Web音遊人(みゅーじん)

ベートーヴェン生誕250年に歌曲の魅力に触れる

2020年のベートーヴェン生誕250年のメモリアルイヤーには、実力派アーティストたちの記念碑的な録音が数多く登場している。

それぞれの新譜は各アーティストが満を持して世に送り出す、聴きごたえのあるアルバム。ベートーヴェンイヤーに作品をより深く知り、作曲家に近づくための画期的な録音が多く、作曲家の真意が浮き彫りになっている。

そのなかで、今回はイギリス出身の実力派テノール、イアン・ボストリッジの新譜にスポットを当てたい。ボストリッジはイタリアの指揮者、アントニオ・パッパーノのピアノと組み、実に味わい深いベートーヴェンの歌曲を披露しているからである。

昔からピアノの名手と呼ばれる指揮者は何人か存在する。ヘルベルト・フォン・カラヤン、ゲオルク・ショルティ、ヴォルフガング・サヴァリッシュをはじめ、現存する指揮者ではチョン・ミョンフン、ジャナンドレア・ノセダ、ジェイムズ・レヴァインらが名ピアニストとしての評価が高い。もちろん、ウラディーミル・アシュケナージ、ダニエル・バレンボイム、クリストフ・エッシェンバッハはピアノのソリストとしても名を成している。

現在もオペラのリハーサルのときには自らピアノを弾いて歌手たちとコミュニケーションをとる指揮者がいるが、パッパーノもそのひとり。このアルバムでの彼の自然体で流れるようなピアニズムは、実に魅力的で聴き惚れてしまう。そのピアノのひとつひとつの響きはボストリッジの物語を紡いでいくような歌唱法にピタリと寄り添い、馨しい香りを放つデュオを聴かせている。

プログラムは連作歌曲集「遥かなる恋人に寄す」をメインとし、「アデライーデ」「優しき愛(君を愛す)」など、ベートーヴェンのロマンあふれる歌曲が盛りだくさん。なお、演奏される機会に恵まれない「民謡編曲集」では、ヴァイオリンのヴィルデ・フラング、チェロのニコラ・アルシュテットが参加し、ピアノとの三重奏でボストリッジを好サポート。ベートーヴェンの新たな面に触れる思いがする。

ボストリッジの流麗で清涼で知性あふれる個性的な歌声は、聴き終わると、また聴きたくなる引力の強さを備えている。ベートーヴェンイヤーに、美しき歌曲を世に送り出してくれたことに感謝したい。

※トップの写真左がイアン・ボストリッジ、右はアントニオ・パッパーノ。

■インフォメーション

『ベートーヴェン:歌曲・民謡編曲集』(輸入盤)

発売元:ワーナーミュージック・ジャパン
発売日:2020年7月24日
詳細はこちら

 

伊熊 よし子〔いくま・よしこ〕
音楽ジャーナリスト、音楽評論家。東京音楽大学卒業。レコード会社、ピアノ専門誌「ショパン」編集長を経て、フリーに。クラシック音楽をより幅広い人々に聴いてほしいとの考えから、音楽専門誌だけでなく、新聞、一般誌、情報誌、WEBなどにも記事を執筆。著書に「クラシック貴人変人」(エー・ジー出版)、「ヴェンゲーロフの奇跡 百年にひとりのヴァイオリニスト」(共同通信社)、「ショパンに愛されたピアニスト ダン・タイ・ソン物語」(ヤマハミュージックメディア)、「魂のチェリスト ミッシャ・マイスキー《わが真実》」(小学館)、「イラストオペラブック トゥーランドット」(ショパン)、「北欧の音の詩人 グリーグを愛す」(ショパン)など。2010年のショパン生誕200年を記念し、2月に「図説 ショパン」(河出書房新社)を出版。近著「伊熊よし子のおいしい音楽案内 パリに魅せられ、グラナダに酔う」(PHP新書 電子書籍有り)、「リトル・ピアニスト 牛田智大」(扶桑社)、「クラシックはおいしい アーティスト・レシピ」(芸術新聞社)、「たどりつく力 フジコ・ヘミング」(幻冬舎)。共著多数。
伊熊よし子の ークラシックはおいしいー

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:木嶋真優さん「私は“人”よりも“音楽”を信用しているかもしれません」

2636views

音楽ライターの眼

ラヴェルの「ボレロ」がジャズだったかもしれないという問題と松永貴志の確信犯的時代性

5548views

楽器探訪 Anothertake

26年ぶりにラインアップを一新!「長く持っても疲れにくい」を実現し、フラッグシップモデルが加わったバリトンサクソフォン

1660views

日ごろからできるピアノのお手入れ

楽器のあれこれQ&A

日ごろからできるピアノのお手入れ

49687views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目の若手サクソフォン奏者 住谷美帆がバイオリンに挑戦!

4810views

オトノ仕事人

音楽フェスのブッキングや制作をディレクションする/イベントディレクターの仕事

8574views

サラマンカホール(Web音遊人)

ホール自慢を聞きましょう

まるでヨーロッパの教会にいるような雰囲気に包まれるクラシック音楽専用ホール/サラマンカホール

13195views

こどもと楽しむMusicナビ

オルガンの仕組みを遊びながら学ぶ「それいけ!オルガン探検隊」/サントリーホールでオルガンZANMAI!

5309views

上野学園大学 楽器展示室」- Web音遊人

楽器博物館探訪

伝統を引き継ぐだけでなく、今も進化し続ける古楽器の世界

9037views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:音楽は和!ひとつになったときの達成感がいい

3894views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

大人の音楽レッスン、わたし、これでも10年つづけています!

5030views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

18206views

ホルンの精鋭、福川伸陽が アコースティックギターの 体験レッスンに挑戦! Web音遊人

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ホルンの精鋭、福川伸陽がアコースティックギターの体験レッスンに挑戦!

6968views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

見るだけでなく、楽器の音を聴くこともできる!

8778views

フジ・ロック・フェスティバル'18にボブ・ディランが参戦。歴史的イベントをたっぷり楽しむには

音楽ライターの眼

FUJI ROCK FESTIVAL’18にボブ・ディランが参戦。歴史的イベントをたっぷり楽しむには

4412views

ステージマネージャーの仕事 - Web音遊人

オトノ仕事人

ステージマネージャーひと筋に、楽員とともにハーモニーを奏で続ける/オーケストラのステージマネージャーの仕事(後編)

13752views

練馬だいこんず

われら音遊人

われら音遊人:好きな音楽を通じて人のためになることをしたい

3939views

楽器探訪 Anothertake

改めて考える エレクトーンってどんな楽器?

96698views

サントリーホール(Web音遊人)

ホール自慢を聞きましょう

クラシック音楽の殿堂として憧れのホールであり続ける/サントリーホール 大ホール

15890views

パイドパイパー・ダイアリー Vol.3

パイドパイパー・ダイアリー

人生の最大の謎について、わたしも教室で考えた

3438views

サクソフォンの選び方と扱い方について

楽器のあれこれQ&A

これからはじめる方必見!サクソフォンの選び方と扱い方について

20894views

こどもと楽しむMusicナビ

サービス精神いっぱいの手作りフェスティバル/日本フィル 春休みオーケストラ探検「みる・きく・さわる オーケストラ!」

5591views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

6163views