Web音遊人(みゅーじん)

クランベリーズ/ドロレス・オリオーダン追悼。あらゆる枠を超えて愛された音楽

クランベリーズ/ドロレス・オリオーダン追悼。あらゆる枠を超えて愛された音楽

2018年1月15日、ドロレス・オリオーダンが亡くなった。レコーディングのために滞在していたロンドンのヒルトン・ホテルでのことだった。46歳の早すぎる死。死因は本稿を書いている時点で公にされていない。

ドロレスはアイルランド出身のロック・グループ、クランベリーズのシンガーとして活躍。1990年代に「ドリームス」「リンガー」「ゾンビ」などをヒットさせている。

全世界でのアルバム総セールスが4千万枚を超える人気バンドだったクランベリーズゆえ、ドロレスの突然の死は大きな衝撃を伴うものだった。

それは彼らがいかに幅広い層の音楽リスナーに愛されてきたかを、改めて浮き彫りにすることになった。

「ドリームス」がヒット映画『ユー・ガット・メール』や松嶋菜々子出演の”生茶”テレビコマーシャルを通してお茶の間で知られる一方で、「ゾンビ」では母国アイルランドの政治紛争を題材にするなど、よりシリアスな音楽ファンからも支持を得た彼ら。クランベリーズの名前を知らずとも、その曲を聴けば、「ああ、あの……」と思い出す人も多いだろう。

興味深いのは、クランベリーズがさまざまなリスナー層に訴求しながら、特定のシーンに帰属することがなかった点だ。上記の彼らの3大ヒットが世界のチャートを席巻した1994年といえば、オアシスの『オアシス (Definitely Maybe)』とブラーの『パークライフ』がリリースされた、ブリットポップの年である。だが、アイルランド出身のクランベリーズは、ブリットポップとは一線を画していた。

1990年代中盤にはサラ・マクラクランやシェリル・クロウ、ショーン・コルヴィン、ジュエルなど”自立した”女性アーティストが注目された。女性オンリーの”リリス・フェア”フェスティバル・ツアーも行われたが、クランベリーズはそんなムーヴメントからも距離を置き、同フェスに出演することもなかった。

だが、そんな立ち位置も彼らに味方することになった。彼らはブリットポップのファン、女性アーティストのファンのハートを捕らえ、彼らはこぞってクランベリーズのアルバム『ドリームス(Everybody Else Is Doing It, So Why Can’t We?)』(1994)と『ノー・ニード・トゥ・アーギュ』(1995)を買い求めるべくCDショップに向かったのだった。

クランベリーズの音楽は、より世代が上の音楽リスナーも惹きつけることになった。

初代フリートウッド・マックのギタリストで”緑神”と呼ばれたピーター・グリーンは1970年にバンドを脱退、短期間のソロ・キャリアを挟みながら隠遁生活を送ってきた。だが彼は1996年に奇跡のカムバック。筆者(山崎)が「最近の音楽は聴いていますか?」と訊いたとき、彼が「この歌が好きなんだ」と口ずさんだのが、「リンガー」だった。

また、クランベリーズはアルバム『ベリー・ザ・ハチェット』(1999)と『ウェイク・アップ・アンド・スメル・ザ・コーヒー』(2001)のジャケット・アートワークでストーム・トーガソンを起用。ピンク・フロイドやUFOなどのジャケットを手がけてきたデザイナー・チーム、ヒプノシスの一員だったストームを迎えたことで、クランベリーズのことをまったく知らないヴィンテージ・ロック・ファンまでが彼らの作品を買い漁るという現象もあった。

ドロレスはクランベリーズの休止中、ソロ・アーティストとしての活動を行ってきたが、そのときベーシストとして彼女を支えたのがホワイトスネイク、ブルー・マーダー、ザ・デッド・デイジーズなどハード・ロック/ヘヴィ・メタル界で知られるマルコ・メンドーサだった。彼はSNSで追悼メッセージを発表している。

クランベリーズの音楽は、アジアン・ポップスのファンにも届くことになった。映画『恋する惑星』(1994)の挿入歌として、フェイ・ウォンが「ドリームス」を「夢中人」としてカヴァー。オリジナルも香港や中国本土、シンガポール、マレーシアなどでヒットを記録、英BBCウェブサイトはドロレスへの追悼記事として『アジアのクランベリーズへの根強い愛』という記事を掲載している。

