Web音遊人(みゅーじん)

中川英二郎×エリック・ミヤシロ×本田雅人 Special Jazz Live

旋律とリズム一体で躍動、ドラムス無しジャズ室内楽/中川英二郎×エリック・ミヤシロ×本田雅人 Special Jazz Live

ステージを見渡すとドラムスが無い。2022年11月19日、ヤマハホールでの「中川英二郎×エリック・ミヤシロ×本田雅人 Special Jazz Live」。トロンボーンとトランペット、サクソフォンの名手たちは、ドラムスとベース無しでジャズを聴かせようというのだ。トロンボーンの中川は新型コロナウイルス禍の中、「リズム隊がいない最小編成でジャズができないか」と考えた。旋律とリズムが一体で躍動するジャズ室内楽である。この日はピアノの宮本貴奈、ギターの横田明紀男も参加し、新たなジャズの可能性を開いた。

そもそもジャズのトリオやカルテットは「室内楽」である。しかし通常はそこにドラムスやベースなどリズム楽器が入る。物理的に手配に苦労するのがドラムス。コロナ禍の中ではなおさらだ。2020年にオンラインフェスティバルに参加する際、中川はトランペットのミヤシロ、サクソフォンの本田を誘って管楽器だけのユニット「スーパー・ブラス・スターズ」を結成した。この日の前半、彼らはトリオとデュオ、ソロによる熱演を繰り広げた。

1曲目の中川作曲『ヘブンズ・キッチン』は5拍子の個性的なリズムを3人が分担しつつ、倍音が広がる雄大な旋律線を重ねる。旋律楽器の3人だけとは思えないほどシンフォニックでリズミカルだ。「室内交響楽」と呼ぶにふさわしい。

ミヤシロがカフェでパッヘルベルの『カノン』を聴いて思いついたという曲は、中川とのデュオ。エリック・クラプトンの『ティアーズ・イン・ヘブン』を精妙にブレンドした。「リズムセッションが無いと隠れられない」とミヤシロ。「だから面白い」と中川。両者の音が明快に伝わり、ドラムスやベースの響きも2人で担った。

ソロもスケールが大きい。フュージョンバンド「T-SQUARE(Tスクウェア)」の元メンバー、本田のサクソフォン独奏。2021年に亡くなった同バンドのキーボーディスト和泉宏隆氏の名曲『トワイライト・イン・アッパーウエスト』だ。ロマンティックなバラードが夕映えのように広がった。

後半はピアノの宮本が加わり、ミヤシロ作曲『スカイダンス』から始まった。ピアノの速いアルペジオが繰り返され、トランペットが明るく歌い出す。ピアノがリズム、旋律、和声の3機能をこなす楽器だと実感する。ブラス3人の繰り出す旋律は伸びやかだ。

衝撃の登場はギターの横田。アコースティックギターでルイ・プリマ作曲『シング・シング・シング』をいきなり弾き始めた。ギターもピアノ同様、3機能をこなす。疾風怒濤のギターソロを聴いたらベニー・グッドマン楽団も驚いたことだろう。

宮本の低いハスキーなボーカルによるジョージ・ダグラス作曲『この素晴らしき世界』も味わい深い。ここでも、装飾的なパートながら、横田のエレキギターに聴き惚れた。ダイアー・ストレイツのマーク・ノップラー風のピッキング。電源を入れていないようなプツプツした音色のすごさ。5人の奥深い技への興味は尽きない。ポストコロナのジャズは面白い。

 

池上輝彦〔いけがみ・てるひこ〕
日本経済新聞社メディアプロデューサー。早稲田大学卒。証券部・産業部記者を経て欧州総局フランクフルト支局長、文化部編集委員、映像報道部シニア・エディターを歴任。音楽レビュー、映像付き音楽連載記事「ビジュアル音楽堂」などを執筆。専門誌での音楽批評、CDライナーノーツの執筆も手掛ける。
日本経済新聞社記者紹介

photo/ Ayumi Kakamu

本ウェブサイト上に掲載されている文章・画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

facebook

twitter

特集

辻󠄀井伸行

今月の音遊人

今月の音遊人:辻󠄀井伸行さん「ピアノは身体の一部、大切な友だちのようなものです」

2718views

音楽ライターの眼

哀愁のスペイン、深いソロと熱いデュオ/沖仁フラメンコギター・コンサート

3209views

ピアニカ

楽器探訪 Anothertake

ピアニカで音楽好きの子どもを育てる

13919views

初心者におすすめのエレキギターとレッスンのコツ!

楽器のあれこれQ&A

初心者におすすめのエレキギターと知っておきたい練習のコツ

21478views

世界各地で活躍するギタリスト朴葵姫がフルートのレッスンを体験!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】世界各地で活躍するギタリスト朴葵姫がフルートのレッスンを体験!

7498views

音楽市場を広げたい、そのために今すべきこと/ジャズクラブのブッキング・制作の仕事(後編)

オトノ仕事人

音楽市場を広げたい、そのために今すべきこと/ジャズクラブのブッキング・制作の仕事(後編)

7092views

ザ・シンフォニーホール

ホール自慢を聞きましょう

歴史と伝統、風格を受け継ぐクラシック音楽専用ホール/ザ・シンフォニーホール

23330views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

10539views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

歴史的価値の高い鍵盤楽器が並ぶ「民音音楽博物館」

23602views

われら音遊人:「非日常」の充実感が 活動の原動力!

われら音遊人

われら音遊人:「非日常」の充実感が活動の原動力!

7848views

サクソフォン、そろそろ「テイク・ファイブ」に挑戦しようか、なんて思ってはいるのですが

パイドパイパー・ダイアリー

サクソフォンをはじめて10年、目標の「テイク・ファイブ」は近いか、遠いのか……。

8003views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9724views

桑原あい

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目の若きジャズピアニスト桑原あいがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

15118views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

16~19世紀を代表する名器の音色が生演奏で聴ける!

11073views

音楽ライターの眼

ラヴェルの「ボレロ」がジャズだったかもしれないという問題と松永貴志の確信犯的時代性

13934views

オトノ仕事人

深く豊かなクラシックの世界への入り口を作る/音楽ジャーナリストの仕事

4280views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:バンドサークルのような活動スタイルだから、初心者も経験者も、皆がライブハウスのステージに立てる!

7724views

ギター文化館

楽器探訪 Anothertake

歴史的ギターの音を生で聴けるコンサートも開催!

7029views

ホール自慢を聞きましょう

歴史ある“不死鳥の街”から新時代の芸術文化を発信/フェニーチェ堺

8163views

山口正介さん Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

いまやサクソフォンは趣味となったが、最初は映画音楽だった

6625views

楽器のあれこれQ&A

初心者必見!トランペットをうまく鳴らすコツと練習方法

117164views

こどもと楽しむMusicナビ

“アートなイキモノ”に触れるオーケストラ・コンサート&ワークショップ/子どもたちと芸術家の出あう街

6723views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

29276views