Web音遊人(みゅーじん)

ジェフ・リンズELO

ジェフ・リンズELOがライヴ映像作品/CD『ウェンブリー・オア・バスト〜ライヴ・アット・ウェンブリー・スタジアム』を発表

“ジェフ・リンズELO”が2017年6月24日、ロンドンのウェンブリー・スタジアムで行ったライヴの全貌を収録した映像作品/CD『ウェンブリー・オア・バスト~ライヴ・アット・ウェンブリー・スタジアム』が発売される。

名義こそ”ジェフ・リンズELO”だが、6万人を集めたこの公演で演奏されたのはエレクトリック・ライト・オーケストラ=ELOの名曲の数々だ。1971年のデビュー作『エレクトリック・ライト・オーケストラ』の「10538序曲」から2016年に”ジェフ・リンズELO”として発表した『アローン・イン・ザ・ユニヴァース』からの「ホェン・アイ・ウォズ・ア・ボーイ」まで、彼らの軌跡を網羅したライヴとなっている。

正直驚かされるのが、本国イギリスにおけるその絶大な人気だ。ロックとストリングスを融合させたポップ・サウンドでデビュー、ディスコやシンセなどを取り入れながら1970年代と1980年代の音楽シーンを席巻したELO。いくつものヒット曲を世界のチャートに送り込み、根強い支持を得てきたことは認識していたものの、何とスタジアム公演とは!

日本でも人気を誇ってきた彼らだが、1983年に大阪で開催された日本SF大会『DAICON IV』オープニング・アニメーションで「トワイライト」が使われたり、TVドラマ『電車男』のオープニング曲でも同じ「トワイライト」が使用されるなど、オタク・カルチャーのシンボルのような受け入れられ方をしてきた。

「見果てぬ想い」(1974年)や「テレフォン・ライン」(1977年)のようなバラードがヒットしたせいで、海外でも”軟弱なバンド”という誹り(そしり)を受けることもあるELOだが、ウェンブリー・スタジアムを訪れた観衆は、大半が”普通の”音楽ファンだ。彼らは満面の笑みを浮かべながら身体を揺らし、音楽に身を委ねている。

自らのヒット曲に加えて、ジェフはポール・マッカートニー、ブライアン・アダムス、ジョー・ウォルシュなどをプロデュース。さらにボブ・ディラン/ジョージ・ハリソン/トム・ペティ/ロイ・オービソンとの覆面バンド、トラヴェリング・ウィルベリーズへの参加など、超一流アーティストとの共演も果たしてきた。そんな交流を経て、ELOは国民的バンドへと昇華されたのである。

日の長いイギリスの夏、まだ明るい中、ショーは「雨に打たれて」から始まる。『アウト・オブ・ザ・ブルー』(1977年)からの、シングル化されていない曲からのスタートだが、それからは大半が英米チャート上位にランクインしたヒット曲のオンパレードだ。

「イーヴィル・ウーマン」「オール・オーヴァー・ザ・ワールド」「ショウダウン」「オーロラの救世主(リヴィン・シング)」……次から次へとグレイテスト・ヒッツが披露される。

それに加えてサプライズとして、トラヴェリング・ウィルベリーズの「ハンドル・ミー・ウィズ・ケア」が飛び出す。ロイ・オービソンのパートにバック・コーラスのイアン・ホーナルを加えるなどしながら、バンドはスタジアムを盛り上げていた。

さらにオリヴィア・ニュートン=ジョンとの共演で1980年にヒットした「ザナドゥ」をジェフ自らが歌う男声ヴァージョンもプレイされた。彼が歌うスタジオ・デモは既に編集盤などで公式リリースされているものの、ライヴで演奏されるのは貴重だ。

日本のファンも感涙必至の「トワイライト」も含め全23曲、約2時間。ブルーレイ/DVDには何箇所か曲間にジェフへのインタビューも挿入されており、ウェンブリー公演の裏話なども聞くことができる。

ライヴ後半、日が暮れてからは壮大なステージ・セットやライティング、レーザー光線、バンドのトレードマークであるUFOを再現したオブジェなど、ヴィジュアル・スペクタクルが全開。ウェンブリー・スタジアム独特のアーチもセットの一部となり、全編たっぷり楽しませてくれる映像作品だ。