そして、クランベリーズは音楽マスコミのみならず、ゴシップ系タブロイド新聞にも登場している。ドロレスは1994年、かつてデュラン・デュランのツアー・マネージャーだったドン・バートンと結婚しているが、彼女のウェディングドレスはシースルーで、透けて見えるオムツのような大きなパンツは、ロック史上に残るバッド・テイストのひとつとなった。

あらゆる音楽のファンたちから、そして音楽の枠すらも超えて愛されたドロレス・オリオーダン。クランベリーズの音楽と彼女の歌声は、いつまでも鳴り響き、我々の心を揺さぶり続ける。

山崎智之〔やまざき・ともゆき〕
1970年、東京生まれの音楽ライター。ベルギー、オランダ、チェコスロバキア(当時)、イギリスで育つ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業後、一般企業勤務を経て、1994年に音楽ライターに。ミュージシャンを中心に850以上のインタビューを行い、雑誌や書籍、CDライナーノーツなどで執筆活動を行う。『ロックで学ぶ世界史』『ダークサイド・オブ・ロック』『激重轟音メタル・ディスク・ガイド』『ロック・ムービー・クロニクル』などを総監修・執筆。実用英検第1級、TOEIC 945点取得
ブログインタビューリスト

 

特集

今月の音遊人 横山剣

今月の音遊人

今月の音遊人:横山剣さん「音楽には、癒やしよりも刺激や興奮を求めているのかも」

8310views

音楽ライターの眼

すでにAIの音楽は小説の世界を飛び出しているという現実

3076views

練習用のバイオリンとして進化する機能と、守り続けるデザイン

楽器探訪 Anothertake

進化する機能と、守り続けるデザイン

5043views

楽器のあれこれQ&A

きっとためになる!サクソフォンの基礎力と表現力をアップする練習のコツ

18138views

ぱんだウインドオーケストラの精鋭たちがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ぱんだウインドオーケストラの精鋭たちがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

13211views

マイク1本から吟味して求められる音に近づける/レコーディングエンジニアの仕事(前編)

オトノ仕事人

マイク1本から吟味して求められる音に近づける/レコーディングエンジニアの仕事(前編)

14722views

紀尾井ホール

ホール自慢を聞きましょう

専属の室内オーケストラをもつ日本屈指の音楽ホール/紀尾井ホール

14046views

日生劇場ファミリーフェスティヴァル

こどもと楽しむMusicナビ

夏休みは、ダンス×人形劇やミュージカルなど心躍る舞台にドキドキ、ワクワクしよう!/日生劇場ファミリーフェスティヴァル2022

2863views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

世界の民族楽器を触って鳴らせる「小泉文夫記念資料室」

22159views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:仕事もバンドも、常に真剣勝負!

9520views

山口正介 - Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

この感覚を体験すると「音楽がやみつきになる」

8298views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

24978views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:和洋折衷のユニット竜馬四重奏がアルトヴェノーヴァのレッスンを初体験!

4638views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

世界の民族楽器を触って鳴らせる「小泉文夫記念資料室」

22159views

音楽ライターの眼

連載7[ジャズ事始め]民間初の常設舞踏場が担った日本のジャズ文化発信

3425views

オトノ仕事人

深く豊かなクラシックの世界への入り口を作る/音楽ジャーナリストの仕事

4326views

練馬だいこんず

われら音遊人

われら音遊人:好きな音楽を通じて人のためになることをしたい

5809views

楽器探訪 Anothertake

空間を包み込む豊かな響き「フリューゲルホルン」

4108views

ザ・シンフォニーホール

ホール自慢を聞きましょう

歴史と伝統、風格を受け継ぐクラシック音楽専用ホール/ザ・シンフォニーホール

23591views

山口正介 - Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

この感覚を体験すると「音楽がやみつきになる」

8298views

知って得する!木製楽器の お手入れ方法

楽器のあれこれQ&A

木製楽器に起こりやすいトラブルは?保管やお手入れで気を付けること

21130views

日生劇場ファミリーフェスティヴァル

こどもと楽しむMusicナビ

夏休みは、ダンス×人形劇やミュージカルなど心躍る舞台にドキドキ、ワクワクしよう!/日生劇場ファミリーフェスティヴァル2022

2863views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9828views