Web音遊人(みゅーじん)

クランベリーズ/ドロレス・オリオーダン追悼。あらゆる枠を超えて愛された音楽

クランベリーズ/ドロレス・オリオーダン追悼。あらゆる枠を超えて愛された音楽

2018年1月15日、ドロレス・オリオーダンが亡くなった。レコーディングのために滞在していたロンドンのヒルトン・ホテルでのことだった。46歳の早すぎる死。死因は本稿を書いている時点で公にされていない。

ドロレスはアイルランド出身のロック・グループ、クランベリーズのシンガーとして活躍。1990年代に「ドリームス」「リンガー」「ゾンビ」などをヒットさせている。

全世界でのアルバム総セールスが4千万枚を超える人気バンドだったクランベリーズゆえ、ドロレスの突然の死は大きな衝撃を伴うものだった。

それは彼らがいかに幅広い層の音楽リスナーに愛されてきたかを、改めて浮き彫りにすることになった。

「ドリームス」がヒット映画『ユー・ガット・メール』や松嶋菜々子出演の”生茶”テレビコマーシャルを通してお茶の間で知られる一方で、「ゾンビ」では母国アイルランドの政治紛争を題材にするなど、よりシリアスな音楽ファンからも支持を得た彼ら。クランベリーズの名前を知らずとも、その曲を聴けば、「ああ、あの……」と思い出す人も多いだろう。

興味深いのは、クランベリーズがさまざまなリスナー層に訴求しながら、特定のシーンに帰属することがなかった点だ。上記の彼らの3大ヒットが世界のチャートを席巻した1994年といえば、オアシスの『オアシス (Definitely Maybe)』とブラーの『パークライフ』がリリースされた、ブリットポップの年である。だが、アイルランド出身のクランベリーズは、ブリットポップとは一線を画していた。

1990年代中盤にはサラ・マクラクランやシェリル・クロウ、ショーン・コルヴィン、ジュエルなど”自立した”女性アーティストが注目された。女性オンリーの”リリス・フェア”フェスティバル・ツアーも行われたが、クランベリーズはそんなムーヴメントからも距離を置き、同フェスに出演することもなかった。

だが、そんな立ち位置も彼らに味方することになった。彼らはブリットポップのファン、女性アーティストのファンのハートを捕らえ、彼らはこぞってクランベリーズのアルバム『ドリームス(Everybody Else Is Doing It, So Why Can’t We?)』(1994)と『ノー・ニード・トゥ・アーギュ』(1995)を買い求めるべくCDショップに向かったのだった。

クランベリーズの音楽は、より世代が上の音楽リスナーも惹きつけることになった。

初代フリートウッド・マックのギタリストで”緑神”と呼ばれたピーター・グリーンは1970年にバンドを脱退、短期間のソロ・キャリアを挟みながら隠遁生活を送ってきた。だが彼は1996年に奇跡のカムバック。筆者(山崎)が「最近の音楽は聴いていますか?」と訊いたとき、彼が「この歌が好きなんだ」と口ずさんだのが、「リンガー」だった。

また、クランベリーズはアルバム『ベリー・ザ・ハチェット』(1999)と『ウェイク・アップ・アンド・スメル・ザ・コーヒー』(2001)のジャケット・アートワークでストーム・トーガソンを起用。ピンク・フロイドやUFOなどのジャケットを手がけてきたデザイナー・チーム、ヒプノシスの一員だったストームを迎えたことで、クランベリーズのことをまったく知らないヴィンテージ・ロック・ファンまでが彼らの作品を買い漁るという現象もあった。

ドロレスはクランベリーズの休止中、ソロ・アーティストとしての活動を行ってきたが、そのときベーシストとして彼女を支えたのがホワイトスネイク、ブルー・マーダー、ザ・デッド・デイジーズなどハード・ロック/ヘヴィ・メタル界で知られるマルコ・メンドーサだった。彼はSNSで追悼メッセージを発表している。

クランベリーズの音楽は、アジアン・ポップスのファンにも届くことになった。映画『恋する惑星』(1994)の挿入歌として、フェイ・ウォンが「ドリームス」を「夢中人」としてカヴァー。オリジナルも香港や中国本土、シンガポール、マレーシアなどでヒットを記録、英BBCウェブサイトはドロレスへの追悼記事として『アジアのクランベリーズへの根強い愛』という記事を掲載している。

