Web音遊人(みゅーじん)

ジャズとデュオの新たな関係性を考える

ジャズとデュオの新たな関係性を考えるvol.2

『クリスタル・サイレンス』は、はたしてどのように“ジャズ・シーンにおけるデュオのイメージ”を変えたのだろうか――。

今年(2017年)の5月、“最後の日本ツアー”と銘打って引退記念コンサートのために来日する直前のゲイリー・バートンに、メールでインタヴューする機会があった。

“引退”というキーワードがあったので、通常のプロモーション的なインタヴューでは聞くのが憚られるような“経歴全般”に話題を広げて、質問を用意することにした。

もちろん、彼がチック・コリアと1972年に制作したデュオ・アルバム『クリスタル・サイレンス』の経緯についても触れてもらえるように考えた。

発端は、チック・コリアが所属していたレーベル“ECM”(当時)からのオファーだった。

チック・コリアは1960年代半ばからジャズ・シーンで頭角を現わし始めたピアニストで、1968年にハービー・ハンコックの後釜としてマイルス・デイヴィスのバンドに加入したことから注目を浴びるようになった。

『ビッチェズ・ブリュー』(1969年)に象徴されるエレクトリック・マイルス黎明期のメンバーとして重要な役割を果たしたチック・コリアは、1971年にその後のフュージョンの進路を決定するほどの影響力をもったユニット“リターン・トゥ・フォーエヴァー”を結成し、ドイツ(当時は西ドイツ)のミュンヘンで設立されたECMレーベルからアルバムをリリースする。

そのレーベルがチック・コリアに次のアルバムについての相談をしているときに、ちょうど彼が盟友のゲイリー・バートンと2人で、ドイツで開催されるフェスティヴァルに出演する機会があった。

そのステージを見たECMの関係者が、「ぜひこのデュオのアルバムを残したい」と言い出して実現したのが、『クリスタル・サイレンス』だったそうだ。

ゲイリー・バートン自身は、このときのフェス出場もどういう結果になるかまったく見当がつかず、ましてやアルバムとして後世に残せるなどということは半信半疑だったらしい。

しかしこのアルバムは、発売直後から世界中の音楽ファンの注目を浴び、その後の“ジャズとデュオ”を考える際の“基準”になったと言っても過言ではない。

実は、それ以前の“ジャズ”には、はっきりと“デュオ”と呼べるようなアルバムはほとんど存在しないのだ。

1962年の『アンダーカレント』以降、ビル・エヴァンスとジム・ホールは何度かデュオでアルバムを制作しているが、これに倣って1960年代にデュオのアルバムが作られるようになる兆候は見られなかった。

類推すれば、ジャズという音楽は「集団」で「即興」を構築していくものという先入観に縛られていたことが関係しているのではないだろうか。

1950年代のハードバップ・フォーマットでは、フロント楽器のバトル・スタイルが流行したこともあったが、基本的にはデュオと呼べるものではない。

しかし、1960年代にフリー・ジャズが勃興することによって「集団」の概念が薄れ、合奏よりも個人の「即興」性、すなわちインプロヴィゼーション・プレイがクローズアップされたことで、より少ない編成(あるいはそれまでのジャズでは注目されなかった編成)に目が向けられるようになったことがひとつの転機になった。

ジョン・コルトレーンが、アルバム『ライヴ・アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード』(1961年)のなかの「チェイシン・ザ・トレーン」でほとんどエルヴィン・ジョーンズとのデュオ状態になったのも、こうした変化がジャズ界に及んでいたからだろう。

とはいえ、『クリスタル・サイレンス』のデュオが、前述の“「集団」ではない「即興」”というアイデアから発したものでないことは明らかだ。

「即興」を軸とした展開は、『アンダーカレント』であっても「チェイシン・ザ・トレーン」であっても、それぞれの個性の発露をお互いにサポートするものとならざるをえない。

これに対して『クリスタル・サイレンス』は、それぞれが、全体を考えながらの個人という位置で、自発的に攻守を変えていくのだ。

あるときは主旋律を生み出し、それに相手が反応すれば対位法的なポジションへと転じる。

これには高度な音楽的知識と、現場で反応できる経験値が必要であり、さらに、ジャズの前例にとらわれない自由なセンスがなければなしえないこと――。

つまり『クリスタル・サイレンス』は、それまでのジャズでも、フリーでも、ロックでもできないことが“デュオ”ならばできることを、簡潔明瞭に示しえたがゆえに、エポックメイキングだったと言えるのだ。

