Web音遊人(みゅーじん)

今月の音遊人:石川さゆりさん「誰もが“音遊人”であってほしいですし、音楽を自由に遊べる日々や生活環境であればいいなと思います」

48年という歌手生活の中、『津軽海峡・冬景色』『天城越え』『ウイスキーが、お好きでしょ』をはじめとする多彩なヒット曲の数々で、多くの人を魅了してきた石川さゆりさん。毎日の中で音楽を自然に楽しんでいるという暮らしぶりやエピソード、音楽への強い思いなどをうかがいました。

Q1.これまでの人生の中で、一番多く聴いた曲は何ですか?

純粋に聴き手としてではありませんが、やはり19歳から歌い続けている『津軽海峡・冬景色』ですね。この曲だけはコンサートでも歌わなかったことはありませんでした。それだけ自分でも聴いてきたといえる歌です。1976年に 『365日恋もよう』というアルバムに収録され、翌年にシングルで発表しましたから、もう40年以上も歌っていることになります。歌っていて飽きることはないのかと思う方もいらっしゃるでしょうけれど、私には歌うたびに違う景色が見えてきますし、歌を伝えたいと思う相手も違いますし、ご一緒するミュージシャンの皆さんとの関係性も異なりますから、いつも「今日の私はこう歌いたい」という意識があって、新鮮な気持ちでいられます。時にはアレンジを変えることで歌い方のニュアンスも変化することはありますが、歌詞とメロディを崩すことはありませんし、すごい曲だなと実感しています。今でも若い世代の方が祖父母の方々やお父さん、お母さんから教えてもらい、カラオケで歌っているという話をうかがいます。こうして歌い継がれていくんだなということを自分の歌で体験できるなんて、私は幸せ者だなとしみじみ思えるのです。

Q2.石川さんにとって「音」や「音楽」とは?

これは深呼吸と一緒で……いや、意識して深呼吸をするというより日々の自然な呼吸と同じかもしれませんね。私はずっと歌うことを生業としていますが、歌も音も聴くこと自体が楽しいのです。こうして(とテーブルを指でコツコツと叩いて)音を作るのも好きですし、(さらに叩き続けて)いろいろなリズムも生み出すこともできます。輪ゴムを伸ばしてはじくとビンビンと音が出ます。そんな何気ないことでも楽しめるじゃないですか。それが私にとっての「音、音楽」なのかなと思います。自分では気づかないうち、鼻唄もよく歌っているようです。タクシーの運転手さんに「いやあ、今日はずっと歌っていらっしゃるからトクをしちゃった。これで私がタクシー代をいただいてしまうのは申し訳ないですね」と言われたことがありました。子どもが小さい時もいろいろ歌いながら育てました。ご飯の歌、トイレの歌(笑)。日常の中でも「急がなくっちゃ、急がなくっちゃ、それそれ~」なんてよく歌っちゃいます。自分の中にいつも音や音楽は存在しているのでしょうね。

Q3.「音で遊ぶ人」と聞いてどんな人を想像しますか?

毎日歌っているのですから、私自身が音を遊んでいる人じゃないかしら。でも本当は、誰もが“音遊人”であってほしいです。みんながいつも大きな声で歌えるような世界、そして音楽を自由に遊べる日々や生活環境であればいいなと思います。2011年の東日本大震災の折、東北の避難所へうかがった時も、最初は「こんなときに何をしに来たんだ」と思われるのではないかと心配でしたけど、勇気を出して「みなさん、大きな声で歌うと気持ちがいいですよ。一緒に歌いましょう」と声をおかけしました。歌っていると皆さんの表情がどんどん明るくなったように感じました。私はこういうことを届けられる人間だということを、あらためて強く感じました。そういった経験をいただき、みんな自由に歌えるような世の中であってほしい、自由に音を楽しんだり音楽を遊んだりできる人であってほしいと思えるようになったのかもしれません。

