Web音遊人(みゅーじん)

ジェフ・リンズELO

ジェフ・リンズELOがライヴ映像作品/CD『ウェンブリー・オア・バスト〜ライヴ・アット・ウェンブリー・スタジアム』を発表

“ジェフ・リンズELO”が2017年6月24日、ロンドンのウェンブリー・スタジアムで行ったライヴの全貌を収録した映像作品/CD『ウェンブリー・オア・バスト~ライヴ・アット・ウェンブリー・スタジアム』が発売される。

名義こそ”ジェフ・リンズELO”だが、6万人を集めたこの公演で演奏されたのはエレクトリック・ライト・オーケストラ=ELOの名曲の数々だ。1971年のデビュー作『エレクトリック・ライト・オーケストラ』の「10538序曲」から2016年に”ジェフ・リンズELO”として発表した『アローン・イン・ザ・ユニヴァース』からの「ホェン・アイ・ウォズ・ア・ボーイ」まで、彼らの軌跡を網羅したライヴとなっている。

正直驚かされるのが、本国イギリスにおけるその絶大な人気だ。ロックとストリングスを融合させたポップ・サウンドでデビュー、ディスコやシンセなどを取り入れながら1970年代と1980年代の音楽シーンを席巻したELO。いくつものヒット曲を世界のチャートに送り込み、根強い支持を得てきたことは認識していたものの、何とスタジアム公演とは!

日本でも人気を誇ってきた彼らだが、1983年に大阪で開催された日本SF大会『DAICON IV』オープニング・アニメーションで「トワイライト」が使われたり、TVドラマ『電車男』のオープニング曲でも同じ「トワイライト」が使用されるなど、オタク・カルチャーのシンボルのような受け入れられ方をしてきた。

「見果てぬ想い」(1974年)や「テレフォン・ライン」(1977年)のようなバラードがヒットしたせいで、海外でも”軟弱なバンド”という誹り(そしり)を受けることもあるELOだが、ウェンブリー・スタジアムを訪れた観衆は、大半が”普通の”音楽ファンだ。彼らは満面の笑みを浮かべながら身体を揺らし、音楽に身を委ねている。

自らのヒット曲に加えて、ジェフはポール・マッカートニー、ブライアン・アダムス、ジョー・ウォルシュなどをプロデュース。さらにボブ・ディラン/ジョージ・ハリソン/トム・ペティ/ロイ・オービソンとの覆面バンド、トラヴェリング・ウィルベリーズへの参加など、超一流アーティストとの共演も果たしてきた。そんな交流を経て、ELOは国民的バンドへと昇華されたのである。

日の長いイギリスの夏、まだ明るい中、ショーは「雨に打たれて」から始まる。『アウト・オブ・ザ・ブルー』(1977年)からの、シングル化されていない曲からのスタートだが、それからは大半が英米チャート上位にランクインしたヒット曲のオンパレードだ。

「イーヴィル・ウーマン」「オール・オーヴァー・ザ・ワールド」「ショウダウン」「オーロラの救世主(リヴィン・シング)」……次から次へとグレイテスト・ヒッツが披露される。

それに加えてサプライズとして、トラヴェリング・ウィルベリーズの「ハンドル・ミー・ウィズ・ケア」が飛び出す。ロイ・オービソンのパートにバック・コーラスのイアン・ホーナルを加えるなどしながら、バンドはスタジアムを盛り上げていた。

さらにオリヴィア・ニュートン=ジョンとの共演で1980年にヒットした「ザナドゥ」をジェフ自らが歌う男声ヴァージョンもプレイされた。彼が歌うスタジオ・デモは既に編集盤などで公式リリースされているものの、ライヴで演奏されるのは貴重だ。

日本のファンも感涙必至の「トワイライト」も含め全23曲、約2時間。ブルーレイ/DVDには何箇所か曲間にジェフへのインタビューも挿入されており、ウェンブリー公演の裏話なども聞くことができる。

ライヴ後半、日が暮れてからは壮大なステージ・セットやライティング、レーザー光線、バンドのトレードマークであるUFOを再現したオブジェなど、ヴィジュアル・スペクタクルが全開。ウェンブリー・スタジアム独特のアーチもセットの一部となり、全編たっぷり楽しませてくれる映像作品だ。