2018年8月には35年ぶりとなるアメリカ・ツアーも敢行。ぜひ日本でも生「トワイライト」を聴かせてもらいたいところである。

ELOのライヴは、誰にでも必ず涙が出る瞬間がある。それは往年のヒットをしのぶ懐かしさの涙だったり、メロディの切なさ、そして美しさによる涙だったりする。ウェンブリーにポップ・ミュージックの涙雨が降った夜が、『ウェンブリー・オア・バスト~ライヴ・アット・ウェンブリー・スタジアム』にはあますところなく収められている。

■アルバムインフォメーション

『ウェンブリー・オア・バスト~ライヴ・アット・ウェンブリー・スタジアム』
ウェンブリー・オア・バスト~ライヴ・アット・ウェンブリー・スタジアム
発売元:ソニーミュージック・ジャパン
発売日:2017年11月29日
料金:2CD+BD(限定盤)6,480円/2CD+DVD(限定盤)5,400円/2CD 3,888円
※すべて税込
詳細はこちら

 

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:西村由紀江さん「誰かに寄り添い、心の救いになる。音楽には“力”があります」

4245views

音楽ライターの眼

オペラ、シンフォニーの指揮&ピアニストとしても活躍する沼尻竜典が第51回ENEOS音楽賞洋楽部門本賞を受賞

1473views

楽器探訪 Anothertake

26年ぶりにラインアップを一新!「長く持っても疲れにくい」を実現し、フラッグシップモデルが加わったバリトンサクソフォン

2511views

フルート

楽器のあれこれQ&A

初心者にもよくわかる!フルートの種類と選び方

18330views

ホルンの精鋭、福川伸陽が アコースティックギターの 体験レッスンに挑戦! Web音遊人

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ホルンの精鋭、福川伸陽がアコースティックギターの体験レッスンに挑戦!

8469views

オトノ仕事人

音楽フェスのブッキングや制作をディレクションする/イベントディレクターの仕事

10231views

アクトシティ浜松 中ホール

ホール自慢を聞きましょう

生活の中に音楽がある町、浜松市民の音楽拠点となる音楽ホール/アクトシティ浜松 中ホール

11007views

日生劇場ファミリーフェスティヴァル

こどもと楽しむMusicナビ

夏休みは、ダンス×人形劇やミュージカルなど心躍る舞台にドキドキ、ワクワクしよう!/日生劇場ファミリーフェスティヴァル2022

1363views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

世界の民族楽器を触って鳴らせる「小泉文夫記念資料室」

18221views

練馬だいこんず

われら音遊人

われら音遊人:好きな音楽を通じて人のためになることをしたい

4747views

サクソフォン、そろそろ「テイク・ファイブ」に挑戦しようか、なんて思ってはいるのですが

パイドパイパー・ダイアリー

サクソフォンをはじめて10年、目標の「テイク・ファイブ」は近いか、遠いのか……。

6196views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

7621views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:若き天才ドラマー川口千里がエレキギターに挑戦!

8421views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

専門家の解説と楽器の音色が楽しめるガイドツアー

6455views

音楽ライターの眼

ユニフォームが新作『SHAME(シェイム)』を発表。ノイズ・ロックの破壊衝動の向かう先へ

2455views

コレペティトゥーアのお仕事

オトノ仕事人

歌手・演奏者と共に観客を魅了する音楽を作り上げたい/コレペティトゥーアの仕事(後編)

5988views

われら音遊人

われら音遊人:アンサンブル仲間が集う仲よしサークル

7362views

楽器探訪 Anothertake

ナチュラルな響きと多彩な機能で電子ドラムの可能性を広げる、新たなフラッグシップモデルDTX10/DTX8シリーズ

2918views

人が集まり発信する交流の場として、地域活性化の原動力に/いわき芸術文化交流館アリオス

ホール自慢を聞きましょう

おでかけ?たんけん?ホール独自のプランで人々の厚い信頼を獲得/いわき芸術文化交流館アリオス

5465views

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい 山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい

4379views

楽器のあれこれQ&A

初心者必見!トランペットをうまく鳴らすコツと練習方法

98602views

日生劇場ファミリーフェスティヴァル

こどもと楽しむMusicナビ

夏休みは、ダンス×人形劇やミュージカルなど心躍る舞台にドキドキ、ワクワクしよう!/日生劇場ファミリーフェスティヴァル2022

1363views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

7621views