<続>

ジャズとデュオの新たな関係性を考える<全編>

富澤えいち〔とみざわ・えいち〕
ジャズ評論家。1960年東京生まれ。学生時代に専門誌「ジャズライフ」などでライター活動を開始、ミュージシャンのインタビューやライヴ取材に明け暮れる生活を続ける。2004年に著書『ジャズを読む事典』(NHK出版生活人新書)を上梓。カルチャーセンターのジャズ講座やCSラジオのパーソナリティーを担当するほか、テレビやラジオへの出演など活字以外にも活動の場を広げる。専門誌以外にもファッション誌や一般情報誌のジャズ企画で構成や執筆を担当するなど、トレンドとしてのジャズの紹介や分析にも数多く関わる。『井上陽水FILE FROM 1969』(TOKYO FM出版)収録の2003年のインタビュー記事のように取材対象の間口も広い。2012年からYahoo!ニュース個人のオーサーとして記事を提供中。
富澤えいちのジャズブログ富澤えいちのジャズ・ブログ道場Facebook

 

特集

五条院凌

今月の音遊人

今月の音遊人:五条院凌さん「言葉で表現するのが苦手な私でも、ピアノなら自分の感情を、音を通して表現できる」

4579views

サルヴァトーレ・リチートラ

音楽ライターの眼

3大テノールを受け継ぐ情熱的な歌声を聴かせたサルヴァトーレ・リチートラを偲ぶ Vol.2

3641views

楽器探訪 Anothertake

ピアニストの声となり歌い奏でる、コンサートグランドピアノ「CFX」の新モデル

4505views

フルート

楽器のあれこれQ&A

初心者にもよくわかる!フルートの種類と選び方

20740views

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ギタリスト木村大とピアニスト榊原大がトランペットに挑戦!

6990views

弦楽器の調整や修理をする職人インタビュー(前編)

オトノ仕事人

見えないところこそ気を付けて心を配る/弦楽器の調整や修理をする職人(後編)

8071views

札幌コンサートホールKitara - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

あたたかみのあるデザインと音響を両立した、北海道を代表する音楽の殿堂/札幌コンサートホールKitara 大ホール

17351views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

7197views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

9798views

われら音遊人:クラノワ・カルーク・ オーケストラ

われら音遊人

われら音遊人:同一楽器でハーモニーを奏でる クラリネット合奏団

7950views

パイドパイパー・ダイアリー Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

あれから40年、おかげさまで「音」をはずさなくなりました

4428views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

24726views

大人の楽器練習記:クラシック・サクソフォン界の若き偉才、上野耕平がチェロの体験レッスンに挑戦

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:クラシック・サクソフォン界の若き偉才、上野耕平がチェロの体験レッスンに挑戦

11129views

上野学園大学 楽器展示室

楽器博物館探訪

日本に一台しかない初期のピアノ、タンゲンテンフリューゲルを所有する「上野学園 楽器展示室」

18865views

音楽ライターの眼

【ジャズの“名盤”ってナンだ?】#002 カリブの風を21世紀にも届けてくれる普遍的コンセプト~『サキソフォン・コロッサス』編

1130views

重田克美

オトノ仕事人

スポーツやイベントの会場で、選手やお客様のためにいい音環境を作る/音響エンジニアの仕事

9094views

AOSABA

われら音遊人

われら音遊人:大所帯で人も音も自由、そこが面白い!

11264views

STAGEA(ステージア)ELB-02 - Web音遊人

楽器探訪 Anothertake

エレクトーンで初めてオーディオファイル録音機能を装備

12898views

東広島芸術文化ホール くらら - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

繊細なピアニシモも隅々まで響く至福の音響空間/東広島芸術文化ホール くらら

12971views

パイドパイパー・ダイアリー

こうしてわたしは「演奏が楽しくてしょうがない」 という心境になりました

8295views

サクソフォンの選び方と扱い方について

楽器のあれこれQ&A

これからはじめる方必見!サクソフォンの選び方と扱い方について

54277views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

10447views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9611views