2018年8月には35年ぶりとなるアメリカ・ツアーも敢行。ぜひ日本でも生「トワイライト」を聴かせてもらいたいところである。

ELOのライヴは、誰にでも必ず涙が出る瞬間がある。それは往年のヒットをしのぶ懐かしさの涙だったり、メロディの切なさ、そして美しさによる涙だったりする。ウェンブリーにポップ・ミュージックの涙雨が降った夜が、『ウェンブリー・オア・バスト~ライヴ・アット・ウェンブリー・スタジアム』にはあますところなく収められている。

■アルバムインフォメーション

『ウェンブリー・オア・バスト~ライヴ・アット・ウェンブリー・スタジアム』
ウェンブリー・オア・バスト~ライヴ・アット・ウェンブリー・スタジアム
発売元:ソニーミュージック・ジャパン
発売日:2017年11月29日
料金:2CD+BD(限定盤)6,480円/2CD+DVD(限定盤)5,400円/2CD 3,888円
※すべて税込
詳細はこちら

 

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:小曽根真さん「音楽は世界共通語。生きる喜びを人とシェアできるのが音楽の素晴らしさ」

20937views

ピョートル・アンデルシェフスキ

音楽ライターの眼

世界的ピアニストの奥深く妙なる響きに包まれて/ピョートル・アンデルシェフスキ ピアノ・リサイタル

4826views

Venova(ヴェノーヴァ)

楽器探訪 Anothertake

すぐに音を出せて、自由に演奏できる。管楽器の楽しみを多くの人に

13694views

楽器のあれこれQ&A

ドラムの初心者におすすめの練習方法や手が疲れないコツ

10007views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目の若手サクソフォン奏者 住谷美帆がバイオリンに挑戦!

8510views

オトノ仕事人

プラスマイナス0.05ヘルツまで調整する熟練の技/音叉を作る仕事

27472views

人が集まり発信する交流の場として、地域活性化の原動力に/いわき芸術文化交流館アリオス

ホール自慢を聞きましょう

おでかけ?たんけん?ホール独自のプランで人々の厚い信頼を獲得/いわき芸術文化交流館アリオス

6990views

こどもと楽しむMusicナビ

“アートなイキモノ”に触れるオーケストラ・コンサート&ワークショップ/子どもたちと芸術家の出あう街

6538views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

16~19世紀を代表する名器の音色が生演奏で聴ける!

10831views

われら音遊人:音楽仲間の夫婦2組で結成、深い絆が奏でるハーモニー

われら音遊人

われら音遊人:音楽仲間の夫婦2組で結成、深い絆が奏でるハーモニー

6687views

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい 山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい

5218views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

24450views

コハーン・イシュトヴァーンさん Web音遊人

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ハンガリー出身のクラリネット奏者コハーン・イシュトヴァーンがバイオリンを体験レッスン!

9615views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

専門家の解説と楽器の音色が楽しめるガイドツアー

8073views

音楽ライターの眼

2019年11月来日。エレクトリック・ギターの名手ジミー・ヘリングが原点となったギタリスト達を語る

5302views

オトノ仕事人

新たな音を生み出して音で空間を表現する/サウンド・スペース・コンポーザーの仕事

6026views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:バンドサークルのような活動スタイルだから、初心者も経験者も、皆がライブハウスのステージに立てる!

7550views

ピアニカ

楽器探訪 Anothertake

ピアニカを進化させる「クリップ」が誕生

15343views

紀尾井ホール

ホール自慢を聞きましょう

専属の室内オーケストラをもつ日本屈指の音楽ホール/紀尾井ホール

13341views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

だから続けられる!サクソフォンレッスン10年目

4609views

楽器のあれこれQ&A

ピアノ講師がアドバイス!練習の悩みを解決して、上達しよう

3687views

日生劇場ファミリーフェスティヴァル

こどもと楽しむMusicナビ

夏休みは、ダンス×人形劇やミュージカルなど心躍る舞台にドキドキ、ワクワクしよう!/日生劇場ファミリーフェスティヴァル2022

2609views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

24450views