そして、クランベリーズは音楽マスコミのみならず、ゴシップ系タブロイド新聞にも登場している。ドロレスは1994年、かつてデュラン・デュランのツアー・マネージャーだったドン・バートンと結婚しているが、彼女のウェディングドレスはシースルーで、透けて見えるオムツのような大きなパンツは、ロック史上に残るバッド・テイストのひとつとなった。

あらゆる音楽のファンたちから、そして音楽の枠すらも超えて愛されたドロレス・オリオーダン。クランベリーズの音楽と彼女の歌声は、いつまでも鳴り響き、我々の心を揺さぶり続ける。

山崎智之〔やまざき・ともゆき〕
1970年、東京生まれの音楽ライター。ベルギー、オランダ、チェコスロバキア(当時)、イギリスで育つ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業後、一般企業勤務を経て、1994年に音楽ライターに。ミュージシャンを中心に850以上のインタビューを行い、雑誌や書籍、CDライナーノーツなどで執筆活動を行う。『ロックで学ぶ世界史』『ダークサイド・オブ・ロック』『激重轟音メタル・ディスク・ガイド』『ロック・ムービー・クロニクル』などを総監修・執筆。実用英検第1級、TOEIC 945点取得
ブログインタビューリスト

 

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:渡辺真知子さん「幼稚園のころ、歌詞の意味もわからず涙を流しながら歌っていたのを覚えています」

3298views

音楽ライターの眼

指揮界の革命児、クルレンツィスがベートーヴェン・イヤーに放つ衝撃的な「運命」

2343views

変えるべきもの、変えざるべきものを見極める

楽器探訪 Anothertake

変えるべきもの、変えざるべきものを見極める

11360views

初心者におすすめのエレキギターとレッスンのコツ!

楽器のあれこれQ&A

初心者におすすめのエレキギターと知っておきたい練習のコツ

12103views

世界各地で活躍するギタリスト朴葵姫がフルートのレッスンを体験!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】世界各地で活躍するギタリスト朴葵姫がフルートのレッスンを体験!

4923views

オトノ仕事人

リスナーとの絆を大切にする番組作り/クラシック専門のインターネットラジオを制作・発信する仕事

2350views

アクトシティ浜松 中ホール

ホール自慢を聞きましょう

生活の中に音楽がある町、浜松市民の音楽拠点となる音楽ホール/アクトシティ浜松 中ホール

8766views

こどもと楽しむMusicナビ

オルガンの仕組みを遊びながら学ぶ「それいけ!オルガン探検隊」/サントリーホールでオルガンZANMAI!

5186views

ギター文化館

楽器博物館探訪

19世紀スペインの至宝級ギターを所蔵する「ギター文化館」

9455views

スイング・ビーズ・ジャズ・オーケストラのメンバー

われら音遊人

われら音遊人:震災の年に結成したビッグバンド、ボランティア演奏もおまかせあれ!

2953views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

だから続けられる!サクソフォンレッスン10年目

2817views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

21107views

世界各地で活躍するギタリスト朴葵姫がフルートのレッスンを体験!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】世界各地で活躍するギタリスト朴葵姫がフルートのレッスンを体験!

4923views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

歴史的価値の高い鍵盤楽器が並ぶ「民音音楽博物館」

17660views

ベルリン・フィル内に室内合奏団を生んだ、シューベルトの《八重奏曲》を聴く

音楽ライターの眼

ベルリン・フィル内に室内合奏団を生んだ、シューベルトの《八重奏曲》を聴く

3188views

オトノ仕事人

プラスマイナス0.05ヘルツまで調整する熟練の技/音叉を作る仕事

15109views

われら音遊人

われら音遊人:アンサンブル仲間が集う仲よしサークル

5409views

マーチングドラム

楽器探訪 Anothertake

これからのマーチングドラム ~楽器の進化の可能性~

6764views

久留米シティプラザ - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

世界的なマエストロが音響を絶賛!久留米の新たな文化発信施設/久留米シティプラザ ザ・グランドホール

12400views

パイドパイパー・ダイアリー Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

楽器は人前で演奏してこそ、上達していくものなのだろう

5091views

日ごろからできるピアノのお手入れ

楽器のあれこれQ&A

日ごろからできるピアノのお手入れ

48779views

こどもと楽しむMusicナビ

クラシックコンサートにバレエ、人形劇、演劇……好きな演目で劇場デビューする夏休み!/『日生劇場ファミリーフェスティヴァル』

3634views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

5989views