Web音遊人(みゅーじん)

安倍圭子

マリンバへの限りない愛情で歴史を開拓してきた安倍圭子が、深い感動を呼ぶ音楽で聴き手の心に迫る

称賛を意味する「レジェンド」(伝説。転じて「伝説を生み出す者」)という肩書きは、昨今やや軽々しく使われているような気もするのだが、誰もがそう認めざるを得ない現役の音楽家もいる。1950年代より活動し、日本におけるマリンバという楽器の歴史に大きな足跡を残してきた安倍圭子は、まさにそう呼ぶべき存在だろう。

当初は木琴を演奏していたという安倍だが、楽器の音に魅せられてマリンバへ転向。最初はクラシックの名曲を編曲・演奏したり、ポピュラー音楽の分野で演奏活動を行っていた。NHKの人気番組『きょうの料理』の放送開始(1957年)にあたり、冨田勲作曲のテーマ音楽を奏でていた演奏者の一人でもある。

「マリンバは民族楽器またはポピュラー音楽の楽器としてステイタスを確立していましたけれど、私はクラシックの楽器として価値を高めたいと思ったのです。そこで、いろいろな作曲家の方にオリジナル作品を委嘱し、新作初演によるリサイタルを1968年に行いました。徐々に国内外で活動が認められる中、各地で演奏会を行い、同時にその地の音楽大学などでマリンバを教えながら種を蒔いてきたのです。でも私は常に、強制的に自分のスタイルを押しつけることをせず、どこの国へ行っても『皆さんの国で、それぞれの新しいマリンバの文化や音楽を創造してください。マリンビスト(マリンバ奏者)のスター音楽家を生み出してください』とメッセージしています。地道な活動でしたが、各国に若い世代のマリンビストが育ち、ようやく花が開いてきたと感じています」

今ではマリンバのために書かれた作品も多数あり、世界中の作曲家たちが名作を発表している。それでも安倍のために書かれ、マリンビストのスタンダードになっている作品(三木稔作曲の『マリンバ・スピリチュアル』、伊福部昭作曲の『ラウダ・コンチェルタータ』など)は輝きを失っておらず、世界中のマリンビストがレパートリーに入れているのだ。

加えて現在は、安倍自身の手による作品も80曲を超えるほどあり、コンサートでもプログラムのメインとなっている。もちろん門下生たちも演奏しており、楽譜が販売されている曲も多い。

「最近は中学生や高校生たちが、アンサンブルコンテストなどで演奏してくれているという嬉しいお話を聞きました。でも私自身は、自分が作曲家だという意識をもっていません。孤独な気分になったときや悲しみをおぼえたときなど、自然にメロディが浮かんできて、マリンバを演奏していると曲になっていくというだけですから。心で感じたことを楽器に伝えて、楽器がそれに反応してくれているのかもしれませんね。マリンバは音の波形がとてもきれいなのですが、悲しみや葛藤を表現したいために、私が『おじゃま虫』と呼んでいるちょっとおかしな音を入れると、不思議なことに気持ちよく鳴ってくれるのです」

さらに特筆すべきは、マリンバの楽器開発にも長く携わってきたことだ。「いい音楽を生み出すには、曲や演奏者の力をすべて表現でき、しかも演奏者にパワーや試練を与えるくらいの素晴らしい楽器が必要」と語る安倍は、およそ40年間、ヤマハとのパートナーシップによって楽器の開発に取り組んできた。

「私はマリンバを打楽器のひとつではなく、独立した個性をもつ楽器だと思っています。理想を挙げるなら、ピアノのような美しい音や、パイプオルガンのような深い響きを奏でる楽器でしょうし、そこから聴き手の心に迫ってくるような音楽が生まれるのです。長く活動してきましたが、それでもマリンバはまだまだマイナーな存在ですし、さらに深めていける楽器だと感じています。孫弟子にあたるマリンビストも増えてきましたが、80歳を過ぎた私に、まだ国内外から演奏やレッスンのオファーがあるということは、きっと『マリンバの心』のようなものを多くの人が欲しているのでしょう。2018年3月に多くの門下生や音楽仲間たちが集まる『傘寿記念コンサート』が行われますけれど、私は自分のリサイタルをするというより、次世代に希望を託すような気持ちで音楽を奏でたいと思っているのです」