石川さゆり〔いしかわ・さゆり〕
1973年に『かくれんぼ』でデビュー以来、多くのヒット曲で日本の歌謡史をリードし続けてきた国民的歌手。100枚を優に超えるシングルや数多くのアルバムをリリースし、NHK『紅白歌合戦』には42回出場。そうした功績が称えられ、2019年に紫綬褒章を受章した。2020年はNHK大河ドラマ『麒麟がくる』において主人公・明智光秀の母(牧)を演じるなど、さらに活動の幅を広げている。
オフィシャルサイトはこちら

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:村治佳織さん「自分が出した音によって聴き手の表情が変わったとき、音楽の不思議な力を感じます」

4086views

なぜジャズのハードルは下がらないのか?vol.6

音楽ライターの眼

なぜジャズのハードルは下がらないのか?vol.6

3333views

P-515

楽器探訪 Anothertake

ポータブルタイプの電子ピアノ「Pシリーズ」に、リアルなタッチ感が得られる木製鍵盤を搭載したモデルが登場!

22886views

ピアノの地震対策

楽器のあれこれQ&A

いざという時のために!ピアノの地震対策は大丈夫ですか?

18808views

注目の若手ピアニスト小林愛実がチェロのレッスンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】注目の若手ピアニスト小林愛実がチェロのレッスンに挑戦!

5514views

ステージマネージャーの仕事 - Web音遊人

オトノ仕事人

ステージマネージャーひと筋に、楽員とともにハーモニーを奏で続ける/オーケストラのステージマネージャーの仕事(後編)

13352views

グランツたけた

ホール自慢を聞きましょう

美しい歌声の響くホールで、瀧廉太郎愛にあふれる街が新しい時代を創造/グランツたけた(竹田市総合文化ホール)

3332views

こどもと楽しむMusicナビ

クラシックコンサートにバレエ、人形劇、演劇……好きな演目で劇場デビューする夏休み!/『日生劇場ファミリーフェスティヴァル』

3461views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

16~19世紀を代表する名器の音色が生演奏で聴ける!

7785views

われら音遊人:クラノワ・カルーク・ オーケストラ

われら音遊人

われら音遊人:同一楽器でハーモニーを奏でる クラリネット合奏団

4619views

パイドパイパー・ダイアリー Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

楽器は人前で演奏してこそ、上達していくものなのだろう

4929views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

19906views

桑原あい

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目の若きジャズピアニスト桑原あいがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

11320views

上野学園大学 楽器展示室

楽器博物館探訪

日本に一台しかない初期のピアノ、タンゲンテンフリューゲルを所有する「上野学園 楽器展示室」

12862views

“ビートルズ嫌い”という思い込みを正すきっかけをつくってくれたジャズ・カヴァーという“遺産”

音楽ライターの眼

“ビートルズ嫌い”という思い込みを正すきっかけをつくってくれたジャズ・カヴァーという“遺産”

34463views

楽器博物館の学芸員の仕事 Web音遊人

オトノ仕事人

わかりやすい言葉で、知られざる楽器の魅力を伝えたい/楽器博物館の学芸員の仕事(後編)

4928views

われら音遊人:Kakky(カッキー)

われら音遊人

われら音遊人:オカリナの豊かな表現力で聴いている人たちを笑顔に!

4755views

reface

楽器探訪 Anothertake

個性が異なる4機種の特徴、その楽しみ方とは?

4312views

弦楽四重奏を聴くことが人生の糧となるように/第一生命ホール

ホール自慢を聞きましょう

弦楽四重奏を聴くことが人生の糧となるように/第一生命ホール

4124views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

大人の音楽レッスン、わたし、これでも10年つづけています!

4796views

楽器のあれこれQ&A

きっとためになる!サクソフォンの基礎力と表現力をアップする練習のコツ

6932views

こどもと楽しむMusicナビ

オルガンの仕組みを遊びながら学ぶ「それいけ!オルガン探検隊」/サントリーホールでオルガンZANMAI!

4404views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

19906views