Web音遊人(みゅーじん)

指揮者の尾高忠明が第49回JXTG音楽賞の洋楽部門本賞を受賞

指揮者のインタビューはとても有意義で、新たな発見がいくつもあり、作品論、解釈、音楽に対する考えはもとより、オーケストラといかに対峙するかを聞くことができ、その人の人間性をも垣間見ることができる。

日本を代表する指揮者のひとり、尾髙忠明のインタビューも、短時間ながら非常に濃密な時間を過ごすことができ、マエストロのこれまでの活動と経験に耳を傾けるうちに、1冊の本が書けるのではないかという気持ちが生まれるほどだった。

尾髙忠明は桐朋学園大学で斉藤秀雄に、ウィーン国立アカデミーではハンス・スワロフスキーに師事し、長いキャリアのなかで国内外の数多くのオーケストラを指揮している。受賞歴も多く、1999年には英国エルガー協会より日本人初のエルガー・メダルを贈られている。

英国とのつながりは深く、つい先ごろもBBC Promsを指揮してきたばかりである。このロンドンを中心に毎夏行われている世界最大級のクラシック・ミュージック・フェスティバルには32回も出演。今回共演したBBCウェールズ・ナショナル管弦楽団では桂冠指揮者を務め、今後も指揮台に立つ予定だという。

「Promsは特別なコンサートです。聴衆がとてもリラックスし、ステージと一体となって音楽を楽しむ。常に心が高揚します」

2017年には大阪フィルハーモニー交響楽団のミュージック・アドヴァイザーに、18年には音楽監督に就任した。就任後に行ったベートーヴェンの交響曲全曲演奏が高い評価を得、第49回JXTG音楽賞 洋楽部門本賞の受賞につながった。この賞は、1966年に児童文化賞、71年に音楽賞が創設され、約半世紀にわたって我が国の児童文化・音楽文化の発展に大きな業績をあげられた個人または団体を顕彰している。

「賞をいただいて本当に光栄ですし、大阪フィルのみなさんとも喜びを分かち合いました。ベートーヴェンの交響曲全曲演奏を聴いて選んでくださったわけですから、それが一番うれしいですね。私は大阪フィルとの仕事を始めるにあたり、ぜひベートーヴェンで新たな世界を拓き、オーケストラとの絆を深めたかった。だれのまねでもない、自分たちのベートーヴェンを生み出したかったのです」

今春から「ブラームス・チクルス」が始まり、ブラームスの交響曲全4曲に取り組んでいる。

なお、2020年1月21日には大阪フィルの東京公演が組まれ、スティーヴン・イッサーリスをソリストに迎えてエルガーのチェロ協奏曲と、ブルックナーの交響曲第3番が予定されている。

伊熊 よし子〔いくま・よしこ〕
音楽ジャーナリスト、音楽評論家。東京音楽大学卒業。レコード会社、ピアノ専門誌「ショパン」編集長を経て、フリーに。クラシック音楽をより幅広い人々に聴いてほしいとの考えから、音楽専門誌だけでなく、新聞、一般誌、情報誌、WEBなどにも記事を執筆。著書に「クラシック貴人変人」(エー・ジー出版)、「ヴェンゲーロフの奇跡 百年にひとりのヴァイオリニスト」(共同通信社)、「ショパンに愛されたピアニスト ダン・タイ・ソン物語」(ヤマハミュージックメディア)、「魂のチェリスト ミッシャ・マイスキー《わが真実》」(小学館)、「イラストオペラブック トゥーランドット」(ショパン)、「北欧の音の詩人 グリーグを愛す」(ショパン)など。2010年のショパン生誕200年を記念し、2月に「図説 ショパン」(河出書房新社)を出版。近著「伊熊よし子のおいしい音楽案内 パリに魅せられ、グラナダに酔う」(PHP新書 電子書籍有り)、「リトル・ピアニスト 牛田智大」(扶桑社)、「クラシックはおいしい アーティスト・レシピ」(芸術新聞社)、「たどりつく力 フジコ・ヘミング」(幻冬舎)。共著多数。
伊熊よし子の ークラシックはおいしいー

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:亀田誠治さん「音楽は『人と人をつなぐ魔法』。いまこそ、その力が発揮されるべきだと思います」

3161views

音楽ライターの眼

ボズ・スキャッグス、ソウル&ブルースと都会派AORを兼ね備えた2019年5月の来日公演

3440views

楽器探訪 Anothertake

バンドメンバーになった気分でアンサンブルを楽しめるクラビノーバ「CVP-800シリーズ」

4684views

バイオリンを始める時に知っておきたいこと

楽器のあれこれQ&A

バイオリンを始める時に知っておきたいこと

6270views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目のピアノデュオ鍵盤男子の二人がチェロに挑戦!

5275views

ステージマネージャーの仕事 - Web音遊人

オトノ仕事人

オーケストラのステージの“演奏以外のすべて”を支える/オーケストラのステージマネージャーの仕事(前編)

35482views

HAKUJU HALL(白寿ホール)

ホール自慢を聞きましょう

心身ともにリラックスできる贅沢な音楽空間/Hakuju Hall(ハクジュホール)

15799views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

4295views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

歴史的価値の高い鍵盤楽器が並ぶ「民音音楽博物館」

18177views

われら音遊人

われら音遊人:路上イベントで演奏を楽しみ地域活性にも貢献

332views

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい 山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい

3559views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

18735views

桑原あい

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目の若きジャズピアニスト桑原あいがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

11888views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

専門家の解説と楽器の音色が楽しめるガイドツアー

5340views

音楽ライターの眼

フリートウッド・マックの初期未発表音源集『ビフォー・ザ・ビギニング 1968-1970 〜ライヴ&デモ・セッションズ〜』が発表

2562views

音楽文化のひとつとしてレコーディングを守りたい/レコーディングエンジニアの仕事(後編)

オトノ仕事人

音楽文化のひとつとしてレコーディングを守りたい/レコーディングエンジニアの仕事(後編)

4067views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:仕事もバンドも、常に真剣勝負!

7327views

エレクトーンに新風を吹き込んだ「ステージア」

楽器探訪 Anothertake

エレクトーンに新風を吹き込んだ「ステージア」

17406views

ザ・シンフォニーホール

ホール自慢を聞きましょう

歴史と伝統、風格を受け継ぐクラシック音楽専用ホール/ザ・シンフォニーホール

13991views

山口正介さん

パイドパイパー・ダイアリー

「自転車を漕ぐように」。これが長時間の演奏に耐える秘訣らしい

3684views

楽器のあれこれQ&A

ウクレレを始めてみたい!初心者が知りたいあれこれ5つ

1141views

Kitaraあ・ら・かると

こどもと楽しむMusicナビ

子どもも大人も楽しめるコンサート&イベントが盛りだくさん。ピクニック気分で出かけよう!/Kitaraあ・ら・かると

3459views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

6364views