ・ら・かると

こどもと楽しむMusicナビ

子どもも大人も楽しめるコンサート&イベントが盛りだくさん。ピクニック気分で出かけよう!/Kitaraあ・ら・かると

2746views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

5292views