聴き手がマリンバという楽器の存在を忘れ、音楽によって一生忘れないほどの感動を覚えるようになって欲しいという。そうしたマリンビストがさらに増えることで、安倍の偉業がさらに輝きを増すのだろう。聴き手もまた華麗な演奏テクニックに驚嘆するだけではなく、一音の深みを味わうような気持ちで接するべきなのかもしれない。

■安倍圭子 傘寿記念演奏会

日時:3月22日(木)19:00開演(18:15開場)
会場:東京文化会館 大ホール(東京都台東区上野公園5-45)
出演:安倍圭子(マリンバ)、井上道義(指揮)、安倍圭子記念オーケストラ[コンサートマスター:藤原浜雄]ほか
料金:S席6,000円、A席5,000円、B席4,000円、C席3,000円(税込/全指定席)
問い合わせ:03-3425-0087(ジーベック音楽出版)

 

特集

今月の音遊人:仲道郁代さん「多様性こそが音楽の素晴らしさ、私自身もまだまだ変化していきます」

今月の音遊人

今月の音遊人:仲道郁代さん「多様性こそが音楽の素晴らしさ、私自身もまだまだ変化していきます」

5007views

なぜジャズのハードルは下がらないのか?vol.4

音楽ライターの眼

なぜジャズのハードルは下がらないのか?vol.4

2476views

Venova(ヴェノーヴァ)

楽器探訪 Anothertake

すぐに音を出せて、自由に演奏できる。管楽器の楽しみを多くの人に

6393views

楽器のあれこれQ&A

ドラムの初心者におすすめの練習方法や手が疲れないコツ

2139views

ホルンの精鋭、福川伸陽が アコースティックギターの 体験レッスンに挑戦! Web音遊人

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ホルンの精鋭、福川伸陽がアコースティックギターの体験レッスンに挑戦!

4865views

仁宮裕さん

オトノ仕事人

アーティストの音楽観を映像で表現するミュージックビデオを作る/映像作家の仕事

5581views

ホール自慢を聞きましょう

歴史ある“不死鳥の街”から新時代の芸術文化を発信/フェニーチェ堺

1231views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

2378views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

4195views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:人を楽しませたい!それが4人の共通の思い

2459views

パイドパイパー・ダイアリー Vol.3

パイドパイパー・ダイアリー

人生の最大の謎について、わたしも教室で考えた

2363views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

14390views

バイオリニスト石田泰尚が アルトサクソフォンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】バイオリニスト石田泰尚がアルトサクソフォンに挑戦!

6229views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

世界の民族楽器を触って鳴らせる「小泉文夫記念資料室」

12073views

音楽ライターの眼

生誕250年のメモリアルイヤーに、ベートーヴェンの《第9》を改めて聴き直したい

123views

コレペティトゥーアのお仕事

オトノ仕事人

高い演奏技術と幅広い知識で歌手の表現力を引き出す/コレペティトゥーアの仕事(前編)

6582views

われら音遊人:年齢も職業も超えた仲間が集う 結成30年のビッグバンド

われら音遊人

われら音遊人:年齢も職業も超えた仲間が集う、結成30年のビッグバンド

3775views

“音を使って音楽を作る”音楽の冒険を「ELC-02」で

楽器探訪 Anothertake

音楽を楽しむ気持ちに届ける「ELC-02」のデザインと機能

4448views

札幌コンサートホールKitara - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

あたたかみのあるデザインと音響を両立した、北海道を代表する音楽の殿堂/札幌コンサートホールKitara 大ホール

10791views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

クラス分けもまた楽しみ、レッスン通いスタート

2143views

引っ越しのシーズン、電子ピアノやエレクトーンの取り扱いについて

楽器のあれこれQ&A

引っ越しのシーズン、電子ピアノやエレクトーンを安心して運ぶには?

40406views

Kitaraあ・ら・かると

こどもと楽しむMusicナビ

子どもも大人も楽しめるコンサート&イベントが盛りだくさん。ピクニック気分で出かけよう!/Kitaraあ・ら・かると

1673views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

3754views